名大社 スタッフブログ

カテゴリ「最近、思うこと、感じること」の記事一覧:

1995年

おはようございます!新卒のイサジです!

4年に一度の祭典!サッカーW杯ロシア大会開催中ですね!

イサジは毎日生放送で観戦しておりますが、仕事に支障に出ないよう、しっかり睡眠を取っています!笑

さてW杯の歴史について語ろうと思いましたが、今回は私が生まれた年、1995年について書きます!

皆さんは1995年はどんな年だったでしょうか?

1995年はこんな年を送っていました。

阪神・淡路大震災

地下鉄サリン事件

全仏テニス、伊達公子日本人初のベスト4

九州自動車道、全線開通

野茂英雄、ナショナルリーグ初の新人王獲得

〜社会現象〜

ヘソ出しルック、アムラー

〜流行語〜

無党派、NOMO、がんばろうKOBE

あー!そんな出来事あったなー。

懐かしいなー。と思いましたでしょうか?

両親から聞きましたが、バブル時代より元気が無かった年だったとのことです。

今は景気が回復しておりますが、数々の困難を乗り越えてきた大先輩は、本当に凄いなあ。と最近思います。

とにかく今は先輩が行なっていることを見て、真似して、吸収して、これからも頑張っていきます!!

めーえき、机つり、ときんときん

暑くなってくると、すぐ夏バテして冷たいうどんくらいしか食べる気がしなくなる不破です、こんにちは。
冷たいうどんのことを「ころうどん」と言って通じるのは名古屋だけだということを最近知りました。
皆さんご存知でしたか?というか、通じてますか?

どうも具体的には、冷たいうどんと、ころうどんは別物っぽいんですけど、
名古屋以外で冷たいうどんを食べた記憶がないので、定かではありません…。
天ころは天ころだし、ころきしはころきしでしょ!?…と思ったりします。

そういえば、そばは「ころ」って言わないのかな?

 

昔、名古屋弁というか、名古屋でしか通じない単語に興味があって調べていた時期があったこともあり、「ころ」が名古屋以外で通じない、というのを最近知った時は軽くショックでした。

 

こういう名古屋でしか通じない単語シリーズとしては、
小学校で当然のように使っていた「放課」「B紙」が不破イチオシ(?)です。

 

子供のころに読んでいた少女漫画とかに『放課後』っていう言葉が出てくると、
「なんとなく意味はわかるけど『放課後』って自分では使わないな〜っていうか、”放課”の”後”って授業中じゃないの??」
と思ってたんですけど、『放課後』という言葉の方がベーシックだったんですよね…。
これはショックでしたね。私は授業後と言ってました。

あと、東京で文具店などに行って「B紙ください」っていうと
困った顔をされた後に紙質について聞かれるとか、聞かれないとか…。

どちらの言葉も小学校で普通に先生が使っている言葉なのに、
ちょっと名古屋を離れると通じなくなるびっくり感。
先生の言うことは正しいと思っていたのに、もう何も信用できない!と思ったこともありました。

 

これ、岐阜や三重ですら通じなかったり、わかるけど使わないって言われたりするんですよね。
ちなみに「放課」「休み時間」「B紙」「模造紙」って言えば通じるようです。
B紙、というか模造紙のWikipediaを読むと全国いろいろな呼び方があってなかなか興味深いですね。
調べて見たら放課のWikipedeiaも面白かったです。方言って奥深い…。

 

そういえば、CMやWEB動画の制作をお願いすると、
名古屋弁を取り入れようとしてくださるんですが、
なんかこう、どうしてもコレジャナイ感があるんですよね。
で、結局、名古屋弁NGを出してしまったり。

きっと自分がわからないだけで、他の地方の方言を盛り込んだドラマや動画なんかも、
ご当地の方からしたら違和感満載だったりするのかな〜と思ったりします。

 

自分自身、そんなに名古屋弁を使う人間ではないと思っているんですが、
まだまだ名古屋弁だと気付かず使っている名古屋弁が多そうです。

そのあたりについて調べ始めると面白すぎて夜も眠れなくなるので、注意が必要です!
実際、この記事を書きながら「ザラ板」が名古屋でしか通じないって知って
夜中なのにテンション上がっている不破でした!

