名大社 スタッフブログ

心のふるさと

名大社の独身アラサーOL加藤です。

最近、湿度が高くて6月らしい天気ですね。

私は営業時代、毎年6月になると鼻血出してました。

 

さてそんな6月の某日、京都へ行って参りました。

大学時代を京都で過ごしていましたので、第二の故郷と勝手に思っています。

 

今回は、紫陽花を見たくて、上洛しました。

まず向かったのは、善峯寺(よしみねでら)。

ホームページはコチラ

IMG_5883

京都で紫陽花というと、三室戸寺や善峯寺が有名です。

善峯寺は、腰痛・神経痛の当病悉除の信仰を集めているお寺さんです。

ヘルニアの私にはもってこいです。

 

山寺なので、良い運動にもなりました。

IMG_5876
いい眺め!

 

奥に、桜あじさい苑があり、美しい花に心癒されました。

IMG_5877

IMG_5882
高そうなカメラを携えた方がたくさんいらっしゃいました。

しだれ桜も見事なお寺ですので、春に行くのもオススメです!

 

たっぷり善峯寺を堪能し、そのあとは宇治まで足を伸ばして

平等院にも行ってきました。

IMG_5887

十円玉の裏だぁ~~。。。。(日本史の知識ほぼゼロ)

普通に撮ると端が切れたので、iPhoneのパノラマ撮影機能を使いました。

写真を綺麗に撮りたい方は、朝に行くことをオススメします。

こちらは、観光客が多く、鳳凰堂の内部拝観は、1時間半待ちでした。ひゃー

蓮の花が咲き始めていて、こちらもまた綺麗でした。

 

ちなみに、、、

この前日に、三重県は長島の「なばなの里」にも行ってきました。

ホタルが見たくて。

(実家の近くでも見れるんですけどね・・・)

ホタルの写真は撮れませんでしたが、幻想的で癒されました(^^)

なばなの里でも紫陽花見れました。(笑)

IMG_5871

紫陽花って、こんなにたくさんの種類があるの!?と驚きました。

 

梅雨時は外出が億劫ですが、ステキな週末が過ごせました~。

たまには遠出もいいですね。

心のふるさと、とか言いながら、今回行った2か所は、学生時代に行ったことありません!(笑)

でも、梅雨の鬱々とした気分は晴れましたよ~。

マイナスな気分のときほどアクティブに行動した方がイイですね(^^)

体が資本

 

こんにちは!名大社の宇佐見です^^

 

今回は、私の好きな「吉田類の酒場放浪記」(BS-TBSにて放送中!)

ににちなんだ酒場ブログを書く予定だったのですが・・・・

※吉田類とは、酒場ライターというなんとも変わった職業のタレントさんです。

↓先日、社長の山田さんに連れてきていただいた居酒屋(吉田類がいそう!!)

image

 

つい先週、扁桃炎にかかってしまい、完全にダウンしていました。

まったく、本当に情けないと思っています。

ですが、かかってしまった事実は変えられない・・・今の私にできることは・・・

皆さんにできるだけ、私と同じ体験をさせないこと!

なので今回は、吉田類ではなく、(吉田類はまた次回にでも!)

「みなさんが扁桃炎にかかった時、はやく元気になるコツ(宇佐見流)

を紹介させていただきたいと思います!私の風邪は喉から・・・なんて方にも必見ですよ!

 

◆はじめに、扁桃炎とはなんぞや・・・

喉の両側に存在する扁桃腺が、細菌やウイルスが原因で炎症を起こすことで、 高熱や喉の痛みなどの症状が出る病気です。

扁桃腺は、もともと呼吸を通して侵入する病原体や細菌、ウイルスなどの防御壁としての機能を持っているのですが、

希にその感染源となってしまう場合があります。これが、扁桃炎になる過程です。

普通は幼いこどもに多いのですが、私のようにおとなでもかかります。

さらに、ひどい場合は入院・手術に至るケースもありますので、ご注意ください!

