名大社 スタッフブログ

2021年09月の記事一覧:

手紙

こんにちは。奥田です。

 

日中は各段に涼しくなり、夜はやや冷え、

季節の変わり目を感じる9月ですが、コロナはまだまだ長引きそうですね。

 

9月は自分の誕生月。

子供達から、手造りの色紙?と手紙を頂きましたので、

少し紹介させてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<小5の娘>

私はいつもパパのことを「きらい」と言うけれど、

本当にパパを尊敬しています。

時には怒って、時には優しくしてくれて、時には面白くして、

そんなパパみたいに私もなりたいと思っています。

勉強も教えて、野球をして、少し疲れていると思います。

だから少し休憩してください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

休みの日は、

小3息子と「野球・休憩・野球」の1日を送っているので、

娘がどんな気持ちでいるかは、気がかりな所ですが…。

逆にこちらのことを気遣ってくれる言葉に、

やっぱり寂しい気持ちなのかなと、やや心配になります。

あと、あんまり「きらい」って言われた記憶はなかったですが、

嫌われる自覚はあるので、ここは「心の声」として捉えるようにします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<小3息子>

いつも野球を教えてくれてありがとう。

勉強の分からない所を教えてくれてありがとう。

朝、起こしてくれてありがとう。

アイスも買ってくれてありがとう。

ダイの大冒険の本を買ってくれてありがとう。

お父さんがいなくてもやれることはやります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

絶対に勉強は好きではない・野球もまだまだ好きになり切れていない息子ですが、自分としては野球を一緒にやれている時間を本当に大切にしたいと思っています。

だから、野球をやっていない時間もアニメを一緒に見たり、コロコロを読ませてもらったりして、男同士の付き合いができるようにしています。

でも、子供がはまっているYoutubeやゲームは全く面白いと感じないので、そこは除外しています。

うだつの上がる…

こんにちは。小川です。

ずいぶん日が短くなってきましたね。

9月も半ば。

秋もすぐそこ、さつまいものお菓子の誘惑には要注意。

 

 

先月、緊急事態宣言前に滑り込みで久しぶりのおでかけをしました。

岐阜県美濃市にある、『うだつの上がる町並み』です。

「うだつがあがらない」の「うだつ」です。

「うだつ」とは・・・

屋根の両端を一段高くして火災の類焼を防ぐために造られた防火壁のことで、

裕福な家しか「うだつ」を造ることができなかったため、

庶民の願望から「うだつを上げる・うだつが上がらない」の言葉もできました。

美濃市は、江戸時代の商人の町で、この「うだつ」が多く残っているそうです。

(ホームページより:https://www.kankou-gifu.jp/spot/1189/)

風情ある町並みと、おいしいカフェもあったり、美濃和紙のショップがあったり散策できます。

名古屋から下道で1時間半(スムーズな場合かも)ほど、ちょっとしたおでかけに良いスポットです。

 

 

さて、来週には、

22卒学生のためのジモト就職フェア を開催します!

22卒【最終回】です。

2021年9月21日(火) 会場はウインクあいち

https://students.meidaisha.co.jp/event/2022/20210921

 

特集も行っております!

 

●ESなし!選考希望者全員と面接をする企業特集

選考希望者全員と面接をする「人物重視」の企業が出展!

 

●キラキラ女子活躍企業特集

「実力重視!女性の管理職もたくさん」「産休育休後も長く組織の力になれる!」

女性が輝く企業が出展!

 

対策をしっかり行い、お待ちしております!

