名大社 スタッフブログ

コメントで男を上げる人、下げる人

 

 

おはようございます!
ドラゴンズの連勝を先週木曜の阪神戦で止めた
キャリアコンサルタントの臼井です。

2夜連続でサヨナラ勝ち、3夜連続になったら
すごい事になると思っていましたが、負けました・・。

それでも好調を維持できていて一安心です。

さて今回もながーいブログの本題はコメント!

人の話を聞いてコメントをするシーン
会議などでコメントをするシーン
どう思う?と聞かれコメントするシーン
組織の中にいると、
コメントを求められることは意外と多い。

人材紹介業でのキャリアコンサルタントという職業柄

クライアントの話をじっくり聞くというのは大前提ですが
聞いたことに対して、

何か話をしよう、まとめようと思って、
何かしらコメントをしようとする自分がいる。

じっくり相手の意図を理解して、傾聴した上で
コメントが出来ていればいいのだが、
表面上だけすくって薄いコメントを反射的にしている
ところがあると指摘されてはっと気づかせてもらえる機会を
最近得た。

何か無理してコメントする必要性はないし、コメントするのであれば
しっかり受け止めてコメントをする努力が必要だと改めて認識できた
事は良かった。

そういう意味では、
今話題の張本勲氏のKAZUに発したコメントは反面教師になるなと
思った。

彼も何か求められ辛口的な発言をしなければいけないと
思ってのあの発言だったのではと思っています。
張本氏はTBSのサンデーモーニングという番組で
J2横浜FCのKINGこと三浦知良(48)がリーグ最年長ゴールを決め、
カズダンスを披露したシーンにコメントを求められ、

みっともない辞めなさい。
J2は野球で言うと2軍、話題性もないんだからここにしがみつくのはいかがなものか
後進に道を譲りなさい、指導者になりなさい!

というような趣旨の発言をした。

おそらく求められるがままに自分の尺度で感じたことをそのまま自分の尺度で
コメントをしてしまったんだなと思った。
スポーツの世界では続ける美学と、辞める美学があるという。
張本氏は辞める美学があったんだろう。 中田英寿氏や江川卓氏も
その部類かもしれない。

それぞれの美学があるのだから、カズに辞めろという言うのは、
意見としはあってもいいかなと思う。

ただ何かを貶めるような発言は辛口でも毒舌でもNGだと思う。
世間的に毒舌と言われる有吉や、マツコ、セルジオ越後も
貶める発言はしていないと思う。

今回の発言はKAZUを貶める発言はしていないと個人的に思う。

辞めなさい発言よりもJ2を貶める発言をしたことが一番の問題だと思う。

J2はプロ野球でいう2軍で、話題性もない。

自分の尺度でしか周りを何も見ていないし、見ようともしてないことが
露呈してしまう発言だと思う。

J2はれっきとしたプロリーグであり
プロの選手が、興業として試合を行い、収益得るために努力をし続け、
おらが街のチームを一生懸命応援するサポーターもいる存在なのです。
話題性はその地域の中ではある。
中には1試合で1万人以上の動員することもある。

そしてJ1昇格を目指す一方で、J3に降格するリスクも抱えて
試合を行っているのです。

プロ野球の育成の場、調整の場として存在し、独自での興業を行わず、収益を
出していない2軍とは決定的に違うのです。

だから、本人が仮にしがみついたとしても、戦力として認められなければ
しがみつくことはできない世界なのです。

一方で興業として運営することも大事なのです。
集客力、メディアの露出、ひいてはスポンサー獲得なども重要な要素で
KAZUには、選手としての実力だけでなく、興業面でも大きなアドバンテージがあるのです。

興業的には大きな戦力なのです。加えてまだ点も取れて
試合に出られる力があるのであれば尚更チームにとって不可欠な存在なのです。

KAZUはしがみついているのではなく、必要と判断されているから現役でいられるのです。

このロジックが認識されていれば、辞めなさいという発言も出てこなかったかもしれないとも思う。
しかしそんなことを言われた張本人のKAZUのコメントが立派すぎる大人の対応だった。。

張本氏の現役時代のすごさを認め(背番号10ということまで覚えていたようだ)
そのうえで、厳しいことを言われることは激励だと受け取り、かつ話題にしてもらえることを
感謝するという。

昔のやんちゃなKAZUからは想像できないコメントだ(笑)

