名大社 スタッフブログ

変化の春^^

こんにちは。
名大社の小鹿です。

4月に入り、新年度になりましたが、
そろそろ私も「入社●年目になりました!」と言うのも
抵抗がある年齢になってきました。

といっても残念すぎるくらい年齢・社歴に見合っていない
中身と見た目の私ですので今年度少しでも成長出来たらと思います!
(年々、体力だけは年相応に老いていく・・・)

‐‐‐‐

さて、最近の私はというと、
3~4月にかけて、珍しくおうちのことでバタバタする日が続いております。

その中の一つが両親の引っ越し!
私自身20年近く住んだ実家がなくなることは、何となく寂しい気持ちだったのですが、
これからの両親の生活を考えると暮らしやすいところが一番。

ということで、3月末に無事引っ越したのです。

新居は、ぴかぴかの床に壁、家具、今時な家電、、、
わくわくする反面、少し落ち着かない感覚だったのですが、
ふと見渡すと見慣れた家具や家電、小物が至る所にたくさん。
どこかほっとした安心した気持ちがでてきました。

新しいものを受け入れつつ、
古くからあるものを大切にする気持ち。

これは仕事をする上でも大切な気持ちかなと思います。

働いていると、どんどん新しい商品・システム・仕組みができてきます。
今なら新しい社員さんもやってくる季節です。

慣れ親しんだ環境が変わり、適応するのには少なからず抵抗があるものですが、
それを受け入れようとする気持ちを持つことが大切。

一方で昔から続いている仕組みや文化、仕事のやり方もあります。

長年やっていると麻痺してしまっているのか、
手間だったり、何のためにやっているのかわからなかったり、
こんなもんかなと何も感じずに過ごしてしまっているものたち。

例えば、前任者から数年前に引き継いだ業務も、
当時と同じやり方を漠然とし続けるのではなく、
今だったらこうした方がいいなと気づいて変化させていくこと。
でも前任者のようにミスなく的確にやる姿勢は守り続けること。

些細なことでいいので、「どうすれば今後より良くなるか」を
常に探っていく気持ちを持っていたいです。

両親の引っ越しの話からはちょっと飛躍しすぎた感はありますが、
今ふと感じたことでした^^

お仕事もようやく忙しい時期も過ぎた事ですし、
ただ作業をこなすだけになっていた日々から、
しばらくは少し余裕をもって視野を広げて仕事に取り組みたいです。

勝鬨橋を四日市に発見!

こんにちは オッサン奥井です。

また今月も戯言でお付き合いください。

 

4月、気分新たに新年度のスタートです。

期待と不安が入り混じって、夢膨らむ新年度、さあ頑張るぞ!

 

ところで、花粉症は大丈夫ですか?

私は今年、なんとかそんなに症状もひどくなくて助かっていましたが、

ここにきて急に鼻はグジュグジュタラ―ッ、目は痒、痒。症状出ると、

気力もくじかれ、もう勘弁してくれ!ですわ。

対策は腸にもお花畑を!

ヨーグルト、食べる乳酸菌入りチョコにタブレット、乳酸菌サプリに

乳酸菌とビフィズス菌、腸内細菌善玉菌のオンパレードで、

腸内フローラ良好にと務めています。

乳酸菌に併せて、マスク、花粉ガード対策スプレー、抗ヒスタミン剤、

目の洗浄剤、目薬、・・・と

何でもいいというモノは利用、何が効くか、わかりませんが、なんとか症状も

軽くおさまって欲しいものです。スギ花粉のピークもそろそろ終わり、

もう少しの辛抱。もう少し、持ちこたえてくれ!

 

さて、話は変わって、

勝鬨橋って、知っていますか?