当たり前のことの大事さ

こんにちは!水谷です。

いよいよサッカーのワールドカップが開幕しますね。

日本の初戦まで1週間を切っています。

報道を見る限り、前評判はイマイチな感じがしますが、どうなりますかね・

過度の期待はしない方がよいのですかね?

この時期になると私のようなド素人でも興味を持ちます。

寝不足気味にならない程度に楽しみたいものですね。

 

当たり前のことが当たり前でなくなる。

決して味わいたいものではないと思います。

 

最近こんなことがありました。

家のテレビのリモコンが故障しました。

テレビが大好きな私にとって、テレビが見ることができないことへのいら立ちは生半可なものではありません。

前からリモコンのボタンの反応が悪く、強く押しても反応しないことが多々ありましたが、

無理矢理使っていましたが、ついにダメになってしまいました。

 

チャンネルが変えられないことがこんなに苛立つものかと初めて感じたものです。

次の日からテレビなしの生活になるのかと落ち込みながら、

取扱説明書を引っ張り出して、色々読んでみる。

メーカーに問い合わせをしようかと考えたのだが、何となくアマゾンで検索をかけると、

売っているではありませんか。

もちろん即発注。

翌日には届き、すぐに使ってみると、さくさく動く。

今まで何だったのだろうかというぐらい。

便利っていいなと改めて感じる。

 

リモコンの件は一例で、スマホが使えない、電波が届かないといったことだけで、

ものすごく不自由さを感じてしまう今日この頃であります。

 

仕事面においては、私の役割からすると、他部門の方はお客様です。

私のせいで無駄な時間を費やさせないようにしなくては。

当たり前のことは当たり前に進めていくことの大事さ。

この文章を書いていて改めて感じたことです。

では。

寂しい生活

こんにちは、神谷です。

本日のブログタイトル「寂しい生活」。
何かと言えば、最近私が読んだ本の題名です。
今回はこの本をご紹介します。

『寂しい生活』稲垣えみ子(東洋経済新報社)

稲垣さんはメディア出演もされているようで、
ご存知の方も多いのでしょうか。
私はこの本で初めて知りました。

 

電気代 月150円。
著者自身の節電への挑戦が描かれた一冊です。

東日本大震災の原発事故に思うところがあり、
節電生活をスタート。
電気代を減らすことを突き詰めていったら、
ついにはほとんど全ての家電を手放すところまで行き着いてしまった・・・!
というお話。

洗濯機もレンジも冷蔵庫も冷暖房も使わない生活。
家電がない不便さを、知恵と工夫で乗り越えて、
今までとは違う暮らし方を築いていく。
その苦労やエピソードが綴られています。

ここまでできるなんて、本当にすごい!
こんな暮らしができたら理想だなあ、
とは思いますが、
今の私には同じことはできないでしょう・・・
やはり家電は無いと困るし、不便な気がするから。

著者も、そんな生活を読者に求めたり
勧めたりしているわけではありません。

ただ、不便な生活をしたからこそ見えてきた、
「便利」とか「豊かさ」とか「生きる」ということの意味。
それについて、ハッとさせられる言葉がいくつも綴られています。

例えば、

「冷蔵庫が生きるサイズを見えなくする」

食品ロス問題と冷蔵庫の関係に触れた一節での言葉です。

たくさん買っても、とりあえず保存しておける冷蔵庫。
便利ですが、それによって、
本当に必要な(食べられる)量が見えなくなっているのでは?というご指摘。
所詮、人が食べられる量には限度があるのに、
それ以上のものを買ってしまう(買わせる)ような流れになっているということ。

