名大社 スタッフブログ

変化を求められる社会人16年目の春。

名大社入社4年目を迎えたキャリアコンサルタントの臼井(41)です。

 

2001年に社会人デビューをして16年目を迎えます。

 

そんな16年目の4月1日(土)に「新時代に求めるリーダーシップ」という研修を

受けたのですが、変化というものとどう向き合うかという事の重要性を認識する機会を

得ました。

 

現時点ではリーダーシップと言われても、1プレイヤーの身なのでマネジメント的な部分で

自分ならどうするのかと考えることはかつてほどないが、この話は別にリーダーだけでなく

個人にも当てはまる部分は大いにあると思いました。

 

今僕自身の身近で会社にとってもそうだろうし、僕自身にとっても大きな変化が

起きていると思っています。

 

僕的に3つの変化を迫られどう向き合うか迫られていると感じています。

①MBOとコンピテンシーによる評価制度の導入

②PDCAを意識して回す

③労働時間を短くする

 

①は働き方に大きな影響を与えると思います。早速成果に結びつく行動とは何かを今更ながら

言語化することに苦戦していますが、ここから行動が決まってくるのでやはり影響は大きいです。

 

②も①同様に、計画を立てて行動することは昔から苦手というより好きではなかった事もあり、

今は正直窮屈さを感じながらも①に昇華すべくPを模索しています。

こんなことは社会人であれば当たり前で、41までよく向き合わずに生きてきたなと

言われそうですが・・

 

僕個人はフィーリングとか感性で仕事をする部分が大きく、KPIくらいは知ってもいたし、

おおよそ意識はして仕事はしてきていたつもりだったが、PDCAを意識して回してき

て来なかったですし、そういう指導を受けてきていない事もあり、

習慣化に苦戦はしています。

 

計画通り進む事より、イレギュラーや、想定外が起きることにワクワクする性格が

諸刃の剣になることがあったとは思いますが、今回は相反する哲学があるので

フィットさせるのにやはり苦戦しています。そのなかで一番苦戦しそうなのが

 

③労働時間を減らす。

 

僕自身の今までの働き方が、上司と2名で事業の立ち上げ、1人で拠点の立ち上げ、

に加え、求職者の面談と企業開拓業務の両面を行うスタイルで仕事をしてきました。

器用ではないし、マルチタスクではない僕が複数業務を担当することが多く、

労働時間が長い環境で働いてきたこともあり、それがあたり前になっていた。

 

しかしこれは会社だけでなく、社会の価値観としてよくないという認識に変わり

かりに成果を上げても労働時間が長いと評価されない時代になりつつあると感じています。

 

PDCAを早く回して、労働時間は短く、MBO(成果)を上げるというサイクルを

身につけないとヤバイ!と思う反面、ここまで意識せずに生きてきて成果を出している

時代もあったのだから、これをしっかり取り組めば、40過ぎでも伸びしろがいっぱい

ありそうだなと自分の可能性にワクワクしながら取り組んでいきたいと思いました。

 

KING KAZUこと三浦知良ではないですが、50歳になってもまだサッカーが

うまくなると言っていたと思いますが、40過ぎても仕事ができるようになる

可能性だってあっていいと思う。

IMG_0838

課題図書の鬼速PDCAをしっかり読み、成果をあげ、労働時間を短くするために

大事と言われる整理整頓身に着けるべく、子供渡した課題図書、

「学校では教えてくれない大切なこと① 整理整頓」をしっかり読むとしよう。

 

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ⑫

こんにちは!

IMG_0830
「圧倒的存在感」(入社10年目でしたっけ?)
が、キャッチコピーの西田です。
※詳細は前日の尾関のブログにて。
※自分で言うのは恥ずかしいキャッチコピーです。

 

あれ???

