名大社 スタッフブログ

カテゴリ「会社での出来事、お知らせしたいこと」の記事一覧:

4月もやります!新卒イベント!

こんにちは!冨田です。

今回もイベントのご案内をします!

 

3月20日に理系向け・女子学生向けに新卒イベントを開催しましたが、

その2週間後にあたる今週の金曜日・土曜日にも新卒イベントを開催いたします!

 

─────────
中日新聞×名大社 共催イベント
2022年卒業者対象 『ジモト就職フェア』

【開催日時】4月2日(金)・3日(土) 12:00~17:00

【開催場所】ウインクあいち6F
◇JR・地下鉄・名鉄・近鉄「名古屋駅」より徒歩2分

☆入場無料☆履歴書不要☆入退場自由☆

◎ジモト就職フェアのイベント内容はコチラ!(画像をクリック)

─────────

 

今回は2つの特集を実施します!

 

◇メーカー・商社特集◇

「モノづくりの分野で活躍したい」
「地域の経済を支える仕事がしたい」
愛知・岐阜・三重のジモト産業を支える企業を特集!

 

◇キラキラ女子活躍企業特集◇

「実力重視!女性の管理職もたくさんいます」
「育休産休後も長く組織の力になれる!」
そんな女性が輝くジモト企業を集めました!

 

また、下記の2つのラリー企画で、頑張る就活生を応援します!

※先着順ではないので、条件を満たした学生さん全員が対象になります!

<特典1 企業面談ラリー
面談社数に応じて最大1,000円分、選べるe-GIFTプレゼント!

<特典2 ジモト就職フェアラリー
2021年3月~7月まで名大社主催イベントに4回来場された方に選べるe-GIFTプレゼント!

 

コロナ禍の影響で2022卒採用に関係するニュースで明るい記事はなかなかないのが現状ですが、

イベントに来てもらえれば明るい未来に近づけるように名大社スタッフが全力でサポートします!

 

多くの学生に来場してもらえるのを心よりお待ちしております。

雇用支援事業について

今年度名大社は、鈴鹿市の緊急雇用サポート事業を受託し、今月それが無事終わろうとしています。
こういう仕事はいつもの仕事とは異なる刺激があっていろんな学びがあるのですが、
今回はいつにも増して勉強になることが多かったです。
事業の一環として鈴鹿市での求人に特化した求人サイト作成して、現在鈴鹿市勤務の企業70社以上の求人を掲載しています。
まずこのコロナ禍で心配していましたが、採用意欲の高いコロナ禍でも元気な企業が鈴鹿市には多数あり、
予定よりも多くの情報を短期間で掲載することができました。

   

Web掲載するのは初めてという会社も多くあり、また何を掲載して良いのかわからない企業へのフォローの仕方なども含め、このコロナ禍では、普段の仕事とは違い直接訪問ができなかった為に、今回は多くの企業でオンライン取材を行い(病院や介護施設などは特にオンラインは有効)おかげで企業取材は、だいたいオンラインでいける手応えを感じました。
また、最近は企業側が素材も文章もちゃんと自社で表現できる企業が増えた印象です。
「Web上で出ていないとその企業は社会では無いことになる」は言い過ぎかもしれませんが、
言い換えればWeb上で存在感があれば、それこそ社会へ訴えかけることができるのが現在の状況です。
小さな地方の企業の中でもSNSなどでPRすることに長けた人がいて、
そこではちゃんと企業が応援していてオウンドメディア化している会社もあるんだなぁといろいろ勉強になりました。

が、一方でWeb上に何も痕跡がない企業も多く、ほんとうに存在するのか?不安になる企業もあります。
実際、BtoBの製造業は、Webでの存在感がなくても問題がない企業がまだたくさんあります。
ビジネスモデルとしては関係がなくてもリクルーティング時にはやっぱり不利ですし、
そこはまだまだやるべきことがたくさんあるなぁと感じました。

あと企業開拓などでは、鈴鹿市の行政の方々との民間企業との絆の広さと深さのようなものを感じました。
地方では、やっぱり行政の役割の重要性は今までも今後も変わらないですね。

