名大社 スタッフブログ

カテゴリ「最近、思うこと、感じること」の記事一覧:

年寄りの冷や水?・・・


ついにオッサンからジジイの仲間入りです。

こんにちは 戯言しか言わないオッサンおくいです。

今までオッサンを名乗っていましたが、

1月ついに、還暦、定年を迎えました。

第2の社会人1年生、スタートです。

気持ちも新たに、充実した価値ある日々にしたいと、頑張っています。

年齢には負けない。

「人は始めることさえ忘れなければ、いつまでも若くある」

「若さを保つには、成長し続けることである」

etc.

先人達が様々な言葉で教えてくれています。

まずは気持が一番であることを!

 

また1年、頑張ります。

毎年契約更改するプロ選手のように、プロ意識を更に持って、頑張るぞ!

 

第2の社会人1年生となって、初めて迎えた

イベント1月31日 ジモト発見&インターン

当日は相談スタッフとして、場内を歩きまわる。

その時は疲れたという自覚が、あまりない。

若いもんには、まだまだ負けられぬ。

夢遊病者か、徘徊者か、ただただ歩き回る。

「年とともに疲れを感じる感覚が鈍ってくる」ということを、聞いたことがある。

 

一日終了

1月31日の歩行結果は

―――――――――――――

【歩行距離】20.4km

【歩数】28,244歩

―――――――――――――

これって今までで一番かも?

数字を視て、

急に

足、ガクガク。

また、何日もたって、

足が重い、ヨタヨタ、

ついに、足がよたって

尻もち、ド~ン。

 

これって、

年寄りの冷や水?

こんなことで、負けてはいられない。

 

まだまだ、足腰を鍛えないと!

ちょっとだけ、頑張り方を考えながらですがね・・・

 

最後に、

突然ですが、

オッサンは今回ジジイになったのを機に、

ブログを卒業させていただきます。

戯言というのはオッサンまでで、十分。

ジジイの戯言はよくありません。

 

卒業です!

ありがとうございました。

また、いつかどこかでお会いできることを・・・

嬉しかった話

どーも(‘ω’)ノ

この週末、人生何回目かのモテ期を味わったニムラです。

3人同時に言い寄られるなんて…つくづく罪な男だ。

しかも自宅で。

 

えっ、信じられないって?

こんな恋文までいただいているのに。

 

「♡ゆゆゆ♡」ってところに溢れんばかりの愛情を感じる。

ただ、すまない。

俺は妻子ある身。君の気持ちに答えることはできない…

せめて、一緒にチョコを作ろうか。

 

 

ということで、この週末。

いとこのチルドレン(4歳・5歳)と息子(2歳)とでバレンタインデーのチョコ&クッキーを作りました!

 

無印良品で手作りチョコと手作りクッキーのセットを購入。

☆やら♡やらの型抜きを庶民の味方ダイソーで購入。

ラッピングなどの包装材も忘れません。

 

卵を割って

生地をコネコネ

そいつを伸ばして

みんなで型抜き

卵黄塗って

アーモンドまぶして

焼きあがったら出来上がり!

 

甘いモノは得意ではないけど、想いが詰まったクッキーは格別でした!

 

 

さて、今日は先週の嬉しかった話を1つ。

 

仕事が終わって帰宅途中。

結構遅い時間だったけど、ケータイにある方から着信。

何か虫の知らせかと思って出てみると。

 

「ニムラさん、いままで本当にありがとうございました。」

「明日が最終出勤日です。」

「!?!?!」

 

状況が飲み込めずにいると、

「ようやく転職先が決まりました。」

「今月退職し、すぐに次の会社で勤め始めます。」

 

その声の主は、9年近くお世話になったある企業の採用担当者でした。

最近は後輩に引継ぎ、直接お伺いすることは無くなっていましたが、いまでも覚えてくれていたことに心が温まります。

 

ぶわっと一気にいろんな思い出が溢れてきました。

その方との出会いは、入社2年目のころ。

ベテランの先輩営業から数多くの企業を引き継ぎテンパり気味の時期でした。

 

もともと求人業界で勤められていた経験をお持ちの方で、自分への要求も結構ハードなものだったと思います。

合説の時など、自社ブースに人が来ない時間帯はケータイに連絡が入ります(´Д`)

