名大社 スタッフブログ

リモートワーク

こんにちは。小川です。今回のブログを何書こうかなーと社内で話していたところ、昨日の西田さんのブログによると、安田さんのゴーストライターは5000円とのことでしたので、値切ってみたら2000円でした。1000円だったら頼んでいたかもしれない。危ない。。

 

さて名大社では先週、全体のリモートワークを実践しました。

 

営業としては会社には行かずに自宅からの直行直帰です。用事があり夕方会社に寄ると、この方々だけ。

まばらなオフィスはなんだか寂しい。
1週間ぶりの出社は賑わっていました。
直行直帰のため、会社帰ってからやろう、朝行ってからやろう、ということが難しく、時間の使い方についてよく考えるきっかけとなりました。
とても困ったのは、パソコンへのテザリングでiPhoneの充電の減りがとても早いこと
つい先日もモバイルバッテリーをコンビニで買ったのに、プラグを忘れるなど、、困ったあげく、モバイルバッテリーのレンタルサービスを借りてみました!
それがこちら、Charge SPOT
会員登録すると、ファミリーマートや、飲食店、ドラッグストアなどなど、設置してあるレンタルスポットで借りることができ、レンタルスポットならどこでも返却可能です。
1時間未満150円、48時間300円ほどでレンタル可能です。
 見たことはあったけどめんどくさそうだなーと思ってスルーしていましたが、結構便利でありがたかったです。
コンセント貸出が出来るお店も増えてはいますが、ゆっくり仕事するわけではなく移動したい場合などはとても便利だと思いました。

おかっぱコンサルタントの文房具通信 ㊵

 

毎月執筆している中日新聞のコラム原稿〆切と、
このブログが完全に被り、物書きに追われているニシダです。

安田くんにゴーストライター依頼したら
5000円を要求されたのでやめました。

〆切が迫らないとやる気にならないこの性格と
約40年向き合っています。
(短期的なタスクは超得意です!)

さてさて…

毎年10月は手帳が発売される大事な時期です。
必ず東急ハンズとLOFTは徘徊します。

ですが、東急ハンズで「文具日和」という
イベントが開催されて、普段、東京か通販でしか
買えないものに魅了され、またマステ買いました。

—————–

今月は自分の備忘録的なことを書きます。
「言葉」についてです。つまらないです笑。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

突然ですが、
「これ何ですか」と聞かれたらどう答えますか。

「天むす」と答える人もいれば、
「おむすび」「おにぎり」。

はたまた、天むすを知らない人は
「海老の天ぷらが具になったおにぎり?」
などと答えるでしょう。

同じものを見ても、その人が育ってきた環境や、
関わってきた人・仕事によって、答えはぞれぞれ。

こんな当たり前のことが

「なんで天むすって言わないんだよ!」
「おにぎりだっていいじゃん!」
「天むす知らないなんて非常識だな!」

このようなコミュニケーション障害を起こしているんです。
言葉に気をつけていれば…と思うこと多々あります。

ちなみに、わたしが言う言葉とは

普段、学生のエントリーシートや、転職で使われる
職務経歴書、コラムなど

「文字としての言葉」。

就職・転職相談や、人と話す会話、講演など

「口から発せられる言葉」。

大きくこの2種類に分けられます。

前者「文字としての言葉」は、世の中テンプレートに
侵されていると常々感じます。とくに就活においては
本当に腹が立つほどです。こう書けばいい的な。

後者「口から発せられる言葉」。
ただ聞いているだけだと通り過ぎてしまっている
言葉に、その人らしさや、悩んでいること、矛盾など
いろんなものが入り混じっています。