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊾

 

ニシダです。

昨日ホリグチさんのブログにあった
1964年東京オリンピックの記念硬貨。

そういえば…

祖父の遺品整理をしていたときに
色褪せないデザインに感動して
手元に残してあったのを思い出しました。

今見ても洒落てませんか。
1964年東京オリンピックの記念切手。
どうぞご堪能ください。↓

ちなみに、今回のはコレです。↓


※©Tokyo 2020

 

好き好きあるでしょうが、
個人的にはリアルさ、躍動感がある今回より
断然1964年のほうが好きです。

時代に左右されない線と色使いの表現力に
惚れ惚れしたわけです。

読者の皆さんはいかがでしょうか。

——————-

話題は変わり。
皆さんはどんな夏休みでしたでしょうか。

いかんせん天気が悪く、
コロナで地元(横浜)にも帰れない。

なので、小説を読み漁ることにしました。
本は読むけど、小説は読むことが少なく
創造力(想像力?)が鍛えられるかなと淡い期待。

結局1日2冊ペースで読んでました。
その中で印象的だったのは「コンビニ人間」。

学校生活も就活も家族関係もうまくいかなかった
主人公が、なぜかコンビニでは自分らしく
働けて割とそれなりに幸せを感じれた話。

居場所はコンビニだった的な。

「自分に合う仕事・会社がわからない」
「自分らしさとはなにか」

そんな悩みを抱える学生や社会人と
関わる機会が多いからか
すごく考えさせられる内容でした。

読んだ人がいれば、ぜひ語りたい。

 

あと、

「自分らしさとは」
この疑問が解決しそうな本にも出会いました。

それはスタッフブログに書くにはもったいないので
新聞コラムに書きたいと思います。

 

ということで、今月の文房具通信は
紙ジャンルでお送りしました。

see you.

14才になっていた。

 

こんにちは。名大社のホリグチです。
今回も最近撮った写真からパッチワーク。
御見苦しい展開となりますが。
相変わらずの家の諸々の整理整頓。
まずは、これから。
お札は、ご存知、板垣退助。100円札。この札握りしめて50円のプラモデルとか買いに文房具屋さんによく通ったな。
文房具屋さんにプラモデルとか当時、売っていたんです。
右の硬貨は、今回の前の1964年 東京オリンピックの記念硬貨。
いくらで買い取ってもらえるのか?
左の硬貨は、いわゆる万博。大阪で1970年に開催された万国博覧会の記念のもの。
岡本太郎の太陽の塔。
アメリカ館の “月の石” ※アポロ11号?が月から持ってきた石。
見るのに何時間並んだことやら。
三菱未来館、日立グループ館、全く記憶ないなー。
サウジアラビア館の石油採掘の展示物にはびっくりしたな。もー。
わわかるかな? わかんねーだろーな。
新聞紙の切り取りが見つかりました。
「子猫をもらって」の告知が。
14年前。岐阜の小さな告知版とといったところでしょうか?
今の様な複雑ネット社会でもなく、電話をして確認しネコを迎えにいく。
こんなやりとりで。
当時はペットショップもそんないなかったな。
ある日、帰宅したら、何の相談もなく家族の一員になっておりました。
よくありがちな、ネコの面倒は子供らが交代でみるから。飼おうよ。こんな会話があったそうな。
そんな約束は、いつしか守られることもなく。。。。。
まあ、あれから14年ですが、彼女らの、当時の面影は全くなく、
最近はちょっと元気ないな。よく鳴くようになったな。
姉妹ではあるが、群れることもほとんどなく。
最近は食って、寝てばっかりでは体も重たくもなるであろう。
また、長いこといた愚息にいじめられこともなく
二匹ともストレスもないであろうかと。
貴重なツーショットです。
では。

出会いは一生の宝物

おはようございます!

サッカー小僧のイサジです。

 

人材業界の世界に入って約3年半が経ちました。

昨年から新型コロナウイルスの影響で、リアルという「人と直接会う」機会は減りました。

クライアントや友達と直接会っても感染拡大防止のためにマスク着用、アクリル板、ソーシャルディスタンス、極力小声をしなければなりません。

 

本当にこんな日常、誰が想像したのでしょうか。

最初はすぐに収束するだろうと安易な考えでいましたが、まだまだ当分我慢をしなければならないでしょう。

 

スマートフォンやオンライン系、そして非接触サービス系が急速に普及し、様々な商品が多様化しています。(採用だったらオンライン合説やSNS採用とかですかね。)

