名大社 スタッフブログ

2018年06月の記事一覧:

1995年

おはようございます!新卒のイサジです!

4年に一度の祭典!サッカーW杯ロシア大会開催中ですね!

イサジは毎日生放送で観戦しておりますが、仕事に支障に出ないよう、しっかり睡眠を取っています!笑

さてW杯の歴史について語ろうと思いましたが、今回は私が生まれた年、1995年について書きます!

皆さんは1995年はどんな年だったでしょうか?

1995年はこんな年を送っていました。

阪神・淡路大震災

地下鉄サリン事件

全仏テニス、伊達公子日本人初のベスト4

九州自動車道、全線開通

野茂英雄、ナショナルリーグ初の新人王獲得

〜社会現象〜

ヘソ出しルック、アムラー

〜流行語〜

無党派、NOMO、がんばろうKOBE

あー!そんな出来事あったなー。

懐かしいなー。と思いましたでしょうか?

両親から聞きましたが、バブル時代より元気が無かった年だったとのことです。

今は景気が回復しておりますが、数々の困難を乗り越えてきた大先輩は、本当に凄いなあ。と最近思います。

とにかく今は先輩が行なっていることを見て、真似して、吸収して、これからも頑張っていきます!!

休日について


こんにちは!名大社の加藤賢治です。

6月に入り、蒸し暑くジメジメした季節になりましたが、そんな季節にこそ図書館やジムやプールに行くようにしています。

まず図書館ですが、涼しくて静かですし、本やDVDや自習室もあり仕事や勉強する際には最適です。

現在、蟹江町に住んでいますので図書館に行く場合は蟹江図書館に行っています。

先日に、嫁と一緒にいったのですが、実家の瀬戸市図書館と比較すると建物が綺麗で本やDVDの量が多く、びっくりしました。

仕事の課題を考えるときは、今後は蟹江図書館にはお世話になります。

そして、ジムやプールに行く場所は、飛島ジム・プールに行っています。

最近はジムとプールには毎週通っています。

ジムにはランニングマシーン、エアロバイク、筋力トレーニング器具やチューブ等がそろっており、

運動する施設としてはまずまずです。

プールでは25メートルと歩行用のプールがあり、約2時間くらい泳いだり水中歩行をしています。

運動を終えた後は、嫁がラーメン好きなこともあり、

先日は山田社長に紹介してもらった【たご】ラーメン店に行ってきました。

場所→愛知県名古屋市中川区新家2-605

食べログ→https://tabelog.com/aichi/A2301/A230113/23055963/

煮干し中華そばを食べてきました。

11時開店ですが、行列になると思って10時30分に到着したのですが、すでに行列になっていました。

人気店はやはり違いますね~

女子力、上げます。

こんにちは。小鹿です。

昨日の朝の地震は大丈夫でしたか?
会社のある16階はよく揺れて驚きました。

私の弟夫婦は大阪に住んでいるのですが、
何ともなかったようでとりあえず一安心です。
でもしばらくは、気を抜けなさそうですね。

‐‐‐‐‐‐‐‐

今回は、最近行ったカフェを紹介^^
私の行動範囲内なので、《名古屋市緑区》縛りで行きます!

cafe Clap (カフェクラップ)

11時開店だったので11時半頃に行ったら
1時間くらい待ちました…

ランチめちゃインスタ映えしそうだったんですが、
写真撮るの忘れちゃった。
まあ、インスタやってないしいいかー。笑

ソフトクリームパフェが人気!とのことだったので
食べてきました!

女子がいっぱい。
女子高生もいっぱい。

ランチとパフェで2000円くらいだったのですが、
最近の女子高生はお金持ち…!と驚きました。

私が高校生の時は、サイゼリアばっかりだったのに。笑

***

リグノーサカフェ

結構昔からある気がするのに、いまだに人気店です。
結構リーズナブルだから?
サラダとスープ、パン、メイン、食後にケーキとドリンクがついて1300円です。

エビと隠元のクリームソース、だったかな…。

大盛無料なので、嬉しい!
恥ずかしがって普通盛りにしたら、ちょっと少なかった(笑)

ここ最近、女子力ダダ下がり中の私。

美味しいものを食べつつ、
でも最近体のお肉が重力に負けまくっているので気をつけつつ、
女子力上げていきたいと思います!