文字と違って目で見えないのと、
在宅でカメラオフの場合は、「音」で表情を
読み取らないといけないのでなかなか難しい。

「ここ拾ったほうがいいな」

というのを耳を研ぎ澄まして頭で考えていくので
とても疲れます。

文字だと逆に、文面から表情や背景を読み取るので
それはそれで疲れます。

要はコミュニケーションは疲れるものです。

ここ数年、自分はこの「言葉」を仕事にしていると
思って過ごしていて、さらに関係性とも深く関わるもの。

私にとってはすごく大事なのです。

コミュニケーションなんて馬鹿馬鹿しいと
目にすること・耳にすることもありますが

年齢・環境が違う人たちと言葉を交わすなかで、
自分が思っているものが正解でもないし

全員が「天むす」と答えられなくても
結果「おいしいねこれ!」と笑い合えるような
仕事をしていくことが自分らしいなって思います。

備忘録にお付き合いいただき
ありがとうございました!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ついでに転職コラムもどうぞ。

「転職6回」が目に留まり、
たくさん読んでもらっているそうで複雑な心境です。

もうすぐ最後の後編が出ます!

ネタがない時は外に出て歩いてみる。

こんにちは、堀口です。前回のブログで何を書いたか忘れている。

スタッフブログライターの皆さんいかがですか?

大丈夫なんでしょうか?
ネタがない時は、外に出よう。ただそれだけ。
コースは岐阜駅に到着し、金華山の麓の岐阜公園まで歩くとゆういたってシンプル。
岐阜駅
営業、通学、花火大会と過去何度、このコースを行き来したことか?
車、高校時は自転車(けった)で。当時はミニサイクルなんぞに乗っていた。
今回は、曇りの天候で降水確率0%にかけてみました。
まずは、岐阜駅。土曜日午後とゆうのに人影まばら、
GOTOトラベル開始。皆さんどちらへ?
 
織田信長公もマスクで予防対策。
岐阜駅から岐阜公園までは3,5キロ。歩いて1時間くらいか?
玉宮町を抜けて、金(こがね)神社を通り 柳ケ瀬を通過。
柳ケ瀬にはいくつかの高層マンションが建ち始めている。市役所も現在、新庁舎建設中。
メインの柳ケ瀬アーケード
ラッピングバスがやたらと目立つ。
高校1年の恩師のE先生のお宅はこの辺でしたか? まだ、ご自宅はあるのか?
あるではないか。お菓子屋さんであったな。
目的地が近づいてくる。
草木に水を撒いている方が、間違いない。
迷わず、「E先生。」と呼んでみる。こちらを振り返りしばし沈黙。
笑顔で、堀口か? じじいになったな。(笑)
その言葉は流石になかったのですが。 目元変わらんな。
お元気そうで。しどろもどろ。同級生の結婚式いらいの遭遇。
30年ぶりですね。しばし懐かしの昔ばなし。
先生話し方、当時と変わらず。
懐かしのヒットメドレーとなりました。いい出会いであった。
ここは、メモリーを振り切り、岐阜公園到着。
昔からありました。懐かし。
金華山のリス村からの脱走兵か?こんな小動物にも会えます。
「麒麟がくる」一色か? そうでもない。そんな控えめな岐阜市。
板垣退助の銅像は相変わらず。板垣退助遭難の地
「板垣死すとも自由は死せず」
わたしもこんな名言を一生に一回でも残してみたいと一瞬だけ思いました。
金華山ロープウェイ入り口。今回は時間の関係で登山なし。
昔、ここに水族館があり、オオサンショウウオがいた。
屋外にペンギンがいた。そんなこといいだしたらきりがありません。
ロープウェイ乗り場口に斉藤道三がお待ちかね。
写真へたくそ、申し訳ありません。
織田信長の銅像、これはいつできたのであろうか?
河原町界隈 銀行も街並みに溶け込む 観光客さん少ないー。是非お越しください。
帰りも岐阜駅までぶつくさつぶやきながら歩いたのでした。
このコースは名鉄の路面電車が岐阜駅から長良北町間走っていた。
無くなったのは今でも本当に残念でならない。
飲み屋街の様子もさぐりながら。有名餃子店には相変わらずの長蛇の列が。
いい出会いもありました。
トータル2万歩 ほどよい疲れを感じながら。
少し前に読んだ本のテーマに
「迷ったらやる。迷ったら買う。迷ったら行く。」
是非、実践したいですね。
歩くには、気持ちのいいシーズンになりました。それでは。

スポーツができる・関われる喜び

おはようございます!