 

喉が痛い時の対処法

扁桃炎で、一番辛いのがこの喉の痛み・・・

みなさんも、喉風邪をひいたときは食べるのも辛いですよね。

そんなとき、炎症と痛みを和らげてくれるのが、「はちみつ紅茶」です!

あたたかい紅茶に、はちみつを小さじ2杯いれるだけ!!

はちみつは、消炎・殺菌作用があり、紅茶に入れることで喉全体に浸透し、

さらに、体を温めてもくれます

※紅茶が苦手な方は、ホットレモンにはちみつを入れてもOKです。

熱が出ている状態でも、喉を冷やすのはNGなので、辛くなければ体を温めて汗をかきましょう!

このはちみつ、私は薬よりも効果があったので、おすすめです。

それまで話すのも苦痛だったのが、だいぶ楽になりました。

また、はちみつ以外にも「ショウガ」や「ネギ」などの体を温め、殺菌効果のあるものを召し上がると効果的です。

私の場合、食事ができるようになってからはメニューの中に必ずショウガのすりおろしを加えていました!

 

宇佐見が実感した、はやく元気になるコツ!(喉の病気編)

・喉にいい食べ物を積極的にとること!

病院からの薬だけに頼りすぎずに、自分から免疫を高めて治療していくことがはやく元気になるコツです!

そして、今回は食べ物に集中していましたが、

・食べられるようになったらきちんと食べること!

熱がでていると、倦怠感からなかなか食欲が湧きませんが、病気を治すのは自分自身!

エネルギーがなくては、治るものも治りません。実際、食べるようになってからの回復は早かったです!

 

以上、いかがだったでしょうか。

なお、今回紹介した喉に効く食べ物は、口内炎などにも効くそうなので、

みなさんもぜひ、そのときは実践してみてください^^

 

さいごに、

今回の扁桃炎でさまざまな方に、沢山のご心配とご迷惑をおかけしました。

人間、やはり「体が資本!」というのを実感した日々でした。

今日からまた、気を引き締めて、ダウンしていた分も、元気に励んでいきたい思いますので、

こんな宇佐見をよろしくお願い致します!!

名言から学ぶメンタル!

こんにちは!最近ゴルフをやり始めた、名大社の尾関です。

ゴルフ場 グリーン ピンのフリー写真素材|glf0026-026

 

堀口大先生から、初めてのゴルフを教わりました。

いやぁ、難しいですね。

新しく何かを始めるっていうのは、いつの時もドキドキですね。

うまくいかないのが歯がゆくて、イライラしたり、でもそれが楽しかったり。

これから少しずつうまくなっていけたらと思っています。みなさんご教授のほどよろしくお願いします。(笑)

 

さてさて、今回の本題に移ります。

題して・・・・・・、

 

【あぁありがたい。名言ベスト3】

 

((((書くネタがないから名言とかににげたなんてことはないわけでもないわけでもないわけでもあります。))))

早速はじめます!

 

第三位

一生懸命生きていれば、不思議なことに疲れない。 from松岡修造さん

 

一日が一瞬で終わる日ってあるんですよ。そんな日はこの言葉が身に沁みます。

一生懸命生きたから、今日は疲れよりも充実感でいっぱいだなぁと・・・。

 

立派な大人の人ほど、「疲れた。」ってあんまり言わない気がします。

毎日を一生懸命生きているからこそ、その立場にいるのだなぁと納得させられます。

 

疲れた疲れたといっている今のうちはまだまだ僕は下っ端です。

 

 

第二位

道に迷うことこそ、道を知ることだ。 fromアフリカにあることわざ

 

道に迷ったからこそ、その道にたどり着けた。

失敗してやっとわかることもあるし、予期せぬ方向へすすめることもある。

道に迷ったとしても、自分の気持ち次第でどうとでもなるんですよね。

 

世界に色を付けるのは自分の気持ちです。

ポジティブなほうがやっぱり得です。

心理学的には、不幸な人は不幸だと思っているから不幸。なんですって。

幸せだと思っていることが直接幸せにつながるんだから、幸せだと思ってた方が得ですね。

 

 

第一位

明日から頑張るんじゃない。今日だけ頑張るんだ。

今日を頑張り始めたものにのみ、明日が来るんだよ!from班長大槻

 

知ってる人多いんじゃないですか?

