名大社 スタッフブログ

カテゴリ「最近、思うこと、感じること」の記事一覧:

今年も地味に・・・

こんにちは。水谷です。

新年1回目ということで、今更ながら、

あけましておめでとうございます。

 

年末にインフルエンザに罹った人たちは皆、ブログで発表していたので、一応私も。

 

仕事納めの日に飲みに行き、翌日は残務作業もあり、会社に出社。

一つ厄介事が解決したこともあり、夜は友人たちと飲みに行くことに。

 

しかし、朝から熱っぽいような気がしていたのですが、

一緒に行った連中からは、飲めば治る。お前は飲みが足りないんだ。

と一喝され、とりあえず飲めるだけ飲んで帰宅。

 

翌朝、明らかに熱があるので、休日診療所へ。

数日前に予防接種を打ったにもかかわらず、まさかのインフルエンザと診断される。

鍛え方(飲み)が足りないのでしょうか?

しかし、年末ではなく通常の月の月末近くで罹っていたら、業務が滞る可能性があるので、

年末年始休暇中で良かったのかもしれません。

 

 

今月も既に16日。早いですね。

今日・明日は転職フェア。宣伝は重野さん、神谷さんがご担当されたので私はパスさせていただきます。

 

 

今年も定例の行事を済ませてきました。

毎年、会社の玄関に飾るしめ縄。

今年も山田さんに年末にこっそりと飾っていただいたものです。

(飾っている写真を撮り忘れたので、1月1日の社長ブログをご覧ください。)

 

飾るということは、処分はどうするのか?ということになりますよね。

一応総務担当でもあるので、私の担当です。

 

毎年成人の日に大須観音で行われる左義長火祭りにて、

しめ縄・お正月飾り等をお焚きあげしてもらいに行っています。

 

とはいえ、成人の日に限って、用事が重なり、

遅い時間に火の中に入れに行くだけになっているのも事実ですが・・・

 

今年も商売繁盛、みんなの健康を祈りつつ、

しめ縄が跡形もなく燃えていく様子を見る。少しはかない気がします。

 

ついでにおみくじを引き、大須商店街を散策し、

成人式帰りの晴れ着姿の方々もちらほら見かけるのも毎年一緒。

 

このような地味な役割も担っているのであります。

 

今年も地味で目立たないことにもしっかり取り組んでいきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年こそは・・・!!

みなさん、こんにちは!!

 

今日の担当は、、、

●年末にインフルエンザにかかり、世の旦那たちが妻から欲しいセリフ№1である

大丈夫?あなた」という暖かい言葉を貰いながら看病して貰えた結婚3年目の!

 

●新年早々、会社の後輩から頭部を見て笑いながら「ハゲてきましたよね?」と

最近、気になる頭髪のことをイジられた入社5年目の!!

 

●今年こそは、痩せようと決意しながらも正月太りをしてしまい、

ズボンのボタンが取れてしまった社内トップクラスの重量級の!!!

 

そうです!どうもみなさん、お久しぶり。

冨田です^o^(笑)

 

今日の内容は、最近の出来事について書こうと思います。

先日の10日の土曜日は2016年卒学生を対象としたイベントを開催しました。

その名も「就活応援フェスタ2016

1601551_809495849124082_5205008173753441956_n 写真 1 (6)

写真でもわかる通り、講演会場が満員になるほどの来場数でした。

正直、私自身が想定していた人数よりもかなり多くの学生さんに来ていただき、

驚きとともに感謝の気持ちでいっぱいになりました。

それだけ、就職活動に対してこの時期から考えている学生がいるということ。

そういった学生さんに少しでもお手伝いができるようにがんばっていきたいですね!

イベントに来て頂いた学生のみなさん、またご参加頂いた企業の皆様、

ありがとうございました。

 

 

 

ふぅ。。。。

 

さて、こんな真面目な話ばかりでは、みなさん飽きましたよね?!

 

 

これはいかん!と思ってネタを仕入れてきました(笑)

お題は、「最近の若い子の写真のポーズ」です。

 

みなさん、写真を撮る時ってどんなポーズをしていますか?

おそらく、このブログを見ている方は年齢層が高いため(すみません。。。)

親指を立てたグーのポーズかピースサインをすることぐらいしか経験したことないはず!

実際に、私自身も写真を撮る時は、上の2つのポーズぐらいしかしたことないです(*´ω`)

そんなポーズに変わり、最近の流行のポーズはこちら

ドンッドンッ!!!!!!