サッカー小僧のイサジです。

本日もよろしくお願いいたします。

 

先週、コンドウさんとヤマグチさんが自分の試合に観に来てくれました。

休日でお忙しい中、お越しいただきましてありがとうございました!

また観に来てくださいね!

 

さて今日は僕の大好きなスポーツの話をしたいと思います。

先月、僕は約10ヶ月振りにJリーグ観戦しました。

対戦カードは名古屋グランパス対横浜Fマリノス。

昨年優勝したチームと対戦し、結果2対1で逆転勝ちしました!

 

やっぱりテレビやネットで見るより現場に行った方が、楽しさが倍です。

ゴールした瞬間、今まで皆とハイタッチやハグをしていましたが、今回はグータッチ。

まだ完全に日常が戻った訳ではないですが、観戦ができるようになったことは、とても嬉しいことです。

今や無観客から収容人数の50%まで可能になり、少しずつ経済にとっては明るいニュースです。

これらは一人ではできないことであり、Jリーグだったら村井チェアマンが先頭に私達に発信してくれました。

 

そんな発信がこちらの動画です。

<Jリーグの日(5月15日)を迎えて。村井チェアマンからメッセージ>

<【Jリーグ再開】56クラブ、1769名の選手たちへ 選手・スタッフ向けのメッセージ動画を特別公開>

 

スポーツは可能性があり、どんな困難に遭遇しても、歩みを止めません。

確かに東日本大震災のときも、スポーツは歩みを止めず、私達に勇気や感動をくれました。

サッカーやスポーツのために尽力してくださった村井チェアマンに感謝!!

2つ目の動画は、自分の試合前にモチベ上げ動画として最近見ています。(笑)

今まで当たり前だったことを改めて感謝をしながら、観戦・プレーしていきたいと思います!

 

いつかあの頃のように、日常生活が完全に戻ることが僕の夢です。

<Jリーグ公式ツイッター>

サポーターの声援・満員スタジアム・フラッグの使用・隣の仲間達とハイタッチやハグ・試合後に居酒屋で振り返りなどを切実に、再びしたいから、自分のスマホホーム画面は今上記の写真に設定しています。

 

そういや聖地瑞穂スタジアムは来年建て替え工事するので、沢山観に行かないといけないですね・・・!

それでは今日は、このへんで!

控除についてと節税対策

こんにちは!名大社の加藤賢治です。

今回のブログは控除についてと節税対策をブログに書きたいと思います。

普段給与明細の控除項目を確認していますでしょうか?

差引支給額を確認する方は多いと思いますが控除項目の内容を把握して何の目的で控除されているかを理解することが重要だと思います。

●健康保険…病気やけがで医療機関を利用した時や、治療や投薬にかかる医療費の負担を軽くする保険

3割負担で医療費を軽減できる保険はありがたいです。

また健康保険以外での節税対策としては医療費控除とセルフメディケーション税制があります。

医療費控除は年間で10万円以上の医療費がかかった場合にはその差額×20%が所得控除対象となります。

10万以上の医療費がかかっていない場合でもセルフメディケーション税制対象医薬品を年間で12,000円以上購入しているのであれば、その分の差額分×所得税率  20%+個人住民税率 : 10%分が控除対象となります。

ドラッグストアでよくフェイタスを購入する僕にとってはありがたい制度です。

レシート保存と確定申告をする必要がありますが、上手にこの制度を活用していきたいです。

●雇用保険…失業した時や育児休業をとったときなどに支給される制度

また条件を満たすことができれば受講料が無料で受講手当てがもらえる職業訓練を受けることができます。

転職フェアの会場に来ていただく求職者も職業訓練受講者を見かけますね。

あと意外に知られていない事だと思いますが、在職中でも利用できる教育訓練給付制度もあります。

教育訓練給与制度とは自分が取りたい資格の専門学校費用の一部を最大10万円まで国が補助する制度です。

※雇用保険を1年以上加入している方が対象となります。

詳細は下記のアドレスよりご確認ください。

教育訓練給付制度→https://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/SCM/SCM101Scr02X/SCM101Scr02XInit.form

他の節税対策としては、ふるさと納税・つみたてNISA・iDeCo等々まだまだありますが、他の控除項目を含めてまたの機会にブログで書きたいと思います。

テレワーク中です

こんにちは
名大社の小鹿です。

最近どこか出かけてますか?
私は、我がふるさと東郷町についにできた
ららぽーと」に早速行ってきました!

