前向きに行こう!名大社社長ブログ

2012年10月の記事一覧:

M&Aを学ぶ

先週の那古野塾は、中小企業のM&Aについて学んだ。
講師は名大社のクライアントでもある株式会社Bricks&UKの梶浦社長。名古屋では広範囲で活躍される税理士事務所。市場がシュリンクしている税理士業界で、シェアを伸ばしているのはそれだけでも実力がある証。
その梶浦社長から講義を受ける機会を頂いた。
正直なところ、僕は企業の買収も譲渡も考えていないので、特に関心のある分野ではない。しかし、関心がないと言って済まされる時代でもないとは認識している。マスメディアや小説ぐらいしか触れたことのないM&Aについて、最低限の基礎知識は持ち合わせないといけない。
企業の辿る先は4つしか選択肢がないという。
①事業継承 ②M&A ③IPO ④廃業。これがその4つ。一般的な企業の存続を中心に考えた場合、③や④の選択はかなりレアなケースとなるだろう。株式を公開してパブリックな会社になるという選択は余程の事がない限りできない。
また廃業についても、雇用する社員の事を考えれば簡単にできることではない。ましてや多額の借金があれば廃業したくてもできない状況となる。
そうなるとM&Aという選択は、無視できる存在ではないのだ。
昨今の不安定な時代になれば、中小企業にとっても視野に入れなければならない。実際、今回講座ではM&Aを検討中の経営者も結構多く参加されていた。
同業者を買収し事業の拡大を行う水平統合や、川下の会社が川中の会社を吸収する垂直統合で事業を優位に進めるなどメリットもある。コスト面で考えた場合でも、M&Aの方がリスクが少ないケースが多いようだ。
だが、自分たちの思惑は簡単ではなく、理想とする買収先は宝くじを買うような確率でしかないらしい。
地方銀行と言えども、M&A情報を持っている銀行は少なく、融資まで含めて提案ができるのはほんの限られた銀行だけのようだ。やはり小説のようにはいかないのだ。
そして、買収先のデュー・ディリジェンスが肝で、人事や財務は特に重要だという。この調査が徹底されないと買収後、とんでもないトラブルに巻き込まれることもあるようだ。
その他にもいくつかポイントとなる項目を教えて頂いたが、全体的に仕組みを理解できただけでも十分価値があった。
この事務所では、できるだけM&Aがスムーズに行えるように多くの買収や売却案件を出している。もちろん法に触れない形で・・・。
MA
少しだけサンプルを見せてもらったが、これが社会の縮図だともいえる。僕の身近な会社でもないとは言い切れない。
いずれにせよ、あらゆる角度から事業を見て、あらゆる想定をしなければならない。とても難しいことだけど・・・。
いい勉強をさせてもらいました!

オメデトウ!15周年

昨日は東京へ。気持ちのいい一日で、新幹線からは久しぶりに富士山を拝むことができた。
puf151
目的はパフ創立15周年記念イベントへの参加。パフさんは同業でありパートナーである大切な企業。
社長の釘崎さんは尊敬する経営者の一人であり、来月フルマラソンを一緒に走るライバルでもある。僕のブログにも度々登場する方。どんなに忙しかろうと駆けつけなければならない。
会場は六本木にあるライブハウス。社員の他にクライアントやパートナー、パフの卒業生など80名ほど参加し、盛大に行われた。
僕は伝説かどうかさっぱりわからないが(笑)、伝説のバンドと言われるMSPの演奏。
puf152
このライブを中心に和やかな雰囲気でイベントは進行していく。途中は合コン状態であったり、単なるカラオケ大会(失礼!)であったり、参加者が一体となれる場が作られていた。
参加者全員がこのイベントに溶け込み、あちこちで楽しそうな笑い声が聞こえてくる。これがきっとパフの魅力であり、多くの方に支持される理由でもあるだろう。
心地よい酔いが体を包んでいった。
最後には釘崎社長の弾き語りの下、社員全員が肩を組みながら一緒に唄う。
puf153
ジーンとくるシーンであった。
この勢いで参加した二次会も大いに盛り上がった。
puf154
最後の方はただの酔っ払いだったが、気持ちのいい時間を共有させてもらった。このような場に同席できたことにも感謝。
puf155
うれしい事にメッセージまで頂いてしまった。USBメモリーの記念品も気が利いている。本当はこちらがメッセージを送らないといけないのに。
今回のイベントを通し、僕も心に誓ったことがあった。
会社の50周年の記念イベントは多くの方を招いて盛大に行おうと。まだまだ随分先だけど・・・。
15周年おめでとうございます!。
これからもどうぞよろしくお願いします!

