名大社 スタッフブログ

カテゴリ「自分の趣味のこと」の記事一覧:

大事な顔リメイクしてみました・・・

こんにちは

戯事しか言わないオッサンおくいです。

 

暦の上では、もう冬

朝、布団から出たくないなあ~もうちょっと、と思うようになる季節。

今年も残り2ヶ月を切りました。

時の経つのは、あっという間ですね。

最近、ふと同じ時間でも、

時間の経過の考え方、感覚がその時々で変わっていると感じます。

 

時は流れるモノ?

時は刻まれるモノ?

時を考えると、面白く奥深いモノです。

 

時を知らせてくれる時計には、

【流れる】【刻む】が、あります。

 

秒針付きの時計を見ていると、

ス〜ッと止まることなく、連続して時が流れるように、動いていく【機械式時計】

また、

コチッ、コチッ、コチッと、小刻みに1秒毎、時を刻むように、動いていく【クォーツ時計】

 

あなたはどちら派?

僕の場合は強いて言えば、機械式時計派かな。

ムーブメントの違いで、時計の性格も人と同じように様々。

 

じっくり集中して取り組みたい時、急かされたくない時には、機械式時計。

テキパキと、パッ、パッ、パッと切り替えて、効率よく動こうと活動的な気分の時には、クォーツ時計。

その日の気分で、今日はこれにしよう!・・・

 

前置きはこんな処にして、

今回は

リメイクしてみました。

何をか?って、

大昔に何故か買って、引き出しの奥にしまってあった時計が出てきた。

歴史ある時計ブランドBULOVAの時計。(2008年にシチズンに買収、2010年日本法人設立)

10金メッキのアンティークの機械式時計。

見た目、文字盤も汚ない。

眺めていて、ふと、以前、時計の雑誌で文字盤のリメイクの紹介をしていたこと記事を思い出し、

時計の文字盤、CLOCK FACE、まさに顔のリメイクに挑戦してみました。

まず

分解して、

時・分・秒針を外して、

文字盤を外して、

塗装を剥がして、

汚れた顔の垢を取って、

下地を出して、

さて、何を塗ろうか?

そうだ、

以前、洗面台の欠けを修理した時、使って残っていたホーローの補修材。

ただ塗ってみると、塗装面がきれいにならない、汚いぞ!

どうしたらいいかな?

と考えていたら・・・

頭のてっぺんに、ピ~ン!と来た。

アイデアの神が降臨!

塗装した後、布のハンカチを押し当ててみたら、どうかな?

布目が出て、画材のキャンバスのような仕上がりに!

マークもロゴも分の刻みの目盛りもないけど、

それも逆に、シンプルで味わいを感じて、

うん、まあエエんでないかい。

 

メイクアップ完成!

 

フェルメールと金峰山寺の青

こんにちは。
CM撮影日記を早く書きたいけれど、告知がスタートしたら!と決めているので、またもや後回しにしている不破です。
そんなわけで、今回は、青をテーマにした美術ブログでお付き合いをお願いします。

上野の森美術館で開催中のフェルメール展を観てきました。

当初はあまり興味がなかったんですが、まさかの公式Twitterの広報に惹かれて観に行ってきました。
フェルメール展公式Twitter
「牛乳を注ぐ女」という作品から、ミルクさんというキャラクターが呟いていてかわいい。
「牛乳を注ぐ女」に関してはビジュチューンシリーズの「何にでも牛乳を注ぐ女(YouTube)」もおすすめです。

日本人はフェルメール作品が好きだとよく聞きます。日本人は印象派が好き、とも聞きます。
先日の名古屋での印象派展、今回のフェルメール展と続けて観て感じたのは、色彩の柔らかさと宗教色の薄さ。

古い西洋画には宗教画が多いので、とっつきづらいのかなあと思いました。
個人的には、微妙にキリスト教の知識だけはあるせいか、宗教画も面白いと思うんですけどね。

フェルメールの作品は「なぜその瞬間を?」と聞いてみたくなるような、日常の一コマを切り取ったような、動画を一時停止したような絵ばかり。
はっきり言って構図はどれもほぼ同じなんですが、絵によって全然別の生活が想像できてわくわくします。
これとか↓

手紙を書く婦人と召使
By ヨハネス・フェルメール不明, パブリック・ドメイン, Link

そして、色彩の柔らかさが印象的。鮮やかなのに柔らかい、そして光の表現も優しく暖かな印象を受けました。
その中でも目を引くのがフェルメールブルーと呼ばれる鮮やかな青。
とても高価なラピスラズリの絵の具を使っているそうで、本当に鮮やかできらきらとした、いわゆる「青色」が表現されていました。

個人的には、あまり青みの無い「ワイングラス」という作品がイチオシだったりしました…!クリアファイル購入!