ワールドカップに出場するKAZUも見たかったが

ワールドカップに出場できなかったから今のKAZUがあるような気もする。(まだできないと
決まったわけじゃないと怒られそうですが)

その翌週の試合で再びゴールを決めてカズダンスを披露するあたりはさすがとしかいいようがない。

その映像を見た張本氏も認めざるを得ない発言をしながらの
「長嶋茂雄さんにも引退をせまった」と辞める美学を主張するあたりまた男を下げているなと。

そこは美学と主張し、J2が2軍という発言を詫びると男が上がるのにと残念に思いました。

コメントするなら男を上げられるようになりたいですね。

「辞めないよ、長いブログを・・・」皆様の温かいコメントお待ちしております。20150422_030349 - コピー

権藤(ゴンドウ)、権藤、雨、権藤、雨、雨、権藤、雨、権藤…

堀口です。今回はプロ野球のネタです。野球に興味のない方には?かも。

待ちに待ったペナントレースが始まりました。

先週も家にて、テレビ観戦中に何処かで聞いた声が。野球解説者として活躍中の権藤博さんじゃーあーりませんか。

3年前にも中日のピッチングコーチを1年担当されてましたね。

この方の解説はとにかく、歯に衣着せぬ言葉。滅多斬りが売りなんでしょうね。

通常、プロ野球の実況はアナウンサーと解説者との言葉のキャッチボールで試合が進むのですが。

ところが権藤さん。とにかく一方的に話す。話す。…. 権藤さんの話は面白い。

たまにアナウンサーから今のプレーのコメントを求められると。 「そんなのわかりません。当事者じゃないので。」こんなやりとりが当たり前。

投手の打者への攻め方。次はこうなります。

キャッチャーのリード批判、 投手交代のベンチ批判、辛辣な言葉の数々。確かに分かりやすいですが。

ただ、この解説。好き嫌いはあるでしょうね? 私は好きですが。

image

今回はこれで終了です〜。お疲れ様でした。

 

そんなこんなで古本屋さんで「教えない教え」集英社新書が。2010年の発刊なので5年前とちょと前の本となります。

変てこなタイトル。

権藤博さんの簡単なプロフィール。

元プロ野球選手、監督。1961年に中日に入団。2年連続(35勝、30勝)で最多勝投手に。 その後、1973年より中日でコーチ、近鉄、ダイエー横浜のコーチ・監督を歴任。1998年に 横浜を優勝に導くとあります。選手を30歳で引退されてます。御歳77歳。

当時のプロ野球は年間130試合。権藤さんはルーキーイヤーに69試合。2年目に61試合に 登板。

 

権藤さん。貴方はどんだけ投げたんですか?    先発は中6日が当たり前ですよ。

現在のプロ野球では投手は先発、中継ぎ、抑えの分業制。

先発がどれだけ試合を作れるか、どれだけ引っ張れるか。

完投勝利は確実に減ってます。

「太く短く」投げて投げて投げまくった。

それが、権藤、権藤、雨、権藤… 今で言う流行語大賞でしょうか。

この本は権藤さんが数々の球団で投手コーチを経験した結果。

「これだけはしない。」べからず集を紹介したものです。

指導法、組織論、人材育成術が記されいます。

コーチが教え魔になることは持っての他。手とり足とりはダメ。 コーチは選手が聴いて来た時の“添え木“で有りなさい。

なるほど。

コーチは選手に“厳しく接する“のではなく、“プロ野球の厳しさ“を徹底的に教え、 選手の自主性を重んじることが大切との教え。

なるほど。

直感力を磨け。

真似上手になれ。何かを掴むまで、量をこなせ。……

やはり量をこなさないと質的な変化は起きない。

久しぶりにゴルフの練習に行こう。

image

「格好良く戦え」権藤さんの 口癖だそうです。

背筋をピーンと張った ユニフォーム姿がもう一度見てみたいものです。

本格的なシーズンがくるぅぅぅ~

こんにちは!毎度おさわがせします アラサー女子、加藤です!(^o^)

※ドラマ「毎度おさわがせします」は見たことはありません(キッパリ)

 

今は、八重桜が満開ですね。

見るたびに、お腹がすきます。

あ~、桜餅が生ってるみたいだなぁ(道明寺粉の)

って・・・

img_0

 

 

まぁ、前置きはこのくらいにしまして、

今回は、私の趣味の話を。。。

 

いよいよ今年も私が待っていたシーズンが到来しましたよ。

 

何かって?