こんなとこで、アゴ、見っけ!

はい、またまた、やって来ました

鬱陶しい梅雨時に、鬱陶しい輩、

オッサンの戯言、オクイとしばらくの間お付き合いを・・・

この時期、

ムシムシ、ジメジメ、汗だくで

風呂上がりかと間違えられるオッさんにとっては辛い季節。

そんなことには負けずに、今日も一日ガンバロウ!

 

さて、本題に

先日、街中(名古屋の今池、錦通り沿い)で

変わったものを見つけましたので、ご報告させていただきます。

何を、見つけたの?

そんなの知ってるという方、ごめんなさい。

 

よく調べたら、結構だいぶん前からあったみたいで、

知らなかったのは、オッサンだけかも・・・

 

何をかと言うと、

これ、

烏龍茶?

 

 

何の自販機か?って

なんと、側面に

 

だし道楽

二反田醤油

なる大きい文字が・・・

だし???

 

近づいてみると、

ペットボトル、

なんと、だしの入ったペットボトル。

へぇー!出汁かあ!

こんなの売れるのか~?

 

変わった自販機もあるものだなあ!

 

これネタに、しようっと・・・

ブログネタに写真をGet!

ググってみると、

自販機マップなるサイトも発見

そこにマッピングされているだけでも、全国に現在107,032台。

面白自販機も見てみると

なんと、自販機の世界も奥深いなあ~

奥の深さに感動。

 

そう、話は戻って

だし、出汁でした。

だしと言っても、

それはアゴだし、

アゴとは、トビウオの別名。

 

我が家では、2年前の冬にアゴ出汁の鍋つゆに出会って以来、

今では、冬の定番になっている。

そんな、アゴ出汁。

我が家は生粋のアゴ出汁ファン。

そんな、こともあって、

ひと時、なんだかうれしい気分にさせてもらった。

 

そんなアゴ出汁ファンなら、

当然、その場で買ったのだろうと、お思いでしょうが、

残念ながら、

営業途中で見つけたこともあって、持って歩くわけにもいかず、

ここは断念。

また、今度休みの日にでも・・・

 

広島県江田島にある二反田醤油が製造する焼きあご入りの万能調味料

だし道楽

出汁は薄めてうどんだしに、

また、そのままかけて、

卵かけごはんに。

(う~ん、うまそう!)

また、隠し味で、

パスタ、鍋、煮物、みそ汁など用途は色々。

工夫次第で、なんにでも。

広島にある直営店の

だしが自慢のうどん屋さんのうどんも食べてみたいな。

 

自販機は名古屋には3か所

(知らなかった!う~、そんなにあったのか!)

 

アゴ出汁

さあ一度、ご賞味あれ・・・

めーえき、机つり、ときんときん

暑くなってくると、すぐ夏バテして冷たいうどんくらいしか食べる気がしなくなる不破です、こんにちは。
冷たいうどんのことを「ころうどん」と言って通じるのは名古屋だけだということを最近知りました。
皆さんご存知でしたか?というか、通じてますか?

どうも具体的には、冷たいうどんと、ころうどんは別物っぽいんですけど、
名古屋以外で冷たいうどんを食べた記憶がないので、定かではありません…。
天ころは天ころだし、ころきしはころきしでしょ!?…と思ったりします。

そういえば、そばは「ころ」って言わないのかな?