 

その一週間後。趣向はガラッと変わって、奈良県は吉野山、修験道の総本山、金峰山寺に参詣してきました。

以前から行きたかった金峰山寺。目的はもちろん、本尊である三体の蔵王権現像
秘仏のため、通常は見ることのできない像なんですが、ここ数年は仁王門の修理勧進のため年に2回特別公開されています。
写真を見るとその威圧感はすさまじく…一度生で見て見たい!と思っていたもの。


蔵王堂という大きなお堂の中、畳敷きの境内に上がると、少し奥まったところに、真っ青で大きな像が三体。
畳に正座して見上げるとようやく全貌が見えるほどの大きさです。それでも三体一気に視界に入れるのは難しいサイズ感。
奈良のお寺の仏像は、昔ブログに書いた長谷寺も含めどれもそうなんですが、大きさといい迫力といい言葉にし難い存在感があります。
正直ブログ向きでは無いですね…。
生で観なくては感じられないなんとも言えない感動が味わえて、大満足でした。

この蔵王権現像、顔も体も真っ青。慈悲の心を表している…ということですが、とても深くて重々しい青は少し近寄り難い雰囲気。
この青さがおそろしくもありつつ、像の力強さを増している感じがしました。

↑お寺で買った本のカラーページ。

 

どちらも印象的な青なのに、受けるイメージは全然違うんですよね。
デザイナーとしては、印刷における青って非常に難しくて、ちょっとのことでくすんでしまったり、紫みが強く出てしまったりします。
でもその反面、目立つし、ビジネス的誠実さを表現するのに向いていたりして使いたくなる色でもあり。
たったひとつ「青」を取り上げてもこんなにさまざまな印象を受ける…改めて色って不思議だなーと思った二つの美術体験でした。

 

 

 

芸術の秋!「養老天命反転地」

名大社の梅原です。

最近、会社の近くにホットヨガスタジオができたので、週1か2くらいで通っています。

40分間、じわ~っと汗をかけるので、頭がスッキリしますし、ダイエット効果もあるようです!

ゆっくりとした動きが多いので、激しい運動はニガテという方に特にオススメです。

 

さて、季節は秋です!

日中は、朝晩は少し肌寒いものの、夏と比べると格段と外出もしやすくなったので、岐阜の養老天命反転地に行ってきました!

 

養老天命反転地は、岐阜県養老町にある養老公園内にある、世界的に有名なアーティスト、荒川修作氏とそのパートナーで詩人のマドリン・ギンズ氏によって造られた体感型の巨大な美術的建造物です。

荒川修作氏は、愛知県名古屋市出身の美術家で、国内外で評価されています。

かの有名なボブディランと一時期、一緒に暮らしていたことでも有名です。

 

まずフォトジェニックなスポットからスタート

ここ、なんだか上りたくなりますよね。

ひょいって感じで簡単に登れるんですが、進めば進むほど高くなっており、次第にちょっと怖いなって感情に苛まれます。

飛び移るのも、飛べるか飛べないか微妙なライン。落ちたら地味にケガしそう、そしてダサい。

勇気を試されているのでしょうか・・・。

 

↑これがメインっぽいオブジェです。(公式HPより引用)

屋根や地面には岐阜県の地図が描かれており、至る所にトイレやソファー、テーブル、電話などの家具がめり込んでいます。

荒川氏からの「常識を疑え!」というメッセージなのでしょうか・・・?

注目していただきたいのは、すぐそばにある落とし穴(?)

何か所かあるのですが、深さ2.5mくらいかな・・・

これは、落ちてしまったら大人でも1人では上がってくることはできないでしょう。

ここに落ちてしまったらどうしよう、どうしてもそんな想像を掻き立てられてしまう、

ああ、これがアートなのですね。(?)