 

 

サイクル・ロードレースです!!

 

 

日本ではマイナースポーツな自転車レース。

あ、でも、最近は、おじ様たちの中では流行ってますよね?

何を隠そう、私もハマったきっかけは、父親でしたから。

豊田市あたりに行くと、よくロードレース用の自転車に乗っている男性を見かけますね(^^)

 

有名なレースといえば、ツール・ド・フランスですね。

21日間、毎日200kmとか自転車で走るんですよ?

しかも、

車と同じくらいのスピードでですよ?

(平均で時速40キロ強、下りだと80キロ以上)

人間じゃないですよね・・・(尊敬の意をこめて)

 

面白い場面のひとつが、ゴール前。

上り坂のゴールと平坦ゴールがあって、特に平坦ゴールは派手さが面白いです。

 

平坦ゴールでは、

【スプリント勝負】といって、200km走ってきたとは思えない、

すさまじい勢いで、競輪のようにダンゴ状態でゴールします。

おいおい、200km走って来たのに、1位と2位がハナ差かよ・・・と。

マラソンだったらこんなコト絶対ないですよね。

(ちなみに陸上部だった私は、駅伝とか見るのも好きです。

マラソンをバカにしているわけではありません。)

 

そして、1位でゴールする選手、

この人ひとりの力ではないんですね。

実は、自転車レースは、チーム全体で1人のエース選手を勝たせるために動いています。

ゴール前で言うと、ゴール直前まで風よけになって

蒸気機関車のようにガシガシこいでアシストする選手がいます。

そのアシスト陣が、他チームに負けてなるものかと、

ダンゴ状態のゴール前で壮絶なポジション争いをします。

そして発射台のように、ゴール直前でエースを前にドカーンと放つ!

これが決まると最高に気持ちいいですね。

(あ、私は見てるだけですけどね。)

 

かつて、

マーク・カヴェンディッシュというスプリントに強い選手と

それをアシストするマーク・レンショーという選手がいまして・・・

(今は、お二人は別々のチームで活躍されています)

レンショーさんのアシストが、ま~ぁスゴイのなんの。

ごちゃごちゃなゴール前で、スルスルスルっとコース取りをして引っ張っていくレンショーさん、

いぶし銀でかっこいいっす・・・!!

あれです、企業でいうところの、

「零細企業なのに世界No1シェアを誇る町工場」的なシブい魅力です。

 

そんなおもしろい自転車レース、

いよいよ本格的なシーズンになりました。

今月は、短いレースがほとんどですが、来月は、

ジロ・デ・イタリア

という、とっても有名なレースがあります。

今月から私は、日本で唯一中継をしてくれるチャンネル、「Jスポーツ」の有料契約をしました!!(笑)

ビールを飲みながらレースを見るのが楽しみです!

写真 (1)

これだけ長い文章を書いて、結局は呑みたいっていうだけの話でした(^O^)おほほほほ

長文にお付き合い下さり、ありがとうございました。

 

「当たり前」を当たり前にする努力

こんにちは。水谷(女)です。

4月も中盤ですね。ゴールデンウィークまであと少し。
新しい生活が始まった方は少し落ち着ける時間が出来ると思うと
もう一踏ん張りですね。
少し深く呼吸をして、気持ちを落ち着かせて頑張っていきましょう!(^^)ノ

今日の話題は、野球のお話です。

先日、山田さんからドラゴンズ戦の観戦チケットをいただいたので、
ナゴヤドームへ馳せ参じました!(ありがとうございました!)

p1
(自他共に認める(?)名大社スタッフブログの愛読者が写真を撮ってくれたのですが
スタッフブログの写真は手を上げたポーズが多いと言ってました…ホントでしょうか;笑)

試合は、対戦相手・DeNAのバルディリス選手がデットボールで倒れこんでしまい、
一時中断してしまうというアクシデントに見舞われました。
デットボールが後頭部に当たる瞬間をまともに見てしまい、非常に怖い思いをしましたが
大きな故障にならなかったようで、ホッと安心しています。

ドラゴンズは1点差で負け・・・と、悔やまれますが、見応えのある試合であったと思います。
(4回あたりから『テレビの前のオッサン化』してた人の見解はアテになりませんが)
バルディリス選手の怪我も一先ず、大事に至らなくて良かったです。