写真 3 (2)写真 4 (2)

こちらが最近の若い子が写真を撮る際に決めるポーズだそうです。

 

どうです?このポーズをすれば今日からあなたも若者の仲間入り間違いなし!(笑)

 

ポイントは、頬に手を当てて、顔を斜めにする。

そうすることで小顔に映る!らしいのです。

試しに名大社の若手女性社員2名にこのポーズをしてもらいましたが・・・

結果は写真の通りです(笑)

左側が、「最近、虫歯になっちゃって~」とぶりっ子で話す女の子

右側が、「あ~、この料理美味しい~」と一口食べた後の満足したコメントを言う女の子

にしかボクには見えませんでした。

みなさんも写真を撮る機会がありましたら、是非一度、試してみてはいかがでしょうか٩(๑´3`๑)۶

 

とまぁ、今回も品の低いブログをお伝えさせて頂きましたが、題名にも書きましたが

今年こそは、もう少しまともなブログが書けるようになろうと思いながら、このブログを終わりとさせていただきます。

 

みなさん、また次回!お楽しみに!

 

新年の悲劇・・・

明けましておめでとうございます。

入社一年目営業の近藤です!

皆さん、お正月休みはどうでしたか??

愛知県内では、例年より早くインフルエンザ警報が発令されたそうです。

せっかくのお正月休みも、名大社の社員の何人かはインフルエンザや風邪に

苦しんだ人がいたそうです・・・。

実は私もお正月休み初日に38度超えの発熱があり、「インフルか~??」と疑ったのですが、

ただの風邪で2,3日寝たら治っていました。(一安心)

私個人、今年一年の目標は入社2年目を迎えるにあたって、

これまで以上にお客様と深い関わりを持ち、多くの企業様に名大社のコンテンツを使って

頂けるよう活躍していくのが今年一番の目標です!!

 

それに加え、体調管理にも気をつけなくてはと痛感した出来事がありました。

大晦日頃からお尻に違和感が・・・。(お食事中の方申し訳ございません。)

気にせず、大晦日の夜は年越しそばを食べて、元旦を迎えたわけですが、

朝起きると激しい痛みが。

鏡で見てみると真っ赤に膨れたおできが出来てしまっていました。

お正月休みは何とか過ごすことが出来たのですが、

休みが明けて長時間イスに座っていると激しい痛みに襲われるようになってしまいました。

「これじゃ仕事が出来ん!」と、判断し

先日早々に仕事を終え、会社近くの皮膚科へ駆け込みました。

お医者さんの開口一番が「これはひどいね~。麻酔打って切っちゃいましょう!」

かなり恥ずかしい姿勢になって、麻酔を打ってもらいました。

これが痛いのなんの!!!!!

局部麻酔ってこんなに痛いんですね・・・。

 

治療後は痛みも引き、いつも通り仕事もできるようになりました。

このお尻のおでき、原因は油っぽい食事の摂り過ぎと、睡眠不足でよく発症する人がいるそうです。

ネットで調べてみると、私と同じように苦しんでいた人が意外と多かったことには驚きました。

 

入社直後の頃と比べて、体重もお腹周りも太ってきたことを実感する今日この頃です。

日頃の不摂生が今回のように「おでき」として回ってこないように、毎日の体調管理を気にしていかなければなぁ

と感じた2015年の始まりでした。

写真①

友達と元旦に初詣に行ってきました。

気のせいでしょうか・・・

右上の白いもや。

なんか、嫌な予感がします・・・。(笑)

神社で写真を撮らない方が賢明ですね!

心や言葉が通じない世界(バベル)で

こんにちは、クロスメディア事業部の高井です。

すいません、またまた映画ネタです。

次は仕事について書きますので、哲さん、お許し下さい。

 

「バベル」2006

モロッコ、アメリカ、メキシコ、そして東京と、遠く離れた地域の人物たちのストーリーが交差する。バベルは『旧約聖書』にある町の名。人々は天まで届くバベルの塔を建てようとしたが神が人々に別々の言葉を話させるようにした。人々は統制がとれず、全世界に散っていった。これを背景に「言葉や心が通じない」世界における人間を描いた異色作。

60115142

 