漫画カイジの相手側である大槻のセリフです。

明日から頑張ろう。と、思っている人には明日は来ない。

今日を頑張り始めたものに明日は訪れる。

 

自分も明日から頑張る。とか言っちゃうタイプです。

思い立ったときが最高潮で、そこから頑張れる人が成功するんですね。

 

このカイジという漫画には名言という名言がじゃんじゃん登場します。

人生に悩んでいる方はぜひ読んでみてください。お勧めです。

 

 

社会人になって、ふと思いふけるときが多くなってきたので、名言に逃げてみました。

僕もいつか名言を生み出せる偉人になってやるぞっ!ドンドン

 

(((やばい、脈絡もオチもないブログになってしまった。)))

さ、今日からまた頑張りましょう!

仕事もゴルフも。

ではでは。(笑)

 

 

やらない後悔より、やった後悔

じめじめっと梅雨っぽいお天気ですね。
こんにちは。水谷(女)です。

6月と聞いてイメージするアイテムと言えば、傘、かたつむり、紫陽花。
どんなカレンダーをめくっても、おおよそ、この3アイテムの
イラストや写真が入ってますよね。
それが、ドラ○もん等のキャラクターもののカレンダーであっても、
普通のカレンダーであっても、お約束みたいなところがあります。

新しいカレンダーをめくっても、そんな感じなので、6月はあまり見る楽しみはありません。
毎年変わり映えしないなぁと思ってしまうのは、ある種の被害妄想なのでしょうか・・・。

そう意識してしまうのも、6月生まれだからなのでしょうか。つい先日、誕生日を迎えました。
「待ってました!」感は年々薄くなる一方。
アンケートなどに書く年齢をずっと「28歳」でやり過ごしたくなるお年頃です。(笑)

p1

梅雨の中休み、貴重な晴天日だったので、綺麗な景色を眺めにいきました。
(一昔前の安いデジカメで撮る夜景はこれが限界かな・・・汗)
女性であるなら「わー!きれい☆うっとり(o´▽`o)」と反応するべきだと思うのですが、

「お!今、新幹線が走ってった!あっちの奥の方がたぶん、名鉄電車で…
あのカーブ曲がっていく先は近鉄電車かな!?!?(o`▽´o)<ムッハー」

と、鉄道ネタが制限速度を守ることなく走り始めます。
名古屋駅の景色のいいところに行くと、つい、楽しくなってテンション急上昇。
夜は特に、ライトの動きを追い、走っていく方向に流れていく光にうっとりとします。
(↑もっと可愛らしい反応すべきなんですかね!?!?)
電車旅したいですね。ガタゴト揺られて、のんびりお出かけしたいです。

電車好きのお話をすることがあれば、またの機会に。

私は1年に2回、「こうしたいな」という自分の目標を立てます。
1年の始まりに1回、元旦から約半年が経とうとしている自分の誕生日に1回。

社会人になって、自分個人についても、惰性的になってはいけないと思い、
ちっぽけで安っぽく、個人的なことであっても、何かしらの目標を立てることにしました。

小難しい話はともかく、考えるのはただ一つ。

自分がやってみたいと思ったことを、やってみる

過去に考えてきたのは

・アクティブな感じになってみたいから、テニススクールに通い始める
・将来、結婚できるか不安だったから、仕事について多方向から本気で考える
・資格を取りたいから、某通信講座を受けようと、受講し始める

などなどなど。

恥ずかしくて、ここに書けないこともたくさんありますが、
大したことでないことでも、頭に考えを巡らせるだけで、
見えてくる景色は変わってくると思います。

「やらない後悔より、やった後悔」と言うのでしょうか。
引っ込み思案で、何をやるにもためらってばかりでしたが
確かに、以前と比べてチャレンジ精神は旺盛になり、
新しいことへ飛び込んでいくことに億劫さは感じなくなりました。