社内で、私のイメージは「熱烈なドラゴンズファン」と思われているようですが、
全然そんなことありません。
いろんな球団のファンの友達がいますが、私は、”ぬるい”です。
ファーム(二軍)まで追いかける情熱…ここまで来たら
自信をもってファンを公言できそうですけど。

p2
キャラクターは大好きなので、そちらの方ばかり目がいってしまいます。
写真のパオロンちゃんは先日の試合でも可愛いさを爆発させてました!
この日のドアラのバック転は失敗でした。今シーズンも頑張っていただきたいです。

いろんな偶然やキッカケが重なって、プロ野球の試合を見るようになったのですが、
何度か試合を見ていく中で、憧れる選手がいらっしゃいます。
ブログ冒頭の写真のユニフォームにあるドラゴンズの背番号13、岩瀬仁紀選手です。
故障のため、現在はスタメン登録されていません。寂しいです。戻ってきてほしいです。

岩瀬選手が登板するのは、ドラゴンズが1~2点差くらいで勝っている9回(最終回)が多いです。
一打浴びれば逆転されてしまうかもしれないという極限状態でマウンドを託されます。
球場の雰囲気とは逆に、淡々と鎮めるようにチームを勝利に導きます。
この精神力は本当にすごいの一言です。

社会人になって、数ヶ月が経ったころ、友達と「どのような仕事がしたいか」と
喋っていたときに、ふと思い描いたのが、岩瀬選手でした。

「勝って当たり前」と思われる中で登板し、勝利していく。
派手なパフォーマンスはなく、チームが勝つことだけに焦点を当てる。

「出来て当たり前」な内務業務に携わる身としては、お手本のような存在だと勝手に思っています。

比べることもおこがましいですが、内務業務も、日々、緊張の連続です。
このように喋っていても伝わりにくいですが、一つのミスが大きな混乱になりかねません。

淡々と事柄を鎮めるように、日々の業務をこなしていく。
仕事の内容に対する評価と同じくらいに、何事も無く一日の業務が終わり、次の日を迎える。
それが大事なことだと感じています。

岩瀬選手が残した前人未踏の400セーブという球史に残る記録も、ひとつずつの積み重ねの結果と、
喜びの中に冷静さのあるコメントを残されたことが印象的だったのを記憶しています。

ひとつずつを、確実に。そして、積み上げていく。
入口はどうであれ、新年度を迎えて、改めて自分の成すべき事を見つめ直せたと思います。



と、らしくない感じに硬く、そして、話があちこちに転がってしまいましたが(汗)
今季も、名大社のすみっこで野球観戦を楽しもうと思います!

休みの過ごし方

こんにちは!名大社の加藤賢治です。

4月になり、過ごしやすい季節となりました。

今回は、休日の過ごし方を伝えたいと思います。

休日は、朝9時頃に瀬戸市のスポーツジムに行って、運動をする事が多いです。

スポーツジムでは、ランニングマシーンやエアロバイクで走ったり、器具を使って筋力トレーニングをしています。

main_gym

大体、2時間ぐらいはトレーニングをしています。

時間に余裕があれば、スポーツジム後に春日井市の温水プール(サンフロッグ春日井)まで行って1時間30分ぐらい、水泳をしています。

newsimg

50メートルプールなので、とても泳ぎやすいです。

水泳をした後は、とても空腹になるので、食事がものすごく美味しく感じます。

運動後は、健康ランドのお風呂に入ります。

IMG_0156

電気風呂で、体をいたわったり、水風呂とサウナを何度も入って疲れをとります。

健康ランドでは、約3時間は入ります。

お風呂は大好きです。

疲れを取ったあとは、夕食をしっかり取ります。

食事も野菜・魚・肉・果物とバランスの良い食事に心がけています。

自宅に帰宅したら、自分の好きなラグビーの試合を見ます。

IMG_0157

この日は、録画をしていた、シックスネーションズを見ました。

(シックスネーションズとはイングランド、スコットランド、ウエールズ、アイルランド、イタリアの欧州6か国で行われる国代表リーグ戦。)

平日は、仕事があるので、ジムや水泳はできませんが、休みの日は健康の為に、運動を心がけています。

今日明日開催!<16卒対象>企業展パート1

こんにちは。名大社の小鹿です。
今年はあっという間に桜が散ってしまいましたね!
私は、昨日の奥井さんのように写真を撮って思い出に残すどころか、
じっくり見る間さえありませんでした。

若干の惜しい気持ちを残しつつ、
気持ちは既に「GWをいかに楽しむか」にシフトチェンジしています(^^)
皆さんもGWの予定は埋まってきていますか??