 

IMG_0827

 

あれあれあれー?
間違えました。これは「食育部長」宇佐見でした。

 

最近一緒に出かけることも多くて
宇佐見の写真をアイスブレイクにしてしまいました。
※本人了承済です。

 

ということで、今月の文房具通信は…

 

新年度ということで「手帳」です。

 

●2017年度のオススメ手帳
●西田が挫折した手帳

 

この2本立てでお送りします。

 

まずはオススメする手帳
↓↓↓

 

―毎日日記のように使いたいなら―
スクリーンショット 2017-04-07 0.28.50
言わずもがな「ほぼ日手帳」です。
http://www.1101.com/

 

今日のレシピを残す人もいれば
出かけた先の思い出を残す人もいる。
個を表現できる手帳ですね。

 

―シンプル イズ ベスト―
スクリーンショット 2017-04-07 0.36.15
SEE BY  2017 です。
https://nstore.stores.jp

 

カレンダーですが、持ち歩きも簡単なので
手帳として使っている人もいます。
ちなみに、西田は2年愛用中。
誰といつ面談したのか一目瞭然です。

 

―200年の歴史が物語る紙質へのこだわり―
スクリーンショット 2017-04-07 0.41.45

https://www.moleskine.co.jp/

モレスキン手帳です。
使えばわかる紙に対するこだわりが
愛用者を増幅。西田はソフトカバー派です。

 

そして最後に、

 

―西田が挫折した手帳―
idx_about_01_p01

http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/jibun_techo/

「ジブン手帳」です。
コピーライターとしても活躍する佐々木さんという方が
ご自身の経験をもとに商品化したもので、
中身は、DIARY・LIFE・IDEAの3つに別れています。

 

別れているがゆえに、何をどこに書いたか
わからなくなり、1ヶ月ほどで挫折。

 

現在は1年ほど
スクリーンショット 2017-04-07 0.52.14

https://sumally.com/p/305956

「yPad half」という手帳を使っています。

 

d2e4e647-bbd3-4cd0-926f-2810d3964894
日々のスケジュール管理と、並行して進んでいる案件を
同時に確認できるのでとてもお気入りです。
(日付も全て手書きということを除けば…です)

 

皆さんは今年どんな手帳を選びましたか?
使い方によって性格が現れるので
実は奥深い文具なのです。

 

西田にとっては「手帳は相棒」です。

 

お読み頂きありがとうございました。
それではまた来月、お会いしましょう!

ネクタイ

おはようございます。

堀口です。よろしくお願いします。

今回は「ネクタイ」について少し。

新年度もスタートして、フレッシャーズ達が社会人デビュー。
おめでとうございます。当社も3名の新入社員が。

成人式、ビジネス、意外にも、現在は、学生さんもネクタイをシメる今日この頃。

ここは又、昔話。四半世紀前以上の思い出話しから、笑

私が初めて、ネクタイなんぞをシメたのは成人式。

当時、岐阜柳ヶ瀬には百貨店の「近鉄」さんがありまして、そこの二階に「クリヤハウス」さん

今でゆうなら、メンズのセレクトショップなんぞがありました。当時はAOKI、青山なんちゅう
紳士服量販店のない時代。

店長のKさんに自分のイメージに合うものを選んで欲しいと言ったのか言わないのか、忘れましたが?

このネクタイどうですか?やっぱ レジメンタルでしょ。似合いますよ。これも空想会話か。

自分では、当時選ばないデザイン。まあいいか。

このネクタイはその後、お気に入りで、ネクタイの結び目が擦り切れるまで、又、先端が破れるまで重宝したな~。

話は一ヶ月前の当社のあるエレベーターの一階での出来事。

夕方に会社に戻り、エレベーターに乗り込んで16階のボタンを押したところに、

人が乗り込む。

美魔女?   魔性のオンナ?    クールビューティー? ともさかりえ?

果たしてその実態は。わかるかな。わかんね~だろうな。久しぶりに出ました。

「おお    お」

以前、お世話になった「レジメンタルネクタイ」やないですか。

しばし見いってしまいました。30後半の紳士すいませんでした。

そこからわたしのモヤモヤが、少しお店でも回ろか。欲しくなりました。

ブログに間に合えば、写真でもと考えていましたが。今だ発見できずです。

近いストライプ柄はあっても、ズバリはないのですな。

どこで買われたのかお聞きすればよかったな。

そんな恥ずかしい。

ネットでも見かけません。

青)

最近、買ったネクタイです。


現在の東京都知事の小池さんが提言した「クールビズ」

本当定着しましたね。

正直、社会人になってから、クソ暑い夏に、スーツ着て営業してたこと今となっては、

懐かしい思い出です。

会社訪問すると、「当社は地球温暖化問題に取り組む企業として5月から9月までクールビズで対応させていただきます」 

多分6月スタートの企業が多いのですが。

でも、本当お伺いする企業さんのノーネクタイ率は年々高くなるような。業界によってはノーネクタイ企業も出てきてます。

また、男性の方、ネクタイを購入しなくなったのでは?