そして、何より、日常が楽しくなった気がします☆

もちろん、いつもハッピー&ラッキーなわけではありません。
壁に当たることも多々。面倒だなと思って匙を投げたり、
達成できなかったことの方が多かったりもするのですが
それでも、何か成し得たら、どういう感じに自分の世界が変わっていくのだろうと
期待感でいっぱいになります。

そういう、プラス思考というか、アドレナリンが分泌される(!?)ような
「心を躍らせる」ことが、原動力になり、大切になってくるのではないかと思います。

もちろん、2015年の目標、そして、新たな1年の目標は立てています。
年頭の目標は、最近、ちょっとずつ頑張るようにしています。
時期的に、お腹が痛くなるようなことがないか心配です。
新たな1年の目標は…内緒ということで。

ちょっとドキドキしてきました!!!

良い●歳を過ごせれたな!と、1年後も笑顔で迎えれるように
楽しい時間を過ごしたいと思います。

不動の魂

こんにちは!名大社の加藤賢治です。

6月になり、蒸し暑い季節となりました。

水分補給をしっかり取って営業活動を頑張っていきます。

今回のブログは最近読んだ本の感想を伝えたいと思います。

この本は、現在ラグビー日本代表の「五郎丸歩」選手の生い立ちから、現在のラグビーについて語っている本になりますが、印象に残っている内容としては、2人の対照的な監督についてです。

五郎丸選手は、早稲田大学でラグビーをしていたのですが、在学中に2人の監督から指導を受けています。

1年~2年生の間は、清宮克幸監督で3年~4年生の間は、中竹竜二監督です。

清宮監督:現在トップリーグのヤマハ発動機ジュビロの監督

中竹監督:現在ラグビーU20日本代表監督

2人とも対照的な監督です。

清宮監督は、組織の先頭に立って突き進むタイプ(リーダーシップ型)

中竹監督は、組織の真ん中に位置しながら全体を動かしていく(フォロワーシップ型)

リーダーシップ型の組織は、リーダの圧倒的な指導力とカリスマ性で先頭に立って組織を引っ張っていく

フォロワーシップ型の組織は、リーダーの周りでサポートする人間がリーダーの意思をくみとり、組織を運営する

※フォロワーとは指示に従って成果を上げるだけでなく、自発的に意見を述べたりリーダーの誤りを修正することも期待される。そのためには、フォロワー自身の実力だけでなく、集団の目的に対する達成意欲や、リーダーとの信頼関係が必要となる。

リーダーシップ型の組織であると優れたリーダーが抜けた場合組織のバランスが崩れ、継続性が危ぶまれます。

それに対して、フォロワーシップ型の組織であれば一人のリーダーが抜けても周りのフォロワーが補完することで、組織が安定する。

ただし、個々のフォロワーが高い意識をもって運営に関わっていく必要があります。

これを名大社で考えると、山田社長は中竹監督のようなフォロワーシップ型の会社組織を目指していると思う。

会社を永続していく為にも、社員全員が独自の基準や価値判断で思考し、行動していかなければいけません。

そんな事を考えさせてくれた本でした…

IMG_0166

滋賀の旅

こんにちは、名大社の小鹿です。

お仕事に関するブログが続いていますが、私はいつもどおりマイペースなブログでいきたいと思います!