なんて耳が痛いお言葉・・・
私もその流れに乗ってしまっているひとりです。

平日は買い物に行けないから1週間分まとめて、とか、
ちょっと多いかもしれないけど保存できるから大丈夫!
といった具合に、
完全に冷蔵庫をアテにしている自分に気づかされ・・・

もちろん、無駄には買っていないつもりですが、
どれだけの量があれば本当に十分かなんてちゃんと考えたことはなく、
「生きるサイズ」という言葉がとても重く響きました。

他にも、今の生活からは見えてこないであろう価値観や示唆がこの本には詰まっていて、とても新鮮でした。
と同時に、「本当に大事なもの」を問われた気がして、
考えさせられる面もありました。
 

ちょっと重そうな話に感じられたかもしれませんが、
稲垣さんはもともと新聞記者ということで、
文章は軽やかですし、楽しみながら読める一冊です。
休日に、気軽に読むのにも適していると思います!
よろしければ手に取ってみてください。

では。

ねこのみくす

こんにちは、重野です。
宜しくお願いします。

名大社では昨日エンジニアフェアを開催。
ご出展企業さま、ご来場さま、
お休みの日にもかかわらず、
ステキなマッチングのために足を運んでくださり、
ありがとうございました!!

さて、SNSのスゴさに最近驚いた件をひとつ。
少し前に、知り合いの職場でノラ猫が赤ちゃんを産んだそうです。
会社で飼うことも難しく、どうしようかと思い、
ラインのタイムラインに、アップしたそうです。
総勢8匹の子猫たち。
みるみるうちに、飼い主さんが決まったとか。
SNSの訴求力とパワーすごい!
と共に、
幸せに大切に育ててもらえるといいな、と思います。

からの、ペットの件をひとつ。

ここ数年は、ペットブーム。
一般社団法人ペットフード協会の調査によると、
2017年の飼育頭数は犬が892万頭、
猫は952万6千頭とのこと。
猫が犬の飼育数を上回ったようです。

ネコのもたらす、経済効果は2兆円とか。
まさに、ネコノミクス。

そして、飼育のきっかけ、No.1は、

「生活に癒し、安らぎが欲しかったから」

・・・。

わかる!!
私も実家に帰る度に、散々かまいまくって癒されています。
人間大好き!宅配業者さんにも撫でてもらいたいタイプのかまってちゃんなくせに、
私にはあまり構われたくないようですが。

東海地区も梅雨に入り、
ジメジメやだなー。
はぁ、大型連休、夏休みまでないなー。
とテンション下がっている、そこのあなた。

癒し、安らぎを求めて猫カフェに行ってみてはいかがでしょうか。
(私は行ったことありませんが。)


スタッフブログ2回目の登場
我が家のねこです。

それでは。

ウインナーコーヒーの世界

こんにちは!梅原です!

最近、『マツコの知らない世界』というテレビ番組を欠かさず見ています。

 

様々なジャンルをマニアックに追求する素人を招き、マツコ・デラックス相手にレクチャーするといった番組なのですが、

その内容もさることながら、こだわりを持って語る人の姿が面白いんですよね!
 
「ニッチだけど、人に自信を持って語れる世界」

 

わたしにもそんなモノが1つでもあるかな〜なんて考えていたら…

一応ありました!笑

それは、ウィンナーコーヒーです!

 

ウィンナーコーヒーとは?

ウィンナーコーヒーとは、コーヒーに砂糖を入れてその上に生クリームを乗せた飲み物です。

発祥はウィーン。

ですので、この場合の“ウィンナー”とは、もちろん、お肉のウィンナーではなく、オーストリアの首都である“ウィーン風の”という意味だそうです。

アメリカのコーヒーを「アメリカン・コーヒー」と呼ぶことと同じ発想なんですね。

 

梅原が考える、ウィンナーコーヒーの魅力

ちょっと一息入れるカフェタイム。

デザートを食べるのは重すぎるけれど、コーヒーだけではなんか口寂しいなっていう時、ありませんか?