勝鬨橋(かちどきばし)と言えば、

東京都中央区にある隅田川に架かる橋。

東京の勝鬨橋は日本に現存する数少ない可動橋(跳ね上がる橋)の一つ。

過っては橋は開いていたが、1980年に機械部への送電を取り止められ、可動部はロックされて、

今では跳ね上げられない状態になって残念ながら、普通の橋になったままです。

 

そんな橋、勝鬨橋が!

知らなかった! 四日市にあったってこと・・・。

【鉄道可動橋】(普段は船の通行を優先して、橋は跳ね上げられた状態で、列車が通る時だけ、

橋が下ろされる仕組みの鉄橋)が、四日市にあったのです。

【末広橋梁】知らなかったあ。

末広橋梁は、1931年に製作されたそうです。

しかも、鉄道可動橋としては国内でなんと最後の生き残りの橋だそうです。

1998年には国の重要文化財に指定されました。

テレビで以前紹介しているのを見て、特に鉄道に興味があるわけでもないので、

その時は「ふ~ん」で過ごしてしまっていた。

その後、何とはなしに、Webで検索していたら、

『国内最後の』ということを知って何故か興味を持った。

列車が通る時だけ橋下りる架道橋は、以前は全国いくつかの鉄道路線で

見られたそうですが、路線の廃止、橋の構造の見直しなどで、現存する橋そのものが

ほとんどなくなったらしい。その中でも、四日市の千歳運河に架かる

末広橋梁は現存する跳開(ちょうかい)式可動橋で、太平洋セメントの

貨物輸送のためまだ現役で使われている。

四日市市千歳町 末広末広橋梁  普段は跳ね上がった状態

 

平日は基本的に毎日、9:50、12:50、14:50頃の計3回、貨物列車が埠頭へ向かって

この橋を渡っていく。10分くらい前に待機しているとよい。とのことでした。

 

12:50か、時間的には昼休みの時間。

営業で四日市に行くこともあるなら、また機会があったらと、

ずっと思っていた・・・

先日、たまたまタイミングよく、その時間に近くを通ることがあったので、

アッ、ちょっと、寄ってみようということに。

(これって、言い訳か?)

おう、来た、来た、来た~

まあ、ええもん見せてもらいました。

 

日本経済を支えてきた工業地帯・コンビナートの四日市。

貴重な鉄道インフラ、今なお現役で稼働しているのが見られるのは、感動ものです。

珍しいディーゼル機関車が牽引する貨物列車、鉄道ファンでなくても、

どこからともなく、じぃーんと来るものが、

過ぎ去りし時代を懐かしみ、ひとときノスタルジーに浸って・・・

 

はい、休憩は終了。

さあ、午後からひとガンバリ、

さて、午後の成果はいかに・・・

今日から新年度!と久々に能のはなし

新年度に合わせてブログのサイドバーのリンク部分を更新したら、プロフィール画像が古いやつに戻ってしまっていることに気づき若干焦っている不破です。こんにちは。そのうち直します!

というわけで、今日から新年度です。
営業部門は、新入社員のイサジくんがやってきたり、今日から新チームスタートだったりと派手に新年度感がありそうですが、制作部門の私としては、名刺を作ったり書き換えたりして地味に新年度を感じています。

とはいえ、31日に行われた幹部研修会では、この一年を振り返りつつ、今年度とこれからの仕事と会社のことを考える、節目というか、けじめというか、いい機会になりました。
私としては2度目の参加でしたが、みんな会社と仕事と社員のことを本当に真剣に考えてるんだな!と改めて感じて、私も頑張らねば…と気合を入れ直し。


その後の懇親会も質量ともに最高でした!