ちなみに名大社はカレンダー通り、4/29(水)、5/2(土)~6(水)にお休みをいただいております。
これでも十分、長期連休ですが、トヨタ系の友人たちは、29日から6日までの8連休とのこと。
羨ましい限りです!

***

さて、浮かれるのも程ほどにしておいて、この辺で本題に。
皆さん、今日は何の日かご存知ですか??

実は、今日明日と名大社では、大学4年生向けにイベントを行っています!

無題

【開催日時】4月15日(水)・16日(木) 11:00~17:00
【開催場所】ウインクあいち 8階展示場
  ◇JR・名鉄・近鉄・地下鉄「名古屋駅」下車 徒歩2分
☆入場無料☆.:゜入退場自由☆.:゜履歴書不要☆.:゜
★興味を持たれた方は、こちらをチェック↓↓お願いします!★
https://www.meidaisha.co.jp/kigyouten/detail/86

そんな訳でブログを書いているイベント前日(14日)の今、
名大社のセミナールームには、会場で必要となる荷物が準備されています。

DSC_1024

まだもう少し増える予定。

今ここに写っている荷物たちは、私が準備したものなのですが、
不思議なことにイベントの回を重ねるごとに物が増えていっている気が。

1,2年ほど前に「荷物を減らそう!」と言って、ケース2,3個分削減した記憶があるのですが、
なぜかいつの間にかそれを上回っている気がします。

イベントの事前の来場予約やスタンプラリーの特典を増えたから?
(ん?なにそれ?と思った方は、上記URLでチェックお願いします!)

そして、荷物は増えている割には、
必ず毎回、何かしら会社に忘れ物をする事態が起こっています。

もう少しスマートにしたいとイベントの直前直後に必ず考えるのですが、
なかなかできず・・・。早いうちに実行したいです。

***

そんな思いをかかえつつ、いつもは内勤の私も
今日明日の二日間は会場で皆さんをお待ちしています!笑

今日はお天気も悪いようなので、学生さんもご出展企業の皆様も気を付けてお越しください。

見納め、行ってきました。

名大社のオッサン奥井です。

春4月も、又々たわ言のお付き合いを・・・。

日本人の心をとらえる花、桜。

 

行ってきました

今年最後の花見に。

KIMG0218

 

写真はちょっと手ブレですが、お許しを。

KIMG0228

名古屋市内では、たぶん最後に楽しめるスポットだと思います。

家から車で10分ほどのご近所さん。

少し小高いところにある

 

東谷山フルーツパーク

名古屋市守山区上志段味

シダレザクラまつり】4/3~4/12

http://www.fruitpark.org/

KIMG0273

 

東海の人気お花見スポットランキング:第4位

東海の行ってみたい桜名所ランキング:第6位

(2015/4/12現在)

サントリー金麦2015年版全国お花見1,000景より

http://hanami.walkerplus.com/detail/ar0623e26066/

 

鮮やかなピンク色のヤエベニシダレ、薄紅色のシダレザクラ、約1,000本のシダレザクラが、

園内いっぱいに咲き誇って見事の一言に尽きるスポットです。

垂れ下がって咲く桜は圧巻。

鮮やかなピンク色が一面に広がり、

気分も、何故かウキウキ。春を演出してくれます。

鮮やかなピンク、ピンク、ピンク・・・

(○○さん、やっぱピンクは昼間に目にするのが一番ですネ)

回りの風景もどこかピンク色に染まって見えます。

青い空とピンクのコントラストが、前向きな気持ちにしてくれます。

(また、明日からガンバ・・・)

1428714615165 (1)

 

(↑ ウコンサクラというこんな桜もありました)

ここフルーツパークは、名前から園内は色んな果物の果樹園がいたるところにあり、

シーズンごとに、梅の実、ナシ、リンゴ、柿、ミカン、キイウイフルーツ、ブルーベリー

果物の収穫体験もやっています。

 

うちでは毎年、お値打ち価格で楽しませてもらっています。

ブルーベリー大好き派には、たまりません。(7月から始まるのを楽しみにしています。)

品種の違いで収穫時期も変わりスーパーではあまり目にすることのない品種ナシの収穫も楽しめます。

(昨年はカメムシの被害で楽しみにしていたナシ狩りはありませんでしたが)