先日、滋賀県長浜市にある黒壁スクエアに行ってきました。
観光スポットですのでご存知の方も多いと思いますが、古い街並みを生かしたガラス細工のお店が
たくさん立ち並ぶ場所です。

ガラスについて詳しく語ることは、私にはハードルが高いので今回は止めておいて、
こちらでは美味しい食べ物屋さんもいっぱいあったので、それをブログネタにしたいと思います!
食べることが大好きな私は、遠出する前には必ず美味しそうなお店を調べてから行きます。

今回行ったところはこちら。
「カフェ 叶 匠壽庵 長浜黒壁店」という所です。

DSC_1047

同じ系列の和菓子屋さんを隣に併設しているのですが、
本来はそれがメインのようで、私は全然知らなかったのですが老舗のお店みたいです。

調べてみると、名古屋にも松坂屋に店舗があるようですが、
カフェがあるのはここの黒壁スクエアだけだそうです。

メインが和菓子屋さんなだけあって、カフェのメニューにもあんみつやぜんざいがあり心惹かれたのですが、
悩んだ結果私が注文したのはこちら。

DSC_1046

「近江のまつりばやし」という名前でした。
ちなみに奥に写っている同行者が頼んだのは「森の華やぎ」というもの。

ショートケーキとモンブランじゃないんですね!笑
おしゃれ\(^o^)/
見ているだけでテンションが上がる可愛いビジュアルです!

ちなみにかかっているのは練乳なので、甘々です。

ドリンクとセットにすると1000円軽く超えてしまうので、
貧乏人の私には少し高級ケーキでしたが、美味しかったです。

そんな滋賀の旅の夜ご飯は、帰り道の岐阜県養老でこちらをいただきました。

DSC_1051

実は甘いものは、そんなに得意ではない私。
最初の方こそケーキにテンション上がりっぱなしなのですが、美味しく食べれるの3分の2くらいまで。
あとは紅茶でなんとか誤魔化しながら流し込む・・・という女子力の全く無いことを、どんなケーキでもしてしまいます。笑

ラーメンとチャーハンだったら、多少量が多くても美味しく食べれるんですが・・・

素敵なカフェもですが、美味しいラーメン屋さんがありましたら是非私まで教えてください\(^o^)/♪
では今日はこの辺で~

誰が、なんのために・・・?

こんにちは奥井です。

またまた、オッサンのたわ言のお付き合いを

IMG_0019

これって、アート?

誰がなんのために置いたの?

通勤途中の空き地に、気づいたら、いつの間にか置いてあった。

しかも、赤・青・黒、3色仲良く並んで。

工事現場のボロボロになった、触ったら、すぐにでも倒れそうなカラーコーンが置いてあったところに、

こつ然と現れた3つのイス。

誰が何のために・・・。

この付近にはバス停があるわけでもなく、そこに座る必要もない場所。

座る目的で置いた訳でもない。

なんで・・・、どうして・・・、考えれば、考えるほどわからなくなる。

粗大ごみで捨てたのか?いや、捨てるなら、重ねてあるのでは?

こんな風に並べるのもおかしいな。

また、仲良しのおばあさん3人組みが、ここに座って、日向ぼっこしている映像が、浮かんだりも・・・

置いたのは、現代アートをやっている人?

よく観ると現代アートっぽく見えないでもないな。

アートの佐久島を意識して、この地をアートの街にしてやろう。

まずはここからだと企んでいるのではないかな。

これを、見つけて

通勤ルートに、こういうことをする人がいるって、なんか楽しく思えるのでした。

一日のスタート、朝の

いつもの通勤ルートの何気ない変化に、気づく感性を磨きたい

なんだ、この写真?

「何が言いたいんだ、それがどうした」とお思いの方も多いと思います。

日常なんの変哲もない、なんとも感じないことに、疑問を抱き、思いを膨らませ、妄想することって、

楽しいと思いませんか。とても安上がりな、楽しみ方でいいなと思えてきました。

妄想することや考えることって、いいですね。

(無限に膨らむ妄想の世界に浸ってみるのもいいものですよ)

 