 

さて、そんな感じで気合を入れ直した私ですが、この4月は、仕事以外にも頑張りたいことがあるんです!
5月5日に発表会を控えたお能の舞囃子のお稽古を!頑張らないと!
というわけで、新年度の話をくっつけたらかなり長くなりましたが、久々にお能の話を書きたいと思います。

 

過去に何回かブログにも書いてきましたが、中学生の頃に部活で始めて以来、ずーっと能楽の舞と謡を趣味として習い続けています。
もう自分でも何回目か忘れてしまうほど、何度も発表会に出させてもらいました。
今回は、主宰の先生の年齢的なこともあってずっと出させていただいている素人会も今回で最後と言われていることや、お稽古期間が忙しいタイミングに当たるにもかかわらず、自分としてはちょっと難しめの舞に挑戦してしまったこと。
そして会社の関係の方にもちょっとずつですが見に来てくださーいと声をかけてしまったこともあり、いつも以上に緊張しています。

今回私がやるのは、天鼓(てんこ)の舞囃子という、天鼓というお能の一番派手なとこだけを抜き出したようなもの。
お能がだいたい1時間半程度の上演時間なのにくらべて、舞囃子は15分から20分程度で、能面も衣装もつけません。

でも、プロの先生のお囃子(今回は、笛、大鼓、小鼓)と謡の前でくるくるするので、コンパクトながら賑やかな感じです。

天鼓は、中国の少年・天鼓くんが主人公のお話。
大切にしていた鼓を皇帝に渡すことを拒否したために殺されてしまうんですが、そんな彼を音楽で弔う管弦講を受けて幽霊となって現れ、喜び舞い遊ぶ…というお話。
舞囃子で表現されるシーンは、この「喜び舞い遊ぶ」ところなので、思いっきり楽しもう!と思うのですが、この舞が難しい…。
しかも終盤近くに2度ほど飛び跳ねるカタチがあり、アラサーとしては体力勝負でもあります…。

この天鼓という曲は、中学生の頃、能楽部の発表会を見ていて、やってみたい!と思うきっかけになった曲なんです。
今回私がやる舞囃子よりもっともっと簡易的なものでしたが、ずっと能なんて退屈だと思っていたのに、こんなに舞台をぐるぐる走り回った挙句ジャンプすんのー!?と思ったのを未だに覚えています。
実際やってみるとそんなに走り回らないんですけど。
この時衝撃を受けて、能楽という沼にはまっていくきっかけになった曲を、15年以上続けてきて、今後しばらくは無いかもしれない発表会の機会で、能楽堂で、いろんな方に見ていただけるのはとても嬉しくて。
その嬉しい気持ちでばーんと舞遊べれたらいいなーと思っています。

 

 

そして、今日から社会人になるみなさんや、就活中の学生さんには、
やりたい気持ちさえあれば仕事も趣味もきっとずっと続けていけるよ!と言うことをお伝えしたいなーと思います。
むしろそのバランスと相乗効果でどちらもさらに頑張れるのでは?というのが、ここ最近思うことです。
(他の何かを犠牲にしている可能性は置いておきます)

私も4月は、舞のお稽古で程よい息抜きと程よい緊張感を持ちつつ、仕事も気合入れて頑張っていきたいです。

というわけで、一部の方には宣伝させてもらっていますが、
5月5日(土・祝)名古屋能楽堂でやりますので、ぜひ遊びに来てください!入場無料入退場自由です。
私は舞囃子ですが、別の方の能「花筐」も上演されます。
詳細は…なにがしかの方法で不破までどうぞ!

 

 

旬な話

おはようございます。

最近、美浜にある魚太郎で買った「わかめ入り青のり佃煮」にハマっているニムラです。

“旬”のわかめが生み出すコリコリした食感が堪りません。

魚太郎が気になった方はコチラ

 

いまが旬と言えば、御察しの通り、採用活動!(学生さんからすればシューカツ!)

早期の合説ラッシュがひと段落したと思いきや、各社の個別合戦が激化。

担当者の疲れた顔が目に浮かびます。

名大社もこれで当初計画していた6回の説明会が無事終了。

イケてる先輩社員たちの力を借りてやりきりました。

京都での説明会だけは…お察しください!

