名大社 スタッフブログ

就活の支えとなるもの!

こんにちは!営業部の近藤です!

3月入っちゃいましたね〜。この時期と言えば、卒業式シーズン!

別れの季節でもありますね。

また、今年は3月から就職活動スタート!

先日開催した上場企業就職フェアもたくさんの学生の皆様にお越しいただけました!

IMG_2290

 

現役就活生の皆さんは、先輩の卒業式より自分の就活のことで頭がいっぱいなのかもしれませんが‥。

僕も、今から1年前大学を卒業したのですが、卒業式前日「先輩の卒業式行きたかったんだすけど、面接入ってていけませ〜ん。」と当時同じゼミだった後輩からメールで言われ、僕だけ後輩の見送りなしでの悲しい卒業式になったのは今思えば良い思い出かもしれません笑。

今年は各大学が卒業式を迎える頃、例年に無く現役就活生の皆さんは忙しくなるのではないでしょうか?

15卒までであれば、12月1日から就活スタートで、会社説明会のピークが2月頃。3月下旬であれば、面接が始まってくる時期ではありますが、就活スタート時のバタバタ感は一旦落ち着いてくる時期だった印象です。

しかし、今年は3月スタート。

卒業式が行われる3月下旬も合同企業説明会への参加や履歴書、ES作成、SPI対策などやる事盛りだくさんの時期になってくると思います。

何よりも大変なのが、「自分のやりたい仕事、会社を見つけ出すこと。」これが1番難しい事なのではないでしょうか?

僕も今からおよそ2年前。就職活動始まったはいいものの、自分がやりたいこと。行きたい会社などを明確に見つけ出すことは最初から出来なかった様な気がします。

周りの友達がエントリーしている人気のある会社にとりあえずエントリーしてみたり。仲良しの先輩が内定を貰った会社にエントリーしてみたり。などなど。明確な志望動機もなく会社説明会に参加して、エントリーシート出して、書類選考で落ちるというパターンの繰り返しだったように思います。

僕の場合、周りの友達よりも就職活動を終えた時期が遅かったので、周りが内定を貰っているのにも関わらず、「自分だけ内定がない」という状況は凄く焦りましたし、当時本気で悩んでいました。そんな時支えてくれたのがゼミの先輩でした。

もう社会人として働いている先輩にも関わらず、履歴書添削などをお願いしてました。

今でも、会社の先輩を頼ってばっかりですが・・・。

自分一人で動いてみる!これも大事なことかもしれませんが、誰しもが悩む「就職活動」だからこそ、誰かに甘え、誰かに頼る。そんな心の余裕が何より大切な時期かもしれません!

もし、現役就活生の方でこの記事を読んでいる方がいらっしゃればこれからの就活の参考にして頂ければと思います。

 

 

16卒就活がいよいよ始まった!

高井です。今日は本当は違うことを書こうと思ってましたが、僕もこの業界で生活させてもらっている手前、この時期少し何か言っておかなくてはいけない!

という変な使命感が芽生えました。

そう16卒の就活です。

企業の説明会解禁日である3月1日を迎え、当社も就活イベントを開催させていただきました。

天気も非常に悪い中、たくさんのご来場、本当に本当にありがとうございます。

詳細は、うちのナベさんがまとめました。

ナベ、ありがとう 勝手に使うよ♫

上場企業イベント 開催報告

中日新聞ニュース http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015030202000086.html

 

毎年ある意味デジャブな感覚もするんですが、でもこの長蛇の列、熱心な学生の真剣な眼差し、不安そうな個々の表情を見ると主催者として我々名大社スタッフ達も背筋が伸びます。

ちまたでは、新卒一括採用の弊害、大手有名企業への集中、就活前倒しなど、様々な声を聞きます。僕らもイベント現場で就活を知るものとして、現状の新卒採用に問題がたくさんあることを認めざるを得ません。

しかしこの大雨の日、狭いスペースでごった返しながら短い時間で様々な工夫凝らし、ありったけの大声でなんとか伝えようとする企業担当者と、多数のライバルたちに戸惑いながら没個性的なリクルートスーツを身にまとい、それでも自分を主張しなさい!個性を出しなさいと言われ必死に企業の声を聞く学生たち。互いの真剣なぶつかり合いで、本当になにかが生まれそうな気配がするぐらいワクワクするエネルギーが会場に満ちているように感じます。だからこの解禁日開けの就活イベントは、やっぱり何回やっても特別なイベントだと思います。

リクナビ全盛のこの時代ですが、経験の意味を問うだけではなく、意味の経験の場としての就活イベントは、Webで求人情報があふれ、だれでも365日どこでもエントリーができてしまうスマホ時代、情報の質感を与える役割を担う就活体験型イベントとして、もしかしたら大変重要なものになっていくだろうと考えています。

そうだ、名大社のやれることはもっとある!