最初は正直、「やりにくいな~この担当」と思っていました。

 

でも、ブースにアテンドした学生に、話を聞いてみると

「敬遠していた業界でしたが、実際に聞いたらなんか面白そうなので説明会にも行ってみます!」

そう晴れやかな表情で答えてくれる学生を数多く見てきました。

 

学生自身が希望する業界や会社にアテンドするのが自分の仕事。

その方に出会うまでは、そう思っていました。

でも、その方と仕事をする中で、思いもよらない出会いを繋ぐのがこの仕事の面白さじゃないかなと。

そう感じるようになっていきました。

 

延べ135名。

その方が入社してから採用に携わった人数です。

 

膨大な数ですが、その1人1人と入社後も定期的に個別面談を実施していたそうです。

 

採用した限りは、自身が責任持って働きやすくなるサポートをしたい。

そんな熱い想いを伺ったこともありました。

 

1度だけ真剣に叱られたこともあります。

それは、とある新卒イベント会場でのこと。

 

その日、奥さんがまもなく出産というとき。

病院から連絡を受けても、まだイベント会場にいた自分を見て、

「早く行ってあげなさい。そうしてやらない君とは今後仕事を一緒にしたくない。」

そんな厳しい言葉をいただきました。

 

おかげで迷いは解け、皆に託してすぐに病院に向かうことができました。

当時のブログはコチラです。

 

厳しい言葉だと思いましたが、本当に嬉しい言葉でもありました。

 

そんな影響をたくさんいただいた担当者から、最終出勤の前日にわざわざご連絡をいただけたこと。

この仕事をしてきて良かったなと感じさせていただける瞬間でした。

 

新しい職場でもご活躍をお祈りしています!

 

 

人事担当者のみなさんは、それぞれに熱い想いを持って学生さんとの出会いの場に臨んでいます。

一端を担う私たちも相応の気持ちで臨みます!

暑苦しくても良いじゃないっ( `ー´)ノ

是非、この機会を大切に!

——-*——-*——-*——-*——-*

☆.:゜みん就フォーラムin名古屋 ☆.:゜

【開催日時】2月13日(水) 11:00~17:30(10:30~受付開始)

【開催場所】吹上ホール
◇地下鉄 桜通線「吹上駅」より徒歩約5分

☆入場無料☆.:゜履歴書不要☆.:゜入退場自由☆.:゜

☆.:゜みん就フォーラムin名古屋、気になるイベント内容はこちら!
https://bit.ly/2SywLYv

——-*——-*——-*——-*——-*

 

明日は会場でお待ちしています(^^)/

ヒヤリとした時に思い出したこと

こんにちは。水谷です。

先週、イベント会場に向けて車を走らせていた時のこと。

重くはないが、大きな荷物を会社の車(アクア)に無理矢理積み、頭を右に傾けながらという窮屈な姿勢で運転していました。

片側4車線の大通りで信号待ちをしており、青信号に変わり、発進しようとした時に。

左車線から高級車に割り込まれる。しかも交差点内で。

よそ見をしていたら、おそらく追突していたと思われるが、幸い接触することもなく、ヒヤリとするだけで済みました。

 

私の性格上、昔なら腹を立てて、クラクションを鳴らすことぐらいはしたと思います。

その時は、仕事で運転していたこと、荷物を運んでいたので、余計なことに巻き込まれたくないと思ったのでしょう。

相変わらず荒っぽい運転する人もいるんだなと思うぐらいでした。

久々の運転でヒヤリとしましたが、仕事ではない方がいいことは間違いありません。

全くないとは言い切れませんが。

 

運転に限らず、イラっとしたり、カチンときて感情的になることは良いことではありません。

以前、山田さんに、感情的になるな、ムラをなくせと指摘をを受けたことがあります。

私の悪い癖で、理解しているつもりですが、人から指摘を受けるということは、その当時余程酷かったのしょう。

そのような時に、自分への戒めを込めて思い出す言葉があります。

 

気は長く、心は丸く、腹立てず。

 

中学校の時の先生が言っていた言葉です。

教わったことは見事に忘れましたが、なぜかこの言葉のみ記憶に残っています。

 

イラっとしたり、カチンとすることもあるでしょう。

仕事に忙しく、余裕のない時もあるでしょう。

そんな時に、気に食わないことがあったとしても、一旦飲み込み、冷静にいられるようにならなくてはなりません。

 

先日、会場からの帰りの車でふと思い出したことです。

21世紀を覗こう!