見よ!1年目コノシマの堂々たる風格

指の先まで意識したカミヤさんの所作

あえてアイドルネタを封印したオゼキの覚悟

アメリカンスクールに見えなくもないシゲノさん

予備校講師感がハンパないトミタ

普段見せない真面目なオグラ

 

 

街では、研修に挑む新社会人の一団をよく見るようになりました。

昨年は「キャラクター捕獲ゲーム型」

なんぞと言われていた新社会人たち。

今年はどんな風に言われるのかちょっとだけ気になっています。

 

いよいよ新たな1歩を踏み出す彼ら。

がんばれ!ファイト!気張れや!わっしょい!

 

名大社も新年度になると、組織が代わり新たなチーム編成になります。

その前に今年度最後の新規グループ賞で打ち上げに行ってきました。

このタイミングで新規賞を取ってくれたメンバーにホント感謝です。

 

お店は四間道の方にある鉄板フレンチPivoteさん。

かなり、かなーり、オサレなお店です。

旬ものを贅沢に使った料理が絶品とのこと。

オグラ曰く「良い大人のお店」だそうです。

 

出てきたメニューを何一つ、正確に言える自信がないので、画ヂカラに任せます。

今年度の最後はユースケポーズで締め。

(なぜか本人は片手ゲッツみたいになってるけど)

 

また来れるように来年度もがんばりましょう!

新年度の名大社もどうぞ宜しくお願いします。

経理から見た社内について

こんにちは。水谷です。

今年度もあと3日。

最終日は土曜日ですので実質あと2日です。

社内も次年度に向けての準備などで慌ただしさが増しております。

 

私のいる経理部はといいますと、月末さらに年度末ということで、

いつも以上の業務量の中、片っ端から片づけていっているという状況です。

忙しいことは悪いことではなく、むしろありがたいことです。

 

そこで今回は、違った視点からの社内について書いてみたいと思います。

 

まず私の席は、会社の隅。窓際です。そして、キャビネットと背中合わせです。

その場所はお気に入りです。

隅であることが大事だと思います。

全体が見渡せますし、誰がいるのかいないのかがすぐに把握できるからです。

一応総務なども兼務しておりますので。

 

営業部は社内の真ん中辺りに集中しています。営業会社ですので当然です。

割と賑やかです。席にいるときは楽しそうな会話や笑い声も聞こえてきます。

時々やかましいなあと感じることもありますが・・・

騒がしいことは決して悪いことではないと思っています。

昔読んだ本に、営業部が騒がしいということは仕事が多いということ。

問合せの電話や対応、読み合わせの声や愚痴など、当人たちは大変だと思うのですが、

それは勢いがある会社の特徴であると。

 

そして、営業部が騒がしいと、経理部は静かな場合が多いとも書かれている。

本格的な計算やデータ入力はしゃべりながらはできません。

計算ミスや入力ミスをしてしまうからです。

イレギュラーな処理があると、どうしようかと考え込むこともあります。

経理は基本的に割り当てられた一人ひとりの仕事への対応ですので、

自分で考えて自分なりの答えを出さなくてはなりません。

ですから、営業部とは逆に静かになっていく。

 

私がいつも静かかどうかは自分では判断できませんが、

大量に処理をしなくてならない時はしゃべりながらではできないので、

淡々と仕事を進めていくことになるので静かになっていきます。

何か間違えたときにうっかり独り言が出てしまうことはありますが・・・

 

年度末のこの時期になると、他の部署で賑やかで経理が忙しくて静かな会社の方がいい会社ではないかと個人的には感じるのであります。

 

ではまた。

区切りをつけること

こんにちは、神谷です。

桜の開花が一気に進み、春の訪れを感じますね。
今週末はお花見!という方も多いでしょうか。
気持ちも明るく軽やかになる季節ですが、
やはり年度末、仕事の面では何かとバタバタしますよね。

私の近況はというと…

ここ1ヶ月は、なんと言っても採用活動。
目まぐるしくも、とても中身の濃い毎日です。

昨日の山田さん重野さんのブログにもあった通り、
いろんな社員に協力していただき、社長や内定者まで巻き込みながら、
昨日までで5回の説明会を開催しました。
ご参加いただいた学生のみなさん、ありがとうございました!