 

アンサーブログ×私の就職活動

「冷やしたぬきダブル!」

低音ボイスで、「更科」のハーフ系店員さんに注文した34歳の奥田です。

20150227013006

1/29の堀口さんのブログを妻が見て、「更科(さらしな)」に行ってきました。

寒い日だったので温かいものを注文したい所を、ここはブログ通りに「冷やし~」を注文。

妻からは「初めて来たのによく(常連が注文するそばを)頼めるね」と突っ込まれましたが、お構いなし。

ちゃんとスポーツ新聞読んで噂のダブルを待っていました。

感想は、美味しかったです。皆さんも良かったら行ってみて下さい。

更科店舗

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住所:岐阜市薮田南1-3-20

TEL:058-271-2023

時間:11:00~20:50

定休日:水曜日

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

空腹を満たした所で、本題に入ります。

とうとう、2016年卒の就職活動が本格的にスタートをしました。

弊社でも、3/1上場企業就職フェア・3/2アスリート就職フェアを開催させて頂き、

沢山の企業の方・学生さんに来て頂き、良いスタートをきることができました。

本当に有難うございました!!

 

フレッシュな学生を見て、自分の時はどうだったかな~と振返ると、

時は遡り2002年2月。6月に日韓W杯があったためこの頃までに何とか結果を出したいと思い、

8割:合同企業説明会・2割:就職サイトの割合で活動していました。

自分にとって良い環境だったのは、身近な友人達が「1日で50件エントリーしたぞ!」とか

「毎日、新聞の経済欄は読んどるよ」とか「東京・大阪の説明会に行ってきたぞ」等々、危機感を与えてくれたことでした。

そんな友人の一人は就活が始まった1ヵ月後の3月に外資系の企業に内定を貰い就活を終了すると聞いて、更に焦りを感じました。

 

そんな友人の存在が、「業界を絞っていた自分」・「営業職を避けて就活していた自分」を大きく変えてくれました。

そもそも働いたことがないのにイメージだけで決めつけるのはよくないと思い、

まずは話しを聞いてみようと3~5月は合同企業説明会・会社説明会などにどんどん足を運び選考へと進んでいきました。

 

縁あって名大社に内定を頂き今に至りますが、嘘か誠か前社長に当時内定を頂いた理由を聞くと、「身長が高かったから」と意外な答え!!

 

いやもっと他に良い所がきっとあったはずと思い、当時採用担当をしてくれた現社長の哲さんに聞くと、

「選考参加のメールに件名も宛名もなく「説明会に参加させて頂きます。」の一言だけ書いてくる学生は落そうと思っていた」とダメだしの一言(笑)

※それでもアドレスを「gorilla-okuda@」と使っていたため、名字と履歴書のアドレス覧で気付いてもらえたのは哲さんのおかげです。助かりました!

 

二次面接を担当してくれた上司である今村さんからも、「面接で何を言っているのか分からなかった」と言われる始末。確かに険しい顔をしていました(笑)

 

ただ、「冷やしたぬきダブル」をブログに綴った堀口さんは、内定者の段階で高校・大学も一緒ということが分かり、「縁」の素晴らしさを身に染みました。

そして入社後、私の最初の上司として仕事のイロハを教えてくれることになろうとは、何かを感じずにはいられませんでした!

 

今スタートした学生さんにも、企業の方にも良い出会いをして頂きたいと願っております!!!

 

3月といえば

こんにちは
名大社の小川です。

 

早いものでもう3月ですね!
このブログを見てくださって いる方々はおそらく
3月1日!!といえば!
そう!就活の本格的スタートです。
名大社でも、3月1日には
上場企業就職フェアを開催しました。

 

image

恐らく誰かが報告してくれるはずなので、触れるだけにしておきます。笑

 

さて自分の就活はというと、
振り返ること、三年前、10月解禁でした。
就職氷河期と呼ばれていた頃、少し回復してきたか、という頃でした。
営業、地元で働くという点で企業へエントリーし、メーカー、商社、サービス、もちろん就職支援の会社、色々な会社を受けました。