 

↑頑張れば向こう側に行けそうに見える、中央がくぼんでいるスポット。

これは助走をつけて向こう側に行けるか、チャレンジしたくなりますよね。

挑戦してみましたが、最後の最後で、斜面が厳しく、泣く泣く断念。

私以外にもチャレンジしている人がいましたが、頑張りすぎて派手に転んだりしていました(笑)

 

至るところに人がギリギリ通ることが出来る幅の通路が入り組んでおり、

どんどん進んでいくと、建物やソファーの配置が斜めになっていて、平衡感覚がおかしくなるオブジェがありました。

ここはより一層、足場が不安定になります。

転ばないように気をつけましょう。

 

構想が30年数年にも及び、荒川ワールドの集大成ともいうべき「養老天命反転地」。

非日常的で、ちょっとヒヤッとする瞬間がそこにはありました。

「大人でも、本能的な好奇心は大事にしないとね。」

そんな荒川氏からの言葉が聞こえたような気がしました。

 

ヒールは危ないので、本当にオススメしません。

 

らくらく山登り

おはようございます。

先日、結婚式を挙げてから1年経ちました!

初めての結婚式記念日・・・をすっかり忘れ、

当日たくさんスイーツを買って帰ってきてくれた夫に、

「えっ、今日、なにかあったの?」と尋ねてしまう失態を犯しました、

しばらくは頭があがりません・・・宇佐見です。

家族・恋人との記念日は忘れるべからず・・・

 

今回は私にとってはひさびさのおでかけブログです。

 

先日はお天気なのに本当になーんにも予定がなく(笑)

久ぶりに「休日に」三重県の御在所岳へいってきました!

※HPより引用

私は三重県も担当エリアなので、

たまに仕事でも近くを通ることがあったりしますが、

休みの日に行くのは大学生ぶりくらいです。

 

御在所岳は鈴鹿山脈の主峰をなす山で、

ふもとには湯の山温泉、山頂までは御在所ロープウェイであっという間!

ロープウェイは麓から終着駅まで2.1kmを結びます。

登山をしたことのない、こんな私でも簡単頂上まで行けちゃいます!

(先日山登りブログをUPした堀口さんに怒られちゃいそうですね笑)

久しぶりに訪れてみると、今年のロープウェイリニューアルに伴い、

(運が良ければ、ゴンドラの床に展望窓のついた新しいゴンドラに乗車できます!)

麓の駅も様変わり・・・

モンベルがある!頂上まで登山する方は麓で装備が揃います。

※HPより引用

普通に登山すると3時間くらいのコースだそうですが、

私はらくちんロープウェイで頂上の山上公園駅まで!(片道1,300円、往復2,400円)

10月の下旬あたりで山頂の気温が10数℃。羽織るものが必要なくらい!ちょっとさむい!

気温差があるときは、麓と10℃くらい差がある日もあるんだとか。

山上公園駅からほど近くは写真スポット多し!

三重県と滋賀県の県境もこちらに。三重から、ジャンプして滋賀県に~

さらに、山頂まではロープウェイの終着駅より歩いて1キロほど。

かわいい一人乗りの観光リフトでこちらもらくちん。

リフトで山頂まで行くこともできますが、さすがに上りはきちんと歩きまして山頂まで。

帰りはどうしてもリフトに乗ってみたくて、300円を支払い、

リフトに乗車。なかなかシュールな絵になります(^^;

季節の移り変わりも楽しめます。

帰りもロープウェイで楽々下山。

途中に見える奇妙な岩も有名です。

実際に撮影した写真が暗すぎたので、HPから・・・

合格祈願で有名な地蔵岩!(絶対に落ちない!)

※HPより引用

ほかにも10数種類の不思議な岩をみることができるそうです!

私は3つくらいしか見つけられず・・・

 

帰り道には、インターまでの道のりにあるアクアイグニス

パンとスイーツを購入するのはもはやテッパンコースでしょうか・・・

名古屋からも高速道路で1時間ちょっとで行けちゃうので、

リニューアルした御在所岳にみなさまもぜひ。

とってもきれいですよ!

京都でもやっぱり(朝から油っこいです・・・。)

おはようございます!!!

本日は営業の近藤が担当します!よろしくおねがいします!

季節は立冬。

冬の気配を感じる頃と言われていますが、

なんだか今週に入って日中は暖かい日が続いているなぁと思います。

ちなみに、私の上司の冨田さんは朝出勤してデスクに座った時まだ汗をかいています。

まだ冬は遠いなぁと日々感じております・・・。

 

10月末の月曜日、お休みをいただいて、ぶらり京都に行ってまいりました。

京都に出向いた理由としてどうしても行きたかったお店が・・・。

京都市下京区にある、「葱や平吉 高瀬川店」というお店。

関連店舗も東京に何店舗かあるみたいで、

調べたところ、名古屋錦にある「葱屋平吉」とは違う系列のようでした。

 

「葱や平吉 高瀬川店」

阪急京都線「河原町駅」が最寄駅で、

いかにも京都らしい高瀬川のせせらぎを感じながら食事をすることが出来ます。

高瀬川

 

店に着くなり、時間は13:30頃だったのですが、お店を囲むような行列・・・。

月曜日の平日、昼のピークは終わっていると思ってこの時間に来たのに、まだ7~8組並んでおりました。

結構、海外の観光客と思われる方が多かったような・・・。

 

私がこのお店で食べたかったのは、「天丼」!