これすごいです。絶対万人受けしないです。

内容がすごい重いです。決して誰もHAPPYにはなりません。

まずストーリーはホント結局何が言いたいの?って感じで、そして何だろう。この映画「バベル」は観ながら、実に不快な気持ちが湧くのは。

救いの無い、意味の無い、自分に関心がない語りに永延とお付き合いした真夜中の長電話のような不愉快さが、後を引く。

けっして駄作ではないことを認めるだけに、そして数々の賞賛と、罵声の声をチラチラと耳にすれ、もっと違った方向性があったのではないかと思えてしまう。

しかし、ただのつまらない不快な映画とも何かが違う。

もちろん、ブラピ、ケントブランケッド、菊池、役所と言った俳優陣は素晴らしい。

菊池の存在感はいま見ても半端ない。

そして少年が人を撃ってしまった時。青年が検問を突破した時。彼女が全裸でわかって欲しかった時。

見終わったあとの、それぞれの場所・シーンの生々しさや重さは、僕のお正月の夢にまで出てくるぐらい(あんまり嬉しくないのですが)強烈な印象が残ってしまった。

 

一つのライフルを媒介に、ある関係性に突如ヒビが入り、再構築を迫られる。

「バベル」という表題が象徴する多民族的な価値・言葉・習慣の相違、または心の不確実性からくる、「恐れ、疑心、偏見、愚かさ、暴力、性」などを、この地球という平面に露にしてみせること。

それこそがこの映画のすべてではないだろうか?

我々は言語が伝わることを日々信頼しながら、それが伝わらない場面を日々実感している。

当たり前の感覚だ。肉親でさえも、どんなに気心が知れていても、どんなに愛し合っていても、どこかに分かり合えないものが、溶けきれない残滓としてあるものだ。

問題はそこからだ。

その人間同士の分かり合えなさ、通じなさは、実は分かり合えること、通じることを前提にしたイレギュラーな状態と、普通は考えている。

そう、人は容易に分かり合えることを前提にする。

しかし「バベル」で繰り広がる「恐れ、疑心、偏見、愚かさ、暴力、性」は、そういった楽観的な前提をあざ笑うかのように、延々と「言語や心が通じない世界」を描いてみせる。

まるでその世界が当然であるかのように。

それがリアルであるかのように。

これは、実は我々の生きていく経験としてみんなわかっているのかもしれない。

僕らはこのディスコミュニケーションの世界でどのような態度を取るべきなのか?

この映画は、そんな問いを観るものに強いて、不安にするのだ。

でも同時に大事なことを気づかせてもくれる。

僕らが手を握り合う理由。

誰かと抱き合う理由。

他人に優しくして、他人を気遣い、そして愛する理由を。

 

最後に役所広司と菊池凛子のラストシーンを見ながら、この心や言葉が通じない世界(バベル)では、「そうか分かり合う代わりに抱き合えばいいのだ」とマジで思ってしまった。

すいません。ちょっとロマンチック過ぎる落ちのないブログで失礼しました!

 

新年

あけましておめでとうございます!
2015年!

 

2015年第一回目の社員ブログを担当させて頂き、どきどきの小川です。
大好きなこたつにて作成しております。

 

名大社では本日から仕事始めです。
皆様年末年始はどのように過ごされましたでしょうか。
仕事納めの金曜から風邪をひいた私は、喉の痛みと鼻水に悩まされながらも寝込まず
(健康診断もオールAですからね!)
忘年会やスノーボードに満喫!ばっちり大掃除もしました。

元旦はこたつを満喫、 2日は恒例の家族で地元の成田山へ初詣にお出かけしました。

 

3

御賽銭50円でたくさんのお願いをし。。。

おみくじをひくと。。。

小吉!!

1
仕事運・勝負事は吉★
まずまずでしょうか。

2014年はあっという間に過ぎ去りました。充実というよりバタバタしていた感じです。
二つほど新しく始められたことがあったのが良かったです。

今年は時間に余裕を持てるように、先を見越して効率良くものごとを進められるように。
4月からは営業4年目に入りますし、営業として成績を出すのはもちろん、もっともっと色んなことを吸収していきたいです。
個人的にはだらだらすることが大好きですが、もっともっと充実できるように外に出かけていきたいと思います。

2015年 頑張っていきます!!

素晴らしい一年になりますように!

本年もよろしくお願いいたします!

 

学生とクリスマス

メリークリスマス!