あんな陸の孤島のような町に
よくできたなと感慨深いです笑

行ったのは平日のプレオープンにもかかわらず
そこそこの混み具合でしたが、
オープン後の今は本気でやばいとのこと
(又聞き情報なので信ぴょう性怪しいですが)

もうちょっと時期を置いてから
是非是非行ってみてください!

———————————

さてさて、話はガラッと変わって
昨日(月曜)から今週いっぱいは
名大社全員在宅勤務です
※ブログを書いている時点では「今日から」ですね

4~5月の自粛期間中、営業や紹介が在宅となる中
業務の関係上出勤していた私たち内勤も
ついに今回は在宅です!

そんな「初」在宅勤務を1日終えてみたら、
このブログに書きたいこともきっとでてくるはず…!
と当初は思っていたのですが、

先ほど初在宅勤務を終了したところ
思いのほか感じたことがありません…

案外「困った!」っていうのが無かったのと
1日ではいまいち分からないということですね。

とりあえず、
◎ノートPCの画面小さすぎて慣れない
(普段3,4周り大きいデスクトップ使っているので…)
◎モニターが足りない
(デスクトップとノート両方使う時があるので…)
◎先週末胃腸炎で苦しんだ私にはちょうどいいタイミングだった
(ご飯全然食べれないから体力落ちまくり)
◎仕事終わりに水筒とか洗わなくていいの楽
◎孤独

しょうもない事しか出てきませんでした。

あ、あとこんなしょうもないこと
わざわざ確認してもいいかなと思いながら
社員の皆さんに
メッセージ送ったりしてます

来週の今頃には
もう少しちゃんとしたこと言えるはず笑

今日はこのへんでー

価値観って難しい、、、

こんにちは。人材紹介事業本部の石黒です!

今回は最近就活生から受けた相談について書きたいと思います。

「大阪で就職したいけど、コロナが怖いから地元に帰って就職した方がいいのかすごく悩んでいます。」

👆という相談でした。

 

私が就活する時には悩むことがなかった話です。

それからコロナに対する意識の違い、人によってこんなに違うんだと思いました。

私なら、出来る限りの対策をして大阪で就職するという選択をすると思います。なぜならコロナが無ければ大阪で就職したい気持ちと目的があるから。

でもそれ以上にコロナにかかるリスクが怖い、、、、、、んーーーーーー。

 

コロナで人生が左右されるのは勿体ないなと思ってしまいました。

これも価値観なので、何が大切かというところになると思うのですが非常に難しい。

コロナなんて大丈夫だよ」って言えるわけも根拠も無いし、でも自分の職業に対する気持ちも大事にして欲しい、、、、、

 

なかなか的確なアドバイスをすることが出来ずにモヤモヤしました。

コロナを超えて、「この会社で働きたい」「この人と一緒に働きたい」「この仕事をしたい」というものにまだ出会っていないから悩んでしまうのかなと思い、納得がいくまで就職活動を続けようということしかできませんでした。

 

生きてる時代によって、自分の進む道が阻まれる時があるし、今までに存在しなかった価値観が出てきて悩むこともあるのだと思いました。

今回は真面目に書いてみました。

★転職エージェントくわちゃんからのお知らせ★

こんにちは。
人材紹介の桑山です。

 

皆さんご存知でしたか?

☆転職エージェントのホームページがリニューアルしています!☆

以前西田さんのブログでもお知らせしていただきましたが、
転職エージェントHPが新しくなりました。


★HPはこちらです→『名大社 転職エージェント』

 

名大社転職エージェントのHPでは、求職者のみなさんが
転職に前向きに向き合うきっかけになればと、さまざまなコンテンツを展開中です!

