前向きに行こう!名大社社長ブログ

食べ物のはなし 伏見シリーズ その217

ゴールデンウイークは散在しました。
どこも出掛けていないのに散財とはどういうことでしょう。
密かに家族想いの行動をしたと予測されます。

真相はともかく、しばらくランチは節約しなければなりません。
伏見にもリーズナブルのチェーン店が金欠のサラリーマンの胃袋を満たしています。
いつもは横目に見ながら人気食べ物ブロガーの道を歩みますが、
たまには混じるのも許されるでしょう。

向かったのは伏見通りを北に向かった場所にあるあるお店。
「吉野家伏見通錦店」さんに行ってきました。

最近、ちょっと話題を提供した企業。
ひとつの発言がSNSで広がり、企業価値を大いに落とすことになりました。
迂闊な発言は誰しもありますが、決して許されることではありません。
人前で話すことの多い人気食べ物ブロガーですので、
ここはあえて自分事と捉えます。
そんな姿勢は大切ですね。

また、新卒採用の現場でも評判を落としました。
それが引き金に客離れが起きる時代。
気をつけなければなりません。

本来なら力を入れた商品をうまくPRしたかったのでしょう。
店内にポスターも飾られています。

企業価値を上げるにはいい商品、いいサービスを提供することが求められます。
こちらは10年かけて開発を行ったといわれます。
普段は牛丼しか食べませんが、ここは応援の意味も込めて注文しましょう。

親子丼437円+キムチセット162円

単品にしようか迷いましたが、周りの目を気にする小心者の食べ物ブロガー。
写真映えを考えるとキムチが合っています。

親子丼をアップにするとこんな感じ。

とろ~りとした卵が食欲を増進させます。
そこにひょっこり顔を出す鶏肉。
絶妙なバランスで丼の中で躍動します。

卵、鶏肉、ご飯をレンゲですくい、口の中へ放りこみます。
「お~、なかなかやるじゃないか」
開発10年という言葉に説得力を感じた瞬間。
コスパはかなりのもの。
最後はキムチと一緒にかき込んでしまいました。

周りのお客さんを見ると多くの方が親子丼を注文していました。
せっかくの信頼を裏切ってはいけません。

ごちそうさまでした。

名大社半生を振り返る その21

半生もすでに20回を経過した。
ありがたいことに喜んで読んでくれる方もいて、多くの感想も頂き嬉しかったり・・・。
今の若いメンバーが半生ブログを読んだところでどう感じるかは分からない。
ただの昔の話と思うだけかもしれない。
それはそれで仕方がない。

しかし、これも主観的にみた名大社の歴史。
違う視点で見れば全く違う会社像になるかもしれない。
過去は自分の解釈で事実も大きく変わる。

現段階で働き始め19年が経過しているが、この社会人生活は客観的に見てどうなんだろうか。
一般的なサラリーマン人生なのか、波乱に満ちた人生なのか。
今思えば良くも悪くも中小企業で多くの経験をさせてもらっているが、所詮東海圏内の話。
全国を飛び回ってとか、海外と交渉を繰り返してとかは無縁。
小さな世界であるのは間違いない。
その小さな世界でしか経験できないこともあったり・・・。

やばい、今月中にこのシリーズを終えなきゃいけないが、まだ10年以上残っている。
本来なら今回含め、あと4回。
ちょっとムリかも・・・。
月曜のアップだけでは終わりそうにない。

いかん、前置きが長くなった。

2008年のリーマンショックで業績が大きく崩れていった。
それはバブル崩壊ともネットバブル崩壊とも比べようにならな過去見たこともない落ち込み。
僕は独りぼっちで営業をする日々。
会社を辞めようと思い、人材紹介会社に登録するものの、らしい会社には出会えない。

仕事へのモチベーションも上がらない僕に叱ってくれた大切なクライアントもあった。
「役員降格中の話」というブログでも書いたが、
こういった有難い方のおかげで会社に留まることができた。
以前、「山田さんは人間性だけだね」と言われたように、
僕の存在価値はそれだけだったかもしれない。

気持ちを切り替え、みるみる売上が下がっていく会社に正面から向き合うようになった。
一方で会社はギスギスした状態。
僕の代わりに役員に昇格した後輩は部下を怒鳴りつけ罵倒し、
会社としては理想の上司だった。