大きく、しぶとく、考え抜く。

大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論 大きく、しぶとく、考え抜く。―原田泳幸の実践経営論
(2012/09/26)
原田 泳幸

商品詳細を見る

著者の原田社長を、てっきり10歳ほど年上の方と思っていた。しかし、そんなことはあるはずない。アップルジャパンの社長から日本マクドナルドの社長に移って、既に8年になるのだから、どう考えても計算が合わない。
実際は僕より18歳年上の63歳。それだけ若々しく見えるということだ。
毎朝10キロのジョギングを欠かさないという。フルマラソンのタイムも4時間ちょい。
ランナーで経営者でという無理矢理な僕との共通点を見出しても、そのレベル差は圧倒的。比べようとすること自体、失礼な話だ。
そんな原田社長がマクドナルドの経営戦略から、実践を通して学んだこと、スティーブジョブズから教わったことまで熱く語っている。その語り口は見た目通り、実にストレート。何の迷い無なく言い切っている。
言葉そのものに自信が溢れている。揺るぎない態度はどんな意見も抵抗勢力もはねのけてしまう。かといって、傲慢ワンマンでもない。
過去において数えきれない失敗もあるが、それを乗り越えるタフさと失敗から学んだ経験で自分たちの向かうべき道を提示している。
企業がこんなトップばかりであれば、社員は何ら迷うことはない。そのビジョンに身を委ね、自らが先頭を切って走る者が登場するのだろう。
本書を読むと経営者にとってマーケティングスキルが重要であることや、強烈なメッセージがリーダーの存在感をより強くことが十分に理解できる。実践の場を通したリーダーシップ論が著者の表現したいことのようにも思える。
巻末にはファーストリテイリングの柳井社長との対談も掲載。柳井氏の新作も読んでみたいが、既に何冊も読んでいるので、今回はこちらを優先。
お互いの共通点は多い。年齢が近いことはどうでもよく、事業に関する考え方が非常に近い。どちらの企業も業界トップであるが、決して安住はしない。生き残りためにはナンバーワンでなければならないと・・・。
地域ナンバーワンなんて言っている自分は遥かにスケールが小さい。その表現方法から、甘えの構造を持っていることは否定できない。
一流の経営者の著書を拝読すると自分の未熟さを痛感することが多く辛くなる。
それが学びなんだろうけど・・・。

チャンスも多かったぞ!「なごや就職応援フェア」

昨日は「なごや就職応援フェア」。
名古屋市と名古屋商工会議所が主催するイベントを名大社が運営委託を受け開催した。来春卒の大学生を中心に650名ほどが来場。スタート前から多くの学生が列をなしていた。
10月に入っても懸命に活動する学生は多く、就職戦線終盤と言ってしまうのは語弊を感じるくらい。
真剣にパンフレットを見つめ、面談先の企業を探す学生。
なごや125
まずはブースに行きなさい!と思わなくもないが、この地区の学生はかなり慎重。もっと背中を押したい気持ちになる。頑張って回れ!
このイベントは名古屋市に勤務地があることが企業の参加条件だが、業種や規模は多岐に亘る。初めて名古屋地区のイベントに参加する企業も目立っていた。
78社の企業ブース以外にも、就職応援コーナーとして学生をサポート。
TV局の取材の入ったイベント前の基調講演や
なごや121
キャリアカウンセラー候補の名大社女子が初めて取り組んだ面接ロープレ
なごや123
僕のCDA仲間による「地元就職を失敗しない企業の見方」講座など、盛りだくさん。
なごや124
10名のキャリアカウンセラーに協力頂いた就職相談コーナーもあり、かなり手厚いフォローも・・・。
なごや122
公務員落ちでこれから民間に向かう学生、内定が全く取れずに悩む学生、どんな仕事が合うかわからなくなってしまった学生など、深刻な相談も多い。
全てを解決することはできないが、一歩前へ踏み出す力を与えることは可能。この場で元気や勇気をもらった学生も多かったのではないだろうか。
大手就職情報会社はこの時期にイベントを開催することはまずないと思うが、我々はこの後半の時期もこだわって開催していきたい。
11月30日、12月1日にも13卒向けのイベントを開催する。まだまだ、そこには可能性があるから・・・。
今回の「なごや就職応援フェア」でも、新たな発見はあったはず。
このチャンスを是非、活かしてもらいたい。