学生には、これからどんどん就活・就職の話をいろんな人として、情報を集めてほしいと思います。

 

私が営業をやってみたいと思ったきっかけは、偶然帰り道が同じになった同級生(女性)と話していたら、営業やってみたいと言っていたことからでした。
まだ職種もイメージ出来ていなかったころで、女性で営業も、なんだかかっこいいな〜となんとなく、思ったのでした。あ、私も女性ですよ。笑

それから様々な企業の説明会に参加するにつれてやっぱり営業やってみたいなと思うようになり、

それが今本当に営業として働いているのでなんだか不思議です。
あの時営業職という選択肢を持たなかったら今頃何してたんだろう??( ゚д゚)

 

それから、いろんな企業の話を聞いてほしいと思います。
自分の知らない企業がたくさんあります。
営業でいろんな企業さんを訪問させて頂いていても、本当に知らない分野があり面白いなぁ~と思います。

 

企業展はそんな自分が知らなかった企業と出会える場。

どんどん自分で情報を集め、
自分で考え、自分で選ぶ
そんな活動をしてほしいと思います!

 

2016年卒新卒学生の就活が自分の納得いく活動となりますように!

必要とされる場所を求めて

今年40歳になるキャリアコンサルタントの臼井です。
2月もラストバッターとなりました。

本来は新卒採用解禁日と言われる3/1(日)に開催
される(明後日やん!)上場企業が集結した新卒イベント告知を
するべきなのだろうが、今回は趣味に走りました。

そして今回も長い!です!

来週3月7日(土)はJリーグが開幕。
23年目の今年は、なんと10年ぶりに2ステージ制に
戻し。チャンピオンシップを再開する。

観客の平均年齢が40歳を超えたと新聞の記事で読んだが
新規ファンの取り込みに苦戦しているらしい。

なんとか新規ファンを取り込みたいところだ。

そんな2015Jリーグの各チームの選手を見てみると
J2とかJ3に元日本代表の選手が意外といる事に驚く。

今期ワールドカップを経験した元日本代表のビッグネームが
3名J2への移籍している。

玉田圭司(35)名古屋(J1)→C大阪(J2)
稲本潤一(36)川崎(J1)→札幌(J2)
坪井慶介(36)浦和(J1)→湘南(J2)

昨年からJ1以外のチームで活躍している人たちで
W杯出場経験のある有名な選手もかなりJ2、J3にまでいる。

川口岐阜

(FC岐阜HPより)僕と同じ年の川口能活選手(昔は似ていると言われたこともありました)

小野伸二(36)札幌(J2)
鈴木隆行(38)千葉(J2)
高原直泰(36)相模原(J3)
伊東輝悦(41)長野(J3)
松井大輔(34)磐田(J2)
駒野友一(34)磐田(J2)
川口能活(40)岐阜(J2)
大黒将志(35)京都(J2)
茂庭照幸(33)C大阪(J2)
加地亮 (35)岡山(J2)
岩政大樹(33)岡山(J2)
巻誠一郎(35)熊本(J2)

そしてワールドカップに出場してないがレジェンド
KING KAZUこと
三浦知良(48)横浜FC(J2)

サッカーは激しいスポーツだ。年齢とともに
どうしったて衰えてしまう。
30歳をすぎるとベテラン扱いだ。

「人間、もう必要とされなくなった場所に居てはいけないんだよ。
だからそんな場所とっとと捨てて、新たに必要とされる場所を探したほうがいい」

前回のブログで「君たちに明日はない」という小説の
話を書いたが、この本実はシリーズ5作まである。
その4作目「永遠のディーバー」の中でモデルは山一証券だと思われる、元社員の言葉だ
会社が自主廃業して放り出されたサラリーマンとはもちろん一緒ではないと思うけど。

元日本代表、ワールドカップ出場経験がある。実績もプライドもある

そんな彼らでも居場所を失う事はある。

彼らはしがみつくのではなく、とっとと辞めて新天地に移籍したのだ。

若い力を欲しがるのはサッカークラブも企業も同じだ。
しかしベテランにはベテランの味がある、強みもある。

中には多くのクラブを渡り歩いた選手もいる。

カズはブラジルを6クラブ、Jリーグ4クラブ 欧州2クラブ
合計12クラブを渡り歩いている。

そんな彼らの力を借りてJ1へ上がろうとしているのだ。

一方で転職市場でも若い人、転職回数を少ない人を求める傾向は根強い。

しかし30代半ば~40代後半くらいまでの人材は年齢相応の
経験値があり、組織に落ち着きをもたらすかもしれない

転職回数が多くても、いろいろな企業を体験し、失敗も
成功もしているので、見識は広く、いろいろ還元してくれる
かもしれない

もちろん全員が全員ではないですが・・・。

さすがにビジネスマンの世界では、30代半ば~40代半を
ベテランと呼ぶには若すぎるが まだ動けて、経験値もたまり
油がのってくる年齢だ。

30代半ば以上の中堅世代を採用することもぜひ前向きに検討して欲しいと
思っている次第です。

 