自分としては、今後、ネクタイをする期間もそんなに長くないのかも。

ただ、初めてお会いする方の前ではお気に入りのネクタイで立ち会いたなと。

番外編

先端

先端が擦り切れます。


ネクタイは消耗品。気に入りネクタイは使う頻度も多いので先端が擦り切れたり。締め込みのところが破れたりと。

又、夏には汗で黄ばんだりと重労働本当にご苦労様です。

新人3人への期待とおふざけ名刺

みなさまこんにちは。こんばんは。

 

新体制の発表もあり、新生名大社としてスタートを切り、

3年目という節目の年?、そして新たに新人3人が入るという様々な要因のもと、

身の引き締まる思いの尾関です。

 

特に今年入社の3人は、冨田さん率いる宇佐見・尾関の採用チームで採用を担当したので、

思い入れが強いです。

 

誰が特別優秀とか、そんなものは一切ありません。

3人がそれぞれに強みを持っていて、その適正に合わせて活躍をしてくれるだろうと思っています。

自分目線での紹介をすると、

 

山口雄亮

・イケメン

・ボクサー

・寡黙

ボクシング

 

やれやれ、またハンサムキャラが増えちまったぜ。

しかもボクシングをやってたらしく腹筋はバッキバキ。見事なシックスパック。

その上、寡黙で冷静沈着。

でも時折見せる笑顔や、年下に対する気の使い方なんかにはすごく惹きつけられる。

何を考えてるのかわかりづらいところもあるけど、逆に熱くなる瞬間が楽しみ!

不撓不屈の精神を仕事でも発揮してくれ!!

 

熊谷明音

・素直

・ミュージカル

・声がでかい

musical_dancer_woman

 

生粋の愛されキャラ。

真っ直ぐな性格がすごく伝わってくる。

嘘をつくのがすごく下手そうなので、

上手に売るスマートな営業ではなく、自分を売り込める泥臭い営業になってほしい。

イベントの場内アナウンスでご存知の方も多いが、声が張れる。(ミュージカル仕込みかな?)

朝の雰囲気の悪さは名大社の弱みの一つだと思う。挨拶で雰囲気を変えてくれることに期待したい。

頼むぜ、朝の一発!

 

此島裕里香

・鋼の心臓

・お上品

・芸術センス

Column_Mj2WVFAjFW8hYp5YTgQXXSWiDe9eKIA8H0LyVWnSF08hVM6NLDwJb48ZQqLy4EZg_1

 

一見育ちのいいお嬢様っぽい。しかし、その実結構親しみやすい。

選考では一切の緊張を感じさせない堂々たる姿を見せつけられた。

芸術大卒ということもあり、今までにないタイプの営業スタイルを確立してくるのではないかと期待。

提案書・報告書の制作や活用法が自由な名大社だからこそ、真価を発揮できると思う。

遠慮をせず、どんどん改革案を出してくれたら嬉しい。

いい意味で生意気に、わがままに自分にしかできない仕事をしてくれ!

 

 

と、結構個性的な3名でございます。

 

今後、会場などでお見かけの際には、声をかけてあげてください。

 

と、ニューメンバーの話はここまでにして、

 

いつものメンバーに対して年度末総会の後の懇親会で 、

キャッチフレーズ付きの名刺をプレゼントしました。

 

みなさまにも今後、名大社を知っていただくにあたり、

参考にしていただくためにも、

いくつか紹介したいと思います。

 

IMG_2928

 

☆名大社の大黒柱(みんなのパパ)➡︎山田さん

言わずと知れた、みんなのお父さんですね。笑

 

☆美しいスタイルと爽快なハンサムを両立する➡︎山添さん

※これ実は・・・、マツダ ロードスターのキャッチフレーズをもじってます。笑

 

☆20年の信頼と実績。いつもあなたのそばに。➡︎堀口さん

どっかの地銀のキャッチフレーズっぽさ、堀口さんの安心感とどこかマッチしています。

 

☆4人の子供のために・・・。(ウスイ、いきまーす!)➡︎臼井さん

ぶったね・・・、二度もぶったね・・・!!親父にもぶたれたことないのに!!