開催日程は、ホームページで発表されます。(昨年は前日の午後発表でした。)

もし、興味がおありでしたら、こまめにチェックして一度トライしてみてください。

 

フルーツパークということもあって、いくつかの果実の花も一緒に楽しめました。

純白のナシの花、リンゴの花、濃いピンクの桃の花・・・

花というよりも華という感じです。

KIMG0225

 

(↑ ナシ園 一面真っ白でピンクの中に映えます)

KIMG0223

(↑ ナシの花)

KIMG0272

 

(↑ リンゴの花)

KIMG0266

(↑ 桃の花)

また、園内はそこらじゅう、カメラ、携帯、スマホでパシャ、パシャ、

写真に収めたい人でいっぱいです。

 

当日の園内はいたるところに屋台が出ていたり、北海道フェアなどやっていたりして、

ずわい蟹弁当を買って園内で食べるのもよし。

花より団子派の人にも満足出来ると思います。

KIMG0220

 

(花より焼きいもが人気。列ができていました。)

 

小高い丘の上まで、少し登ると眼下に周辺が一望でき気分も爽快です。

見下ろしながらの、甘いものもいいですね。

KIMG0260

 

桜はもう終わりですが、

○○の収穫体験もよかったらお薦めですよ。

くだもの好きなら一度行ってみてチョ・・・。

 

花見の話が、いつの間にか、

食べもんの話になってもた・・・。

 

少しやせた?

やっぱり、まだまだ食欲が勝ってしまうオッサンでした。

 

あっ!

大事なこと忘れてました。

2016卒の学生のみなさん

ジモト就職のための合同企業説明会

名大社企業展2016

4/15(水)・16(木)

ウインクあいち8Fで開催されます。

人事担当者と直接話ができる機会を有効に活用しましょう。

会場でお待ちしています。

無題

卒寿

こんにちは、不破です。今回もよろしくお付き合いをおねがいします!

突然ですが、「卒寿」ってご存知ですか?
90歳を表す年齢の呼称のひとつで、長寿のお祝いをする節目の年齢のひとつでもあります。
還暦とか古稀とかの並びのやつですね。
高齢化社会の日本とはいえ、さすがに90歳のお祝いを親族以外で行うことって少ないようなんですが、
先日、私の尊敬するI先生の卒寿のお祝い会を開いたので、そのお話をさせてください。

0413_01

I先生と初めて会ったのは、私が中学三年生の頃。
私が入った能楽部に、外部の講師として週に2回、学校にお招きしていたのがI先生。
90歳の現在も「元気で上品なおばあちゃん」ですが、
初めてお会いした当時の印象も「元気で上品なおばあちゃん」でした。
それから15年。直接指導をしていただいたのは中学三年生の1年間だけでしたが、
一貫校だったこともあって、その後もしょっちゅう助っ人として遊びに行っていました。

先生にはお能以外のこともいろいろと教えてもらいました。
と言っても、なにか指導されたわけじゃなく、目上の人に対する礼儀とか、細やかな気遣いとか、
先生を見て感じ取ったことなんですけどね。
あとは、何より、80歳を超えても衰えない好きな事に対する熱意と向上心
先生は数年前に膝を悪くして部活の指導を止められたんですが、
その後、もう一度仕舞を舞いたい!とジムのようなところに通ってるの!
言われた時にはびっくりすると同時に、本当に頭の下がる思いでした。
オーバー80でこの向上心は、本当にすごい!と思います。
こんなおばあさんになりたい!

さて、そんなI先生の卒寿のお祝い会、先月末の日曜日に開きました。
部活の卒業生20人以上が集まる、賑やかな会になりました。
常に廃部の危機と戦う弱小部活だったので、20人ってかなりすごい人数なんです。
先生の人柄ゆえですかね!?

会場は、観光ホテルのフレンチ。
お料理は90歳でも食べられるメニューでとお願いしてあったそうで、
これがかなり美味しかったです!デザートの写真しかないけど…。
0413_03
ちなみに先生は綺麗に完食してました。これが長寿の秘訣だろうなあ…。

会は近況報告をしたり、記念品を渡したり、写真撮影をしたりして、
最後は先生の希望で能楽部らしく底抜けにめでたい高砂という謡をうたっておひらきに。
楽しかったし、なにより先生が喜んでもらえたようで嬉しかった!