「特撮博物館」に行ってきました。

堀口です。本年2回目。どうぞよろしくお願いします。

今回は名古屋ネタです。お楽しみの岐阜ネタは又、次回以降お愉しみに。

名大社では年に1日、記念日休暇と申しまして、自らが申請をして休暇を取る制度があります。

私事、今月の20日にいただきました。

テーマ「社員ブログネタ探し休暇」です。

ところで、今回は1月のネタとなります。お許しください。

成人式である1月12日のお休みに名古屋市科学館にお邪魔しました。

名古屋市伏見。プラネタリウムのある科学館です。

昨年末から通勤時にお目にかかる名古屋国際センター駅出口の大きな広告ポスターを見るに

つれ興味は募り。又、募り。名古屋の一部の人しか理解できませんね。

最終日になんとか間に合いました。会場に着くと、いきなり最後尾の

看板を持つ方が。エ、エ・・・。

並んどるではないか? 高を括ってました。

40才以上の叔父さん、家族連れが大挙押し寄せてます。

スタッフの方に状況をお聞きすると年明けから今日までかなり賑わっていたとのこと。

リピーターの方もかなり来場とのことです。
image

⚫️テーマ「特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」

昨年11月1日〜本年1月12日まで開催してました。

特撮とは? ※特殊撮影技術の意味だそうです。

簡単に言いますと、今は懐かしい、

ウルトラマン、ゴジラ、ガメラ、怪獣ブースカ、日本沈没,etc 当時の撮影現場で見た、

ミニチュア、着ぐるみ、小道具、東宝の道具部屋(失礼しましたスタジオかも)再現化され

たものがこの展示会のようです。

あります、あります。お宝の数々。

ガメラの着ぐるみ、ラジコンで動かしてたモスラの幼虫・・・・

精巧な作りにただ、ただ感心。

ただ、残念なのは場内撮影は禁止。脳裏に焼き付けようと、かなりじっくり鑑賞しました。

おお!!!

最後のスペースに、ありがたいことに撮影オウケイのスペースがあるではあーりませんか!!

鑑賞者のフラストレーションが一気に解消された瞬間でした。

ひたすらシャッターを押し続ける。

一体何をやっているのか?

陳腐な言葉の表現は要らないでしょう。

後は映像をゆっくり堪能してください。

興味の無い方にはごめんなさいですな。笑笑。
image

⚫️ウルトラマン変身。

image

image

image
⚫️むさ苦しい独身の部屋だそうです。間違いない。
image

image

image
この展覧会はのテーマは館長の庵野さんと副館長の樋口さんに言わせると。

⚫️現在の映像のCG化は常識であるが、所詮、結果が分かるもの。現物感がない。面白みにかける。うーん、納得。

⚫️ミニチュアは少し間抜け。完成してない面白みがある。

実際、ピアノ線で吊られたウルトラマンが当時少し間抜けに見えたんだな。これが。笑

⚫️映画、テレビで使われたホンモンのミニチュアが現場から移築。現場の雰囲気が伝わる。

このミニチュアを保存するには今しかないとのことで、館長庵野さんと副館長樋口さんが

アクションを起こしたのがこの展示会開催のきっかけだそうです。

昭和の良き時代を感じた充実の時間でした。ただ、ただ、関係各位に感謝。

なんとか、日本が世界に誇る技術。後生に残したいですね。

この展示会は次回は熊本県で4月開催だそうです。いかがでしょうか。

遠いですが・・・・

自己PRをお願いします

こんにちは。加藤(女)です。

今年のバレンタインデーも、父親にチョコをあげましたが、

自分と母と義理の姉で食べるために買ったチョコは8倍くらいの値段でした。

父への愛情はプライスレスだからイイんです。多分。

 

さてさて、就活解禁ももう目前。

学生さん達も今月に入ってからはソワソワしっぱなしですね。

 

以前少しお話しましたが、名大社では、就活生と一緒に

ワークをしたり、就活準備活動を行う「就活cafe」という

サークルのような活動を行っています。

 

先日、その「就活cafe」で面接練習会を行いました!