 

□転職やエージェントにまつわるQ&A
□実際に名大社転職エージェントを利用して転職された方の成功例
□あなたに合った《適職診断》 ※鋭意制作中です
□最新の非公開求人も多数!         …etc.

 

そのほかにも、実際に求職者や企業の方々とお話している私たちだからこそ
伝えられることがあるのではと【転職にまつわるコラム】も書いています。

 


★コラムページ→『名大社 転職エージェント コラム【転職の×××】』
(この4人、じつは人材紹介事業本部みんなの似顔絵です。)

 

「どんな話がいいだろうか」「自分たちが伝えたいことって何だろう」と
みんなで頭を悩ませ、それぞれテーマを考えて作っています。

タイトルもみんなで頭を捻らせて考えました。
きっと、なんでもアリなコラムになることも考えて「転職の×××」です。(※たぶん)

 

自分で言うのもなんですが・・・

これが結構、それぞれのキャラ(性格)が出ていて面白い!

 

歩く辞書(と勝手に私が呼称している)安田さんは「愛知の転職マーケットについて」
人生経験豊富な西田さんの転職6回話はなんと3話構成!(内容盛りだくさん!)
いつも冷静沈着な石黒さんはコラムでもズバっと一刀両断&的確なアドバイス。

やはり、それぞれの個性があるからこそ書ける記事だと思いました。

 

 

キャリアアドバイザー3名(安田・石黒・桑山)による対談形式の記事もあります。
(↓画像からコラムページへ飛びます。もしよければご覧ください!)

  

個人的には、お二人の転職エピソードも聞けて大変面白かったです。

 

 

ちなみに桑山は「名大社の〇藤産興」という二つ名を頂いたこともあり

「CAくわちゃんの≪転職お悩み相談室≫」

と銘打って転職の悩みにお答えする記事を担当しています。

(※『基本、「なんでも」受け入れるタイプだから』のようです。(そうかな?)
ご存知ない方は「なんでも貸します」と検索ください。超ローカルネタですね。)

 

まだ前編しか記載されていませんが。笑
続編は絶賛準備中です!

 

 

コンテンツが開始されてまだ1か月なので、記事数自体は少ないですが
これからも週1回更新予定でどんどんコラムを増やしていきます★

ぜひご覧ください!

 

 

それにしても、自分の担当記事が更新されるのは月1回なのですが
あっという間に次の締め切りが来る!!!

なんだかマンガ家や小説家のようです。
この気持ちを日々味わっているのか…

 

ちなみに、次回更新日は10月6日(火)です。当日を楽しみにお待ちください!

刺繍糸の思い出

こんにちは、不破です。
今日から10月ですね。すっかり秋っぽくなってきたなあと思う、今日この頃。
あまり明るい話ではないですが、10月で祖母が亡くなって1年になります。

実家から徒歩30秒ほどのところに祖母の家はあります。
祖父も他界しているため、今は誰も住んでいませんが、
幼い頃は、自宅よりも祖母宅で過ごしている時間が長かったこともあり、非常に愛着のある家です。

愛着があるからと言って、いつまでもそのままにしておくわけにもいかないので、
少しずつ片付けを始めていると、よく祖父母のことを思い出します。

祖母は多趣味な人でした。
洋裁、和裁、皮革工芸、編み物…と、手先を使う系はだいたいなんでもやっていて、
私は見たこと無いのですが、焼き物の小さな窯までもっていたそうです。

一方で、一番の趣味だと言っていたのはコーラスで、
80歳を過ぎてからスペイン語の宗教曲を覚えていたのには、ちょっと引きました。
一時期は東海地区の主婦コーラス連盟のトップを務めていて、
何百人という主婦グループをまとめて、中国公演をしたりしていて、
仕事のように趣味を楽しむ人だなあと思っていました。