京都らしい、上品な料理や御膳もありますが、こちらのお店、京都のデカ盛り店で有名なのです。

ちなみに・・・

私なりの「間違いないお店(おいしいお店)」を選ぶ基準として、

「デカ盛りメニューがあること!」

この基準を大切にしています・・・(笑)

デカ盛りにするという事は、お店の方が味に自信を持ってデカ盛りにされた。もしくは、

何回か通う常連さんが、リクエストしてデカ盛りとなったケースが多いからです。

という、自論がございますので、私が友達に紹介するお店のほとんどがデカ盛り店というわけです・・・。

 

大体30分くらい待って、辿り着いた天丼がこちら!

そり立つよ!アナゴの天ぷら!

別アングルでも!なんだかすごい立体的です・・・。

海老や野菜の天ぷら、そして玉子の天ぷらなど、天ぷら界のオールスター達がどんぶりに鎮座していました。

そして、ご飯は無料で大盛りに!お決まりですね♪(笑)

 

各テーブルに置かれる升の中の葱は、食べ放題とのこと。

さすが、店名に「葱」が入っているだけあります。

 

味は言わずもがな、すごく美味しかったです!!

どの天ぷらも食べごたえがあり、味付けは濃すぎず、甘すぎず。

あっという間に食べてしまいました。

 

店内を見回すと、何人かのグループで来ている人もいれば、

常連さんと思わしき、女性お一人でいらっしゃる方もいましたので、熱烈なファンの方が通われているんだなぁと思いました。

 

美味しい料理を堪能した後は、近くが鴨川の沿道なので、いかにも京都らしい雰囲気を味わってきました!

 

最近痩せた?と言われることが多くなって、

実際に昨年の同時期に比べ6~7キロぐらい減りましたが、

たまにのデカ盛り活動、略してデカ活を実施し、隠れた名店をご紹介いたします(笑)

 

全ての道はローマに通ず

こんにちは、安田です。

 

先月は夜景を撮りに諏訪湖へ行きました。

近くにある「立石公園」からの眺望がとても綺麗とネットで読んだので、金曜深夜に思い立ち、友達を誘って24時間後に出発。

 

 

※是非拡大してご覧ください。

2枚目、3枚目を拡大すると、道を行く車のテールランプやヘッドランプが尾を引いているのが分かります。

肉眼で見ようとしても絶対見れないものを、カメラは捉えてくれます。

綺麗ですねぇ~(*´∀`*)

 

 

 

が、写真をパシャパシャと撮っていると、段々身体が冷えてきます。

 

名古屋の最高気温が28度の日でした。

ペラペラの上着一枚で行ったので寒い寒い。

 

 

片道およそ200km、3時間半ぐらいかかりましたが、30分で撤収。

 

 

よく「運転疲れないの?」と言われますが、

どういうわけかどれだけ運転しても疲れない体質(?)なので、平気です。

 

個人的には、車を買って半年か1年ぐらいでタワーバーを入れたのも大きいのではないかと思ったり。

タワーバーって、これです↓

(※雑な切り抜きですがご勘弁ください。笑)

 

特に街乗りされる方は普段あまり意識されないと思いますが、
通常、ハンドルを切ると、まず車体がしなってからカーブをはじめます。

高速などを走る際、ハンドルを左右に振ってみてください。
ハンドルから微妙に遅れて車の動きがついてきます。

 

あくまで個人的な感覚ですが。

これが運転の自然なフィーリングを損ない、無意識に変な神経を使わせる一因になっているのではないかと思ったりしています。

 

タワーバーを入れることで応答性が良くなり、より自然な運転フィールが得られます。

 

ディーラーの営業さんには「そんなの気のせいっすよ。サーキットで200kmの世界で走ってるんじゃないんだから、気分だけですよ」と言われましたが。笑

 

 

そろそろ紅葉シーズンですね。穴場スポットを探す旅行をしてみたいです。

ではまた!

秋の夜長に、ホラー映画を…!

こんにちは!

社会人2年目の、コノシマです!