 

それぞれのメンバーについては、過去ブログを参照してみてください。

個性の強さゆえにキャッチフレーズをつけるのも簡単でした。笑

 

営業本部、ソリューション事業本部、

 

主任、課長、部長

 

ビジネスをおこなう上ですごく大事な肩書きだと思います。

でもたまには、もう一人の自分、本当の自分の姿をさらけ出す意味でも、

おもしろ名刺、作ってみてはいかがでしょうか。

 

以上、くだらないこととシュールなことと甘いものが大好き!尾関でした。

 

新次元☆ミュージカル

おはようございます。

2017年度がスタートし、3年目になりました、

営業の宇佐見です。

 

3年目の抱負については、また後日のブログで語るとして、

今回は、半年前から、ずーっと楽しみにしていたミュージカルを観に行った話題で。。。

(ちなみに、今年の新入社員には、演劇経験者もいたりするほど、個性派揃い。

そんな3人の登場も、今後、お楽しみにしてくださいね)

 

さて、本題ですが、

先日、ついに、観に行きました☆

「劇団四季 リトルマーメイド」

IMG_6318

劇団四季といえば、おそらく、日本人にとって最も身近な劇団なのではないでしょうか。

日本国内の専用劇場を中心に、年間3000ステージもの公演を行っているそうです。

10月に、名古屋駅近くに新しい劇場がオープンしましたよね!

IMG_6313

名古屋に「リトルマーメイド」が来るのを、心待ちにしておりました!

年に1回は、四季のミュージカルを観に行っています。(にわかファンです)

新劇場に足を運ぶのは初めて。

クロークに荷物を預けて、どきどき。

 

ストーリーは、人魚姫モチーフとした、ディズニー映画がもとになっています。

名古屋では、9月末まで、楽しめます☆

これから観る方、まだ観ていないけど、気になっている方へ向けて、

宇佐見的、劇団四季のリトルマーメイドのここがスゴイ!3POINT!をお伝えいたします。

 

その1 立体感がスゴイ!

お話の舞台は海の中、水の中を表現するため、

泳ぐシーンではワイヤーを使ってキャストがフライングします!

すっと、飛ぶんです。そして、優雅・・・

一気に世界に引き込まれること間違いなし!

舞台なんで当たり前なんですけど、「3D」みたいです。

舞台のセットも、場面ごとで何回転もします。

一つの舞台上なのに、いろんな世界に連れて行ってくれます。

 

その2 色彩があざやかでスゴイ!

衣装はもちろん、海のお魚たちの大道具、小道具にいたるまで、

色鮮やかで、見ているだけでうっとりしてしまいます。

青魚のキラキラとした感じも、素敵に表現されていました。

 

その3 キャストのプロ意識がスゴイ!

劇団四季といえば、完全な実力主義で有名。

楽器の演奏をするときと似ていると思うのですが、

通常、歌を歌ったり、しっかりとした発声をするには、

しっかりと踏ん張って腹筋に力を入れて・・・と言われます。

フライングしながらの演技、歌。

「なんで、あんな不安定なところでこの声量が出せるの?!」

「あの体勢で歌うなんて、絶対つらい!」

そう思ってしまいそうになるんですけど、

キャストのみなさんは、演じ切るんです。

スゴイ体幹・筋肉。無茶な体勢を感じさせない演技。

相当なトレーニングと、プロ意識の結晶だと思いました。

エンターテイメント!

ブラボー!

 

舞台はやっぱり生なので、

役者の気迫が、声が、息遣いが、伝わってきて、

台本はあるとは思いますが、

その時の舞台は、一回こっきりで、

なんだか、

私の好きなクラシックのコンサートに似ています。

もちろん感動して泣きましたよ!

 

最後に、プロモーションを貼っておきます。

上記の私の感想よりも、100倍伝わるかもしれませんが(笑)

映像も素晴らしいですが、それでも、実際の方が100倍素敵です!