これからリアルという世界はどうなっていくのでしょうか…

でもコロナが収束しても、リアルという機会は無くなることはないと思います。

 

人生を歩んでいく中で必ず様々な人と出会います。

一人だけで壁を乗り越えることはできないと思うし、誰かに助けられるからこそ、人はその壁を乗り越えられることもあります。

特にリアルでは相手からの感情や感性や非常に伝わりやすいし、受け手はそれを受け取り、エネルギーになっていきます。

過去にその支えもあって乗り越えることもありましたし、仮に乗り越えられなくても違った方向転換をしてみて新しい発見や選択に繋がることもありました。

 

そんな私は今月をもちまして、名大社での仕事活動を終了します。

沢山の人達からサポートやアドバイスをいただけました。

皆さんには本当に感謝しかありません。そして家族や友人、恩師にも感謝。

振り返れば自分は沢山の人達に支えられ、とても恵まれていると感じました。

 

人材業界の良いところは、様々な業界の社員さんと出会えること。

営業、販売、技術、事務、建築などのリアルな声を聞けること。

こんな経験をできるのは中々無いことだと思いますし、20代のうちに経験できて良かったです。

更に自分は大学時代、サッカーしかしていなかったので、自分にとってはかなり新鮮でしたし、いろんなものに興味を持つようになりました。

そして自社の商品を通じて、そこで出会った学生さんや求職者さんが採用され、その方々が「今ものすごく活躍しているよ!」「今幹部クラスになったんだよ!」と聞けたことは、とても嬉しかったです。

 

今まで活動してきたことを次に活かせるように。

そして、これからも「相手のために」。

 

出会いは一生の宝物です。

皆様の今後の活躍を祈っております。

またどこかでお会いできたらと思っております!

 

ではでは。

本当の自由を手に入れるお金の大学

こんにちは!名大社の加藤賢治です。

今回のブログは最近購入した本について書きたいと思います。

最近は本を購入することはほとんどなく、図書館で本を借りるか、アプリで雑誌を読む事が多いのですが、リベラルアーツ大学としてWEBコンテンツやYouTube動画を運営している両@学長のお金の勉強コンテンツを見るうちに、久しぶりに本を購入することをしました。

両学長 リベラルアーツ大学(YouTube動画)→https://www.youtube.com/channel/UC67Wr_9pA4I0glIxDt_Cpyw

この本は非常にわかりやすく、面白い内容になっています。

貯める・稼ぐ・増やす・守る・使う 一生お金に困らない「5つの力」の基本を分類ごとに書かれています。

<貯める力>

●携帯は三大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)ではなく格安SIMを利用する。

●自分のプランに合った電力会社を乗り換える

●保険が必要なのは火災保険、対人対物の自動車保険、掛け捨ての死亡保険(子供がいる場合のみ)の3つだけ

●家にこだわりがないのであれば住宅はローンなどで購入せずに賃貸にする。

●車は移動手段だけで考えているのであれば購入ではなく、カーシェア・レンタカー・タクシーを利用する。通勤や生活するうえで、やむを得ず車が必須な場合は中古車を買う。

●ふるさと納税を活用する

<稼ぐ力>

●転職活動して自分自身の市場価値を把握する(転職活動するだけならリスクはない)

●副業をする(せどり、プログラミング、ウェブデザイン、動画編集、ハンドメイド、アフィリエイトブログ、YouTube、デジタルコンテンツ販売)

<増やす力>

●NISA、つみたてNISA、idecoを利用する

<守る力>

●手数料を取られる銀行や証券会社での窓口で商品を購入しない

●ネットワークビジネス、FX、新築ワンルームマンションの投資には手を出さない

<使う力>

●自分の大切な人(家族・友人)へのプレゼント

●優先順位をつけて、自分が本当に好きなことにお金を使う

●自己投資(学校に通う・スキルを身につける)

●時間を買う(時短家電、家事代行サービス)

この本を読んで面白いと思った項目は使う力の項目があることです。

使う力にもフォーカスして書かれている本は珍しいと思いました。

各項目の内容の意図については本に書かれていますので興味がある方はぜひ読んでみてください~

最近のあれこれ

こんにちは。こじかです。

9月が始まって1週間ちょっと。
この時期になると思いだすのが…
学生時代の「夏休みの宿題」。
皆さんはちゃんとやる派でしたか?