名大社の加藤(女)です。

ロンリークリスマスなのかどうかは、

 

・・・

 

放っておいてください。

 

 

昔は、女性の結婚適齢期を

クリスマスケーキに例えたりしていましたが、

 

最近は、大みそかが基準だとか・・・

 

 

ハッΣ(°∀°)

 

 

どっちにしろ、アレな結果なので、

この話題は終わりにします。(笑)

 

 

 

さてさて、今年もあと少しということで、

2016卒の就職活動も

学生さん達にとって、だんだんと現実味を帯びてきた様子。

 

今月に入って、急に相談コーナーがにぎわうようになった、

と地元大学のキャリアセンター職員さんがおっしゃっていました。

 

「何となく、このまま何もせずに年を越しちゃいけない気がして」

というのが、学生さんの心理のようです。

 

とは言え、この危機感や焦りも、大学ごとで随分と差がありますね。

もちろん個人差も。

 

ところで、この、

早く動いている人、全然動いていない人、というのが、

出席番号でそれぞれ近い番号に固まっているそうです。

 

これは、入学式の日に、書類などの説明をするための教室を、

出席番号順で割り振る為だとか。

その時に周りの席の人と仲良くなると、

そのまま卒業まで仲の良い友人でいることが多いのだそうです。

学生時代の多くの時間をサークルやゼミの友達と過ごしていた私にとっては、

ちょっと驚きの事実でした。(もちろん出席番号が近くて仲良くなった人もいましたが)

 

ただ、何年か前から、こうした

学生が友達を作れない

という話は、耳にしていました。

中には、学校がお友達作りのためのイベントを主催する、なんてこともあるとか。

最近も、「同じゼミでも、名前を知らない人がいる」

という学生と出会いました。

 

そんな学生のために、最近では、学校の食堂にも

おひとり様用の席

があったりします。

 

そんな、おひとり様の若者たち。

クリスマスもやっぱり、おひとり様なのでしょうか?

気になって、何人かの学生に聞いてみたところ、

半数が、おひとり様の予定でした。

(私の周りだけでしょうか・・・?)

そもそも、クリスマスを誰かと過ごさなきゃ・・・という考え自体が

古臭いのかもしれませんね。

 

 

駆け抜ける12月

こんにちは!水谷(女)です。

前回のブログの記事をでもボソっと呟きましたが
11月末の連休で

IMG_2812

東京ディズニーランドに行ってきました!

お天気も大変よく、日中はポカポカ陽気で、暑いくらい。
寒くなる直前の滑り込みのタイミングで行けてラッキーでした。

すごく楽しくて、上の写真のミ○キーが向こうを向いてたって
まったく気にせず、年甲斐もなく、はしゃぎ回ってました!



そんな思い出に浸っていたら、
あっという間に12月も2014年もあと数日。

大掃除どうしよう、年賀状どうしよう。
会社に来たら仕事はモリモリ。家に帰ったら家事はモリモリ。

2015年を無事に迎えられるのでしょうか・・・。(´・ω・`)

そんな不安感を一瞬でも緩和してもらえるのは、
今月初め頃に1日お休みをいただいて、撮影した
結婚式の前撮り撮影の写真です。
IMG_2970
実は、挙式を来月に控えていたりします…(こっそり)

浮かれて調子に乗って、写真まで載せちゃって!…みたいな
ご意見は甘んじて受けますので、いろいろ大目に見てやって
いただけると、とってもとっても嬉しいです

どうも、すいません orz
(先に謝っておく)

普通の生活をしていたら、恐らく、こんな機会でもないかぎり
つけないであろう「おかつら」をつけ、
いつもの、やる気の感じられないメイク(笑)の100倍くらい気合を入れた
お化粧をしてもらい、
普通に買おうとすると、家が一軒建ってしまうらしい(←衣装屋さん談)
豪華な色打掛を着させてもらい、(もちろんレンタルです)
式場近くでロケ撮影を行いました。

和装だけでなく、ドレスでの撮影も行ったので
着せ替え人形のように着替えまくり、撮影の瞬間は、お姫様気分。
自分の記憶の中で、こんなに、ちやほや(笑)されたことがなかったので、
違和感しか感じませんでしたが、楽しくて、とっても良い思い出です。

準備も大詰めです。
言い渡されるのはいろいろな「決定期日」のオンパレード。メモ取るのも必死です。

同時に、最終打ち合わせの内容が書かれたプリントをもらいました。
式場選びをしたのが夏でしたので、かなり時間が経ったように感じるのですが、
本当にあっという間でした。

今までにやったことのない数の「打ち合わせ」を行い、
ずーっと続くのではないかと思ってしまう瞬間もありましたが
“最終”と言われると、複雑な心境です。

どんな式になるのか、今からドキドキです。
少しでも楽しい時間になると良いな~と思い浮かべながら
今年の冬休みは準備の時間にしたいと思います!