蚊帳の外にいた僕は冷めた目で見ながら、黙々と自分の仕事をこなしていた。
叱られもせず、褒められもしない。
「今はやるべきをやろう」
孤独ではあったが、そんな気持ちだった。
会社を見限る社員も増え退職者は続出。
会社の雰囲気はどんどん悪くなっていった。

ちょうどこの頃からマラソンを始めた。
長距離を走ることなんて好きでも何でもなかったが、
自分と向き合い、自分と戦うにはいい材料だった。

今一つ元気のない僕を誘ってくれたのはビジネススクールの仲間。
それにより自分に向き合えるようになった。

それからのことは以前のブログに書いた通り。
「社長になるまでのこと(前編)」
「社長になるまでのこと(後編)」
2007年度から2009年度までの2年で売上は15%までに減った。
15%減ではない。
リーマンショックの年に55%まで下がり、その翌年はさらに30%まで下がった。

過去経験したことのない赤字額。
名大社のかつての栄光はどこに・・・。
大げさにいえばそんな状況。
名大社は終わったと思った関係者は多かった。

そんな時に僕は社長になった。

続く・・・。

映画「ツユクサ」

ほんわかと幸せになれる作品。
映画を一言で表現するならそんな感じ。

登場する人物は決してシアワセな人生を歩んでいるわけではない。
それぞれが辛い過去を背負っているが、
その過去は過去として受け入れ真っすぐ生きている。

それもあくまでも自然体。
気負うことはない。
その流れる空気が実に心地いい。

舞台は伊豆の港町(多分)。
とても小さな街なので、街中はみんな知り合い。
ちょっとした噂もすぐに広まってしまう。
それを嫌がる人はおらず、それすら楽しんでいる感覚。

ネタバレしない程度に解説すると子供を事故で亡くした芙美さん(小林聡美)と
妻が自殺した吾郎さん(松重豊)とのちょっとしたラブストーリー。

松重豊はどこにいってもゴロウなんだ。
映画の中でも食事のシーンがあるが、井之頭五郎を思い浮かべてしまった。

この2人を中心に芙美さんの親友の小学生や会社の同僚が絡んでいく。
ここで存在感を出すのが同僚の妙子(江口のりこ)。
江口のりこが抜群に面白い。
「鎌倉殿の13人」でも独特のイヤらしさを出していたが、
本作ではコミカルに軽やかに絶妙な演技を見せる。
ほんわかさを上昇させているのは彼女のおかげ。

そして、やっぱり小林聡美がはまり役なんだろう。
雰囲気はCMやドラマのまま。
どこでも同じような気がするが、それが彼女の魅力なのか。

大林宣彦監督の「転校生」なんてもう40年前。
基本その時と変わっていないんじゃないかな。
そんなふうに思わせる。

なんだか出演者のことばかり書いているが、
小さな町のごく限られた登場人物だけで構成された映画。
そうなるのはやむを得ない。

映画的には昭和っぽさが残っているが、逆に今の時代だからこそ大切だとも思う。
コロナ禍で人との繋がりが希薄になったり、
妙なことで疲れてしまったり。
そんな時だからこそ温かい日本映画の存在はありがたい。

どこかの映画祭に出品する作品でも、
なにか特別な賞を受賞する作品でもない。
(すいません、失礼ですね・・・)
しかし、僕たちが忘れてはいけない何かと、
それを与えてくれる何かがこの映画に詰まっている。

個人的には好きな映画。
思わずホロっとしてしまうシーンもあるし。

そして、ラストシーン。
予想通りだが、予想を裏切ってくれる。
あの後、どうなったの?なんて愚問。
ステキなハッピーエンド。

愛に飢えたオジサン、オバサンは観た方がいいだろうね。

続・フィールドワーク? いやいや、単なる男旅

水戸は初訪問。
還暦のお祝いは無事終了。
茨城の料理やお酒も美味しかった。
料理の写真はないけど・・・。

翌日は再びフィールドワーク、いや男旅の続き。
向かったのは茨城県大津港駅。

前日入りした茨城県は県自体にお邪魔するのが初めて。
正直なところ水戸と大津港の位置関係すら分からない。
こんな機会がなければ、死ぬまで来なかったかもしれない。

改めて誘っていただいたS氏に感謝。
大津港駅から向かったのは茨城県天心記念五浦美術館。

到着時は開館前のため、周辺を散策。
美術館から眺める海岸も素晴らしい。

日本美術院研究所跡地。
この場所を知っている人はどれだけいるのだろうか。

このあたりも東日本大震災の被害があり、断崖絶壁の状態。

近くから覗き込むだけで体が震える。

開館の早かった茨城県五浦美術文化研究所へ入館。
受付の方にいくつかの質問をするが、懇切丁寧に教えてくれた。
前日は千葉のいい、翌日の茨城といい、このエリアの中年女性はとても優しい。
感謝。