 

昔、名古屋弁というか、名古屋でしか通じない単語に興味があって調べていた時期があったこともあり、「ころ」が名古屋以外で通じない、というのを最近知った時は軽くショックでした。

 

こういう名古屋でしか通じない単語シリーズとしては、
小学校で当然のように使っていた「放課」「B紙」が不破イチオシ(?)です。

 

子供のころに読んでいた少女漫画とかに『放課後』っていう言葉が出てくると、
「なんとなく意味はわかるけど『放課後』って自分では使わないな〜っていうか、”放課”の”後”って授業中じゃないの??」
と思ってたんですけど、『放課後』という言葉の方がベーシックだったんですよね…。
これはショックでしたね。私は授業後と言ってました。

あと、東京で文具店などに行って「B紙ください」っていうと
困った顔をされた後に紙質について聞かれるとか、聞かれないとか…。

どちらの言葉も小学校で普通に先生が使っている言葉なのに、
ちょっと名古屋を離れると通じなくなるびっくり感。
先生の言うことは正しいと思っていたのに、もう何も信用できない!と思ったこともありました。

 

これ、岐阜や三重ですら通じなかったり、わかるけど使わないって言われたりするんですよね。
ちなみに「放課」「休み時間」「B紙」「模造紙」って言えば通じるようです。
B紙、というか模造紙のWikipediaを読むと全国いろいろな呼び方があってなかなか興味深いですね。
調べて見たら放課のWikipedeiaも面白かったです。方言って奥深い…。

 

そういえば、CMやWEB動画の制作をお願いすると、
名古屋弁を取り入れようとしてくださるんですが、
なんかこう、どうしてもコレジャナイ感があるんですよね。
で、結局、名古屋弁NGを出してしまったり。

きっと自分がわからないだけで、他の地方の方言を盛り込んだドラマや動画なんかも、
ご当地の方からしたら違和感満載だったりするのかな〜と思ったりします。

 

自分自身、そんなに名古屋弁を使う人間ではないと思っているんですが、
まだまだ名古屋弁だと気付かず使っている名古屋弁が多そうです。

そのあたりについて調べ始めると面白すぎて夜も眠れなくなるので、注意が必要です!
実際、この記事を書きながら「ザラ板」が名古屋でしか通じないって知って
夜中なのにテンション上がっている不破でした!

尊敬する人。

あなたの尊敬する人は誰ですか。

 

就活生の面接でよくある質問かもしれません。

歴史上の人物や、部活の監督、または先輩などと答える方もいますが、
多くの学生が「父親」「母親」と答えています。

僕は、学生時代、父親や母親のことを、
そんな風に思っていませんでした。

(以前、おやじについて書いたブログはこちら

なんて、冷たい奴だと思われるかもしれませんが、
親を尊敬するという感覚がイマイチよくわからなかったというのが正直なところです。

 

飯の時間に飯があること、
好きな部活を続けていること、
県外の大学に通い仕送りをもらっていること。

あたりまえ、だと思っていました。

 

恥かしいですが、そんな考えが改まってきたのは社会人になって何年も経ってからだと思います。

 

僕の家計は少し変わっていて、

おやじ:出張族→単身赴任族(北海道)8年→単身赴任族(東京)5年
おかん:神主
姉:豊橋でウェディングプランナー

僕が富山で青春を謳歌していたときは、
一家全員がバラバラの住所で暮らしていたことになります。

集まるのは盆暮れくらいで、
年に数回しか会っていないことが普通だったと思います。

 

それでも何となく
うちの家族って何か良いなって感じていました。

 

何が良いのかは、言葉にするのが難しいです。

 

あたりまえに、集まれば笑い合い、酒を飲み、語り合う。
(話したいことを各々が話しているだけですが)

そんな家族の1人であることを嬉しく思ってしまうのです。

 

この前の転職フェアで、
おやじの勤めている会社にご出展いただきました。

その時、その会社の社員のみなさまに
「おっ、二村さんの息子さん!全然おやじさんに似てないね(笑)」
「昔から二村さんにはパワハラされてましたよ(笑)」

なんて愛のあるイジりまでいただきました。

なぜだか、おやじの息子であることを嬉しく思ってしまったのです。

 

たまの東京出張で夜の予定が空いているとき、
メッセージもなく八重洲口の写真を送ると、
ぶつくさ文句を言いながらも飯に連れて行ってくれるおやじ。

(子持ち昆布は定番です)

 

そんなおやじや、家族のことを今では、
尊敬してるって言えるのかもしれません。

 

これからも、よろしくお願いします。

 

二村

当たり前のことの大事さ

こんにちは!水谷です。

いよいよサッカーのワールドカップが開幕しますね。

日本の初戦まで1週間を切っています。

報道を見る限り、前評判はイマイチな感じがしますが、どうなりますかね・

過度の期待はしない方がよいのですかね?