 

 

 

さてさて今回は早速いっちゃいます!

 

肌寒くなってきた秋の夜長のお供に、

より一層、寒くなっちゃおう!?

コノシマセレクト、秋のホラー(?)映画特集〜〜!!

ドンドン、パフパフ

 

私が気になっているこの秋公開の

ホラー映画(ホラーっぽいものを含む)を紹介しちゃいます!!

仕事終わりのレイトショーなどでぜひ見てみてくださいね〜!

 

 

 

まずはコチラ!

鬼才ヨアキム・トリアー監督が放つ北欧ホラー

「テルマ」

まず、個人的に北欧や東欧の映画が好きです、大好きです!!

だから北欧のイノセントホラー、嫌いなわけがない…!

と、いうことでオススメです笑

 

予告からでも伝わる肖像画のような美しさがたまりません。

気になった方は公式HPまで

 

 

 

続いては、コチラ!

魂を浄化させていく「死の先」にある物語—

「A GHOST STORY」

これはホラー映画ではなく、ゴーストの物語と言った方が正しいかもしれません。

不思議な雰囲気を持つ、独特の世界観に引き込まれます…!

 

オススメしておいてなんですが、

実はこの映画、まだ公開されていません笑

11月17日(土)公開なので予告で気になった方はぜひ見てみてください〜!

気になった方は公式HPまで

 

 

 

続いては、コチラ!

“姿の見えない少年”と“盲目の少女”のとびきりピュアで切ない小さな恋の物語

「エンジェル、見えない恋人」

この一言に尽きます、「詩的」

何を隠そうこの映画も北欧の映画、もちろんsuki…

それだけではありませんが、忘れかけてたピュアさにめっちゃ泣きます…

 

透明人間の目線で描かれる世界は、恋とはこんなにも綺麗なのか…!

気になった方は公式HPまで

 

 

 

今回は外国の映画を中心に紹介してみました。

気になった映画はありましたでしょうか?

ホラー映画と言っておきながら、全部恋愛ものだったりします…笑

 

最後に今私が一番気になっているホラー映画をご紹介

東京と大阪のみでの限定公開、しかも日数も合計11日のみの公開!

「ブルー・マインド」

詳しくはコチラ

私は映画館で見れないので、見た方はどんな映画だったか教えてください…!

 

 

 

以上、コノシマでした!

 

 

いつまでも、あると思うな

その時は突然やってきた。

 

\大切なお知らせ/

携帯の上部に突然その知らせはきた・・・。

 

一様にして人間は年を重ねる。

1年生きれば一歳ずつ歳をとる。

 

自分もそう。

26年前にこの世に生を受け、

20年前に小学生になり

14年前に中学生になり

11年前に高校受験を経験し、

8年前に大学、6年前に成人し、4年前に社会人になった。

 

自分でもあらがえぬまま時は過ぎた。

思えば出会いは18歳の時である。

年にして約8年前・・・。

月にして100か月ほど。

日に直すと3000日程度であろうか。

 

自分が8年想い続ければ自ずとその対象も8年の歳月を重ねているのである。

代わり映えのない日々に突如訪れる終焉。

それは往々にして起こり得ることなのだ。

 

彼女らにも人生がある。

学業に専念する、

目的を達成した、

新しいステージで、

など理由は様々だが・・・、

 

「普通の女の子に戻りたい。」

というセリフが流行語になったように、

アイドルであり続けることがキャンディーズにとっては幸せではなかった。

 

 

アイドルとしての「夢眠ねむ」は完成形を迎え、2019年3月をもって芸能界を引退することになった。


※新潮社著書紹介ページより。【本の本、夢眠書店、はじめます】という本のお仕事についての本を執筆している。
※引退後は、書店の開業と自作のキャラクタープロデュース業に専念するとのこと。

Twitterで見かけた言葉を借りて、この話題は終えようと思う。

「いつまでも、あると思うな親と推し」

 

今、できることを精一杯やりましょう。

 

さて、前置きは長くなりましたが、オゼキの推しメン、夢眠ねむさんの話題でした。

いつ自分のところに大切なお知らせがやってくるかわかりません。

今当たり前なことが、ある日突然なくなることも不思議ではありません。

 

次の機会でいいか・・・。

また今度やればいいか。

自分一人くらいいなくても変わらないか。

 

自分自身そういうところが結構あります。

自分に甘くて、消極的。

 

次の機会が本当に訪れるのかは、神のみぞ知るところ。

今やれることは今やろう、後悔しないように。

と、思った出来事でした。

 

明日からも頑張ります。

ではでは。

 

PS.毎週日曜日22時30分より、冠番組【夢眠ねむ まどろみのれん酒】絶賛放送中です。

第二のおんな酒場放浪紀を目指して?うまい酒を紹介しています。

是非とも、ご覧になってみてくださいね〜。

お伊勢さん

こんにちは!