こちらには岡倉天心の天心遺跡と呼ばれる旧天心邸、六角堂、長屋門が寄贈されている。

実際、こちらの施設も震災の被害にあったようだが、現在は復興。
近くには岡倉天心のお墓もあり、地域との関りを窺うことができる。

茨城県天心記念五浦美術館では常設展の他に特別展示も・・・。
こんな機会がなければ地方の美術館にお邪魔することはない。
ましてや茨城の海沿いなんて、もう2度とないかも・・・。
日本は広く、まだまだ知らない土地は多い。
老後の楽しみが増えたというもの。

ここまでは真剣に歴史のお勉強。
岡倉天心の功績を学ぶことができた。

少しは休息も取った方がいい。
美術館の近くには五浦観光ホテルがあり、日帰り入浴で温泉を楽しませてくれる。

ここではしばし温泉に浸かり、普段の疲れをとる。
温泉の後は美味しい食事をするのが人として真っ当な行動。
海鮮が有名なお店で刺身、焼き物、天ぷら、フライを堪能。

当然、地酒も飲むよね。

こうしてフィールドワークは完了。
学びの多い貴重な研修旅行。
いやいや、男同士であちこち回って、飲んで食べてただけのような気もするけど・・・。

有意義な2日間。
副本部長、ありがとうございました。

フィールドワーク? いやいや、単なる男旅

4月某日。
お世話になっている先生の還暦祝いで水戸に向かった。
お祝い会は夜。

せっかくなので千葉エリアの現地調査を日本史に精通するS氏と行うことに。
歴史に疎い僕は千葉でお邪魔したことあるのは
某レジャーランドと某大手流通チェーンの本社のみ。
55年の人生で伺う機会はなかった。

まずは佐原市。
有名なのは伊能忠敬。
駅前に銅像がそびえ立っている。
至って駅前は静かではあるが・・・。

最初に観光案内所でおススメスポットを教えてもらう。
懇切丁寧に案内してもらい、忠実に行動することに。
腹ごしらえをした後に向かったのは香取神宮。

満開の桜ではなかったが花見には十分な時期。
こちらは神武天皇の御代により創建されたといわれる由緒ある神宮。
境内をぐるっと回る。
本殿、拝殿でお参りし、要石のある場所へ。

これによって地域も護られている。
タクシーで駅前近くまで戻る。

小田川沿いは重要伝統的建造物群保存地域。
昔ながらの商家が並ぶ。
船に乗る予定だったが、時間的余裕はなく諦めることに。
その付近ではTVの収録でタレント陣が周りを盛り上げていた。
このGWに放送されていたと思うけど違うかな。
ちらっと鹿島神宮でのシーンを見たし・・・。

伊能忠敬記念館と旧宅は必見。
江戸時代にあんな精巧な地図を作るなんて、
それも50歳を過ぎてから全国を歩き測量するなんて感動。

高校時代にはその功績に気づけなかった。
もっと歴史を知らないと・・・。

佐原をおさらばし(シャレじゃないよ)、茨城へ。
次に向かったのは鹿島神宮。

鹿島といえば今やすっかりアントラーズだが、元々はこちらほうが有名。
こちらも神武天皇元年創建の由緒正しき神宮。
厳かな雰囲気に凛とした気持ちにもなる。

歴史のある神社だが、現代的な要素も取り入れている。
境内にはオシャレなカフェも併設。
スタバにいるようなお姉さんが切り盛りしていた。

鹿島神宮駅はサッカーが開催される日は賑やかだろうが、それ以外はとても静か。
選手も参拝に訪れるのならサポーターにも行ってもらいたい。

こうしてフィールドワーク、いやいや男旅の初日は終了。
1回でブログを終えようと思ったが、それは無理だった。

明日へ続く。

食べ物のはなし 特別編 シンスケ

ゴールデンウイークも終盤です。
みなさん、どんな休暇を過ごされているでしょうか。
大して予定のない人気食べ物ブロガーはせっせとブログを書いております。
休暇中も仕事をしているということですね。