 

 

9月末まで名古屋でも上演しているそうなので、

よかったら、ぜひ足をお運びください☆

 

充実した時間

こんにちは!名大社の加藤賢治です。

今回のブログはオススメの食べ物店とオススメスポーツジムとラグビーネタのブログです。

まずはオススメ食べ物店の紹介です。

今回のお店は 名古屋に3店舗、栄に2店舗ある「想吃担担面」です。

IMG_0318 (1)

少し辛いですが、とても美味しい担々麺です。僕はいつも汁有担々麺を食べています。

IMG_0316

またこのお店は、担々麺だけでなく、パリパリサラダもオススメです。サラダにかかっているドレッシングが美味しく一度食べたら病みつきになります。

IMG_0317 (1)

また焼き餃子もおススメです。名古屋駅と栄にあるので一度行ってみたらいかがでしょうか?

詳細はこちら→http://nagoyatantanmen.com/

そして食事をした後は、体を動かし汗をかくと気分爽快です。

僕が通っているスポーツジムは1回200円なので気軽に通えますし、シャワールームも完備しています。

ランニングマシーン・エアロバイク・筋力トレーニング器具・等が充実していますし、テレビも見ながらトレーニングできるので飽きずにトレーニングできます。

そして、運動後はYouTubeでラグビーのシックス・ネーションズ2017を見ます。

下馬評通り、優勝がイングランドでした。2年連続グランドスラムになると予想していましたが、最後にアイルランドに負けて連勝記録は18連勝でストップしてしまいましたが、男たちの熱い試合にはしびれました。

充実した時間を過ごすには、食事・運動そしてスポーツ観戦が良いですね~

新年度、突入!

こんにちは、小鹿です(^^)

あっという間に4月に突入。
今日から入社の新入社員さんも多いのではないでしょうか。
名大社にも3人新たに入社します!
入社したては、環境の変化に対応するのが大変かとは思いますが、頑張っていってほしいです!

***

さてさて新年度初のブログ担当ですので、意気込みとかを書くべきかなとは思うのですが、旅行大好きな私はやっぱり今回も旅行ネタで行きたいと思います。(意気込みはまた追い追い・・・)

3月の3連休を利用して、ちょっと日本を飛び出してきました!

行き先は、\(^o^)/グアム\(^o^)/!!
DSC_0251

人生初のグアムでしたので、カルチャーショックを受けたことをいくつか。
◎日本語めっちゃ通じる!
グアムの町中の看板は、英語表記の下に、大概が日本語・韓国語・中国語があります。
さらに、入国審査の外国人も、食事や買い物をしたお店の人も、皆片言の日本語を話してくれました。
片言の日本語に対して、日本語で返事する私・・・向上心が無さすぎて甘えきってますね。せめて英語で返事するぐらいの英語力を身に着けたいです。

◎食べ物、予想以上に大味!
ジャンクフードが苦手な私には、衝撃でした。どんな料理も大体同じ味にしか感じなかったです。
でもお店によっては、観光地というだけあって日本人好みにしてあるのか美味しいのもありました。

コンビニでおにぎりが(大好物の明太子も!)売っていたのも、衝撃でした。値段は日本の倍ぐらいしますが、味のクオリティは日本の2分の1くらいです。(不味くはない、ぐらい。)
1491126735993

DSC_0256

ちなみにグアムに行った理由は、義理の両親の還暦祝いでした^^
Point Blur_20170402_190153
日本から持って行った赤いちゃんちゃんこセット、荷物がかさばって大変だったのですが、二人とも恥ずかしながらも、ノリノリで喜んでくれてよかったです。

今度は、私の母親の還暦祝いかな。
お金ためなきゃー笑

仕事もプライベートも、4月からも充実させます!

『ご当地を楽しんで』のおもてなしに癒されて

こんにちは、オッサン奥井が

3月の締めくくり、戯言を申し上げます。

3月も今日で終了。

まさに、一月往ぬる 二月逃げる 三月去る

アッという間の3か月でした。

さあ、明日から新年度。

あっちも、こっちも、そっちも・・・

いたるところに

ウキウキ、ワクワク、ドキドキの顔がいっぱい。

さあ4月、気分も晴れやかに、

頑張りましょ~♪

さて、今回もまたまた戯言で・・・。

気の利いたしっかりしたことが言えないことは、ご勘弁を。

今回は「ブログネタ探し」というテーマで、

年1回の記念日休暇をいただきましたので、少し長めにしてみました。

最後まで、付き合い切れないわ!という方は途中退場もOKでございます。

よろしければ最後までお付き合い下さいませ。

 

行ってきました久しぶりの温泉。

行先は舘山寺温泉。

星野リゾート 遠州 界

人気の星野リゾートってどんな感じ?