営業の小倉です!

 

まずは、ここ最近のブログで毎日のように案内しているイベントについて、

再度ご案内します!(簡潔にしますね。)

 

 

 

本日、名古屋駅からすぐのウインクあいちにて

2019卒学生向け最後のイベントとなる「ジモト就職フェア」を開催致します!

詳細はこちら

 

続いて、明日は既卒・転職者向けエンジニアのためのイベント「エンジニア転職フェア」を開催致します!

詳細はこちら

 

 

企業様、学生さん、転職の方にとって、より良いマッチングの機会となりますよう、

名大社社員一同、会場にてお待ちしております!

 

 

かなり、あっさりと案内をしてしまいましたが、

本日のブログは、先日行ってきた旅行ブログです。

 

少し前にはなりますが、三重県の伊勢に行ってきました!

この日は、平日であったため比較的に伊勢まで行く道やお店などが空いていました。

 

伊勢と言えば、、、伊勢神宮

もちろん、お参りしてきましたよ!

(仕事のことも、プライベートのことも・・・笑)

 

 

 

そして、私個人としてのメインイベント?でもあるおかげ横丁の散策!

 

 

今さらにさらになって初めて知ったのですが、おかげ横丁の開業のきっかけは、

 

「おかげ横丁は、第61回神宮式年遷宮の年(1993年7月16日)に、

伊勢神宮内宮門前町「おはらい町」の中ほどで、

お伊勢さんの「おかげ」という感謝の気持を持って開業しました。」

 

とありました。(おかげ横丁公式サイトより)

 

小さいころから何度か足を運んだことのある場所ではありましたが、

恥ずかしながら名前の由来を知らずにいました。

 

当日は、あいにくの雨でしたが、食べ物のお店から、お箸や陶器などを扱うセレクトショップまで

いろいろなお店を回りました!

 

おかげ横丁と言えば、赤福ですよね!

夏の定番、赤福氷はさすがに10月ともなると販売していませんでした。

 

三重県に拠点にあるモクモクファームが経営しているとんかつ屋さんです。

 

 

スヌーピー茶屋というコラボショップでした。

 

 

食べるとお豆腐の味とアイスの甘さが絶妙に広がります。

個人的にはかなりお勧めです。

 

おかげ横丁の主ですね(笑)

 

久しぶりにおかげ横丁を堪能できました!

楽しかったです!では本日はこのへんで。

記念日休暇

こんにちは。小川です。
随分日が短くなり、涼しくなりましたね。

季節が秋に向かっているなか、先日は年1回取得可能な記念日休暇をいただき、
雨季の東南アジア・シンガポールへ旅行に行ってきました!
長年行きたかった国へ旅行にいくという記念日??

 

シンガポールの中心地へ行きましたが、観光都市であり、景観の統制が取れたところだと感じました。
ポイ捨て禁止・ガムを噛むことも禁止・雑多な看板がなかった!!

また様々な人種を受け入れ、その移民たちが母国の文化も大切にしてきたため、
チャイナタウンやリトルインドディアなどとして国内に礼拝堂をもつ町として成り立ち、様々な文化とご飯が面白かったです。
観光用のインスタ映えスポットも多く、噂のマーライオンと写真を撮ったり、
カジノにいったり(ゲームはだいたい負ける程下手くそなので見るだけ)、ライトアップを見たりと、贅沢も満喫しました。

十分充電させてもらいましたので、今週末、イベントの二本立ても気合十分です!
出展企業様、来場の学生・転職者の皆さまにご満足いただけるよう頑張って運営していきます!

 

2019卒 学生のための
中日新聞×名大社 「ジモト就職フェア」を開催!
10月26日(金) 12:00~18:00
会場:ウインクあいち

*2019卒学生向けの最後の開催です。
詳しくはこちら

 

エンジニアの転職に特化した エンジニア転職フェア を開催!
10月27日(土) 12:00~17:00
会場:ウインクあいち
サイトもリニューアルし、出展企業様の詳しい募集要項が掲載可能となりより分かりやすくなりました!

詳しくはこちらから

企業様、学生、転職の方にとってよい出会いの機会となりますように。
会場にてお待ちしています!!