そして明日(3/29)は、京都で説明会を開催します!
本日いっぱい、新卒ナビで予約を受け付けていますので、
もし関西の学生さんでこのブログを見ている方がいましたら、
予約していただけると嬉しいです!

◎ご予約はこちらから
https://www.meidaisha.co.jp/s2019/company_detail/1658

これまでの説明会を通して感じたことはたくさんありますが、
これについては落ち着いたら改めて振り返りたいと思います。

 

ここからは、年度末を迎えて感じていることを少し。

私にとって今期は、
「考えながら実行し、実行しながら構築する」
そんな1年でした。

考えながら実行するというのはこれまでもやってきたことですが、
構築するという感覚は、今期は特に意識したことです。

人事評価制度などの新しい制度や考え方が導入され、
戸惑いや抵抗感が少なからずある中で、
まずは導入してみる。やってみる。
そしてやりながら最適な方法を見つけていく。

考え、実行し、改善する。
当たり前のことですが、その繰り返しが、制度や仕組みを構築するということなのだと思います。

いろんなことがまだまだその途上で、それは来期の継続課題。
継続というと、これまでやってきたことの延長のようにも感じますが、
そこに意識的に区切りをつけることが大事なのかな、と思っています。
それがこの年度末というタイミング。

「今期はここまでやれた」という、現状確認や気持ちの面での刻み。
一朝一夕にはできないものだからこそ、前進したことを自分で確認する。
それが、「来期はこうしていこう」という​前向きな​力になります。

慌ただ​しく時間が過ぎていきますが、区切りをおろそかにせず、
来期に気持ちを向けていきたいと思います!

​では。​

キャリアアップについて考えたこと

こんにちは、重野です。

あたたかい日が続き、春になった3月下旬です。
桜の見頃もこの2週間ぐらいでしょうか。

 

先週、名大社の自社説明会、
キャリアアップ・キャリアチェンジver.
に先輩社員として参加させてもらいました。

 

改めて、採用担当の3人から趣旨の説明を受けた時、
キャリアアップね!りょーかい!
ってな感じでしたが、
よくよく考えてみると、

 

自分にとってキャリアアップって何?
どこから何が変わった?
新人の頃に想像していたキャリアビジョンって?

 

思い返せば、いろいろなことがあったと思いますが、
改めて問われるとココっ!
っていう転機を指すことが難しかったりもします。

 

今年の先輩社員のテーマは、
ジブンらしく働く。
(だと理解しています。)

 

説明会で何を話そう。
と考えて出した素案に、
採用担当:此島の考えてくれた、
キャッチコピー。

 

『環境が自分を作る。
そして、環境を自分が作る。』

 

(格好良すぎるけど)
そうそう、そんな感じ!

 

営業もチームの指導も、企画関係も
任せてもらえたことで、
次のステップに繋がり、
そんな感じが、ジブンらしく働く。
そして、今の環境を作ったんだなぁ。
と改めて感じました。

 

余談ですが。。。
先日、友人の結婚式余興のダンス練習をしてた際、
自分を筆頭にダメダメな感じでしたが、
たった4時間で、この成長なら、
まだ2ヶ月もあるし、ゴールに合わせて、
徐々にいけば大丈夫、余裕っしょ!!
と言う私に、

えらいポジティブだね。

と返す友人。

 

新卒で入社し、驚くべき速さで10年以上が過ぎ、
脈々と名大社イズム(?)が染み付いていることを実感しました。

 

 

2017年度もあと数日。
次の仕事に向けて立ち止まってるヒマはありませんが、笑
新年度も、ジブンらしく(スピードアップして)、
前向きに取り組んで行きたいと思います。

 

 

みなさま、2018年度も宜しくお願いします!