こんにちは、重野です。
2019年初めてのブログです。
1ヶ月以上経っていますが、
本年も宜しくお願いいたします。

少し前に、また1つ歳を重ねました。

(社内に3名同じ誕生日がいるおかけで、
どこかから思い出してもらえることも特権ですね。)

名大社スタッフにもお祝いをしてもらい、
新たな年齢を進むことができそうです。
みんな、ありがとう‼︎

そんな、ニュー(でもないか。)重野が最近ハマってることを1つ。

22世紀から来た
ひみつ道具
四次元ポケット
どら焼き大好き
ネコ型ロボット

そう、ドラえもん。です。

過去の映画ドラえもん、めちゃくちゃ観てます。

リアルタイムで観ていた時と、画も声も違いますが、違和感ナシ!
登場するキャラクターがかなり表情豊かになっており、柔らかいイメージになっています。

#ドラえもん、とにかくフォルムがいい
#のび太くんドラえもんに頼りすぎ
#なのに、いきなり怖いもの知らず。男らしい
#物語の始まりは、のび太くんの純粋さから
#しずかちゃん、優しくてかわいすぎ。ある意味、憧れる
#ドラミちゃん、しっかり者、かわいい
#ドラえもん、そんな表情崩れたっけ?
#のび太くんのパパ、印象薄かったけど、実は超優しい
#映画1つにつき1回は泣けるシーン
#観た直後、優しい気持ちになれる

最近感動してないわぁ。
という方に重野的オススメ
●ドラえもん のび太のひみつ道具博物館
●ドラえもん のび太の日本誕生

オトナになって観るからこそ、感じられる
#純粋な気持ち
#子どもたちの成長
#社会問題

1990年に公開された『アニマル惑星』では、クリーンエネルギーで車を動かしていたり、完全オートメーションの食品工場が出てきたりします。

とあるサイトをみてみると、現代にドラえもんのひみつ道具が実現しているケースも多々あるとか。

糸なし電話は、鉄人兵団やアニマル惑星で出てきますね。
現代のまさに、携帯電話!と言うかスマートフォン!

1993年公開の『宇宙漂流記』では、
スネ夫がパパに誕生日に宇宙旅行をプレゼントされています。
「行けるのは21世紀だよ」と言っていますが、
宇宙旅行の話も費用は莫大にかかるとしても現実としてでてきていますよね。

テクノロジーの進歩で、続々とひみつ道具が具現化されていきそうでワクワクします。
22世紀まであと81年。
なんか、ありえそうですよね。

感動と感心を味わえる、
映画ドラえもん。

*公式インスタグラムより

3月に新しい映画やるみたいです。
(てつさん、是非映画ブログでピックアップしてください)

では。

まだまだあります!!

こんにちは、今日は冨田が担当します。

 

先日、山田さんのブログにもあった通り、1月31日は名大社が運営する20卒イベントのスタートでした。

 

今までは、営業として関わっていた自分でしたが、

今回からは運営にもガッツリ関わらせてもらって迎えるイベントでした。

当日は、開場前から行列も・・・

当日は、初めてイベントに来た学生や、ジモトで就職したいという学生さんに多く来場いただきました。

 

100社以上が出展頂いたイベントが終えたのもつかの間、

まだまだ名大社では、2020卒の学生さんたちと企業さんの架け橋となるべく、

イベントを開催いたします!

 

まずは、コチラ↓

イベント名:みん就フォーラム in名古屋

日程:2月13日(水)

時間:11:00〜17:30

場所:吹上ホール

 

さらに同時開催として

≪IT Job Festa in名古屋≫も開催します!

 

メーカー・IT・外資ほか、有名企業が多数出展するイベントです。

当日は、なかなか名古屋地区のイベントには参加しない企業様が出展しているので

行く価値間違いなし!です。

 

 

そして、2月の最後を飾る名大社の一大イベント・・・

2月28日(木)に開催!

参加企業数は200社以上!!