0413_02

そうそう、私は、会の初めに卒業生を代表して挨拶をさせて貰いました。
堅い挨拶をするつもりは無かったけれど、挨拶についてちょっと検索してみました。
ネットで探して出てくる卒寿のお祝いの挨拶って、ほとんど親類の立場で話すものばっかりなんですよね。
それで冒頭の、「さすがに90歳のお祝いを親族以外で行うことって少ないようなんですが」と思うようになりました。
そんななかなか無い機会に参加できるだけじゃなく、
初めての挨拶という貴重な経験をさせて貰えて嬉しかったし、光栄でした。

先生には出会ってから本当にいろいろな経験をさせて貰っています。
これからも元気でいてもらって色んなことを教えてもらいたいです。
過去のエピソードも悲喜こもごもいろいろとあるので、
またいつかブログネタがなくなったら、いや、機会があったら書きたいと思います!

あ!肝心の私の挨拶ですが、聞いていた同級生チームが泣いてくれたようなので
(泣かせる相手が違う気もしますが)よかったんだと思っています!!

今年はついに!!!あれです。

どーも、まつ毛の営業ことニムラですo(゚▽゚)/

ん!?MATSUGE?と思った方はお気軽に弊社までお問い合わせください(笑)

 

 

桜の見頃も先週までがピークだったようで、週末の雨でだいぶ散ってしまいましたね…

でも散った花びらがアスファルトを彩り、まるでピンクの絨毯のように

街の風景を楽しませてくれています。

外回りで疲れた体にはじんわ~り染みてきます。

 

名大社で迎える8度目の春。

昨日の〝ニコニコ体育会系〟ことワタナベに加え、

〝熟女キラー〟(ホンマかいな?)新入社員のオゼキを部下に持つことになりました。

(写真左の爽やか青年です。右隅の見切れた男性ではありません。)

(写真左の爽やか青年です。右隅の見切れた男性ではありません。)

 

経験不足でまだまだ上司としての役割を完璧に果たせている自信はありませんが、

ワタナベ・オゼキとともに名大社にとって、取引先企業様にとって、

「代えのきかない存在」となるために頑張っていきたいと考えています!

 

チームを結成した4月1日。

『私の時は入社初日に誘ってくれなかったのに!!』

などとワタナベにブーブー言われつつ、

さっそく馴染みのBARへ

(キャバーンのオーナーいつもありがとうございますっ)

 

オゼキの就活話や仕事観などのマジメトークから、

取るに足らない下世話なハナシもまぁぼちぼちと。

 

『ワクワクする仕事をしよう』

 

お客さんも求職者も自分自身も

少し先の未来に楽しみを見出せる。

そんなシンプルだけど意外と難しいことを

ニムラ班のモットーとしてやっていきます。

 

そぉそぉ、楽しみなことの1つ。

今年は2年振りの社員旅行YEARなんです^ ^

 

おととし入社以来ずっと希望してきた念願の社員旅行に初めて行くことができたんです。

それも人生初の沖縄‼ ハイサーイ\(^o^)/

10月の沖縄はまだ少し汗ばむくらいで、

名大社メンバーの日頃の行いもあってか、

到着と同時に台風も吹き飛ばして快晴!

 

美味いもん食って、美味い酒を飲み、

「うぉん、うぉん、俺は…」と言いかけながら

(これ何か無性に使いたくなりますね^ ^)

DSC01843

堀口さん、赤ら顔で良い表情です(笑)

 

20140531_130501

ゴルフだぁ~

美ら海ダァ〜

パンケーキだぁ~

(↑名古屋でも良くない?)

思う存分楽しませていただきました!

 

そんな社員旅行の幹事をしてくれた

奥田のアニキ、重野のアネキ、

また金庫番の水谷ニィさんには改めて感謝しております。

 

今度は美文字でしっかり者のカミヤさんとタッグを組んで

自分が幹事を担当することになりました。

真っ先に酔っ払ってベロベロになるのは

今回ばかりは許されません(・・;)

 

前回の沖縄に参加できなかったメンバーや

(オクちゃん、フワさん、今回は是非!)

新メンバーの癒し系ウメ、濃いのにウスイさん、中身はイケメンのコンドー、わ〜い渡邉。

今年の新人・オゼキ、ウサミを含めた総勢23名。

結構多いな∑(゚Д゚)

 

現在、決まっているのは

『また沖縄いく?それとも九州いく?』

最終ジャッジをする前に、

自分なりに比較してみました。

 

⚫︎美味いもん食ってお腹いっぱいになる!

