名大社 スタッフブログ

今期も残りあとわずか・・・

こんにちは。冨田です。

 

3月に入りました。

来月は4月です。

出会いと別れの季節がすぐそこまできています。

ということで、この1年間をともにチームで過ごしてきた可愛い後輩たちについて今日は話したいと思います。

 

1人目:コンドウ(社歴6?7?年目)

一緒のチームになり2年。

仕事に対する姿勢は、真面目でやることはちゃんとやるタイプだと思います。

・業務の様々な締切にちゃんと期日内に守る

・任された仕事はちゃんと遂行する

といった「それは当たり前のこと」をしっかり行うところがすごい奴だと思います。

 

自分がイベント運営を任されるようになって1年が経ちます。

「イベント場内で来場者を企業ブースへアテンドする」

という仕事から

「イベント全体を見る(受付周辺や場内に不備がないように円滑にイベントを運営する)」

に変わってからは、会場内の名大社スタッフの動きが俯瞰的に見れるようになりました。

やっぱり、ちゃんとアテンドしている社員、そうでない社員というのがよくわかるようになります。

その中で近藤は、何人にも求職者に声をかけ企業ブースへアテンドしている姿をよく見かけます。

昨日の神谷さんのブログにもあるように、無理やり企業ブースへアテンドしているわけではなく、

ちゃんと来場者に企業の説明をして”丁寧に”アテンド業務をこなしていると思います。

 

ここまで綺麗事を書くと、真面目人間のように見えますが・・・そうではありません。

後輩の面倒見がよく、お調子者な一面もあります。

後輩の面倒見がよくなったのはこの1年で特に感じるようになりました。

おそらく、同じチームに新人のオギウエが入った影響もあるとは思いますが、

毎日、頼りになるお兄さんを頑張って演じています。

書きだしたらきりがないのでここまでにします。

 

 

次は、

2人目:オギウエ(新人)

入社してもうすぐ1年。

営業として、基本的な業務はこなせるようになりました。

最近、イレギュラーな事態がよく起きていますが・・・

どんな仕事も良い事ばかりではありません。悪い事も当然のようにあります。

本人にとっては、良い事は嬉しいけど・・・悪い事は起きたくない!と思うのは当然だと思いますが、

この悪い事の経験が、ゆくゆくは役に立つので、なんとか乗り切って欲しいと思っています。

クライアントに対する対応も丁寧にそして迅速にできていますし、

自分が1年目の時を思い返すとそこまでやれてないので、しっかりした子だと感心しています。

心配性な性格も影響しているのか、色んなケースを想定して質問してきます。

「~~~だった場合はどうしたらいいですか?」

「~~~と言われた時はどう説明したらいいですか?」

「~~~だと思うんですけど、これでいいですか?」

とよく聞いてくれます。

ただ聞くだけではなく、自分の考えもあり、メモもしっかり取るので、

「新人1年目の正しい聞き方」としては100点ですね。

また、入社時にあった初々しさはイイ意味でなくなってきて、悪態をつけるようになってきました。

毎日、成長を感じさせてくれる上司想いの部下です。

 

 

この2人に少しでも尊敬される先輩でい続けようと思う冨田でした。

 

丁寧な仕事をしよう

こんにちは、神谷です。

3月に入り、今年度も残りわずか。
あっという間ですね。
下期はとにかく忙しい!というのは例年のことですが、
個人的にここ数ヶ月は、特にバタバタとしています。

忙しくなると、時間的にも気持ちの面でも、
どうしても余裕がなくなってしまいますよね。
そうすると、ミスが起きたりすれ違いが出てきたり。
なかなか思うように進まないもどかしさも感じます。