『ジモト就職応援フェア』

~全学生対象&理系対象~

 

と名大社が全身全霊を捧げるイベントを開催します。

出展いただく企業様、来場いただく学生さんたちに

有意義な1日

かつ

とても参考になるイベント

になるように準備に勤しんでいます。

 

 

3月1日の就活解禁まで待てない!

もっとジモト企業の情報が欲しい!

早く内定が貰いたい!!

などなど

 

たくさんの学生さんの来場を名大社一同、心よりお待ちしております。

スポーツ

こんにちは

名大社山口です。

 

1月26日(土)の全豪オープンテニスで大坂なおみ選手が優勝を飾り、

世界ランク1位に浮上しました。

 

日本勢初優勝で、昨年の全米オープンに続いて4大大会の2連覇を成し遂げました。

同じ日本人として誇りに思いました。ほんとにスポーツはいいものですね。

 

スポーツといえば昨日、1月27日(日)

アスリートプランニングさんと共同開催で20卒向けの

体育会合同企業就職説明会を開催いたしました。

アスリートプランニングさん支援の下、当日は多くの学生に恵まれ、出展企業様からは来場学生の意欲・質ともに評価をいただきました。

 

私も就活生の時はこのイベントに参加したので学生の頃を思い出しつつ就活生の状況を伺いました。

1日を通してたくさんの体育会系の学生さんと触れ合いましたが、まだまだ就活が始まった実感が薄く、学生と企業の温度差も感じました。

 

また、様々な企業様を案内しましたが、学生に仕事の内容や働く条件を伝えても全く魅力に感じてもらえませんでした(私の伝え方が悪いのもありますが)。

学生のわかる言葉に分解して共感し、歩み寄ることが大切だと、社会人経験の薄い私でも痛感しました。

 

6月のブログで哲さんが「若者わからん」を読んで若者に寄り添おうとしている姿は感銘を受けたため、是非「おじさんわからん」も出版していただいて、高井さん奥井さん堀口さんともコミュニケーションがとれるようになりたいものです。

http://www.meidaisha.co.jp/president/?m=201806

 

話がそれましたが、大手企業さん方がこの時期が行われている、業界の説明や、マナー講座などは学生も確かに興味があるかもしれないですね。

 

これからも就活生と触れ合う機会は増えてくるので、世の中の流れに敏感になって情報を発信していきたいと思いました。

そもそも、どこにも行けていない。

自分の不安な気持ちさえ飼い慣らせば、
どんな時でも変化は楽しい。
気がつくと目線はいつもと違うこと、他とは異なることを探している。
たぶん自分はそういうたちというか、性格なのだろうと思う。
いろんな場面や考えを巡らす時、
何か新しい経験や見たことがないことない何かに期待している自分がいる。
飽きっぽいとか、退屈なんだとか、そういう意見はたくさんあるとは思うけど。
仕事上でも、プライベートでも、
たくさんの困難と課題があり、
もう少し上手くいけるはずだといつも思っている。

だから変化に期待する。
いつも変化は、今ここには無い何か?を見せてくれる。
もしかしたら何か、もっとすごいことがあるのでは?
ちらっと、いつも少しだけ、その影みたいなものを感じさせるけど、
それを確認しようとすると、それは何かのデジャブで
見慣れたものを見間違えただけだ。

「期待するほど良くもなく、絶望するほど悪くもない」
ほとんどが、そんなものだろう。
今までも、そしてこれからも、おそらくずっと。
どこにも行けない、
そもそも、どこにも行けていない。
米津玄師の歌詞で繰り返されるフレーズのように。

ある時、米津玄師の音楽に出会い
不覚にもこの半年の間ずっと心をやられている。

カミングアウト?しよう。
僕は米津玄師が好きだ。
ミーハーだとか、ガキ臭いとか、カッコつけとか、
そんなことはどうでもいい。
いいものはいいのだ。
メロディとか、ギターコードがどうかとか、僕にはわからない。
そもそも音楽は詳しくないし、そんな野暮なことはいいたくない。
ただ思うのは、米津玄師はどこにも行けていない心情を歌にする。

「Flowerwall」で出会い「アイネクライネ」で温かくなり「サンタマリア」で救われ、
「LOSER」で持ってかれて「lemon」で心鷲掴みされてしまった。(紅白もよかった)
「Flamingo 」「 TEENAGE RIOT」も文句ない。