せっかくの休暇中。
伏見シリーズなんて行動範囲の狭さは止めにして、
ど~んと特別編で大きく外に飛び出しましょう。

向かったのは東京上野。
上野というよりは湯島と言った方が正しいでしょうか。
正統派の居酒屋を知る年齢にもなってきました。

名古屋でいえば大甚。
あの雰囲気も日本を代表する居酒屋。
東京ではどこになるのでしょう。
食通が超おススメする「シンスケ」さんに行ってきました。

お店の面構えからその雰囲気が伝わってきます。
庶民的でありながらも上品さが漂ってきます。
粋な東京人がサクッと飲み、一言語って店を出ていくのでしょうか。

無駄な会話はしない。
長居もしない。
そもそも酔わない。
そんな格を醸し出しています。

カウンターには一人客、
または秘書を連れた会社役員(そんなふうに思える・・・)、
品のいい老夫婦が愉しそうに飲んでいます。

見習わなければなりません。
ビールは3種類。
ここはハートランドからスタートです。

メニューもシンプルでありながら、東京だから堪能できる品々。
いい食材が集まってくるのでしょう。
ひと手間かける丁寧さも伝わってきます。
季節ごとにメニューも変わるのでしょう。

セリの胡麻和え

この優しさが嬉しいです。
焼津の初かつを

からしで頂くのがシンスケ流。

そうなると日本酒が飲みたくなります。
こちらは両関一本勝負。

本醸造、純米酒、大吟醸。
飲み方もお客次第。
常温で飲んでいるお客さんも多い。
我々は燗酒。

そして、鰯の岩石揚げ。

表面の硬さと中身の柔らかさが絶妙。

やりいかのやわらか煮。

温かさを感じます。

肴をつまみ、しみじみと日本酒を頂く。
決して騒いだり、大声で笑ったりはしない。
ここでは静かに日本の文化や歴史について語り合う。
それを自社の事業に結びつけながら・・・。

普段とは違った角度で会話を楽しむことも大切です。
お店の雰囲気がそんな会話に色をつけてくれます。
注文もし過ぎない。
お酒も飲み過ぎない。
適度の量を頂きお店を出ました。

こんなお店が名古屋にもあるといいですが、
やはり土地に相応しいお店なんでしょうね。

ごちそうさまでした。

思ったほどでもない? ランニング日記2204

走るにはいい季節になってきた。
何がいいって、走り出す朝6時に明るいのがいい。
3月までは6時段階では暗いので、気持ちもふさぎがち。
だが4月ともなるともう6時には明るい。

季節を感じるにはやはり早起きが一番。
特に4月初旬は気持ちがいい。
休日のコースである戸田川緑地公園の桜も見頃。

満開時はタイミングが合わなかったが、
それでも程よい桜を眺めながら走ることができた。

川沿いの沿道も園内も桜は咲き誇っている。
朝日が昇るのを感じながら走るのは気分がいいもの。
そんな季節は一年通してわずかな期間。

大体は暑いか寒いかだが、
この4月、また新緑を感じる5月が一年を通し一番いい時期。

そんな4月だったが、思うようには走れなかった。
出張(研修?旅行?)があったり、ワクチン接種があったり、
雨だったりと距離を稼ぐはずの週末が思い通りにはならなかった。
徐々に飲み会も増えてきたので、
平日の朝も厳しかったりとスケジュール調整はそれなりに大変。

ランナー仲間にはそんな言い訳をせず、
きっちり200km走る強者もいるというのに。
やる人はどんな状況でもやるわけですよ。
見習わないと・・・。

では、4月はどれだけ走ったか。
結果的に110km。
なんとか目標はクリア。

ただし季節の割には大したことはない。
それもゴールデンウイークに入りギリギリの達成。
昨年よりはよかったけどね。

大きいのは3年ぶりにぎふ清流ハーフマラソンも走ったこと。
やはり大会に出場すると距離は安定する。

ペースも一定だったので体の負担も少なく筋肉痛も思ったほどではなかった。
毎月目標をクリアしている効果が表れているといってもいい。
どんな時でも目標を持つことは大切だね。

さて、この5月。
参加すべき大会は終わってしまったので、
モチベーションを維持するのは難しい。
しかし、未だ達成したことがない年間通しての完全制覇が残されている。
そんな大袈裟ではないが、一年通しての目標達成はやりきりたい。

毎月、毎月が大事。
幸いGWもヒマだし、せっせと距離を稼ぐとしよう。
今月も頑張ります!