そして、式当日は先日のようなドカ雪が降らないように
てるてる坊主でも作っておこうと思います(・▽・)ノ

皆様も体調には気をつけていただいて、
素敵な年末年始をお過ごしください~☆

部下の近藤大輔

こんにちは、名大社の加藤賢治です。

今年も残りわずかですが、来年になる前に、振り返りたいをしたいと思います。

今年の名大社の標語は

変化を求める。変化を受け入れる。そして変化を愉しむ。

ですが、自分自身の環境の変化は、部下に近藤が配属された事です。

新入社員の部下指導は、今回が初めてとなる為、新しい環境の変化になったと思います。

今でも覚えていますが、今年の4月に、新入社員挨拶で、近藤は

「今年の夏までには契約を取ります!!よろしくお願いします」と宣言をしたので

挨拶後に近藤に対して「お前、7月の転職フェアまでには絶対に契約をとれよ。

言ったからには実行してもらうからな」

「俺はお前が契約を取れるように全力で指導をするからお前も全力でついてこい

わからないことがあれば、どんどん質問をしろ、わかったか!!」

入社してすぐにそんな会話をしたので、戸惑いを感じていたかもしれません。

しかし、近藤は嫌な顔をせずに一生懸命に仕事に取り組み、結果として、

7月転職フェアよりも前に、6月エンジニアフェアの新規契約をとり、有言実行をしました。

現在もわからない事があれば、どんどん質問をして仕事を覚えようと行動しています。

4月に配属になった時は、まずは営業現場で学んで、名大社商品の知識を学ばせる1年にしようと考えていました。

しかし、思っていたよりも、成長スピードが早いため、現在では近藤自身の考えを言わせてから質問や相談をさせるようにしています。

わからない事があれば、聞くことが大切ですが、自分の考えがないまま聞くことは、ただのメッセンジャーだと思います。

これは、自分自身にも言える事ですが…

今年の1年間、本当によく頑張ったと思います。

まだまだ課題がありますが、来年の宿題として一緒に課題を解決していければと思います。

今はまだ荒削りですが、ポテンシャルの秘めた営業マンです。

来年も一緒に成長していくぞ。近藤大輔!!

 

316588_151115144984475_182184407_n

振り返る!

こんにちは、不破です。よろしくお付き合いをお願いします!

4回目にしてブログの内容に悩み、時間無いなあと思いながら、NHKのプロフェッショナルで野村萬斎さん特集をしっかり見てしまい、追い込まれています。

社員ブログを書き出して早4回目。

何かブログに書けるネタは無いかなあと思いながら日々を過ごしています。

思い返すと、中学生の頃に初めてホームページを作った時以来、かなり長い期間、誰が読むわけでもない日記的なものを世界に向けて公開していました。

内容はしょうもないものばかりでしたが、よく毎日書く事あったなあ…!と感心するばかりの、ネタが無い今の私です。

ちょっと当時の事を振り返ってみたいと思います。

 

15841704348_5418e40b58_z
▲おそらく人生で3つめのブログのサイドバーです。結構いい加減な更新頻度でしたね。

 

はじめて作ったホームページは、好きなアーティストのファンサイトでした。

ホームページビルダーというソフトと、HTMLタグ辞典という分厚い専門書を駆使して、自分なりに気合いを入れて作りました。

とはいえ、全くの初心者中学生が作れる程度のものですし、そういった類いのファンサイトは溢れていたので、特筆するべき内容もなく、あっという間に、簡素な日記ページが更新されるだけのサイトに。

この頃の個人サイトってだいたいそんなものだったように思いますが…。
有益なサイトも多かったですが、多くは「何か発信したい!」という勢いだけで作られていたような印象です。

私のサイトもそんな勢いだけで作ったものではありつつ、日記ページは割としっかりと更新していました。

今みたいに簡単に更新出来るシステムなんてなかったので、HTML直打ちでちまちまと。

今思うと結構めんどくさい作業を、誰が見ているわけでもないのにやっていました。この頃からこういう作業好きだったんだなあと思います。(現在WEBサイトの更新が主な業務です!)