今回は、いつもに増して大人気。

予約開始して、告知らしい告知もしていないのに2日目で満席になってしまいました。

ちなみに今回は、春休みということもあり、地元大学に通う学生だけでなく、

Uターン学生も参加してくれていましたよ~。

DSC_0116

模擬集団面接では、皆緊張しながらも一生懸命に応えてくれました。

が、就活スタート期ということもあり、まだまだ自己分析も不十分な学生もチラホラ。

自己PRもまだこれから練って行く状態です。

 

面接練習が終わってから、皆でワイワイおしゃべり。

2016卒の学生のみんなは、もう就活は始まっているという意識は高く、

参加者のほぼ全員が今月どこかしらの1dayインターンシップに参加したとのこと。

中には、今月中に本番の面接を受けに行くという学生さんもいらっしゃいました。

 

その際に、話に出たのが、

「有名じゃない会社だと、違いがよく分からない」という意見。

そういえば、何年か前にも、学生さんから

「地方の会社(の選考)を受けに行くと、どの会社の人も皆

『うちはアットホームな会社で…』て言うんですよね~」

と言われたこともありました。

 

学生も自己分析・自己PRが不十分

だけども

企業側にも、同じことが言える場合が多々あるんですね。

これは、前から毎年毎年の課題なんですが…

中小企業の、ちょっと尖った面白さがうまくアピールできていないなんて、もったいない…!

 

合同説明会では、直接話せる分、そういった面白さを比較的伝えやすいのかな~と思いますが、

就職サイトで個性をしっかりアピールするのって難しいですね。

うんうん、とうなずいていただける人事担当者さんがいらっしゃれば、

是非うちの新卒ナビの取材付きのプランをご利用ください!!

と、最後は宣伝して終わらせていただきま~す。

アッ!という間の1ヶ月

こんにちは!水谷(女)です。

前回ブログでは、結婚披露宴で読む手紙について書きました。

「書けない手紙」は無事に書けたのですが、
挙式・披露宴当日、「読めない手紙」に変わり、大粒の涙を大量に流しながら、
なんとか伝えようと必死に読みました。その日から、もうすぐ1ヶ月経とうとしている
今でも 鮮明に記憶に残っています。

山田さんのブログで結婚式、奥田さんのブログで二次会について
書いていただきました。(ありがとうございました!)

いろんな方に写真をたくさん撮っていただいたので
今、手元にいっぱいデータが集まってきて、時間の経過を実感していますが

つい、先日

DSC_0783

結婚式、披露宴中と、式場の方にずっと撮影してもらったビデオが完成してきました!
家で上映会を開いたのですが、あまりにもご機嫌な山田さんが映っていたので、
思わず使わせていただきました!(笑)

親族一同、
「名大社の社長は場慣れしていて、笑いも取れる祝辞とか、流石!」と
絶賛の祝辞も完全収録のビデオです!!!

いろんなアイデアを出し、一生懸命、手を動かして準備をしてきたので、
素敵な式、披露宴、二次会ができて、感無量です。

結婚式・披露宴・二次会のことは
語りだすと長くなるので、とりあえずはこのあたりで。

式後、間もなく、調子に乗って(!?)
長いお休みをいただいてハワイに行ってきました!

ハワイは温かいを通り越して「暑い!」の一言。

IMG_3310
青い海!

IMG_3256
ダイアモンドヘッド!

IMG_3292
この~木何の木、気になる木~!

ハ ワ イ の 自 然 を 満 喫 で す !

もちろん、ショッピングをしたりもしましたが、
海に潜ったり、外の景色を眺めたり、自然に癒してもらいました!

初めての海外旅行だったので、長距離の移動の疲れとお金の扱いなど
慣れないことばかりで、出掛けて2日目くらいまでは、いろいろ大変な感じで、
早く日本に帰りたい…と思ってましたが、だんだん楽しくなってきて、
最終日は、帰りたくなかったです!

ハワイの旅行話も、語りだすと長くなるので、このあたりで。

また、ハワイに行けるように、頑張らないと…ですね!