そんな欲望を満たしてくれるのがウィンナーコーヒーだと思っています。(甘党に限る)

プラスアルファの生クリームが程よいプチ贅沢を演出してくれます!

 

私的、ウィンナーコーヒーの1番おいしい飲み方

一口目でいきなり混ぜると溢れてしまうこともあるため、最初のうちは混ぜて飲まないのがおすすめ。

上の生クリームをダイレクトに食して甘さを楽しみ、その後、生クリームを少し持ち上げるようにしてコーヒーをすすり、コーヒーが減ってきたところで生クリームと混ぜる……。

こうすることで、こぼすことなく飲みきれますし、味の変化を楽しむことが可能です。
 

ウインナーコーヒーがおいしい名古屋のカフェ ベスト3

3位 ボリュームNo.1 そそり立つウィンナーコーヒー

 

 

写真:おいでよ名古屋 公式ツイッターより引用

 

映える、上飯田にあるタナカ 御成店さんのウィンナーコーヒー。
そして、とにかく生クリームの量がハンパないので、美味しい生クリームを口いっぱい頬張れます!甘党に強く推せるウィンナーコーヒー。コーヒーの味も格別です!

 

2位 覚王マダムをも唸らせた ウィンナーコーヒー界の女王

 

 

写真:公式Instagramより引用

 

覚王山・池下エリアにある洋菓子店、レクラン・ド・ユミコさんのイートインスペースで飲めるウィンナーコーヒー。
その名も、「お菓子やさんのウィンナーコーヒー」
デザートやケーキに合うよう、追求されたウィンナーコーヒーのようです。
少しキャラメルのような風味がするのですが、甘すぎず上品で芳醇な味わい!
一口で惚れました

 

1位 名古屋を牛耳る実力者 テッパンのウィンナーコーヒー

1位はやっぱり、みなさんご存知、コメダコーヒーのウィンナーコーヒーです!
コメダのウィンナーコーヒーで、私的なベストな盛り方はこれ↓
 
このくらいのボリューム感だと、「わかってるねー!ここのコメダは当たりだな」と嬉しい気持ちになります。

 

マツコの知らない世界風に、ウィンナーコーヒーをご紹介しました!笑
いかがですか?
そろそろ飲みたくなってきたでしょう?笑
あなたの最寄りのコメダが、当たりコメダでありますように…

ひとりごと

Are you happy?

—Yeah,I’m very happy today.

 

というわけで、クマガイです。

毎日enjoy!!してます。

enjoy!!と言いましたが、パリピではなく質素な日常生活です

—simple life…

 

今年で2年目です。

2年目になったからといって特別何か大きな変化があったかと言われると特にないような。

必死な毎日には変わりありません。

 

7月からジムに通いたいです。できればプール付きでヨガができるスタジオがあると良いです。

いい汗かきたいですね。

とりあえずTシャツだけ買い足しました。

なぜ7月かというと近所に新しいジムができるからです。

どうせならお得に始めたい・・・

 

最近布団のシーツをオーガニックコットン素材にしてみました。

良き眠りは良き寝具から、と思いまして。

ここ数日、寝る前に布団乾燥機をかけてます。

おかげでほかほか、干したてのような温かさで眠ることができます。

 

他に眠るときのこだわりとしては、

脚の下に座布団を2枚敷いております。

要するに脚高くして寝てます。脚上げない方がいい説もありますが、私は上げる派ですね。

まず脚が気になるのです。。。むくみ厳禁。

理想はほどよく筋肉のついた脚。

チャリ筋いらないです。

とりあえず脚の内側に力を入れて歩くことが課題です。

脚の外側にばかり体重がかかっているせいで、履き慣れた靴の裏を見ると変にすり減っているのです。

すらっとした脚を目指します。

 

とまあこんな感じで、

最近私生活にメスを入れ始めました。

身体を引き締めたいというのと、

何か頑張ることがないといけないなと思ったからです。

 

ここのところ、興味があったら、機会があれば積極的にかかわろうとは思っていて

・ジム

・サッカー

・健康能力管理検定

上記3点、興味ありです。

健康能力管理検定については、受験するのであれば時間がないので早急に検討します・・・

 

 

社会人になってから時間が経つのが非常に早いので

余力があるうちにいろいろやってみたいと思っています。

学生の頃より余裕がありますので(いろんな意味で)

わりとなんでもできる気がしてます。

最近サッカーは観たので次はジムあたりですかね!