この時期になると私のようなド素人でも興味を持ちます。

寝不足気味にならない程度に楽しみたいものですね。

 

当たり前のことが当たり前でなくなる。

決して味わいたいものではないと思います。

 

最近こんなことがありました。

家のテレビのリモコンが故障しました。

テレビが大好きな私にとって、テレビが見ることができないことへのいら立ちは生半可なものではありません。

前からリモコンのボタンの反応が悪く、強く押しても反応しないことが多々ありましたが、

無理矢理使っていましたが、ついにダメになってしまいました。

 

チャンネルが変えられないことがこんなに苛立つものかと初めて感じたものです。

次の日からテレビなしの生活になるのかと落ち込みながら、

取扱説明書を引っ張り出して、色々読んでみる。

メーカーに問い合わせをしようかと考えたのだが、何となくアマゾンで検索をかけると、

売っているではありませんか。

もちろん即発注。

翌日には届き、すぐに使ってみると、さくさく動く。

今まで何だったのだろうかというぐらい。

便利っていいなと改めて感じる。

 

リモコンの件は一例で、スマホが使えない、電波が届かないといったことだけで、

ものすごく不自由さを感じてしまう今日この頃であります。

 

仕事面においては、私の役割からすると、他部門の方はお客様です。

私のせいで無駄な時間を費やさせないようにしなくては。

当たり前のことは当たり前に進めていくことの大事さ。

この文章を書いていて改めて感じたことです。

では。

寂しい生活

こんにちは、神谷です。

本日のブログタイトル「寂しい生活」。
何かと言えば、最近私が読んだ本の題名です。
今回はこの本をご紹介します。

『寂しい生活』稲垣えみ子(東洋経済新報社)

稲垣さんはメディア出演もされているようで、
ご存知の方も多いのでしょうか。
私はこの本で初めて知りました。

 

電気代 月150円。
著者自身の節電への挑戦が描かれた一冊です。

東日本大震災の原発事故に思うところがあり、
節電生活をスタート。
電気代を減らすことを突き詰めていったら、
ついにはほとんど全ての家電を手放すところまで行き着いてしまった・・・!
というお話。

洗濯機もレンジも冷蔵庫も冷暖房も使わない生活。
家電がない不便さを、知恵と工夫で乗り越えて、
今までとは違う暮らし方を築いていく。
その苦労やエピソードが綴られています。

ここまでできるなんて、本当にすごい!
こんな暮らしができたら理想だなあ、
とは思いますが、
今の私には同じことはできないでしょう・・・
やはり家電は無いと困るし、不便な気がするから。

著者も、そんな生活を読者に求めたり
勧めたりしているわけではありません。

ただ、不便な生活をしたからこそ見えてきた、
「便利」とか「豊かさ」とか「生きる」ということの意味。
それについて、ハッとさせられる言葉がいくつも綴られています。

例えば、

「冷蔵庫が生きるサイズを見えなくする」

食品ロス問題と冷蔵庫の関係に触れた一節での言葉です。

たくさん買っても、とりあえず保存しておける冷蔵庫。
便利ですが、それによって、
本当に必要な(食べられる)量が見えなくなっているのでは?というご指摘。
所詮、人が食べられる量には限度があるのに、
それ以上のものを買ってしまう(買わせる)ような流れになっているということ。

なんて耳が痛いお言葉・・・
私もその流れに乗ってしまっているひとりです。

平日は買い物に行けないから1週間分まとめて、とか、
ちょっと多いかもしれないけど保存できるから大丈夫!
といった具合に、
完全に冷蔵庫をアテにしている自分に気づかされ・・・

もちろん、無駄には買っていないつもりですが、
どれだけの量があれば本当に十分かなんてちゃんと考えたことはなく、
「生きるサイズ」という言葉がとても重く響きました。