考えるといえば・・・会議のアイデア出し。

最近、全体会議の前に、あるテーマごとで、第1営業G・第2営業Gで

各グループのアイデア出しをして、まとめるという機会が多くなっています。

そこでのアイデア出しで、いつも、ホントにいい組織・会社だなと思っています。

参加するのは2Gの会議ですが、

お互いの意見のバトルが、面白いです。しっかり意見を真剣に受け止めて討議する。

ここでは上司・部下関係なし、

「それはそうじゃないのと違いますかあ」「そう~、やてぇ!」

「さすが」「それがいい」「そうと、ちゃうか」

そんなやり取りの連続かと思えば、

ある発言から、「その会社、前に○○○と違ったか?」

たまに、脱線も・・・

また、そこから意見が膨らんだり。

2Gには、クリシン(クリティカル・シンキング)現在受講生2名。受講終了2名。

最強メンバーのクリシン効果で論理的に会議が進みます。

(ホンマかいな?ホンマです)

まさに、ブレーンストーミングの神髄ここにありって感じ。

そんな、こんなで夜が更けていくのです。

 

いつも結果に、I部長は

今回のアイデア出しも、絶対に2Gの方が、いいアイデアがまとまってて、出来ええんちゃうか。

と自負するのです。

うちの会社って、

誰もが、自分の意見がしっかり言え、お互いの意見をしっかり受け止める。

決まったベクトルの方向に向かって、脇にそれる者もなく、全員が一つになれる。

お互いがお互いを思いやることが、出来る。

そんな社員が集まった会社なのかな。

いや、そんな会社だから、社員があったかくなれるのかもな。

「環境が人を育てる」のか・・・

 

 

 

ターニングポイント

こんにちは、不破です。

6月の第一土日は、ジモトのお祭りの日!
名古屋型といわれる山車が3台、ちょっとタイミングを合わせて足をのばせば5台揃う派手なお祭りです。
よーし、その写真を撮ってブログネタにしちゃうぞ!…と思っていたんですが、風邪をひいてそれどころではありませんでした。残念。
かろうじてiPhoneで撮ってきた、大通りを通行中の山車3台↓
IMG_3466

子供の頃から慣れ親しんでいるお囃子の音は、(風邪でぐったりしていても)テンション上がりますね。
山車の上のからくりも可愛いんですよ。(去年撮った写真です↓)

14186997568_e609f250b1_z
そんなわけで、お祭りネタは諦めて、山田さんが先日ブログに書かれていた頃のことを振り返っていて、思い出したブログ記事を紹介したいと思います。
よろしくお付き合いをお願いいたします。

先日、山田さんがブログに書かれていた時期は、会社にとって大きなターニングポイントだったと思うんですが、私にとっても大きな大きなターニングポイントでした。
ちょうどこの頃、前任の方の業務を引き継ぐ形で、デザインや制作業務を担当することになりました。
就活最初の頃はデザイナー志望で説明会に参加したりしていましたが、就活中に挫折してすっぱり諦めていたので、まさか仕事として、デザインや制作をすることになるとは思ってもみませんでした…。

最初のうちはあまり深く考える暇もなかったんですが、しばらくしてどーんと壁にぶつかり、
「なんか思ったようにいかない…」と、もやもやを抱え、少しの間は壁にごりごり頭をぶつけながら仕事をしていました。
で、そんなぶつかっている最中に、たまたまTwitterのタイムラインで見つけたのが、このエントリーでした。

 

いち早く70%〜80%程度の完成度で人に見せられるものを作ることがいかに重要か、という話
http://sotarok.hatenablog.com/entry/20120105/1325698126

 

自分にとって衝撃的というか、このブロガーの方と同じで「課題をドンピシャで突かれたような」気がしました。
その時の自分が、この記事の中のイラストの、「アマチュアの線」そのものだったんです。
この記事を読むまでは漠然ともやもやを抱えていただけで、自分で何が問題かわかっていなかったんですが、これを読んでストンと納得しました。

自分の問題点は、頭の中で考えているだけの時間が長いことと、
完璧に仕上がっていないものを人に見せて批評をもらうことに抵抗があったこと。

これ、出来上がりが遅れ、修正に掛けられる時間が短くなり、ちょっとでも大きな修正をもらうと詰む!という最悪のパターンでしたね…。

この記事を読んでからは、さっさと手を動かすことと、さっさと第1案を提出することを心がけるようにしました。
そうそう簡単に改善できたとは思いませんが、意識をするだけで、多少業務のペースがあがったかな?と思います。