そんな状況のなか、改めて大事だなあと思うのが、
「丁寧な仕事をしよう!」ということ。

当たり前すぎて、
今さらそんなこと?と言われそうですが・・・

でもこれ、簡単なことのようで徹底するのは難しい!
というのが最近の気づきです。

丁寧な仕事と聞いてイメージすることは、
人それぞれ違うかもしれません。
私も、これだ!という明確な定義はできないです。

ミスや漏れがない、
資料がきれいに仕上がっている、
文章が整っている・・・
これらも丁寧の一部ではあると思います。

でもそれだけではなくて、
例えば、
相手(関係者)のことを考えている。
そのことについて考え抜いている。

こういうことが伝わってくる時は、
丁寧な仕事の進め方だなあと感じます。

逆に、こういう要素が抜けてしまった時は、
ミスが起きたり、後々大変なことになることが多いな
と、自分自身の経験を振り返ってみて思います。

そう思うと、アウトプットまでのプロセスが丁寧さにつながる。
これは間違いなく言えるのかなと。

タスクに追われていると、
つい自分本位に考えてしまったり、
立ち止まって確認する余裕もなく進んでしまいがち。
知らず知らずのうちにプロセスがおろそかになってしまいます。

あの時、もう少しチェックしておけば…
もう少し話し合っておけば…考えておけば…
後になって思うことはいろいろあります。

余裕がないときこそ、
立ち止まる、チェックする、コミュニケーションを取る。
こうした急がば回れのひと手間が、
丁寧な仕事につながるのかもしれませんね。

今一度、心がけていきたいと思います。

デマ・ウイルスへの処方箋

おはようございます。

ついに、花粉の季節がやってきました。

お風呂上りにタオルで顔を拭くとくしゃみ連発、

たまに過呼吸にならないか心配な、宇佐見です。

 

最近の話題といえば、21卒の就活解禁!

と言いたいところではありますが、

世間は新型コロナウイルスの話題で持ちきりですよね。

 

私の世代だと、主に仕事に影響が出る人が多くいました。

学校の先生をしている友人は、急な休校発表で対応に追われ、

突然のクラス最終日に気持ちがついていかなかったり。

フリーランスで音楽家をしている友人は、3月の演奏会が全て中止に。

楽器のレッスンもお休みとなり、3月の予定がガラ空き・・・死活問題だと言っていました。

職業は様々ですが、その影響は絶大です。

名大社でも、3月の転職フェアは中止に。

 

普段の生活でも、「お店にトイレットペーパーがない!」と報道が。

週末にドラッグストアに出かけてみましたが、本当にすっからかんでした・・・

これは、「中国で作られているからトイレットペーパーが品薄になる!」

というデマが広がり、信じた人が買い占めただけでなく、

「買い占めが起こるだろうから余分に買っておかなきゃ!」という人たちが重なり、

結果として「トイレットペーパーが品薄になる」という事実を作り出してしまったようです。

 

「デマ」への治療法は、正しい情報を上書きすることだそうです。

正しい情報かどうか、思いとどまる4つの呪文「ソ・ウ・カ・ナ」

を見つけたので紹介したい思います。

 

①即断するな!「ソ」

→すぐに決めつけない!それだけを見てホントかウソか見分けがつかない情報は、いったん保留する。

②鵜呑みにするな「ウ」

→情報には報告と、それを伝える人の意見がごちゃ混ぜになっていることがある。

③偏るな「カ」

→大勢が言っているから本当だ、というのは危険。地味な事実より派手なデマの方が反応しやすい。

④中だけみるな「ナ」

→情報はスポットライトで、周りの暗がりがセットで存在する。スポットライトの中身だけを見て、

これが全てだ!と思い詰めずに、隠れている情報も拾っていこう。

引用:シモムラスイッチ

詳しくはこちら

 

これって、新型コロナウイルス報道だけじゃなく、

就活にも全く同じことが言えると思います。

学生さんたちにも、ぜひこの観点を持ちながら就活を進めてもらいたいなと思います。

 

情報に踊らされていないか?決めつけではないか?それって偏見・思い込みじゃない?