東海地区初かもしれないイベントはまずまずで・・・。

先週6日(土)に開催した「エンジニア就職・転職フェア」は、300名近い方に来場頂き、無事終了した。
まずは参加企業の皆様、そして来場者の皆様、名大社スタッフ含め関係者の方に感謝!
エンジ121
当初の来場予定数通りの参加があり、何よりホッとしたのがイベント終了時の素直な感想。
何しろ初めての試みであり、正直不安な面も多かった。多くのクライアントから満足の評価も頂いたのはうれしいが、完全ではない。改善すべき課題もある。甘えは禁物。反省会は早速、今週にも行いたい。
今回のイベントは技術者の特化したこともあり、告知方法からイベントのオペレーションまで、これまでのイベントとは大きく変えた。詳細は企業秘密だが、これまで当然としていたTVCMを流さなかったのは大きな賭けでもあった。
このような企業PRボードを設けたり、
エンジ122
イベント開始前に企業によるメッセージタイムを設けたりと、
エンジ123
少しでも参加する技術者に仕事や会社に興味を持ってもらえるような場を提供。期待以上にお役に立てたようだ。
企業ブースでの面談も積極的に行われた。
エンジ124
最終的な評価は今週以降行われる企業の選考結果次第となるが、東海地区でこの手のイベントのニーズがあるのも明らか。きっと同業他社も同様の企画を仕掛けてくるだろう。偵察もあったようだし・・・(笑)。
ブラッシュアップをして、更にいい企画を考えていきたい。
本日は「なごや就職応援フェア」。
こちらも昨年までとは異なる趣向でイベントを開催。先週の勢いのまま、来場者も参加企業も満足できる場となることを祈りたい!

あざいお市マラソンRUN

マラソンのシーズンスタートを秋とするならば、昨日は今シーズン初のハーフマラソン。
滋賀県で開催された「あざいお市マラソン」に参加したのだ。自宅から高速道路を使えば1時間ちょっとの場所で開催されるため、かなり便利。
僕は大学時代の仲間に迎えに来てもらい同乗しただけなので、何の苦労もなく会場まで辿りつくことができた。
昨日を迎える前まで、「あざいお市」という市にお邪魔すると思っていた。しかし、それは単に僕の知識不足。開催されたのは長浜市であって、そもそもあざいお市なんて存在しない。
正式には「あざい お市マラソン」なのだ。戦国武士で有名な浅井長政の妻のお市から名付けられた大会にすぎない。う~ん、紛らわしい・・・。
あさい3
会場ではこの2人が迎えてくれたけど。
指定の駐車場からは社員旅行でも使用しそうな豪華なシャトルバス。
あさい1
コースとして走る秋桜の咲く川沿いののどかな通りを通りながら会場となる浅井歴史民俗資料館へ向かった。
あさい3
今回のハーフマラソンは、11月に走るフルマラソンの前哨戦。
フルマラソンを無事完走するために、どう走ればいいのかを考えながら取り組んだ大会。
これまで僕のマラソンは先行逃げ切り型。
そう言うとカッコいいが、実際はそんな事はなく、前半出来るだけ早く走りタイムを稼ぎ、後半の失速をカバーする走りだった。しかし、そんな走り方ではフルマラソンで走りきるのは難しい。できるだけ同じペースで走ることがフルマラソンの基本なのだ。
そのため今回は1キロを5分30秒と決め、そのタイムで21キロを走りきろうと計画。
そのタイムで走れば、10キロは55分、20キロで110分、21キロちょっとで116分で走ることとなる。同じペースで走り、1時間56分でゴールする作戦だった。
スタートはどん詰まりで思うようにはいかないものの、2キロからは順調にそのタイムで走っていった。いつもは最初の10キロは50分強で走るのだが、本日は計画通り55分ちょい。驚いたことに普段より疲れない。しんどくないのだ。
なんと18キロ近くまでは同じペースで走ることができた。最後はスタミナ切れでタイムは伸びてしまったが、結果ネット1時間58分でゴールを迎えた。ちょっと残念!
昨日の暑さを考えれば、ほぼ予定通りと言えるのかもしれない。コースは平坦で走りやすかったことを差し引かなければならないが、これまでのレースとは違う経験ができたのも収穫。いつものハーフは最後、フラフラ状態でゴールするのだが、今回はそこまでではなかった。しんどいのは間違いないけど・・・。
そんな意味では満足できる内容だった。しかし、昨日のマラソンではフルを走りきる体力はない。もっと体力を付けなければ。倍の距離を走ろうと思うと課題は多い。あと1か月半。厳しいな・・・。
今回は参加賞としてTシャツの他に新米も頂いた。
あさい5
風光明媚で気持ち良く走ることもできた今大会。来年以降の定番にしてもいいかもしれない。
お疲れさまでした!