他にも、今の生活からは見えてこないであろう価値観や示唆がこの本には詰まっていて、とても新鮮でした。
と同時に、「本当に大事なもの」を問われた気がして、
考えさせられる面もありました。
 

ちょっと重そうな話に感じられたかもしれませんが、
稲垣さんはもともと新聞記者ということで、
文章は軽やかですし、楽しみながら読める一冊です。
休日に、気軽に読むのにも適していると思います!
よろしければ手に取ってみてください。

では。

ねこのみくす

こんにちは、重野です。
宜しくお願いします。

名大社では昨日エンジニアフェアを開催。
ご出展企業さま、ご来場さま、
お休みの日にもかかわらず、
ステキなマッチングのために足を運んでくださり、
ありがとうございました!!

さて、SNSのスゴさに最近驚いた件をひとつ。
少し前に、知り合いの職場でノラ猫が赤ちゃんを産んだそうです。
会社で飼うことも難しく、どうしようかと思い、
ラインのタイムラインに、アップしたそうです。
総勢8匹の子猫たち。
みるみるうちに、飼い主さんが決まったとか。
SNSの訴求力とパワーすごい!
と共に、
幸せに大切に育ててもらえるといいな、と思います。

からの、ペットの件をひとつ。

ここ数年は、ペットブーム。
一般社団法人ペットフード協会の調査によると、
2017年の飼育頭数は犬が892万頭、
猫は952万6千頭とのこと。
猫が犬の飼育数を上回ったようです。

ネコのもたらす、経済効果は2兆円とか。
まさに、ネコノミクス。

そして、飼育のきっかけ、No.1は、

「生活に癒し、安らぎが欲しかったから」

・・・。

わかる!!
私も実家に帰る度に、散々かまいまくって癒されています。
人間大好き!宅配業者さんにも撫でてもらいたいタイプのかまってちゃんなくせに、
私にはあまり構われたくないようですが。

東海地区も梅雨に入り、
ジメジメやだなー。
はぁ、大型連休、夏休みまでないなー。
とテンション下がっている、そこのあなた。

癒し、安らぎを求めて猫カフェに行ってみてはいかがでしょうか。
(私は行ったことありませんが。)


スタッフブログ2回目の登場
我が家のねこです。

それでは。

いよいよ明後日!エンジニア転職フェア開催!!

皆さん、こんにちは!

 

いよいよ明後日の日曜日に

「エンジニア転職フェア」を開催します!

今回は告知を一新したこともあり、おかげさまでSNS上ではかなりの反響をいただいております!

当日の天気予報はよくないみたいですが、、

求職者様・出展企業様の双方に良い出会い・良いマッチングがある良いイベントになることを期待しています!

 

 

 

さて、

名大社では

奇数月毎に転職フェア

2・6・10月にエンジニアフェア

通年を通して新卒イベント

と1か月に1度はイベントを開催しています。

 

イベントの告知だけだと味気ないと感じたので、

今日は、そんな名大社を支える営業を少しだけ紹介してみたいと思います。

 

まずは、この方!

名大社の

King of Positive!

ちょくちょく色んな人のブログに登場している二村さん。

部下からは、『元気のかたまり』と言われているほど前向き発言が多い!!

 

髪型も一新し、本人曰く、関口メンディーを意識しているとのこと。

クライアント、後輩社員からも絶大な信頼を得ており、尊敬する先輩の1人です。

 

 

 

 

続いては、こちらの2人

4月から上司・部下の関係になったこの2人。

右)上司の奥田さん

左)部下の山添

 

社内一滑舌が悪くて有名な奥田さん

話す内容を理解するのにまだまだ慣れていない山添を見ると和みますw

 

 

 

 

また今日の深夜にはサッカー日本代表の格差親善試合があります!

先日のガーナ戦では、あまり見所がなく(個人的に)、

去年の10月以降、6試合で勝利がありません。

是非とも今夜の試合は勝ってほしいですね!

 

 

 

冨田

1 / 212