名大社半生を振り返る その20

2006年5月末、僕は40歳で取締役に就任した。
兼務役員なので扱いは社員のままだが、肩書は取締役。
どんな責任を負っていくのか、
どう変わっていくのか見えないままだったが、ずしりと重さは感じた。

僕らの提供する求人サービスもネットが中心。
新卒サイトは運営していたが、転職サイトのスタートは2006年。
これまでのベンダーではなく大手インフラ系のシステム会社と開発を行いサービスを提供し始めた。
リクナビNEXT、エン転職、マイナビ転職らの大手同業他社からは大きく遅れての立上げ。

当時、リクナビNEXTはYahooと提携していた。
その優位性を社長に説明し同じような検索エンジンはないかと聞かれ、
「グーグルがトップです」と答えると、
「うちはグーグルと提携しよう。テツ、交渉してこい」と平然と言われた。
「無理です」という回答は仕事から逃げているとしか受け取られなかった。

システム会社とのトラブルが続きその対応に追われた。
価格帯の設定やプロモーションもほぼ任されていたが、計画通りに販売も進まなかった。
取締役としての力不足と受け止められ、徐々に自分でも感じるようになった。

営業のクライアントからのクレームも僕が対応させられた。
上手く処理できないと能力不足と罵倒された。

この頃はあまりにも忙しかったので、名古屋市内のクライアントのみ担当し、
市外や岐阜県のクライアントは別の営業に任せていた。
先輩に任せていたクライアントはよかったが、
後輩に任せていたクライアントは見事に売上が減った。
売上は僕に計上されるためモチベーションの低下はあったと思うが、
毎年当然のように依頼頂いた仕事がなくなっていった。

制作企画部門、ネット事業、大学関連、採用担当、
そして営業と多くの業務を掛け持ちしていたため、綻びも出た。
全体を掌握する余裕も力量もなかった。
積もり積もったトップとの考え方の違いも少なからず影響した。

以前、「役員降格の話」というブログを書いた。
実力不足の一言でいいだろう。
僕は取締役として失格の烙印を押された。

1期2年のため、最初の一年は取締役として機能したが、2年目は肩書のみ。
ネット事業の責任者を外され、部門のマネージャーを外され、採用担当も外され、
気づいた時には社長直轄の一人営業になっていた。

上司は社長、部下はなし。
2008年の株主総会で正式に取締役を辞任すると
特別営業職という肩書が与えられ、ひたすら営業する日々を送った。

他に任せていたクライアントは幸い僕に戻ってきた。
「山田さんが担当ならまたお願いするよ」
そんなクライアントの存在がどん底に落ちた僕を救ってくれた。

それでも時間はあるので、飛び込み営業も行った。
見栄もプライドも関係なかった。
社内での存在感はほぼ消えていた。

さすがに会社に失望し真剣に退職を考え、人材紹介会社に登録。
「もう名大社を卒業しよう」
そんな時に起きたのがリーマンショックだった。

続く・・・。

映画「英雄の証明」

映画評論仲間と観た作品。
一年半ぶりに自称映画コラムニストが集まり語り合った。
いい大人が真面目に映画について語り合う。
時にはそんな場も必要で本作が課題作。

映画鑑賞後、誰もが神妙な面持ち。
言葉に出さずとも同じような感想を持ったのは一目瞭然。
映画への不満ではない。
つまらなかったわけでもない。
ヘビーに考えさせられる映画だったのだ。

本作はイラン映画。
多分、初めて。
今年もいろんな国の映画を観るだろうし、上映機会も増える。。
先週はジョージアの映画だったし・・・。

外国の文化や習慣を知るにはその国の映画を観ること。
自分たちが知らないことを教えてくれる。

本作は受刑者を主役にしているが、その取り巻く環境でも驚かされることは多い。
借金を返せない罪で刑務所に入らなきゃいけない。
受刑者には休暇が与えられ、自由な時間を得ることができる。
それを見張る者はおらず、休暇が終わると自ら刑務所に戻る。