ぜひ、狭い視点で考えずに、いろんな角度から見てほしい。

SNSやネットの一部の情報だけで判断するのではなく、

自分の目で見える・耳で直接聞ける情報をたくさん集めて、考えていってほしいです。

こんな状況下ですが、前向きに取り組んでいってほしい、そう思っています。

「サウナ しきじ」について書かせてください!

おはようございます!本日は営業の近藤です!

新型コロナウイルスに負けないよう、張り切って頑張りましょう!!

 

以前、ブログでも記載した通り、

現在自分がはまっているのが「サウナ」。

TVでも多くサウナに特化した番組が放送されるなど、世の中は「サウナブーム」なわけです。

 

そんな中、ずっっと行ってみたかったサウナ施設があります。

今年1月下旬に行ってきました!

静岡県静岡市にある、「サウナ しきじ」。

サウナ―(サウナをこよなく愛する、サウナ愛好家のこと)からは、「聖地」と崇められています。

 

名古屋から東名高速に乗って、約2時間。

駐車場に車を停め、下りた瞬間から「サウナ しきじ」自慢の薬草サウナの香りが外まで充満しています。

 

「サウナ しきじ」が聖地と呼ばれる理由としては、

まず、サウナのスペックが高い!

フィンランド式サウナと、薬草サウナの2種類のサウナを楽しめます。

その中でも、薬草サウナがとにかくすごい!!

サウナ室内の気温自体は、60度とサウナ室としてはゆっくり入れる温度なのですが、

とにかく湿度が高いので、温度計が示す室温以上に暑さを感じます。

(5分も耐え切れませんでした・・・。)

そして、薬草の豊潤の香りが鼻腔の中まで入り込んで、帰り道まで薬草サウナの匂いが続いていました・・・。

 

また、もう一つ特筆すべき、「サウナ しきじ」の魅力としては、

「水風呂」が素晴らしい!ということ。

天然水風呂ということで、浴室内にはお持ち帰りする事のできるスペースもあります。

 

訪れたのが、土曜日だったのもありますが、非常に混みあっており、

浴室内の休憩スペースのベンチには、最高にととのった状態(サウナ→水風呂→休憩を繰り返して得られるディープリラックスな状態)の方ばかりであふれていました。

 

サウナを出た後は休憩室にて食事。

生姜焼き定食を食べましたが、感動したのがお味噌汁。

丁度いい塩加減で、サウナを経た後の体には良く染みました。

 

僕がお店を出る19時頃には、ロッカーが空くのを待っているお客さんたちが多くいました。

全国のサウナ―が集まる聖地として、とても賑わっていました。

 

新型コロナウイルスの流行により、外出を控えたり、人混みを避けたり対策をしなくてはいけないタイミングではありますが、流行が落ち着いた際には全国のサウナ巡りにまた奔走したいなと思っております。

今年の就活はどうなるのでしょうか?

2月24日、当社ではジモト就職応援フェアを開催しました。

おかげさまで160社、2000名以上の来場をいただきました。本当にありがとうございました。

ただ、いつもと違うのは

ということで、マスクを希望者には全員配布。消毒液をいたるところで設置。なので、

という感じで、今までみたことがないのですがスタッフも学生も全員がマスクをつけています。

そして企業も学生もほとんどがマスクをつけて合説を行う、という光景!

長く合説に関わっていますが、こんな合説は初めてです。

そしてこの後、政府の大型イベントの自粛要請、マイナビさん・ディスコさんの合説が中止。

当社も27日の朝には3月の転職フェア中止を決定し、昨日は社員全員で中止の対応に追われました。

出展予定のクライアントや来場予約をしていただいた方々、関係者の方々には大変申し訳ありません。
現在の状況を総合的に考えると中止せざるをえないと判断しました。いろんな意味で苦渋の判断です。

しかしこれだけ合説が中止になっていくと今年の就活はどうなるのでしょうか?