しばらく米津玄師の病は続きそうだ。

以上、高井でした。

2019年本当に大吉か

こんにちは。小川です。
2019年初のブログ担当です。
初詣は私の地元、犬山市の成田山へ行き、
また大須観音でもおみくじをひいたところ、
両方とも大吉!!
仕事とプライベートの充実をお願いしてきました。
先週末の転職フェアでは、新年早々の開催にも関わらず、多くの企業様、転職をお考えの方にご参加いただき、ありがとうございました。
来場の方はいつもに増して、多くの企業さんの話を聞いていらっしゃったり、2日間連続で来てくださった方が目立ったのも、真剣に取り組まれていた証拠でしょう。
「いい会社が見つかった」と明るい顔で帰っていかれる方も多くいらっしゃいました。
多くのマッチングの機会となれば嬉しいです。
さて健康自慢の私ですがインフルエンザにかかってしまい、色々とご迷惑をおかけして申し訳ありません。
無茶した覚えはありませんが小学生振りのインフルエンザになり、体が資本だと改めて反省しております。
微熱まで下がりましたのでざっくり内容でいかせていただきました。
今後も20卒イベント、エンジニア転職フェア、転職フェアと控えています。
体調を整え、気合いを入れ直して頑張っていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㉗

 

みなさん、こんにちは。今日の担当はニシダです。

2019年も明けて2週間以上経ちますが、
引き続き、文房具通信をご愛好くださいませ。

懲りずに今年も大スキな文房具を紹介してまいります!

さて、スタッフブログのなかでは、そろそろ…
マスキングテープ収集家として認知されてきた頃かと思いますが

昨年の終わりごろから「付箋収集家」になりつつあります。

絶対とは言いませんが…大抵の学生や社会人の方に
使われていると思われる付箋たち。

大きさの差はあれど、その多くは長方形のカラフルな
あの付箋だと思います。

ちょいと待ってください。

最近のニシダの推し付箋はコチラ↓

「ワタク紙ふせん」と申します。

ワークショップをやる機会が多いニシダ的視点。
そういう視点で見てみると、

自己紹介のときにこういうアイテムがあるのは、
緊張する自己紹介も少し楽しめるきっかけになりそうです。

タスク管理や、忘れたいことをメモする付箋。
違う役割が付箋にも出てきているようです。

コレは、猫好きの社員が猫好きのニシダに
プレゼントしてくれた付箋。

なんと100均だそうです。恐るべし100均。

皆さまもぜひ、おもしろい付箋がありましたら
ニシダに教えてくださいませ。

−−−−−−−−−−

加えまして…

せっかく2019年初のニシダブログですので
今年の抱負を書き残しておきたいなと思います。

1.学ぶことを飽きない

やはりこれは忘れてはならない。
わたしも今年で38歳。いい歳だ。
つい年齢と経験が邪魔をして、つい頼りがちになる。
甘えるという表現のほうが正しいかも。

これ幸いに、就活市場はいま変革期にきている。
常にインプットしてないと、あっという間に置いていかれてしまう。
その話、古くない?聞き飽きた…と言われないように
自分をアップデートし続けなければならない。

2.学んだことを活かす

2018年は、週末大学に通ったり、様々なワークショップの
ファシリテーター講座に参加して、

「いい場をつくる」ために時間を割いた。
でも、実際はまだまだ活かせてない。
せっかく刺激をもらったにも関わらず、これでは駄目だ。

「学んだことの体現」

これも2019年、やらなければいけないことのひとつ。

3.発信する

最後は一番の課題。
有り難いことに2018年はここ数年で一番充実していたかもしれない。
それを言い訳に怠っていたのが発信すること。

自分が忘れないために書き残している密かな個人ブログを
更新することや、twitterで発信することもマメに取り組みたい。

人は忘れる生き物なので、メモすることすら忘れてしまう。

思いついたことをtwitterにパッと残しておくだけでも
あとで見返せるので、クセづけたい。

言語化しておくことは大事。

要は、アウトプットの質に変化を起こしたい。

−−−−−−−−−−

以上でございます。
どうか2019年もニシダを温かく見守ってください。

自分だけの人生じゃないから、自分を大事にしたい。

新年あけましておめでとうございます。

2019年の誕生日で44歳になるキャリアコンサルタントの臼井です。

 