いろんなものに手を出して、自分のやりたいことがわからなくならないといいんですが。

後輩のイサジくんが

仕事もサッカーも頑張っているので

同じグループの1年先輩として負けてはいられません(妙な闘争心)

Song by スガシカオ「Progress」

 

次にブログを書く時には、何か報告ができるようになっていることを願って。

今日もクマガイの挑戦は続く。

 

To be continued…

 

 

TOYAMA!

こんにちは!

社会人2年目になった、コノシマです!

 

 

2年目になり少しだけ仕事にも慣れてきたせいか、

体重が徐々に増えてきています…

名大社七不思議「名大社に入社したら太る説」を肌で感じている今日この頃です…笑

 

 

 

さて、4月中旬頃になりますが富山に行ってきました!!!

なぜ富山なのか、

それはデザインあ展を見に行くためです!

「デザインあ」とは以前、

不破さんのブログでも紹介がありましたがNHKの教育番組です。

様々な角度から生活に隠れているデザインを

解明していくような内容です。

 

子供向けのため、わかりやすく楽しめてしまうからやめられない…

クセになるシュールな演出…もう一度見たい…

ハマってしまったら「デザインあ」の世界からは抜け出せない…

そんな番組です!笑

 

 

ちょっとだけチラ見せ…

(公式サイトより引用)

夏には東京で開催されていますので、気になる方はぜひ~!

気になる方はチェック!

 

 

 

他にも富山はチューリップが有名との事で

砺波市にあるチューリップ四季彩館に行きました!

(公式サイトより引用)

この施設ではチューリップの出来るまでや、

様々な品種のチューリップを見る事ができます。

気になる方はチェック!

 

そんな中でも1番シュールだったのはチューリくん…

砺波市のシンボルキャラクターだそうですが、

手を握ってくれる握力の強さ…

そして、おばさま方に無視され続けるチューリくん…

控えめに言って、とっても面白かったです。

(名大社のキャラクター、シャルオといい勝負なのかもしれない…笑)

 

 

 

さてさて、

実はこれが社会人2年目になって初のブログ。

今年も仕事とプライベートにメリハリをつけながら

頑張っていきたいと思います!!

2年目のコノシマブログをよろしくお願いします~!

 

 

 

以上コノシマでした!

 

 

スマホがマッサージをする?

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309464068/rashita1000-22/ref=nosim/

 

最近、とっても気になっていることがある。

みんながみんな、youtubeばっかり見ていることだ。

特に若い人、つまり10代〜20代の人たちに顕著に感じられる。

彼ら、彼女たちは、それこそ、ずっと朝から晩までスマホでお気に入りの

動画(昔のテレビ番組!)をyoutubeで見ている。

そう、みんなテレビでテレビを見なくなっている気がするのだ。

https://matome.naver.jp/odai/2136067371075638901

 

僕はテレビが好きだ。

昔も今もテレビは僕にとって一番身近なメディアだ。

ニュースも好きだし、ワイドショーも好きだ。

ドラマも、映画も、お笑いも、バラエティーも、アニメも、スポーツも。

いつも振り返ると、僕はテレビとともに過ごしてきた。

みなさんのおかげも、めちゃイケも終わって、サザエさんも日産に変わったけど、

テレビは相変わらず特別なメディアで、

怠け者の僕は、世間を知るメディアとしていまだに一番信頼している。

 

テレビを抜きにマスメディアなんて、なんの意味があるのだろうか?

テレビに出たことのない有名人なんて、有名人って言えるのだろうか?