 

この少し後くらいでしょうか。追われるように課題をこなしていくことから少し解放され、ようやくデザインの仕事が楽しく感じられるようになったのは。
もともとやりたかったデザインの仕事でしたが、会社のターニングポイントを含めた様々なタイミングや環境のおかげで、自分の職業になったのかと思うと、今でも妙な感じがします。
おかげさまで今も続けられていますが、最近、また構想段階に時間がかかっているような気がするので、上の記事を読みなおして、気を引き締め直してやっていきたいです。

「あったかい組織」って何?

どーも^ ^二村です。
夏!近づいてきましたね〜
梅雨が明けたら夏本番です。
いや〜ビールが美味い季節( ´ ▽ ` )ノ
冷やっこい小麦色の喉ごしを思うと、
日中の熱いアスファルトとの格闘も乗り切れそうです。

 

熱いと言えば…
先日サッカー女子ワールドカップの初戦を見事勝利で飾った
なでしこジャパン

[写真]=Getty Images

[写真]=Getty Images

体格とパワーで大きく上回るスイスに対して、
チーム一丸となって文字通り体を張り、
虎の子1点を守りきりました。

6大会連続で代表通算200試合目の出場となった澤選手や、
こちらもスゴイ150試合目でミレニアムゴールを決めた宮間選手など
中心選手に注目されがちですが、
佐々木監督の言うように、試合に出ずとも気持ちを一つに戦ったベンチメンバーや
選手のサポートに全力を尽くしたチームスタッフも含め
チームの総合力』の勝利だったと思います。

 

ノリさんまたはノリちゃん(選手達からの呼び名)の
チームマネジメントを見ていると先日高井さんのブログであった
あったかい組織』に繋がってくる気がします。

 

上から目線ではなく、横から目線。

以前読んだ記事にこんな言葉がありました。

ノリさんは選手の自主性を重んじるために、日頃から選手の意見をよく聞くそうです。

レギュラーとサブを平等に扱い、練習内容にも選手の意見を積極的に取り入れます。
前回大会の決勝アメリカ戦、勝ち越しゴールを決められ劣勢に立たされた際に、
まだサブメンバーだった川澄選手が自分からポジションチェンジをノリさんに
申し出て局面を打開し、優勝につながる足がかりとなったこともありました。
そんなヒリヒリする場面でも監督に頼るだけでなく、自らの考えを持って
躊躇をせずに監督に意見する。
選手の自主性も素晴らしいですが、それを引き出すノリさんの力は
やはりすごいと思います。
絶妙?なオヤジギャグも含めて、
監督と選手の距離が良い意味で近く、互いに共感できるからこそ
あったかい組織となっていく。そんな気がします。

 

少し前になりますが、箱根駅伝で初優勝を飾った
青山学院大学駅伝部もあったかい組織の象徴ではないでしょうか。

(日刊スポーツ/アフロ)

(日刊スポーツ/アフロ)

監督の原さんは『ワクワク大作戦』とスローガンを掲げ、
選手の自主性を重んじた指導に力を入れてきました。
※前年覇者の東洋大のスローガンは「1秒を削り出せ」
※駒沢大学は「原点と結束」
どれだけ異質なスローガンだったか分かります(笑)

選手も「何だこのふざけたスローガンは」と呆れることなく、
自らのなりたい姿、目指すべき目標を自ら設定し、
練習に打ち込んできたと言います。
この自主性を引き出すことこそ原さんの狙いだったのではないでしょうか。
自ら考え、宣言することで、
押し付けれれるだけでは決して到達できないゴールに辿り着くことができる。

あったかい組織とは「自らがやる」という
個人の集合体であるように思えてなりません。
リーダーはそれを引き出す役目ではないかと。

 