以前から言われていますが「合説はもういらない」「ナビはもう終わった」という言葉が本当かどうか?これが実証されるのか?それともただのスローガンなのか?が今年度で本当に明らかになるような気がします。
合説・学内合説が一番行われるこの時期に、これほど中止になり、(この何年も続けてナビのエントリーがどんどん減っている昨今で)こんな状況でもナビのエントリーが減って、結果今年の就職状況が例年通りであれば、学生や企業にとって従来の合説や従来のナビは、本当にそれだけのものだったと思います。(景気や外部要因がたくさんあるので、そう簡単に言い切れないでしょうが)
ただその代わりに流行始めるといわれているWeb就活的なモノ(Web面接・Web選考や動画での説明会など)がこれをきっかけに学生や企業に広く受け入れられていくことになれば、たぶんこの今こそがちょうど分岐点だったといつか言われることでしょう。

社会の変化の中で当社の提供できる価値も変わっていかないといけない、と改めて強く感じています。
以上、高井でした。

本当にあった営業中の話(番外編)

こんにちは。クマガイです。
もうすぐ春ですね。
営業しかやれないから営業志望で就職して早3年。
なんとかやれています。

 

 

営業大変だと思っている人のために、今日は私の体験談(番外編)を。
大変なだけではありません、たまには面白いこともあります。

 

【ある日の出来事①】
私は名古屋市内の某企業のアポイント前、
ビルの前で時間になるのを待っていました。
すると目の前で、たくさん荷物が入ったレジ袋を持ったおじいちゃんが転倒。

コンクリートにそのまま顔面を打ち付けてしまい、
つきどころが悪いために、おじいちゃんは指やおでこから出血しています。

 

痛そうだったので、すぐさまおじいちゃんに声をかけ、
絆創膏やティッシュを差し出しました。

 

「大丈夫ですか?」
「ああ、大丈夫だよ、すまないねえお嬢さん」
「ごめんなさいね、私ティッシュと絆創膏くらいしか持ってないもんで、
あんまり手助けにならんけども」
「いやいや、助かったよ、ありがとう」

 

するとおじいちゃんは
「何かお礼をしないと。そうだ、その中に餃子が入っているから、あげるよ」
と言ってきました。
ぱっと見るとレジ袋の中には、餃子2箱とイチゴが2パック。
どうせならイチゴがいいなと思ってしまいましたが、
おじいちゃんが、餃子あげるから、というので餃子をもらいました。

 

そのうちのひと箱を受け取りましたが、まあ、
その餃子はまあまあにおいがすごい。

 

「ありがとうございます、すみません、私大したことしてないのに」
「いやいや、いいんですよ、助けてもらったもんでね、
じゃあ、帰りますわね」
「大丈夫ですか?歩けますか?荷物持ちましょうか?」
「大丈夫ですよ、家はすぐそこなんで。じゃあ」
「餃子、ありがとうございました。お気をつけて」

 

気持ちは嬉しいけど、
うーん。餃子…
さすがにアポイントがあるので、餃子をそのまま持っていけないと思って、
カバンに入れました。
餃子のにおいがすごいのではないかとずっと気にしていました。

 

会社に戻って自席に座ると
足元から…足元に置かれたカバンの中から
やっぱり餃子のにおいが。。
気になるのでその日は終始リセッシュを吹きかけて過ごしましたとさ。

どこの餃子だったんだろうか…
ちなみにこのときに訪問した企業はこの後しばらくしてから、
新しい取引先となりました。

 

【ある日の出来事②】
その日はあまりに寒かったので、歩いて10分の距離を、
市バスで移動しようと思って、バス停で待っていました。
周辺に住宅も多いので、ジモト民がちらほらやってきました。

 

私は携帯片手に、ちらほら時間を確認。
まだだな~と思っていると、おばあちゃんが話しかけてきました。

 