そして名大社はいままで採用したい企業のための採用支援に重きをおいてきましたが、
今回初めて緊急雇用支援ということがメインでした。
いわば、企業支援重視から、求職者を支援するということに重きをおいた仕事でした。

やってみて大きな違いは、雇用支援は求職者の多種多様性です。
企業も千差万別ですが、求職者の多様さは企業の比ではないと思います。
それこそ16歳から60歳程度の幅広い求職者に、
学生、外国人、無職、在職、未経験者、経験者、ブランクがある人、ない人など様々な理由が加わります。
求める雇用形態だけでも幅広く、正社員、契約社員、パートアルバイト、派遣、独立支援方雇用など
幅広い働き方があります。
またあらかじめ分かっていましたが、鈴鹿のお土地柄で外国の方が多数イベントに来場されました。
あんまり就職イベントで外国の方がこんなに集まるのは初体験でしたので新鮮でしたが、
やっぱりなかなかビザや言葉の問題もあって支援が難しいところがあります。
企業への職域開発も大変重要だと思いました。

求職者の傾向性はいろいろありますが、それぞれの人たちの環境も特性も条件も様々で個別性がとても強い。
この個別性は、ある程度IT化、仕組み化するにしても、最後はマンパワーでの地道な個別支援が基本になるだろうと思います。今回は初めてオンライン就職相談をzoomで行い、外国の方々の相談も含め様々な求職者の方の声を聞くことができました。これからも、名大社は地方の企業支援&雇用支援をする仕事に取り組んで行くつもりです。
以上、高井でした。

 

ニクバルダカラ伏見店

こんにちは! 新人の久保田です。

本日は、私が学生時代にアルバイトをしていたニクバルダカラ伏見店のお話をさせて頂こうと思います。

ニクバルダカラは、主に牛の肉の部位を多数扱っていて、ワインも種類豊富なバルです。

名古屋に店舗が多数あります。(以下ニクバルと略します)

ニクバル伏見店は、名大社のオフィスからも徒歩2分くらい!の近さなので

名大社の中にも行きつけの方々が何人かいるみたいです!!

特にそんな方々には悲報です、、。

ニクバルダカラ伏見店は4月2日を持ちまして閉店します、、!

初めてその話を聞いたときは結構ショックでした。。

短い間でしたがニクバルにはたくさん思い出があります。

↓メンバーの写真:忘年会の時の写真です。

 

閉店後のニクバルのお店を貸し切って、忘年会!(楽しかったな~)

 

夜は会社終わりの方々がたくさん来店して賑やかなお店でした。

また、お昼はオフィス街にお店があるということもあり、

忙しくて大変だった思い出もありますが、本当に楽しかったです。

 

閉店日まで、あと少しですが、現在はお昼のみの営業で

テイクアウトのお弁当を販売しているみたいなので

まだニクバルのお肉を食べたことがない方は是非!お弁当買ってみてください。

 

最後に、、

↓お昼のお弁当の写真です!美味しそう。。

 

イベントで感じたこと。

 

3月に入り、新卒の大きなイベントが終わり、学生さんも本格的な戦闘モードに突入ですね。健闘を祈ります。
現在、当社のイベントは全員マスク着用、入場時の体温計での体温確認、アルコール消毒液の準備、各ブースには飛沫シートのご準備、
除菌ウエットティッシュ、ブース間のディスタンス確保、企業担当者様入場制限、等
以前はジオ塩素酸云々の装置も配備されていました。
あれはどこへ行ってしまったのか?(笑)
しばらくは、このスタイルで続けていくのかと。
こんな準備をして皆さんをお待ちしています。
数年前でしょうか?イベントのスタイルの根本は変わらないのですが、
QRコードが導入され、手書きの面談カードが基本無くなったり、予約特典等、
時代とともに内容もブラッシュアップされてきました。
それとともに、イベントでの来場者へのブース誘導も将来的にはなくなってしまうのかな?
AI診断とかで、ブースへ導かれる? そうなるのでしょうね。
ペッパー君がお出迎え。
来場者誘導のない就職イベントなんて、
クリープのないコーヒーみたいなもんですね?
意味不明ではありません。ご理解いただける方、感謝申し上げます。
少し前にラジオからの情報。職場での無駄話がストレス発散になると。大事なことかも。