テレビを見ずにこの進行形の「いまここ」を知ることなんてできるのだろうか?

そんなことを思うほど、振り返ると僕はテレビに毒されてきたような気がする。

もちろんテレビ見ない方が、人として生産的な生活がおくれるという意見も正しいし、

現に今はネットをはじめいろんな情報を得る手段があるだろう。

テレビを見ない生活の方が、見る人よりも4.8年寿命が短くなるなんてデータもある。

うん、たぶん、それも正しい。

テレビが無い生活の方が本が読める、勉強する時間もできる気がする。

でも、どうだろう。

僕が思うに、

テレビは安価な娯楽を老若男女、誰にでも提供し、

学ぶ気がない人にも、好んでいない人にも受動的に興味と情報を与え、

人々の意見のコンセンサスをはかり、

迷信を暴き(容易に騙しもするけど)、

みんなの共通の話題を提供し、

コミニケーションを促し、

何よりも人々の孤独を癒した。

マスメディアとは、僕の中で新聞よりも、

雑誌よりもWebよりも、ましてやラジオよりもテレビのことだ。

しかし以前は、みんなでブラウン管や液晶パネルを見ていたが、

今、僕たちは小さなスマホの画面をひとりで見ている。

いつの間にかマスメディアはパーソナルメディアに変わってしまった。

 

テレビは受動的に、CMを筆頭に、好んでもいない情報を雑多に押し付けてくれる。

その分、余計なことをたくさん教えてくれた。

今はなんでも知りたいこと、思った瞬間反射的にググると、その答えだけを教えてくれる。

能動的に調べた結果、すぐにわかるから記憶のメモリーには残らないし、

(やはりアイドマのMは大事だと思う。検索時代はなおさら)

余計なことも教えてくれない。

 

マクルーハンの有名な言葉がタイトルの『メディアはマッサージである』という、

1967年ながら、極めて今日的な示唆に満ち溢れた本(本当に示唆しかない!)を引用すると

「あらゆるメディアはわれわれのすみずみにまで完全に作用する。
メディアがもたらす帰結は、個人的にも政治的にも経済的にも美的にも心理的にも
道徳的にも倫理的にも社会的にもすみずみまで浸透するので、
われわれのあらゆる部分が例外なしにメディアによって接触され、影響と変更を被ってしまう。」

問題はテレビが長年影響力を与えた「影響と変更」だ。

そしてこれからスマホが与える「影響と変更」だ。

最後にマクルーハンはこの本の中でこう言っている。

「人間が作り出したメディアという環境が、逆に人間の役割を定義する」

ならば本当の意味で考えなくてはならない問題は、

スマホというメディアが人間の役割を定義した時、どんな役割になるかということだ。

高井でした。

 

 

 

ジモト再発見

こんにちは、小川です。

3日間の転職フェアが無事終了しました。
ご出展いただいた企業様、来場いただた皆様、ありがとうございました。
岐阜開催もこれで3回目。
名古屋開催とはまた違った雰囲気で面白い。
岐阜県はわたしにとって営業エリアでもあり、祖父の家もあり割と身近なところです。

岐阜県で今一番気になっているのは養老町の養老天命反転地!
美術作品の展示とその中を実際に体験できる公園です。

地元を見返すシリーズとして、
わたしの地元、犬山にある日本モンキーパークの紹介です。
ゴールデンウィークに行きました。

と言っても乗り物のある遊園地の方ではなく、
動物園エリア、世界サル類動物園の方です。

動物園エリアは遊園地とは別料金の800円、入場口も分かれています。

子供のころ遠足で行ったり、遊園地は友達と行った覚えがありますが15年振りに。

飼育展示60種類900等もあります。
本当にサルばかりですが多くの種類を、近くで見れたりと意外と面白い!

 


サル山などスケールが大きく。
エサやり時間には
飼育員さんの説明があるから面白い。

ゴリラもいます!

これからの行楽シーズンに、家族で遊園地へ、大人は動物園へ、おすすめです!
それではこのへんで。