 

2017年度 ★PHOTO SELECTION★

こんにんちは!今日は冨田が担当します。

 

あと1週間で2017年度の業務も終わります。

こんなタイミングでブログが回ってくると、1年を振り返ったり、来期の目標を言うようなブログになります。そんな流れに便乗し、自分もスマホのフォルダにある写真を見返しながら今期1年間を振り返りたいと思います。

 

 

 

 

が、、、

 

写真がない。。。

 

いや、写真はあるんです。そこそこに。

ただ、ブログの掲載基準をクリアする写真がなかなか見つからない。。

社内でも比較的、写真を撮るほうだとは思うのですが、、、

フォルダにあったのは面白い写真(≠ゲスな写真)しかなく

改めて、自分が偏った写真しか撮影していないということに気づくことができました(笑)

 

本来であれば、1月毎に写真で振り返ろうとしたのですが、”到底無理”でした。

なので、いくつか皆さんにお見せできる範囲で今期を振り返りたいと思います。

 

まずはこちらの写真

我が上司である、ケンジさんの電撃結婚報告

写真は、結婚報告後の名大社の大先輩たちと話している風景。

しかも、報告の内容も「入籍しました」という事後報告。

”あのケンジさんが?!”と社員の誰もが耳を疑いました。

後日、ケンジさんの奥さんと交流する機会を設けてもらい、とても素敵な方だと感じました。

今後も末永く幸せな家庭を築いてほしいものです。

 

続いては、こちら

初めて岡崎で転職フェアを開催したのですが、

その時にいつの間にか制作されていたオリジナル名大社ジャンパー

…以上!

 

 

続いては

まだ、採用担当に任命されて間もない頃にオフィスにて話している採用チームの3人

 

…どんなけ距離あるねん!と思っていましたが、距離は縮まったのかどうかはまだ不明です。

説明会もすでに開催しており、採用が上手く成功するようにただただ応援するばかりです。

採用が終わったころにはもう少し、距離が縮まった写真が撮れるのではないかと期待しています。

 

最後はこちら

イベント会場にて打ち合わせをしているN4

この1年、会社の売上目標を達成することができたのは、間違いなくこの4人の力が大きいと思います。

部下指導はもちろん、自身の売上、各イベントの企画・運営といった幅広い業務をやりながらも、イヤな顔を見せず(疲れた顔は見えますがw)、仕事に取り組む姿勢はただただ尊敬。

そんな4人が会議以外に集まり、微笑んでいるシーンはあまり見たことがなかったので、慌てて撮影した写真。

 

普段、調子に乗ったり、愚痴ったり、イジったりしても、ちゃんと相手してくれるN4。

そんなN4に少しでも早く近づこうと思うも、道のりは遠く、まだまだ背中を見るばかり。。

早く、N4に追いつき追い越したいと思うも、存在は大きく偉大でなかなか難しい。

来期は、そんなN4に少しづつでも肩を並べれる存在になりたいなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ps.N4の皆さん(特に奥田さん)、僕はうなぎが食べたいです。

 

2017年総括!&懇親会

こんにちは!梅原です。

名大社では、怒涛の早期イベントラッシュも少し落ち着き、 2017年下半期が終了するまで、残すところ、あと1週間となりました。

私にとって、2017年は、端的に言うと、緻密な計画性の習得、そして「言うは易く、行うは難し」を実感した1年だったと思います。

上半期では、今まで行ってきた取材関連に加えて、新たに追加された営業事務業務の基礎の蓄えがメインでしたが、下半期では、その業務を両立、そして継続することが課題となりました。