 

そんな中、イベント会場でのスタッフとの無駄話を何よりも楽しみにしている自分があることに気づきました。
思い起こせば、人との適度な距離感を何よりも学ばせていただいたのは、当社運営の転職フェアであり、新卒ジモトイベントであると感じています。
来場者に話かけたときに、その方が、何を望んでいるのか?
どんな、情報を欲しているのか?
勤務地希望は?
職種なのか?
業種なのか?
キャリア形成?
それとも、そっとしてほしいのか? (笑)

 

まずは、初めの一歩。
この声掛けは、イベントの潤滑油。
疑う余地もありません。
ある女子学生さんから。
「オンラインの面談をしてきましたが、やはり、直に企業担当者様とお話しできることができるので。」
一期一会。
例年、してきた何気ない学生さんとの会話なんですが、

 

昨日の昼は近所の蕎麦屋、更科さんで
「ひしお」~
冷やし狸ではありません。
冷やしです。出汁は味噌です。天かす、ネギ。 大根おろしがたまりません。ジアスターゼー
失礼いたしました。
ほりぐちでした。

節目の季節です。

こじかです。

もう3月です。
みなさん花粉症は大丈夫ですか?
わたしは目がしょぼしょぼします。

ーーーーー
さてさて、
先日わたしの元に
大学時代に所属していた先生から
お知らせが届きました。

3月で定年退職とのこと。
確かにわたしが卒業して約10年。

そんなご年齢ですよね…

それに伴い、
ゼミ生の卒論を返却します、とのこと。

わたしのゼミでは
今後の参考のためにと
先輩たちの卒論は
代々研究室で保管という形式でした

ちなみに、
データで提出ではなく、
きちんと装丁して
提出するかたちです。

本来なら直接伺ってご挨拶して
卒論を受け取れたらと思ったのですが、
残念ながら都合がつかず、
郵送をお願いしました。

まだ手元に届いてないのですが、
10年ぶりの卒論…どきどきです!

当時一生懸命やった記憶はあるのですが、
果たして今みたら、どう思うことやら。

そこそこがんばってるじゃん!
となるのか、
しょぼい出来だな…
となるのか…

届いても怖くて
しばらくは目を通さそうにないですね

皆さんは卒論
どんなこと書きましたか?

そんなこんなで3月は
わたしのお世話になった先生にとって
大きな節目の時を迎えるようです。

そして!
節目といえば!

名大社は皆さんの
節目を応援する会社です!

転機を迎えようとしてる皆さん、
今週末の「転職フェア」
どうかよろしくお願いします!

\3月5・6日(金・土)名古屋会場/
\3月7日(日)三重会場/


詳細はコチラから!

絶賛準備中です!

愛をこめて花束を

こんにちはクマガイです。

 

 

名大社で働き始めてもうすぐ4年。

「やりたかった仕事」ではなく

「頑張ればやれそうな仕事」にフォーカスした結果

営業職になった私。

色々ありましたがなんとかここまで走ってきました。

きっとこれから仕事を探す方の中には

営業職なんて絶対に嫌と思っている方もいるかもしれませんね。

営業職は確かに大変かもしれません。

でも必要な仕事だし、自分にとってはすごく意味のある仕事だったと思います。

 

 

 

営業職で自分が変わったと思うこと…

①一言一言に気を遣うようになった。

②相手の性格や状況を踏まえて、先のことまで予測して行動するようになった。

③計画的に活動するようになった。

④細かいところまで気にするようになった。

⑤優しくなった。

⑥興味・知識の幅が増えた。

 

 

 

自分のペースで仕事ができることは私にとってはとてもやりやすかったです。

自分の思った通りに進めるためには、

相手の協力も必要不可欠です。

どうすればお互いが心地よく仕事できるのか。

この人が望んでいることは何なのか。

私は意外とそういうのを考えるのは、嫌いじゃなかったみたいです。

仕事を通していろんなことが見えました。

自分の嫌いなところ、好きなところ、

他人のいいところ、苦手なところ。

仕事って単にお金をもらうだけではなくて、

自分次第では視野が広がるいい活動だと思いました。

ただ、そう思えるのは、自分ができる仕事を選んだからだと思います。

 