まずは体験っていうことで行ってきました。

 

浜松駅に到着、

浜松と言えば、はい、そうです。

鰻と餃子。

餃子消費量で宇都宮と1位、2位を競り合うあの餃子のメッカ。

浜松に来たのだからTRYしなければ・・・

 

まず向かった先は、JR浜松駅南口から徒歩3分

浜松餃子【むつぎく】

ネットで調べると、

食べログ 浜松市 餃子ランキングTOP66 第5位

 

2015年!日本随一の人気を誇る「浜松餃子」ランキングTOP5! 第1位

人気店ということで、11:30のオープンに向け、

11:00に到着するも、なんとすでに20名ほど待ち。

列の後ろに並んでいると続々と列が伸びていきます。

IMG_1335 IMG_1338

11:30 オープン前には気づいたら、いつの間にか、ざっと100名超えとなっているではないですか。周りの人の聞こえてくる話の内容から、休日ということもあってか、他地区の人が多い様子。

ジモトの人じゃないのか?味はどうなんだろう? ちょっぴり不安が・・・。

ジモトの人は混む休日には来ないのだろう? きっとそうだ!

開店5分前になって、入店前にグループの人数と注文を店員さんが聞きに回ってきた。

入店は僕のところまでで・・・、なんとストップとのこと。

後ろの5名グループは開店前に入店第2弾と宣告を受けていた。

ごめんなさいね。お先に失礼します。

一人で18個くらいは食べられるだろう。

餃子大(18個)

ホルモン焼き(豚みそ焼き)

生ビール大

を事前注文。

さて、入店。

店内はそう広くない。

座って待つこと25分。注文の品がテーブルに。

  IMG_1339 IMG_1340

まずは、ビールで喉を潤し、餃子をほおばると、・・・

やわらかいキャベツたっぷりの何とも言えない甘味とさっぱりとした味わいが

何個でも行けそうな餃子。また、皮がパリパリでもっちりっていう感じが溜まりません。

 また、SAPPORO静岡麦酒にホルモンみそ焼きもよく合う!

機会があればぜひご賞味あれ。

 

う~ん、満足、満足・・・。

 

腹ごしらえも終え、店を後にして、

いざ今回の目的地、舘山寺温泉へ。

 浜松駅からバスに乗ること45分。

舘山寺温泉へ到着、すぐ旅館から車がお迎へに。

旅館到着。

外観、ちょっと古いかな? 大丈夫か?

ちょっと、不安が・・・。

経営不振の旅館をリニューアルして再生した旅館とあってどんなのかな?

星野リゾート 界 遠州

玄関からフロントへ案内。

今まで泊まった温泉旅館とはちょっと違う・・・。

 

狭いアプローチを通ってロビーに、

俗世間と、気分を切り替えてもらいたいという意図があるような雰囲気を感じる造り。

ソファーに座って、チェックインの手続き。

デザイン旅館という呼び名だけはあるなという演出に、不安は少し解消。

 IMG_1351

星野リゾート 界では「地域の魅力、文化を愉しんでもらいたい」をテーマに、

「ご当地楽」なるおもてなしを用意しているとのこと。

せっかくだから、ご当地楽「お茶三煎」なる体験も申し込む。

同じ茶葉でお湯の温度と抽出時間で一煎目、二煎目、三煎目と全然違う味が楽しめ、

最後に茶葉をお浸しにして食する。お茶を丸ごと味わう体験で魅力を堪能。

 IMG_1344 IMG_1346

こちら 界 遠州は日本一のお茶処にちなんで、

お茶にこだわった演出が館内至るところに、散りばめられていた。

お茶三煎に始まり、温泉の湯船にはお茶葉を入れた茶玉が浮かべてあったり、

夕食では鍋のあとの雑炊に、お茶っ葉を客に擦らせた後、お茶の粉を入れたり、

売店にもお茶、お茶・・・

とお茶にこだわったおもてなしが用意され、宿泊客を癒してくれる。

 