「今日は寒いねえ。ここのバス停は一年に一度くらいしか時間通りに来ないもんだから、今日もきっと来るの遅いよ。いつも5分は遅れてくる」
「寒いですねー、そうなんですか。私めったにここのバス停使わないので。しらなかったです」
「まあ、バスが来るまで、これでも舐めておきな」

 

と、おばあちゃんは飴玉を1つくれました。

 

「ありがとうございます。いいんですか、いただいちゃって。でもすみません、私何もお菓子もってなくて」
「いいだよ~、これで何か足しになればねえ。バスが来るまでもう少し待ってね」

 

そのおばあちゃんは知り合いを見つけたのか、すぐに他の人と話していました。
「今日もバス遅れてくるだろうねえ、時間通りに来たことないじゃない」
「そうねえ、いつも遅いもんねえ」

 

ところが。
バスは時間通りに現れたのです。

 

「あら。珍しいね、今日は時間通りに来たわね。
ほんと、めったに時間通りにこないのに。
今日はなんだかいいことがありそう、バスが時間通りに来ただけでラッキーよ」
と、知り合いらしき女性と上機嫌で話すおばあちゃん。

 

私にも話しかけてきました。
「あなた、良かったわねえ。ここのバスはほんとに時間通りに来ないから。
10分遅れとか普通なのよ」

 

さらにおばあちゃんは、
「あなた、寒いところずっと待ってたもんで、どうぞ先に乗ってちょうだい」
と私に乗車順を譲ってくれました。

乗車してすぐにおばあちゃんにもらった飴をなめました。
楽しそうに同じことを他の人にも話すおばあちゃん。

 

その後、おばあちゃんは、エアロビに向かったようでした。

私は特にお礼はできなかったですが、
なんだか心がほっこりしました。
仕事に一生懸命になるのもいいけど、
どんなときも、気遣いを忘れない人でいようと思いました。

 

営業してるとこんな面白いこともあるかもしれませんよ!!(笑)

 

ラインスタンプ

こんにちは
名大社山口です。

皆様、ラインはご存じですよね?

私は、普段コミュニケーションをとるツールとしてほとんどラインで友達や家族とやり取りをしています。
LINEは、iPhoneやAndroid端末といったスマートフォンやタブレットなどにインストールして使用するアプリです。
このアプリをインストールした端末同士では、無料で電話とチャットが使えます。もちろん、アプリ自体も無料です。
チャットでは、テキストのメッセージだけでなく、写真や絵文字などのほか、「スタンプ」と呼ばれるキャラクターの画像を一緒に送れるのが大きな特徴です。

文章を考えなくても、表情豊かなスタンプを送信するだけで気持ちが伝わるという仕掛けです。このスタンプには無料のものと有料のものがあり、広告を表示しないLINEにとって、この有料スタンプも大きな収益源の一つとなっています。

そのスタンプですが調べてみると、簡単に作れることを最近知りました。

こちらがラインの公式スタンプアプリです。

スマートフォンひとつでlineスタンプを簡単に作成することができます。
撮った写真やアプリで描いたイラストを簡単にスタンプにすることができ、
審査や販売もアプリ一つで対応できます。

作ったスタンプの販売エリアや価格設定を行い、ラインの販売審査が通れば販売開始されます。

実際に作成してみたのですが、10分くらいで作ることができました。

 

分配金などがないため、作成して購入者がいても一切制作者には金額が入らないため、
完全に趣味嗜好のためになりますが、よろしければ皆さんも作ってみてはいかがでしょうか。

Eテレおすすめ番組!

こんにちは!

社会人3年目のコノシマです!

 

 

22日のエンジニア転職フェア

23日の出会いの場

24日のジモト就職応援フェア

ご参加いただいた企業の皆様、そして来場者の方ありがとうございました!!

そして年明けから怒涛のイベントラッシュ、

名大社の皆さんもお疲れ様です!