予定から実行まで、スケジュール感を常に意識して仕事を進めることに関しては、習慣化できたと思っています。

ただ、ミスなく効率的に「できる!」と思った仕事であっても、次も同じようなスピード感で仕事をすることが、真に難しい・・・。

人は機械のように同じ動きを完全再現することはできないので、一部仕方がない部分もあるにせよ、以前当たり前のようにできたことが、今回は遅くなったり、ミスをしたり、漏れがあったりすると、結構悔しいです。進歩していない、むしろ後退しているのではないか、と幾度となく思いました。

また、漠然とした課題点に関して、自分なりの解答を明確に出すことができなかったというのも、反省点の1つです。

例えば、具体的に何が求められているのか、どう打ち出すべきなのか、漠然としたゴールを想像することはできても、そこまでの道筋を描くことができない、頭ではわかっているけれども、自信が今一つ持てないので、一歩踏み出せない、そういったもどかしい想いをしたことも実際多かったと思います。

ですので、直近の今後の目標は、「一定の集中力、スピード感を意識的に持続させること」。

そして「確信6割くらいでも、気になったら発信して、必要以上に遠慮をしすぎないこと」かなと思っています。

ーーー

こんな感じで1年の反省をしつつ、次年度に向けて前向きな未来の展望を描けますように・・・

そんな心持で、参加したのが、昨日の社員懇親会でした!

今回は、若宮八幡社の中にある神聖な披露宴会場!

粗相が許されない、厳かな空間!

料理は見た目ばっちり!味も太鼓判です。

特別な時間!でも、安定のテンポで展開される名大社トーーク!

Tさんの華麗な前振りとともに、2017年度の反省と抱負タイム!

幹事の臼井さん、安田さんありがとうございました!

然るべくタイミングで、一旦ゼロになれる場所を作ってくれるところが名大社の良さだな~と帰り道にふと思う、そんな夜でした。

 

わたしの好きなアイスクリーム

おはようございます。名大社の宇佐見です。

先週の小春日和とは打って変わって、

雨の日ばかりが続いていますね。

名古屋は19日に桜も開花宣言したところだったのですが、、、、

また冬に逆戻りしてしまったみたいです。

 

寒暖の差が激しいので、体調管理に気を付けたいところです。

 

先月のブログの最後に、同じ営業チームの上司、先輩に

バレンタインを送ったことを報告しましたが、

無事、3月14日のホワイトデーにお返しをいただきました!!!!!

奥田さん、近藤さんありがとうございました^^!!!!

やっぱり、甘いものは元気がでます。

 

まだ寒い日が続きますが、

少し暖かくなったので、最近はアイスクリームにハマっている宇佐見です!

 

ここ最近で食べたもので、これはたべてもらいたい!!

3つのアイスをご紹介いたします。

 

*ハーゲンダッツ 「華もちシリーズ」

※公式ホームぺージより

アイスクリームの上に、おもち、その上にあずき(上)、さくらあん(下)

イベントの後の疲れた状態で食べるとほっぺが落ちてしまいます。

期間限定なので、お早めにお召し上がりいただきたいです。

私はさくらあんがお気に入りです。

 

*ファミリーマート 「たべる牧場ミルク」

※公式ホームページより

ファミリーマート限定のアイスクリームです。

かわいくて、シンプルなパッケージ。牛さんもいます。

お味は、商品名そのまま!ミルクをたべているかのうように、

ミルク感たっぷり。でもあっさり!

最近はインスタグラムで話題沸騰中。売り切れていることも珍しくありません。

トッピングをしてインスタにアップするのが流行中だそうです。

※私はトッピングする前に毎回すべて食べきっちゃいます。笑

 

*オハヨー乳業の「ブリュレ」

※公式ホームページより

岡山に本社を構える、オハヨー乳業の新作アイス。

特許出願中の加熱方法で加熱、ブリュレ独特のぱりぱりとした触感も再現!

スプーンでキャラメリゼをくずす感覚がたまりません。

オハヨー乳業さんだと、アイスはどれも私好みです。

生チョコシリーズもおすすめです。

↓↓↓

※公式ホームぺージより

 

よかったら、召し上がってみてください♪