⚫︎思いっきり遊んで元気になる!

⚫︎疲れを癒してリフレッシュする!

以上を踏まえた旅にするために、

 

まずは

〝グルメ〟

<沖縄代表>

沖縄そば、ラフテー、ミミガー、海ブドウ、サーダアンダギー etc.

 

<九州代表>

博多ラーメン、もつ鍋、鉄鍋餃子、宮崎地鶏、馬刺し etc.

 

う〜ん、比べるまでもないかも^_^;

続いて

〝アクティビティ〟

<沖縄代表>

ずばりマリンスポーツ!

バナナボートやシュノーケリング

もちろんリゾートゴルフ★

 

<九州代表>

阿蘇山でヤッホー!乗馬体験

憧れのシーガイアでゴルフ!

夜のアクティビティ中洲ナイト★

 

甲乙つけがたい ´д` ;

最後は

〝癒し〟

<沖縄代表>

オーシャンビューのリゾートホテル

沖縄の美しい海を存分に楽しめる。

今回は本島から飛び出して離島に行っちゃう?

 

<九州代表>

別府、湯布院、黒川と日本が誇る

温泉旅館で癒しのひとときを。

大宴会もやっちゃいますか!

 

あ〜どっちも行きたい >_<

 

究極の選択になりますが、

そろそろジャッジしなければなりません!

 

果たして

私たちは何処へ行くのか!?

 

後日このスタッフブログで発表いたします!

入社から1年 フレッシュさは失われるのか。

こんにちは、名大社の渡邉です!

4月9日です。桜は散りつつありますが、菜の花がきれいに咲いていました。

IMG_0004

菜の花の花言葉は、「活気」「小さな幸せ」だそうです。(これは、菜の花ですよね?きりん草?)

 

 

4月になり、入社1年目の新人から、2年目となりました。

学生から社会人になった1年は、短くて、長かったです。不思議な感じ。

年々、きっと振り返ることは少なくなるのだろうなと思うので、この1年について少し。

 

 

 

入社前は、営業の仕事が自分に勤まるのかと、ふと不安になることがありました。

入社してからのことはあまり考えないようにしようと思っていたのですが、

女友達が事務職ばかりで、寂しさも感じていました。

 

 

でも、今では営業になってよかったなと思っています。

 

 

私、事務以外絶対無理なんです~と決めてかかる学生に対して、

「私も最初は、人見知りで営業向いてないと思ってたよ!」というと

「いやいや、すごく営業むいてそうですよね」と言い返されるくらいには、

初対面の人とも臆せず話せるようになりました。

 

 

泣くほど苦手だった電話も、今では泣かずに対応できています。

むしろ馴れ馴れしいと社内からご指摘を頂くぐらいです。

一度泣いてしまったが故に、事あるごとに「電話対応で泣いてた渡邉が~・・・」と弄られています。

 

 

私のお客さんは、私が新人だということをわかった上で、

職業のことや営業ノウハウを教えてくださる方ばかりです。

もっとこうすればいいというアドバイスから、「え、渡邉さん、太った?笑」という

余計なお世話なお話までしてくださります。

たったの1年ですが、6回中5回も転職フェアにご出展いただいたり

イベントであまりいい結果がでなくても、16卒の採用を任せていただいたり

長くお付き合いいただいているお客さんもいて、本当に喜びを感じております。

 

 

上司の二村さんには、「私のお客さんは本当にいいお客さんばっかりなんですよ!」と

月に3回は自慢しています。

私のお客さんがいい人材を採用できるように、私自身がもっと 企業を識り

その企業ならではの情報を求職者に伝えていきたいと思えるようになりました。

 

 

 

総括すると、内面も体系も

「変化を求める。変化を受け入れる。そして変化を愉しむ」一年となりました。

(名大社2014年標語より)

 

 

2015年の標語は、「もっと高く、もっと強く、もっと熱く」。

営業なので数字を追いかけなくてはいけないですし、その上で不甲斐ないこと、

上手くできないことはたくさんありますが、昨年以上に名大社の営業であり

顔であると自覚して励んでいこうと思います。

 

IMG_0045

今年度も、よろしくお願い致します。

 

珍しくまじめにブログ書きました∩(´∀`)∩わーい

(まだ私のフレッシュさも需要ありですかね?)