予約がなかなか取れない旅館らしいが、

地域それぞれの魅力を伝えたい、味わってもらいたいという演出とサービスに加え、

スタッフの接客態度、おもてなしのこころが、違うのかなと感じられ、

接客の振る舞いに自信と星野リゾートのスタッフだという誇りがあるようにも見えた。

古い旅館をリニューアルして、古いところを隠すように布をはったり、間接照明にして少し暗くしたり

という演出が、何ともうまくやっているなあと感心させられる。

ジモト、地域を愛する、ジモトのいいところをもっと知ってもらいたいという心意気が、

さりげなく感じられる体験をさせてもらえた。

 

ジモトの魅力を味わってもらいたい、もっと知ってもらいたい・・・。

どこかで聞いたフレーズ。

そうだ、ジモトのために働くのじゃ!

名大社と同じじゃないか。

 

気配り、おもてなしに感謝。

気分のいい1泊でした。

今度は

圧倒的非日常感に包まれる日本発のラグジュアリーホテル

(星野リゾートHPより)という

星のや』にも泊まってみたいな。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

社員総会からの懇親会

今年度もあと二日!
毎年のことですが、この時期は新人さんを迎える準備をしつつ、どきどきわくわくしている不破です。

 
新人さんにはすでにイベント時にはアルバイトに来てもらっているんですが、
イベント会場に行かない私は何度か顔を合わせただけなので、
社員証のデータを作りながら、へ〜こんな名前なんだ〜なんて思い、わくわく準備をしています。

 

さてさて、昨日は年度末の社員総会と懇親会でした。
IMG_6128
毎年、年度末はちょっとゴージャスなお食事が恒例となっているんですが、今年は観光ホテルの宴会場(?) でとっても美味しい中華をいただきました!
IMG_6098

IMG_6100

IMG_6131

あんまりお酒強くないんですが、紹興酒はちょっと好きなので、美味しい紹興酒が飲めて嬉しかったです。

まあ、お料理はゴージャスでも名大社の宴会の雰囲気はいつもと変わらず…
IMG_6108

IMG_6109

IMG_6110

 

途中、未成年の主張(?)的なコーナーもありつつ…
(ヤマゾエくん、顔写ってなくてごめんね)

IMG_6132

楽しく年度末を迎えられたと思います。
IMG_6125

 

個人的には、懇親会の前に行われた社員総会で、ベスト内勤賞をいただきました。
本当に思ってもみなかったのでびっくりしつつ、でも、とても嬉しかったです。ありがとうございました。
いただいたもったいないくらいの言葉を噛みしめて、来年度も頑張らなくては!…と思っています。

 

ものすごく個人的な理由でお昼から少々落ち込んでいたんですが、
にこにこな懇親会のおかげで楽しく1日を終えられそうです。
これも名大社の(名大社じゃない(?)お二人も含めた!)みんなのおかげだと思いますし、
いい環境にいられてよかったなーと心から思った年度末。
協調性の無さと付き合いの悪さを押し出して生きてきた私がこんなことを書いているあたりのめんどくさい感じを察していただけたらこれ幸いです。

 

そんなわけで。
今年度もありがとうございました!
おつかれさまでした!(まだ2日あるけど!)

私が思う、名大社のここが好き…

どーも(^^)/

R1で優勝したアキラ100%の影響で、
今年の花見は全裸芸が流行るのでは…
と内心ビクビクしているニムラ100%です。

ザ・テレビジョンHPより

ザ・テレビジョンHPより

 

名大社でも昨年好評を博した花見を実施予定です。
幹事の宴会部長とピザ屋のコンビで万全の布陣。

花を見たいのか、ただ騒ぎたいだけなのか分かりませんが、
存分に楽しみたいと思います。

 

さて、いよいよ来年度が始まる4月も目前。
自身は入社10年目の大台に乗ります。

 

ここ数年コンスタントに新入社員を迎えて来ましたが、
今年は何と3名のフレッシュメン&ウーメンが加わります。

すでにイベントなどのお手伝いで参加してくれていますが
なかなか個性的な3名です。

 

また近いうちにこのブログにも登場することと思いますので
楽しみにお待ちください!