「時代が違ったら働いてみたかった。仕事をしているあなたは、本当にすごいと思う」
祖母は、私によくこう言ってくれましたが、
正直、何百人もをまとめあげて、中国でコーラスの公演をしてくる祖母の方が
よっぽどすごいんじゃないか…と、ずっと思っていました。

 

そんな祖母のタンスから出てきたのが、大量の刺繍糸でした。

そういえば、祖母はメーカーに電話して、なんかの業者のように大量に刺繍糸を発注していたなあ…
という十年以上前の光景を思い出して、ちょっと笑ってしまいました。


同じ色の糸がたくさんあります…

業者のように買っているだけあって、それなりの作品は作っていて、
刺繍でデザインされているタンスが4竿に、ピアノカバーや、クッションなどなど…。

↑祖母の作品
これを見ると業者感が出る仕入れも仕方ないなあと思ってしまいます。

ここ数年は忘れていましたが、こんな感じで大量の刺繍糸で溢れる家ですごしていた私は、
完全に影響されて、小学生の頃は刺繍クラブに所属して、ちくちくしていました。
刺繍なんてもう何十年とやっていませんでしたが、こんなに刺繍糸あるのにもったいない!と思ってしまい…
最近ちょっと流行っている立体刺繍に手を出し、ちまちまとちくちくしています。


花の刺繍の本を買ったのに富士山を作ってしまいました

 

祖母に似て、多趣味で、ちまちまと黙々と何かをやるのが好きな私。
祖母が羨ましいと言ってくれた仕事を頑張りながら、趣味にも真剣に取り組んでいきたい!
…と、大量の刺繍糸を前に思う、たまにはしっとりなブログでした。

強がりは独りよがりか。

こんにちは!ふたつの村でニムラです。

入社以来、電話口で必ずこうやって伝えてきました。
ただ、ふと今思います。
これだと何だかムラムラしてる奴って思われないか。
ムラムラニムラって陰で呼ばれてたりして…

 

そんなことはさておき、本日で上期が終了。
みなさま、ひとまずおつかれさまでした!

この半年、改めて自分たちが
「何のために」存在しているのか
考えさせてもらえる時間だったと思います。

名大社も営業訪問活動の自粛やイベントの中止など
少なからず、いやかなり大きな影響を受けた会社。

「だからこそ」
この期間に最も使ったワードかもしれません。

だからこそ、リアルに会うことが大事。
だからこそ、魅力の伝え方を考えることが必要。
だからこそ、待つよりも攻める採用を。

だからこそに続く言葉が僕らが本当に伝えたいこと。
価値だったんだと改めて気づかされる日々です。

そんな中でも心の拠り所になったのは好きな言葉。
気持ちを奮い立たせたいとき。
口に出しています。

♯きっと人間は自ら限界点を決めない限り、成長し続けることができる。
♯勝利は苦しみを通じてのみ得ることが出来る
♯誠実に仕事をするということは、相手の期待に応えるということ。
♯お願いごとは試されごと
♯小さなお願いにこそ相手の期待を上回るチャンスがある
♯発言するリスクよりも、達成するプロセスを考えよう。
♯いい仕事をするためには、自分自身がまずその仕事を楽しむこと。
♯安定は自らつくるもの。与えられるものではない。
♯仕事は熱く、冷静でなければならない。
♯とにかく行った先に何かある
♯明日は明日の風が吹く
♯今日を精一杯できないやつに明日は来ない
♯負けて勝つ
♯You can do it!
♯がんばれ!ファイト!気張れや!わっしょい!

気持ちが言葉をつくるのではなく
言葉が気持ちをつくる。

強がりを言っているときもある。
でも強がりは独りよがりじゃない。
誰かに伝わってプラスに働くって思うのです。

こうやってブログを書いているとなぜだろう。
プラスの言葉がどんどん出てくる。
読み返したときに恥ずかしいかもしれない。
朝読んだ人は脂っこくて胸焼けを起こすかも。

でも、きっと言霊はある。
そう信じているニムラでした。

(ユースケと岐阜ツアー帰りに寄った蕎麦屋より)

2 / 14512345...最後 »