わたしは全然ダメでした…
8月31日は徹夜。
なんなら友達に手伝ってもらったり(最低)
なんとか9月1日提出分を終わらせるタイプでした
(教科によっては「最初の授業で提出」とかもあった)

ぎりぎりまでエンジンがかからない癖に
でも、放棄する勇気はないんですよね…

そんな性格は大人になっても変わらず。

このブログ当番も、1か月近く前から自分の担当の日わかっているのに、
前日の夜にならないと書きだせないし。

が、そんなだらしないわたしが
今年1個だけ事前に取り組んだことがあります!
それは…『ふるさと納税』

例年、紅白歌合戦をBGMにやるのが恒例だったのですが、
なんと今年はすでに先月から始めております…!!

早めにやろうと思った理由は、
賞味期限と冷蔵庫・冷凍庫の収納問題の解消。

大みそかに夫婦2人分一気に頼むと、
同時期に商品が到着してしまうんです。
それを考慮すると頼める商品の選択肢が狭くて笑

今年は1か月に1,2品ずつ計画的に頼みたいものを頼む作戦です!
何事も事前の準備が大切。

ということで、名大社にも
いま是非皆さんに
事前にチェックしていただきたいイベントがあります!!
(これが本題です)

それは…
\転職フェア/

10日(金)11日(土)
ウインクあいちにて開催です!

事前にチェックしておくと、どんな「いいこと」があるかというと…

《1》当日スムーズに入場できる!
当日の入場には来場予約が必要です。
そのため事前に予約しておけば、当日ワタワタせずスムーズ!

《2》「話をききたい」ボタンが使える!
予約をすると「話をききたい」ボタンが使えるようになります。
これは、自分が興味をもった出展企業に、そのことを意思表示するボタン。
これを押しておくことで企業さんとのチャットのやり取りも可能に!
直接会う前に、企業さんと繋がることができちゃいます。

《3》転職支援金ポイントがもらえる!
「話をききたい」ボタンを押すと、
転職支援金ポイントが多くもらえます!

詳しくは、転職フェアのページをチェックしてみてくださいね!

という訳で…
早めに準備しておくと、選択肢の幅も広がって
「いいこと」がたくさん!

明日からの転職フェア、
ちょっとでも気になっているなという方は
ぜひぜひ動き出してみてくださいね。

では、今日はこのへんで。

クロさん。

こんにちは。

名大社人材紹介事業部の石黒です!

 

今日はお盆休みに我が家に仲間入りしたクロさんを紹介します!

こちらがクロさんです🐈

不思議な格好をしています、、、、

先住猫、先住うさぎの誰よりもおてんばなクロさん。クロさんがよくじゃれてくるので私の腕には傷が絶えません😹

元気で何より、、、

 

クロさんは真っ黒なので、どうしたら黒猫になるのかが気になり調べてみました!

(以下https://sippo.asahi.com/article/11887675参照。)

猫がどんな毛色や柄になるかは、「遺伝子座」という染色体の一部が関与する様です。

遺伝子座はW(ホワイト、白)、O(オレンジ、茶)、A(アグーチ、1本の毛に縞が入る)、B(ブラック、黒)、C(カラーポイント、顔や体の先の方に色が出る)、T(タビ―、縞)、I(インヒビター、シルバーが出る)、D(ダイリュート、色を薄くする)、S(スポッティング、体の一部を白くする)の9種類があり、これに優性、劣性の遺伝子が組み合わさって、どの遺伝子が強く出るかで、猫の毛柄が決まるとのことです。

茶トラ、キジトラ、黒、白、黒白、サビ、三毛、茶トラ白など、計16通りにもなる。

親が黒なら黒など、親子で同じ毛色が生まれるとは限らない様です。

この様に親とは全く違く毛色になったりもします。

親猫とまったく違う色の子猫が生まれることがあるのは、劣性遺伝子が孫の世代以降に飛び超えて受け継がれるためだとか。

なんとなく私の感覚で単色って出にくいのかなというイメージでしたが自然界は複雑ですね、、、

 

以上、石黒でした!