 

 

先日、18卒採用担当のオガワがUPしておりましたが
名大社も会社説明会を絶賛開催中のようです。

 

その説明会が一風変わっているわけで。

 

≪名大社キラキラ女子会☆彡≫

≪パパ社員が語る!会社説明会≫

≪社長と呼ばせてくれない社長が語る!説明会≫ etc…

 

ついには

≪居酒屋名大社~夜のから騒ぎ編~≫

おぃおぃ、やりたい放題だな(笑)

 

少しでも打ち解けた状態で自社のことを知ってもらおう
という狙いのようだが…
先日、採用担当からドSなオーダーが。

がわちん1近ちゃん1

 

居酒屋名大社で

「私が思う、名大社のここが好き・・・。」

というエピソード(マニアックな)喋ってください!

そんなわけで必死にそのエピソードを考えているわけです。

 

ざっくり3つの切り口から考えてみました。

 

人・仕事・会社

 

 

エピソード① 人
「誕生日には…」

お節介やき気質の社員が多い名大社。
誕生日も陰ながらお祝いする文化が出来つつあります。
独身の男子社員には、喜ばれること間違いなしの3点セット(詳しくはT君、K君まで)が送られました。
また毎年、誕生日に写真を加工して送りつけてくる暇人、もとい先輩想いの社員がいます。
ここで披露できないことが残念で仕方ありませんが、お察しくださいませ。

 

エピソード② 人
「大人になれないオトナたち」

会社行事では人一倍はしゃぐベテラン社員の方々。
その姿を見て、若手も気兼ねなく騒げるのです。
TPO(時と場合)を選ばない振る舞いはたびたびお叱りも受けますが、
そんな騒がしい宴会がウチらしいのかなとも思います。
若手からベテランよりも、むしろベテランから若手にお酌が進みます。
無理強いはもちろんありませんが、そういった心配りに嬉しくなります。
隔年で実施予定の社員旅行が本当に楽しみです!

 

エピソード③ 仕事
「採用担当の視点から」

名大社のクライアントは中小企業が圧倒的。
採用を専門で行う部署がない企業さまもしばしば。
そのため、営業として商品の提案だけでなく、採用担当者と目線を合わせて一緒になって採用活動をお手伝いします。
企業さまごとに魅力は異なるため、いつも新たな発見があるんです。
1人の営業が、その企業の採用に関わることは全て担当するため、やりがいはひとしお。
採用が上手くいったクライアントから、他のお客様をご紹介いただいたりと、輪が広がっていくのもこの仕事の醍醐味でしょう。
ある企業のグループ会社1社とのお取引から始まり、最終的に同じグループの複数社のお客様とお付き合いが広がったことも。
さまざまな会社の採用担当者目線になれる仕事って、なかなかありませんよね。

 

エピソード④ 仕事
「未開の地で」

営業1人あたりの守備範囲は広いです。
私も名古屋市内だけでなく、知多半島全域・三河地区全域をカバーしています。
直接お伺いした最も遠方のクライアントは東三河・新城市の郊外。
当時はケータイの電波も届かない場所に社屋がありました。
片道2時間半以上かけての訪問。
それでも名古屋でのフェアに2度・3度ご参加をいただきました。
初めて足を踏み入れた土地で、勝負するLIVE感。
たまりません。

 

エピソード⑤ 会社
「帰りたくなる会社」

文字通り、早く家に帰りたくなるっていう意味と、
営業先から早く会社に帰りたくなるっていう意味があります。
前者の理由は、時間にルーズだった少し前の体制から、最近は早く仕事を終えて帰る方がイケてるんじゃない?という風潮に。
みんなが効率的に仕事を進める意識改革が現在進行中です。
後者の理由は、圧倒的なホーム感があるからでしょう。
アウェイでの厳しい戦いを癒す「おつかれさま」の声掛け。
夕方には不意にお菓子を配りだす「おかしオジサン」も現れます。
ホームがあってこそ社員は力を発揮できるのです。

 

………と一部をご紹介しました。

 

当日はもっとエッジの利いたトークを展開しちゃうかも( ゚Д゚)

 

過激な発言をしても、まぁ世の中には
「すっぽんぽん採用」なんてものまであるくらいだから良しとしよう。

 

国際自動車グループ 採用HPより

国際自動車グループ 採用HPより

 

 

なんか裸ネタが多かったブログでした(笑)