広島にて その2

厳島神社を後にして向かった先は原爆ドーム。
路面電車を利用し目的地まで移動したのだが、名古屋でいえば基幹バスに乗っているイメージに近い。
広島=厳島神社、広島=原爆ドームなんて、いかにも安易な選択だが、やはり見ておかねばならない場所なのだ。
広島15
広島12
黄昏時の原爆ドームは僕らに何を訴えかかているのだろうか・・・。
川沿いで佇む若者たちがやけに平和そうに映っていた。瓦礫もそのままの状態で置かれている状態が、その悲劇の爪跡を象徴しているようにも思えた。
広島の繁華街の代表は本通り商店街。
広4
昔ながらの雰囲気を漂わせながらも、人気のブランド店が華やかな店構えを見せていた。そんな街を歩きながら感じたことがある。
広島の方は赤信号をしっかりと守る。どれだけ小さな横断歩道でさえも・・・。当然と言えば当然だが、名古屋だと安全が確認されれば、急いで渡ってしまうケースがあると思う。のんびりと構える人が多いのだろうか・・・。
広3
夜の繁華街は新天地や八丁堀ということか。
一度、お邪魔しただけではわからないが、名古屋でいう女子大小路にも似ている。広島名物のお好み焼きのお店も多い。賑やかな夜を過ごさせてもらった。
このお好み焼はその繁華街ではなく、広島駅前の麗ちゃん。
広5
名古屋に戻る前に寄らせてもらった。中途半端な時間にも関わらず、超満員。グイグイとビールやハイボールが進む。それにしてもお好み焼屋さんは人の名前が多い。それもいかにもオバちゃんぽい名前が・・・。
どこまで仕事だったかは皆目見当がつかない怪しいブログになってしまったが、楽しい時間を過ごさせてもらった2日間。
大変お世話になりました!

広島にて その1

先週は広島に出張。
広島駅周辺は整然として街自体が整備されている印象を受けた。
広島1
広2
駅前に川が流れているのも広島市の特徴だろう。大都市でもない地方都市でもない程よい街の大きさを感じさせてくれた。
空いた時間を利用して日本三景の一つ「安芸の宮島」へ。
お勧めされたあなごめしと厳島神社まで足を延ばした。あなごめしで有名な「うえの」。
広島3
ピーク時間をずらしてお邪魔したが、それでも30分以上の待ち時間。全国からこのあなごめしを食べに訪れているようだ。
広島4
やわらかくしっとりとした味。名古屋では味わえないな・・・。
そして船で渡り厳島神社へ。
広島5
観光気分も手伝ってか瀬戸内海も美しく見える。
広島14
厳島神社へは高校の修学旅行以来。悲しい話だが、その当時の事はほとんど覚えていない。
広島8
広島7
こんな商店街があることも、大きなしゃもじが飾ってあることも初めて知ったという感覚。
ちょうど干潮時であったため、多くの観光客は鳥居まで歩いていく。
広島9
我々は革靴だったため、昂る気持ちを抑え我慢。
それにしてもこの景観。満潮時も絶景なんだろうけど、秋晴れによく栄える。
広島13
広島10
広島11
宮島は厳島神社があるだけではないようだ。
時期になれば、海水浴もできるし、グランドでソフトボール大会だってできてしまう。
こんな場所もあるんだね。
広1
すっかり写真ばかりになってしまったが、素晴らしい思い出に。
それほど時間的な余裕はなく厳島神社を後にしした。
続く・・・。