その後も、飽きては作り直し、飽きては作り直しを続けて、かなり長い間ホームページを運営し続けていました。

ホームページを作り替えて行く間も、外部のWEB日記サービスを使ったり、いくつかのブログに移行したりしつつも、日記ページだけはなぜか不動のコンテンツでした。

HTML直打ち時代から10年ほどの間、書く媒体も文章の量も質もバラバラで、ブランクもかなりありましたが、自分なりにWEBで日記を書くということを続けていました。

内容はともかく、続けている事で、文章を書く事に、この頃は多少自信を持っていました。

しかし!Twitterが登場してからと言うもの、144文字以上の文章を書く機会が激減。

整理した文章を書くとか、全体を見返して校正するとか、そういう機会は本当になくなってしまいました。Twitterは好きですが。

たまに何か書こうと思っても筆が進まず…。日記を書く事が当たり前だった時は、あんなにすらすら書いていたのに!

文章書けなくなっているなあと痛感している頃に、この社員ブログがスタートしたので、正直書ききれるのか不安でした。

今のところ、書かなきゃならない!となったらなんとかカタチにはなるもので、楽しく書けています。

今回も、ブログを通して自分の事を振り返る事ができて、「あ、私、意外と続けて頑張ってる事あったんだなー」と思えたのは新鮮でした!

年末でいい区切りですし、こうして振り返って、自分の事を整理してみるのも楽しいですよ!

来年また振り返った時に、うわあああ変な事書いてたあああ!とならないよう、日々いろんなアンテナを張ってネタ探しも頑張りたいと思います!

来年もよろしくお願いいたします。

ブリと選挙と、時々オトン。

どーもo(゚▽゚)/二村です。
12月14日(日)は日本が明日を選択する日。
そう、『選挙』です。

政治についてぶった斬ろう!!

…と思いましたが、方々に配慮し慎ませていただきます。
※池上彰さんのように切れ味抜群の批評はできませんので(ノД`)

本日は「今後の日本」という大きな話ではなく、
もっと身近な「オトン」についてお話したいと思います。※オカンについてはまた後日。

オトン・オカン

 

「オトン」こと浩二は、三重県松阪市の長距離ドライバーだった正己じいちゃんの
次男坊として生まれました。

兄の久志おじちゃんは成績優秀な優等生タイプで、
両親の期待を大いに背負っていましたが、オトンは逆に自由奔放に育てられたといいます。

ヤンチャな仲間に囲まれ(横浜銀蝿ヨロシク)、
警察に厄介にならない程度に楽しく学生生活を謳歌したようです。

横浜

当時は〝元気すぎる〟生徒が多く集まっていたという松阪工業高校の自動車科を経て、
愛知県内の自動車メーカーに就職しました。

そこで「オカン」と出会うわけですが…
馴れ初めについて息子が語るのは恥ずかしいので割愛します(´Д`。)

 

自分が物心つく頃には、オトンは旅芸人ばりに出張の多い人でした。
北海道から九州まで飛行機で飛び回り、販売店を中心に取引先を回ります。
出張のない現在の自身の仕事からすれば羨ましくも思えますが、
家を長期間空ける心苦しさもあったはずです。

マメな性格のオトンは行く先々で必ず御土産を購入し、持ち帰ってくれました。
ブーブー文句を言っていた自分を今になって戒めています(笑)

その後単身赴任族になったオトンは、北海道で8年も過ごすことになります。

極寒の大地でひとり暮らす中で、
休日はあまりにも声帯を使わず、いざという時に声が全く出なかった話や、
部屋で独りチョロQを無心でやっていたという話
を聞くと、相当辛かったんだと実感しました。

ようやく北海道生活が終わったと思いきや、

今度は定年間際まで東京に単身赴任っ!!

ダンナ元気で外が良い♪
を地で行くオカンはホクホク顔でしたが、
オトンの心情を察しました(´∩`。)

たまには遊びにいってやるかと、
嫁を連れて東京へ行った際にこんな粋な計らいも。憎いね~このオヤジ。

サプライズ1

現在の家族は、
オカンを独り実家に残し、オトンは東京・姉は結婚して家を出て、
自分も家庭を持っています。
そんなバラバラの家族が集まる機会を実は結構楽しみにしていますヽ( ´¬`)ノ

選挙速報を見ながら、ブリしゃぶをつまむ。

ブリ

これからもこんな時間を大切にしていきたいなぁ~と感じた週末でした。