守山のニュースポット

こんにちは。
人材紹介の桑山です。

守山区民としては話題にしないわけにはいきません。

 

コストコ守山倉庫店がオープンしました!

人の多さが落ち着くまでは控えておこうと
しばらく様子を見ていましたが、
そろそろ行ってみる??と先日行ってきました。

 

実は、初めてコストコに行きます。

これまで、積極的に行く機会がなかったんですよね。
あと、「コストコ=大量買いするファミリー層向け」
だと思っていたので…。
なので気になるけど、それほどでもないな…。みたいな。

 

今回はレジャー的な気持ちで
とりあえず行ってみる?と思い立ちまして
夏休み中にコストコデビューしてきました。

 

【どうやら会員登録が必須らしい】

行くことが決まったのはいいとして、
会員登録が要るらしい…。
ということで事前にWEBから仮会員登録。
あとは店舗に行って手続きです。

わけもわからず、とりあえず会員登録の列に並び
現地で写真撮ってもらってカード作ったのですが
白黒写真のせいか、謎の緊張感のせいか、
夫婦そろって犯罪者みたいな顔つきに…(笑)

なんだか、これはこれで記念になって面白いなと思いました。

あと、年会費は安い方で登録しました。
だって20数万円も買わないだろうし…(盛大な伏線の予感)。

 

【渋滞がすごい】
守山IC近くにコストコ守山倉庫店はオープンしたことから
周辺エリアの道路は、コストコに入る車と出る車で
常時渋滞が発生しております。
ちなみに、平日夜もまぁまぁ混んでます(実体験)。

車で周辺を通りかかると
「あーこれコストコ行くんだろうな」ということが
わかるくらいにはコストコ渋滞になっているので
車で周辺を通る際には、車線にご注意ください!

 

【オートウォークがある】
コストコ守山倉庫店は1階が店舗、2~3階が駐車場になっていて
車を停めたら、買い物用カートを受け取り
オートウォークのエスカレーターで1階へ移動します。

オートウォークのエスカレーターって大変珍しいと思うのですが
これ、他の店舗にも導入されているのでしょうか?

あと、これは豆知識でもなんでもないのですが
実は名東区にあるイオン名古屋東店にも
オートウォークのエスカレーターがあります。

 

【コストコ初心者が買ったもの一覧】

夏休み中にコストコデビューして、約3~4週間経ったところですが
もう既に数回は訪問しており、日常の買い物がコストコ中心になり始めたので
行くたびによく買うもの一覧を並べてみました。

 

・クロワッサン(20個入り)
最近の在宅中のお昼ごはんは大概クロワッサンです。
そのまま焼いて食べても美味しいし、何かを挟んで食べても美味しい!
この前はタマゴ&キュウリ(実家産)のサンドを作りました。

 

・リンゴのベーコン
友人から、リンゴベーコンとチーズを挟んで
食べたら美味しいと教えられて早速購入!
探していたチーズは無かったのですが、
ベーコンは普通に焼いて食べるだけで
めちゃくちゃ美味しい…

リンゴの味はしませんが、
ちょっと甘味がある(ような気がする)ので、
よりしょっぱさが引き立ちます。

 

・オイコス ストロベリー味
これはみんな同意見だと思うのですが、
オイコスはコンビニやスーパーで買うと高いんですよね…。
(1個あたり160~180円程度。)

ちなみにコストコで買うと12個入り1000円ちょっとくらい。
めちゃくちゃ安くてありがたいです。

あとオイコスが置いてあるエリア、冷房が寒すぎて1分以上いられません。
むしろ冷凍庫レベルの冷蔵機能。一体あの部屋、何℃くらいなんでしょうか…。

 

・鶏肉2㎏
鶏もも肉、鶏むね肉もありますが
特におすすめは鶏ひき肉(これも2㎏。結構重量あります)。

先日、豆腐ハンバーグにして大葉を巻いてみました。

まだまだ大量に余っているので、今日の晩御飯も鶏ひき肉になりそうです。

 

ちなみに、まだチャレンジしてないですが、ガソリンも安いです。
ただ、ガソリン購入もそれなりに並ぶんですよね…。
あの行列を見ていると、さすがにガソリンはガソスタで入れようかな、と思えてしまいます(笑)

様子を見てまた今度行ってみようと思います!