 

 

人を大切にしたい。喜んでもらいたい。

でも、単なる仕事ではなくて、

心の通う関係性を作りたい。

 

 

 

…そんな営業でいられたでしょうか。

きっとお客様は答えを知ってくれていると思います。

 

 

 

 

 

自分なりの営業スタイルを見つける、作るというよりも

いい自分のまま営業するというのが、4年間で見つけた私の仕事の姿でした。

 

 

 

 

 

私は本日2月15日をもちまして

名大社の業務を終了いたします。

本当に多くの方にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

最後に温かい言葉を下さった皆様、

お礼が十分にできなくてごめんなさい。

ご挨拶が行き届かなかった皆様には、この場での報告となってしまい

大変申し訳なく思っております。

 

 

 

 

心の優しい方にたくさん出会えて幸せでした。

さまざまな物事にしっかり向き合うことができて

本当に楽しい4年間でした。

 

 

 

 

皆様方の今後の幸せを心から願っています。

どうかお元気で。

 

 

感謝

こんにちは!

営業のヤマゾエです。

一昨日までの3日間、本年最初の転職フェアにお忙しい中ご参加頂いた企業様、ご来場頂いた求職者様、誠にありがとうございます。

また、今回の転職フェアが私にとっての最後のイベントになりました。

私にとって1番印象深い『岐阜会場』で終えれたのも感慨深いです。

報告が遅くなりましたが、、、

1月31日をもちまして名大社を退職することとなりました。

2016年4月に中途入社し現在まで4年10ヶ月お世話になりました。
社内では未だにディーラー営業っぽいって言われますが、次の会社では人材?広告?の営業っぽいって言われるのではないでしょうか。笑

2月から異業種ではありますが、また法人営業の仕事をさせて頂きます。

詳細は個人的に聞いてください。笑

退職にあたり引継ぎ業務の中で感じたことを書こうと思います。

年明けから後任への引継ぎで訪問やメール、電話でお世話になったクライアント先に退職の旨を伝えていますが、担当者様から数多くの嬉しいお言葉、有難いお言葉を頂きます。
直接お話できなかった担当者様や未だ返信しきれていないメッセージもあり、この場を借りてお礼申し上げます。

私の至らない部分もあり、お力になれなかったこともありましたが、こうしてお付き合いの長さ、取引額の大きさに関わらず私がやってきた仕事に感謝して貰えていたことを改めて実感しました。

普段から電話やメールだけのやり取りしかしていなかった遠方地域のクライアントからもメッセージを多数頂き、地元企業だけではなく自分の仕事が全国の企業に貢献できていたことも実感しました。

名大社のサービスを通じて入社した方がバリバリ活躍されていたり、時には採用担当者として私とやり取りする立場になられていたりと、この仕事ならではの巡り合わせもありました。

名大社の営業という立場ではありますが、クライアント企業の『もう1人の採用担当者』として頼ってもらえるように心がけてきたことが最後に報われたような気がしました。

この会社でこの仕事ができて本当に良かったと思っています。

外向きな内容になりましたが、内向きには思いが溢れてただ長いだけのブログになりそうなのでこの辺で。

私を育ててくれた企業様、名大社の皆様に本当に感謝しています。

厳しくも楽しい環境で成長を実感することができました。

ありがとうございました。

1月21日最終出勤まで本日を含め残り4日間、悔いのないよう業務に励みたいと思います。

イベントのご案内

こんにちは、今日は冨田が担当します。

 

2021年になった早々に、コロナの感染の急拡大により、1都3県に緊急事態宣言が再発令。

さらには愛知県と大阪府にも…といったwithコロナは今年も続くのだなと思っています。
それでも、1月はイベントはできる限り開催したいと思っています。

まずは2022卒向けイベント
1月16日には【出会いの場東海】があり、

翌日の1月17日には【アスプラ東海リーグ】があります。

そして1月30日には・・・

【ジモト就職応援フェア】を開催予定です!