それを実感したことがつい最近ありました。
日頃からお世話になっている、とあるクライアントの
新卒向け会社説明会に参加した時のことです。

採用業務に携わるのは今年が初めてという担当者は、
半ば無茶振りにも思えるその役目にも真剣に向き合い準備してきました。
当日は社長や専務、所属部長などお偉い方々も出席していましたが、
私自身印象に残ったのは今年4月に入社したばかりの新人さんたちによる
プレゼンテーションでした。

 

社長を目の前にして、
「私たちは最初この会社に入ろうとは、少しも思っていませんでした」
といういきなりのカミングアウト。
思わず吹き出す社長(*_*)

その後も新入社員ならではの飾らない言葉が次々と…。
そんな光景にヒヤヒヤしていると、社長からヤジが飛びます!
若干硬かった学生達もそのやり取りを見て少しほぐれたのか、
良い顔をして聞いていました。

image

 

説明会終了後、
大役を務めた新人さんたちに話を伺うと、
「去年自分たちが説明会に参加した時、先輩社員と社長の掛け合いを見て
あ〜良い会社だなと思ったんですよね。」
その言葉を聞いた時、ただやらされているんじゃなく、
どうしたら自社の良さが伝わるかをしっかり考えて準備していることに気づきました。

(実は翌日、別の場所でその説明会に参加していた女子学生にたまたま会えたんです。
その時、「昨日の説明会は会社のあったかい雰囲気が伝わってきてなんか楽しかったです!」
って言っていました。ちゃんと御社の良さが伝わってますよ^ ^)

 
リーダーがメンバーを信じて仕事を任せる。
それにメンバーが主体的に取り組んで応える。

 

あったかい組織の作り方には、
この作業が必要じゃないかと思いました。

偉そうに言っても自分自身まだまだ未熟ものです。
もっと会社をあったかく、そしてお付き合いいただく企業さんの
あったかさも伝えられる存在を目指します!

なんかホッカイロのキャッチコピーみたいですね(^^)

必要不可欠!

こんにちは!名大社の渡邉です!

強さと可愛さのハイブリッド!渡邉です!

→キャッチコピーについては、新入社員尾関君のブログへ!!(気に入っています。)

 

8日(月)より東海地区も梅雨入りが発表されましたね。

市内を歩いて営業する身としては、照りつける太陽よりは雨のほうがいいです。

日焼けしたくないです。一番好ましいのはくもりです!

image

アジサイみたいな花の写真をとりました!

 

さて、今日は「営業活動」についてかきます。

こちらのブログでも毎回告知があるように、

名大社は、毎月何かしらのイベントを開催いたしております!

 

そのため、営業は一つのイベントが終了するとすぐ次回イベントのご出展企業を募る

営業活動をスタートいたします!

 

私も営業として、出展をご検討されている企業様に毎回結果報告をしておりますが、

来場数や年齢構成など数字だけでは伝わらないこともある!

と考え今年度から個人的に開始したのがこちら。

「開催報告書」の作成です。

無題

※4つのイベントの開催報告書をまとめてあります。

場内の来場者の様子や、ブースなど少しでも雰囲気を感じていただくことを目的としています。

 

・・・といいながらも、本当は私が苦手な電話での営業を円滑にするためのツールです。

口頭でうまく説明できればいいのですが。

 

転職フェアは2ヶ月に1回新卒イベントはほぼ毎月

エンジニアフェアは年3回

と開催しているので内容が似てしまうことと、作成しないと「え?今回は作らないの?」と

なんだかサボったみたいになってしまうことが悩みではありますが、

今では私の営業活動に必要不可欠なものとなっております。

 

ところで、6月6日のAKB48総選挙はごらんになりましたか?

家に帰ったらテレビがついていて

あまり関心をもってはいなかったのですが、高橋みなみさんのスピーチには感動しました。

「未来は今なんです。今を頑張らないと、未来はないということ。」

この方がおっしゃるからなのか、重みを感じる言葉です。

私も目標達成にむけて、今、頑張りたいと思います!

 

 

7月転職フェア、7月企業展

お申し込み受付中です!