*–*–*

楽しい時間をめいっぱい過ごしてきましたが、本題はここからです。

結婚のために実家を離れ、引っ越してから、もうすぐ1年経とうとします。
今までは、「引っ越したばかりだから」とか、「式の準備が大変だから」とか
甘やかしてもらっていた部分も多々あったと思います。

これからは、緩んだ気を引き締めて、
「うん、水谷はちゃんとしっかりしてきたな!」
と認めてもらえるように、気合い入れていきます!

とりあえず、次のブログから、のろけオーラは出さないように!!!!!



幸せなので 難しいかもしれませんが、頑張ります♪

今年の標語

こんにちは!名大社の加藤賢治です。

今年の名大社の標語は

【もっと高く、もっと強く、もっと熱く】です。

この言葉を自分自身の考えとして置き換えると

【もっと志を高く、もっと自分に強く、もっと仕事に熱く】です。

名大社でこの標語をもっとも実行しているのが、山田社長だと僕は思います。

今回のブログを作成する上で山田社長について考える事が多かったので、山田社長に対する意見を書きたいと思います。

僕が感じる山田社長の素晴らしいと感じる所は…

①名大社way7つの約束を作成(ちなみに僕はこのクレドで仕事に対してプライドを持つことができ、名大社で働くことに誇りを持つことができました)

②社員に対して公平な評価制度(賞与査定のポイント制度)の導入

③様々な研修・講習(グロービス・トーマツ等)を会社負担での受講

④ノー残業デイ・記念日休暇の導入

⑤山田社長自身の自己啓発の取り組み(ビジネススクール・経営者協会・西川塾・多くの書籍の読書・体と心を鍛えるマラソン等々・FBAAファミリービジネスアドバイザー資格取得・CDA資格取得)

⑥得意先から、「山田社長は非常に情熱的で仕事熱心の社長さんだね~」と褒めて頂くことが多い

まだまだ素晴らしい所は書きたりませんが、山田社長の姿をみて学んでいきたいと思います。

逆に改善してほしい部分は必要以上にへりくだる(卑下)発言をする事です。

自分は愚か者であるとか、大した人間ではないとか、ボンクラ社長とか…

本気で思っているかもしれませんが、社員からすると会社のトップがそのような発言をすると不安になります。

この卑下発言について、後輩の二村と2人で話をした事がありますが、二村も同意見で発言を控えて欲しいと言っていました。

他の方から「まだまだ認識が甘いんじゃないか。」とか「相変わらず愚かな行動ですね。」

と言われたとしても、愚かな人間と思うことは構いませんが、卑下する発言を控えてもらいたいです。

威張ったり、過信をすることは良くないですが、常に自信を持った社長でいて欲しいです。

僕は、胸を張って名大社の社長はクレバーで誰よりも会社と社員を愛している社長と思っています。

以上が僕の意見ですが、今村さんはどう思いますか?

名大社社員で唯一ブログを書かれていませんが、全社一丸となる為にもそろそろ書いてみてはいかがでしょうか?

ca_immr03

腰に気をつけろ!

こんにちは!名大社の小鹿です。

つい最近、新年が明けたばかりと思っていたのに、もう2月も後半ですね。
女の子がいるご家庭では、そろそろひな人形を飾ったりしているのではないでしょうか??

小鹿家では年中行事をお祝いすることが、年々無くなっていっているのですが、
ひな祭りだけは昔と変わらず健在です。
というわけで、我が家も先週のお休みに、ひな人形を出しました!!
(※私が既に「女の子」といえる年齢ではない事は、気にしないでください。)

DSC_0943

それがこちら(^^)
私が生まれたときに、死んだ祖父が買ってくれたそうです。
見た目豪華な七段飾りです。

が、持っている方はご存知と思いますが・・・とにかく出すのが大変です。

とりわけ今年はより一層大変でした。
というのも、秋に私が激しく腰を痛めてしまったからです。
あのときは5日間完全に寝込みました・・・(>_<) その結果、我が家のコルセット保有率は100%になってしまいました。 完全に腰痛一家です。 というわけで両手でぎりぎり抱えられるサイズの段ボールをいくつも運んだり、 身長よりかなり高い位置にある雛壇の一段目に飾り付けをするといった行為に とても神経をつかいました。笑 去年まではそんなこと一切考えずに動けていたのになあ・・・ あのときは親の腰だけを心配していたのに、まさか自分もそうなるとはなあ・・・と、 たったの1年で老いを感じてしまいます。 そうはいっても毎年やっているので、手順は慣れたもので1時間半ほどで無事飾りつけを終了しました!! DSC_0947