そして、「なごや就職応援フェア」

名古屋市12
昨日に続いて、本日もイベントのご案内。というよりも宣伝。
「エンジニア就職・転職フェア」を開催した翌週10月9日(火)は「なごや就職応援フェア」は開催する。昨年まで「名古屋市会社合同説明会」という名称で開催していた名古屋市、名古屋商工会議所主催の新卒及び卒業後3年以内の若年者対象のイベント。3年目の今年は更にスケールアップしてイベントを行う。
昨年までは会場のキャパの問題もあり1日あたり48社がMAXの状態であったが、今年は78社の企業に参加頂く。当初は70社で予定を組んでいたのだが申込み数が多く、会場レイアウトを再度調整し78社まで対応したのだ。それでもお断りをした企業も出てしまったが・・・。
そんな状況から判断してわかると思うが、人手不足を感じている企業は多い。若手を中心に積極的に採用を検討している企業が数多く存在する。まだまだチャンスは多いのだ。
当日は企業との面談コーナーとは別に就職応援コーナーも設けている。ここではキャリアカウンセラーによる就職相談を始め、就活のための講演やワークショップも用意し、来場者のサポートを行う。
思うように就職活動が進まないと自分を見失ってしまうケースもあるかもしれない。当たり前と思えることも気づかないうちに抜け落ちてしまったり・・・。
そんな場合こそ、遠慮をせずにこのコーナーを利用してもらいたい。いい振り返りができるはずだし、最近就活を始めた方には新鮮な情報が得られるはずだ。
何度も言っているが、あきらめない若者は最後まで応援する。
そんなイベントの詳細はこちら
<日時>2012年10月9日(火)
     12:00~17:00
     ※特別講演は11:00から行います。
<会場>ウインクあいち 8階展示場
    名古屋駅徒歩2分

東海地区初!かもしれない、エンジニアフェア

エンジニアフェア
今週の土曜日、10月6日に「エンジニア就職・転職フェア」を開催する。
写真のポスターにある通り技術者を対象とした合同説明会。技術者に限定した合同説明会はこの東海地区ではほとんど聞いたことがないが、絶対とは言えないので、ブログタイトルのような曖昧な表現になってしまった。
名大社としては初めて試みる企画。クライアントの要望と現状のマーケットをリサーチしながら開催することを決めたのだが、どこまで参画企業を集められるか当初は不安要素も多かった。
結果的に見ればそれは杞憂に終わり、当初の計画通り45社の参画でイベント当日を迎えることができる。ありがたい事に新聞社やTV局にも取り上げてもらった。
参画企業もバラエティに富んでいる。
EVで技術力を発揮する自動車メーカーから全国トップクラスの工作機械メーカー、アプリ開発で話題のIT企業、長い歴史を有する地元建設会社まで、企業規模も業種も多岐に亘る企業に参加頂くのだ。
イベントのスタイルもこれまでの転職フェアとは趣向を変え、より求職者と企業がマッチングしやすい構成にしている。
台風17号も過ぎ去ったことだし、あとは無事に当日を迎えるのみ。
このイベントに関わる全ての方に満足を提供できれば幸いだ。
イベントの詳細はこちら
<日時>2012年10月6日(土)
     11:00~17:00(企業との面談は12:00~)
<会場>吹上ホール 第2ファッション展示場
    地下鉄「吹上駅」より徒歩5分
※経験者はもちろん、未経験の方や来春卒業予定の方も歓迎。
※先着100名の方にはQUOカードをプレゼント。

2 / 3123