「44」の数字を見て。ランディー・バースを思い出す僕は

やはり昭和の人間です。

 

(出展:産経ニュース)

1月はストーブリーグ真っ盛りですね。

(最近あまり使われなくなったかな)

先週はビッグネームの相次ぐ引退発表に、

平成も終わり時代も変わり、

改めて自分がそういう旧世代の人になってくるのだなと痛感しました。

同日発表で話題になった下記の4人をはじめ

 

・説明不要の霊長類最強と言われたレスリングの吉田沙保里(36)さん

・元日本代表GKで名古屋のレジェンド楢崎正剛(42)さん

・元日本代表DF中澤佑二(40)さん

・ソフトバンク元エース 摂津正(36)さん

左:中澤、右:楢崎          左上:吉田、右上:摂津 左下:楢崎 右下:中澤

(出展:サッカーダイジェストweb)  (出展:スポニチアネックス)

 

この冬は同世代の大物選手の引退が相次ぎました。

プロ野球は

岩瀬仁紀(44)投手 中日

荒木雅博(40)内野手 中日

松井稼頭央(43)内野手 西武→メッツ等→楽天→西武

杉内俊哉(38)投手 ソフトバンク→巨人

新井貴浩(41)内野手 広島→阪神→広島

村田修一(38)内野手 横浜→巨人→栃木(独立L)

サッカーでは

左:楢崎正剛 右:川口能活

(出展:zaku zaku 夕刊フジ)

GK川口能活(43)横浜→ポーツマス等→磐田→岐阜(J2)→相模原(J3)

MF小笠原満男(39)鹿島→メッシーナ(セリエA)→鹿島

 

年齢も30代後半~40代前半。スポーツ選手としてはどうしても引退を考える年齢。

これからどういう生き方をしていくのだろうか・・。

 

そんな中、現役続行を発表した40歳以上は

 

三浦知良 52歳 (横浜FC*J2)

伊東輝悦 45歳  (沼津*J3)

中村俊輔 41歳 (磐田)

明神智和 41歳 (長野*J3)

小野伸二 40歳 (札幌)

 

上原浩治(巨人)44歳

福浦和也(ロッテ)44歳

福留孝介(阪神)42歳

山井大介(中日)41歳

40歳は阿部(巨人)、五十嵐(ヤクルト)、能見(阪神)の3人

 

僕より上は、KAZUと、伊東テルだけとなってしまった。

 

この中で主力として出ているのは

中村俊輔、福留孝介くらい。

また来年何人残るが不透明だ。

 

そんな44歳ですが、

スポーツの世界では引退し、指導者になっていく人も増えてくる。

年齢だが、社会人の44歳いわゆるミドル層というのは、

どういうポジションになるのだろうか。

会社で、家庭でいろいろ負荷がかかって来る年齢になるのだろう。

 

僕個人は、

仕事では事業部のメンバーを増やし、責任が増える。

家庭では4人の子供の成長に伴い、自我に目覚め始め各々の対応が求められるようになり、

両親の高齢化の問題も出てきた。

 

どこかで、部下と子供を持つと人はさらに成長するという言葉を

見たが、子育ては本当にわからない事だらけだ。

成長の実感がないのが正直な感想です。

 

自分では人のいい所を見つけるのを得意で長所を伸ばすタイプと思っていたが、

対子供で、そうでない自分がたくさん出てきて、戸惑う1年でもあったし、

これは今も解消されていない課題だ。

 

もう一つは

いつも自分より大きく、バリバリの現役で、入院したことがない70後半の

父親が入院し、手術をし、一気にやせて小さくなってしまったのもショックだった。

 

年々、自分の事に集中するのが難しくなってきているが、

だからこそ、

自分の中で、やっていきたいことをやるために

自分から仕掛ける事を強く意識してやっていきたいと思う。

 

正直ストレスが無いと言えば嘘になる。

予想もしない事がまだまだ起きそうで、不透明感が漂っている。

 

だからこそ、これはますます

 

飽きさせてくれない人生だな

 

と強く思うようになっている。

 

わからないからワクワクする事もたくさんある。

 

今年はどんな1年になるのか楽しみだ!!

 

 

1 / 501234567...最後 »