 

そんな中、私ごとですが1月末に骨折をして

このイベントラッシュの中、まさかの戦力外通告…。

申し訳ない気持ちでいっぱいでした…。

それなのに、社内では優しく甘やかしてもらい

(髪を結うことができないので、交代で女性社員に結んでもらったりしてます)

改めて名大社に入社してよかったなと感じるこの頃です…笑

 

 

さて話は変わりますが、

みなさんは毎日のルーティーンはありますか?

 

私は1日のはじめとおわりにすることがあります。

それは、

0655」と「2355」を見ることです!

詳しくはコチラ

 

5分間の短い番組ですが、

ほっこり、気分をリセットさせてくれる番組です。

また、月曜日〜金曜日の朝の6時55分と夜の23時55分からの5分のため

アラートの役割も担ってくれています。

『平井さんと猫』

https://youtu.be/4i93WjJ62JY

 

土曜は午後7時45分からの

オドモTVがオススメです!

詳しくはコチラ

 

 

小さい頃にたくさん見ていたEテレですが、

大人になってからも面白いと思える番組を多く放送しているため、

今でもEテレ愛好者です笑

もし、ご存知の方がいたら一緒に話しましょう〜!

 

 

毎日のルーティーンを大切にしながら、

リフレッシュも忘れずにお仕事頑張りましょう!

 

 

以上、コノシマでした。

 

 

 

 

琥珀の夢を訪ねて

人材紹介の安田です。

 

昨年、山梨県にあるサントリー「白州蒸溜所」を訪ねまして(早秋の旅)、

今回は大阪の「山崎蒸溜所」へ行きました。

見学ツアーはモノの数秒で予約が埋まってしまいますが、ゼミの同級生が予約開始直後に人数分押さえてくれました。

仕事中のはずですが、誰も詳しくは聞きませんでした。

 

 

国産ウィスキーをメジャーなものにしたサントリー創業者、鳥井信治郎氏肝入りの蒸溜所です。

お客さんに見学してもらいやすいように都市部からアクセス良く、なおかつきれいな水が潤沢にあり、加えて湿度の高いエリア…と絶妙な条件を満たしたのが「山崎」でした。

詳しくは「琥珀の夢」をご覧ください。アマゾンプライム入ってる方は無料で見られます。

 

交通の便……いや確かに電車は通っていますが、なかなかにレトロな駅舎でした……

 

 

↑ツアー前後に見学できる博物館には、なかなかに「映え」るコーナーも。これは家に飾りたい。

並んでいるのは確かブレンド前の原酒で、癖が強くて飲めませんが…。

 

工程を進むにつれてだんだんウィスキーっぽい匂いが漂ってきました。

 

蒸溜器自体の形、ノズル?の形状、高さ、角度によって味が変わってくるそうです。

首根っこが膨らんでいる子もいました。

 

そして樽詰めして寝かせておくんだそうです。声を出せば良く響く倉の、ずっと向こう側まで樽が並んでいます。

ただ、公開されている倉はごく一部で、他にもたくさん保管されているとのこと。

 

樽には、詰めた年数が書かれています。

これは最近のものですが、1980年代に詰めたような樽もありました。

ウィスキーは少しずつ気化して抜けていくため、年数がたつと段々樽の中身が減っていくことになります。

そのため、新しい樽の蓋をたたくとゴンゴンとたっぷり詰まった音を聞けますが、年数がたつにつれてだんだん高い音が響くようになります。

叩く場所を変えると音が変化するため、「あっ、もうこの樽は半分しか残ってない!」なんてこともわかっちゃいます。
(※係員の方からどうぞ叩いてみてくださいと言われます)

 

見学ツアーを終えた後には原酒の試飲です。

ウィスキーは樽(の素材)ごとに風味が大きく異なるため、それらを混ぜて安定した「山崎」ブランドの味を作っています。その原料を味わってみようというものです。

度数が結構強いので、終わるころにはみんなフラフラになって味は良く分からなくなっていましたが、とりあえず美味しかったです。笑

 