それだけでもちょっとした驚き。
日本人の生活ではあり得ない。

映画はその休暇中の出来事が描かれるが、このあたりは国を問わず普遍のテーマ。
人としての倫理観を問われ、誰もが自分の名誉や保身と向き合うことになる。
その人間模様は偽善的に映るが、それを否定するのは難しい。

自分が同じ立場になったらどうする?
と迫られると同じような判断をする可能性は高い。
自分にとって都合のいい正義を振りかざしていまう。
時に弱者をいいように利用し同情を誘うこともある。

身に覚えはないが、近しい些細な事象は誰もが持っているのではないか。
話題になるか、ならないかの違いだけで。
善がいきなり悪になる。

だから「英雄の証明」をしなければならない。
本当の英雄は英雄である理由を説明する必要もなければ、
証明も要らない。

国を問わずSNSやメディアが与える影響は大きい。
映画もそうだし、昨今の海外の動きも見てもそう。
発信力が与える影響の恐ろしさを改めて感じた。

神妙な面持ちになる映画なのは間違いない。

雨でも楽しいぎふ清流ハーフマラソン

先週24日(日)は3年ぶりのぎふ清流ハーフマラソン。

今シーズン3回目のマラソン大会の参加である。
こちらの大会は前日受付。
全員がPCR検査を受け大会に臨む。

記念Tシャツと共に渡されたのが、子供たちの応援メッセージゼッケン。
「FIGHT!」とか「目指せ!完走!」というメッセージが多い中、
僕に手渡されたメッセージにはこんな言葉が・・・。

「努力すればむくわれる。ちがうだろ。むくわれるまで努力するんだ!」
かなり厳しいメッセージ。
オジサンは頑張るからね!と三輪南小4年生に応えておく。

暑いとか雨とか予報される中で当日はどんよりした天気。

それでも久々の大会に会場内は活気づき賑わいのある光景。
スタート地点も色とりどりのランナーが待ち構えていた。

この大会の正式名称は「高橋尚子杯 ぎふ清流ハーフマラソン」。
岐阜が生んだ金メダリスト高橋尚子さん冠の大会。
この日も彼女が挨拶をして大会が始まった。
奇しくも恩師である小出監督の命日でもあり、彼女の熱い想いが僕らにも届く。

一緒に走る経営者仲間に撮ってもらいスタート。
名大社キャップと名大社Tシャツで!

そのタイミングでポツポツと雨が降り始めた。
しかし、さほど気にならない。
ガンガンの晴天で暑いよりは走りやすい。
本当は曇りのままが良かったが、そんな都合よくはいかない。

岐阜駅前を通り、河原町を抜け、長良川沿いを走る。
この風景を楽しむのもこの大会の魅力。
僕はゆっくりしたペースで走り続けた。
3月の名古屋シティマラソンのトラウマがあり序盤にスピードアップせず、
キロ6分を切るタイムを維持。

それがよかったのかどうかは分からない。
過去この大会では18キロあたりでかなりキツくなっていたが、そんな疲労もない。
終始同じペース。
むしろ最後の2キロはペースが上がった。

結果、手元の時計では2時間4分5秒。
今シーズン1番のタイムだが、2時間切りは達成できず。
もう少し早いペースで走ればよかったかな?と思いつつも、
昔ほどタイムを気にすることもなくなったり・・・。

まあ、楽しく走れた方がいいかな。
雨でずぶ濡れにはなったが、寒くて震えることもなかった。

終了後はランナー仲間と岐阜市内の銭湯に移動。
そこで汗を流し体を温め、本当の目的の場所へ。
マラソンはこのための前座に過ぎないのか?

焼肉屋さんを貸し切りにして打ち上げ。
ビールで乾杯し美味しい焼肉で体を癒す。

赤ワインの差し入れもあり楽しい時間。

みんな、このために走っているようなもの。
中にはレースには出ず、焼肉だけ参加の強者も・・・。

こうして今シーズンの大会は全て終了。
名古屋も豊橋も岐阜も無事に走れてよかった。
走っている最中はツラいと思うが、こうして大会が普通に行われるのは嬉しいし有難い。
改めて主催者やボランティアの方に感謝。

来年は再度2時間切りを目指してみるかな。
今のペースでも問題ないけどね。

お疲れさまでした。