 

ウインクあいちにて2フロアで開催!

ご参加いただく企業様・来場する学生にとって

少しでも安心してイベントにご参加いただけるような

感染対策を実施し、

双方ともに大いに満足いただくイベントにしたいと思います。

 

 

そして転職者向けイベント!

1月15日・16日開催 転職フェア名古屋会場@名古屋国際会議場

さらに!その翌日には 転職フェア岐阜会場@岐阜市文化センター

合計3日間の転職イベントを開催します。

 

また、今回の転職フェア名古屋会場・岐阜会場では

2021卒の方も対象としている企業も出展しているので、21卒の学生も大歓迎です!

 

2月と3月もいくつかイベント開催予定なので、

体調管理は今まで以上に気をつけようと思っている冨田でした。

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊶

 

こんにちは。本日はニシダです。
2020年最後の文房具通信お送りします!

文房具の紹介というわけではないんですが
20年…いや25年ぶりにコンニチハ。

書道道具一式!!

5歳から習っていたものの、初段で終了。
まさか今になって書くことになるとは。

はい。「書き初め」です。
年末感を越え、一人だけ新年を感じています。

ボヤボヤした写真だけ載せときますね。
何を書いたかはお楽しみに。

2021年1月6日(水)中日新聞です。

ということで、
2020年でクビにならずに済みました。
2021年もコラムニスト活動がんばります。
↑宣伝。

 

 

年末といえば、振り返ること。
が、今年まだ全然振り返る状況にない。
まだまだ売上もつくらないといけないし。

とりあえず読んだ本の冊数は数えました。
57冊でした。

外出自粛で空いた時間もあったせいか
昨年よりは多かったです。

昨年から勉強していることは

「視覚言語学・編集工学・文化人類学」

伝えたい言葉が思うように伝わらない、言葉の難しさに向き合っています。

就活でもそう。転職でもそう。
日々の組織内でもそう。

いくらノウハウを学んでも
この言葉の難しさを理解していないと
誤解が生じてうまく前に進んでいかないから。

ニシダの仕事はまさに、その

言語化や視覚化、翻訳

だと思っています。

その勉強のご縁で、こんな展示にも作品として
参加することができたのも今年のいい思い出です。
(東京の読者の方はぜひ六本木へ。)
(緑のセーター着てるのがニシダです。)

「わかりあえなさ」をわかりあおう

この言葉は深い。
来年以降も考えていきたいことです。

 

 

では、最後に。

人材紹介事業本部のみなさん、
今年も一緒に仕事してくれてありがとう!
まだ終わってないけどね(ギロッ

困難はあるけど、茨の道だけど
来年もまたひたむきに一緒にお仕事しましょう!

4人揃えば文殊の知恵です。よろしくね。

 

 

読者の皆さんもまた2021年
文房具通信でお会いしましょう!

昨年より大きく変わったこと

こんにちは!

人材紹介事業本部の石黒です。

 

今年最後のブログにもなると思うので、総括的なブログにしたいと思います!

題の「昨年より大きく変わったこと」として皆さん1番に思い浮かべられるのはコロナかなって思います。

人材紹介事業本部では在宅勤務が導入されリモートワーク真最中です。

 

在宅勤務や外出自粛に伴い、私の年間歩数はかなり減少していました。

今年の1日の平均歩数は「約4400歩」

昨年は「約6000歩」だったので1年に換算すると1600歩×365日=584,000歩

20歳代女性の平均歩幅が61~65cmなので584,000×63㎝=36,792,000㎝

なんとおよそ368㎞の差があります。

名古屋から栃木県の那須塩原まで行ける距離です。意外とこんなに差があるんですね!自分でもびっくりです。

 

ちなみに私が東京で働いていた時の1日の平均歩数は約8300歩でした。

八戸くらいまで行けてしまうのではないでしょうかww

 

かなりの運動不足感が数字で表れています、、、、

今年は健康診断結果に良くはないことが4つも書かれていた(大したことではないです)為、ちゃんと運動しないとなと思う日々です、、、

 

来年のプライベート面の目標は『運動不足を解消し、健康診断の懸念点を減らす』です。