今蒸溜したウィスキーを飲めるのは数十年後。サントリーからすると、数十年後の流行や需要量を読んだうえでの製造をすることになります。

将来の日本/世界ではどういう風味のウィスキーを好まれるか、その需要にこたえるには、いまどれぐらいの樽が必要になるか、という計算をしているのだとか。

いま売っているウィスキーも「社会が豊かになるにつれて価値観は画一的でなく様々になる。その時には蒸溜所の個性があるウィスキーが好まれるだろう」という読みで開発されたのだとか(完全に酔って聞いていたので、記憶が正しければ)。

 

 

作り手からすると、自分の仕事が世に出るのはせいぜい自分の退職後、下手したら亡くなった後ですよね。

結果が目に見えにくいものだけに、果たして日々何をモチベーションにして働かれているのだろうかと、思いめぐらせたりもしました。

もはや、「自分が日本のウィスキー文化を支えているんだ」といった執念・プライドなのでしょうか……。

 

鳥井氏をはじめ作り手の執念を感じる旅でした。

あの祭典が終わってしまった・・・

こんにちは!梅原です。

遅れてきた寒さが堪えますね・・・

最近はずっとマスクを着けているのもあるのか、風邪は引いていませんが、寒さで血の巡りが悪くなっているのを感じます。

空気も乾燥しているので、部屋の中では加湿してご自愛くださいね。

*そういえば、以前、奥田さんのブログで紹介されていた加湿器がうちのものと同じでした。象印の加湿器いいですよね*

ーーー

さて、話はさかのぼりますが、先週あのイベントが終わってしまいましたね。

「バレンタイン」

みなさんはチョコレート、誰にあげましたか?

①好きな男の子にチョコレートをあげる

②友人や家族、職場の人などお世話になっている方にチョコレートをあげる

③ご褒美としてチョコレートを自分にあげる

 

私は9割③ですね・・・自分へのご褒美ばかりですいません!m(__)m(笑)

 

今年は、あの祭典に参加しまくりのバレンタインでした。

みなさんご存知!「アムール・デュ・ショコラ」です!

日本一人が集まるチョコの祭典として、全国的にも有名ですよね。

 

今年は20周年ということで“ようこそ、ショコラパークへ”をテーマに、告知にも力が入っていた「アムール・デュ・ショコラ」ですが、31億円と過去最高収益を記録したそうです!

(前年度は27億円で前年比:約15%増、会期:2019年1月18日(金)~2月14日(木)〔28日間〕)

 

すごい売り上げですよね!

私もこちらの売り上げに、ほんのごくごく一部ですが貢献していますよ(笑)

 

昨年までは、あまりの混雑ぶりに、1回で十分・・・と諦めていましたが、今年はちょっとだけコツをつかんだので、5回ほど会場に足を運びました!

 

回り方のコツは、1度で完結しようとしないことだと思います!

「アムール・デュ・ショコラ」は本当にたくさんのショコラブランドが出展しているので、一度で回ろうとすると、かなり疲弊してしまいます。

1回目は、あまり期待はせず、下見感覚で。

何が売れ筋なのかをチェックした後、2回目に来た時にお目当てのお店めがけて行けば全然疲れないですよ^^

毎日、売り上げランキングが出ていますので、こちらも参考に。

購入したチョコレートたち(#^.^#)

ちゃっかり、ピエールマルコリーニさんと東京チューリップローズの金井さんにサインもらっちゃいました。

金井さんとってもイケメン(^^)/

 

有名ショコラティエが週末だけでなく、平日も来店しているのが「アムール・デュ・ショコラ」の魅力ですね!

 

売上ランキングも見逃せない戦いです!

女子から人気が高いオードリーがぶっちぎりの一位で終わるかと思いきや、前回王者のクラブハリエが最後の最後で追い抜いたのは鳥肌が立ちました!

 

今年は、本当に楽しませていただきました!名古屋高島屋さんありがとうございます!

来年も楽しみです^^

3 / 13312345...最後 »