 

 

コストコデビューの感想としては
とにかく取り扱う商材が多いので、端から順番に見て回ると疲れる(笑)
いろいろあるので楽しいのですが、全部見るのは疲れてしまうので
ある程度買うものを決めて、あとは宝探し的に行くといいかなと思います。

 

あと、コストコ守山倉庫店で個人的に一番オススメな場所は屋上駐車場

 

高台にあるので、目の前に広がる庄内川と、工場群や民家も併せて
大変眺めがいいポイントなのです。周りに高い建物もないので、空が広く見えます!

この日は夕焼けがきれいだったんですよね。
夕方ごろ行ってみるのも、オススメです!

夏の風物詩

こんにちは、不破です。
今回は最近読んだ小説について書いてみます。

夏といえばホラー

というわけで、ジャケ買い(?)した「異端の祝祭」と、同じ作者の前作「ほねがらみ」です。

ジャケ買いといってもKindleなので、手元にはありません。
私は知らなかったんですが、もともと小説投稿サイトに投稿されていたお話で、ネットでバズって書籍化されたもののようです。

先に読んだのが「異端の祝祭」

ホラーというよりは、カルト宗教ファンタジーホラー(?)という感じでしたが、
気持ち悪い!不気味!…と思いながらも、なぜ?どうして?が勝って、先が読みたくなり、サクサクと読み進んでしまいます。
やっぱり人間が一番怖い…いわゆる「ひとこわ」な要素もあり。
後半ファンタジー色が強くなってきて、若干期待したものと違いましたが、引き込まれてしまい面白く読み終えました。
ストーリーの本質ではないんですが、諏訪大社の過去のお祭りとイサクの燔祭の共通点の話は、
トンデモネタだな〜と思いつつ、興味出て検索しちゃいました。

作者の芦花公園さんは、「異端の祝祭」が二作目ということで、一作目も気になる〜!…と、
「異端の祝祭」を読み終えた翌日にKindleでポチったのが
一作目の「ほねがらみ」

「異端の祝祭」よりも断然怖い!!
ホラー好きの人が、短い怪談話を集めていくうちに、だんだんと繋がりが出てきて、
最後には自分の生活にまで侵食してくる…という話で、
読んでいるうちに、ついつい「これを読んでいる自分は大丈夫なのか!?」と思ってしまうお話でした。

結構複雑でわかりづらいな〜と思うところや、
あれ?あの伏線回収されてなくない??と思う部分もありました。ちょっとネット怪談に似た読み心地。
でも、とにかく怖い。続きを読むのが怖い。でも、気になるから読んでしまう。
その辺りは二作目と同じで面白かったです。

二作とも、もうひとつ盛り上がりに欠ける感は否めないんですが、それを凌ぐ怖さ。
ホラーなんだから、怖いのが一番です。

今年はの夏はひとつも心霊番組を見かけず、ヤラセでも加工でもいいから心霊番組が見たい私としてはちょっと寂しい夏でした。
心霊もオカルトもネットに移行しちゃって、怖い話もネット怪談がタダでいくらでも読めるんだからそれでいいじゃん、と思っていましたが、
久々にちゃんとホラー読むとページをめくるのが怖い感覚にドキドキしました(電子書籍ですが…)。

次は、「ほねがらみ」の話の中でも言及されていた、三津田信三さんの作品を読んでみようかな〜と思っています。
ホラーのお勧めがあれば、ぜひ教えてください!