前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「体を動かす」の記事一覧:

マラソンと温泉とイタリアンと私 その1

昨日はとても長~い一日。
まずは名古屋シティマラソン。今年2回目のハーフマラソンである。
city131
名古屋市内を駆け抜けるため、記念品のTシャツではなく、宣伝も兼ねて「名古屋の名物 名大社」Tシャツで走ることにした。
(圧倒的に同系色の名古屋シティTシャツを着ていたランナーが多かったので、あまり目立たなかったかも・・・)
当日は、人、人、人。会場となるナゴヤドームへ到着時には、既にカラフルなウェアを身にまとった女性ランナーがアップをしていた。
city132
昨年はランナーはドーム内に入れず、外で待機をするという寒い思いをしたが、今年は改善されドーム内で待つことに。これはとても快適。場内も出展ブースがお客を待ち構える状態になっていた。
city135
今回は大学の友人と今年入社する新人名大社男子と一緒に走る。
city133
爽やかな好青年で、スポーツマンらしいのだが、結果だけを見れば口ほどでもなかった(笑)。(今度は頼むぞ!)
スタート時点では、ナゴヤドームらしくドアラとチアドラが声援を送っていた。
city134
当初は20度を超す暑さになると予測されていたが、実際は曇天で気温もそれほど高くない。こちらの方がありがたい。平坦なコースのため走りやすく、一定のペースを守って走っていたため、思った以上に快適に走ることができた。
いつもなら15キロ過ぎたあたりから、アップアップ状態になるが、昨日は全然大丈夫。
最後の1キロは5分を切るタイムで走ることができた。タイムは1時間51分と密かに狙っていた1時間50分切りはできなかったが、疲労度もいつもに比べ少なかったため、自分としてはもう少し何とかなったのではと少し反省。それでも十分にマラソンを楽しむことができた。
終了後は、新人名大社男子と名古屋クラウンホテルへ。ここは名古屋のど真ん中にあるにも拘らず、温泉がある。
city136
懇意にする堀場社長に部屋を用意してもらい、その三蔵温泉にゆったりと浸かる。
city137
きれいに汗を流し、何とも気持ちがいい。そして、部屋で乾杯。
city138
生ビールと美味しい料理を堪能させて頂いた。感謝!。
(名古屋シティマラソンに参加する方にはおススメ。と代わりに宣伝・・・笑)
マラソンの疲れを癒すことができた。
これでも十分、充実した一日だが、この日はまだまだ終わらない。
続きは明日・・・。

トホホの2月

当初の予定通りというべきか、それとも最初から諦めていたというべきか、先月は全く目標に届かない月であった。
その目標とは月間100km走るということ。2月が28日しかないなんて全く言い訳にならない。昨日の5kmのランニングを含め、月間56kmという未達成も甚だしい数字。50%をようやく超えた程度の出来の悪い営業で小さく丸まってしまいそうだ。
10km以上走った日は一度もなく、10kmが2回のみ、あとは5kmと今月行われる名古屋シティマラソンにかなり不安を残す。密かに狙っていた1時間50分切りは夢のまた夢で、平凡なタイムで終わりそうな予感。
トホホ状態はランニングだけではない。
月間目標5冊としていた読書も恐ろしいことに2冊読んだだけ。自分で設定したノルマの半分以下で出来の悪い営業を通り越し、毎日上司にコテンパンに無能扱いされ、ガックリ肩を落とし続ける情けない営業のようだ(笑)。
そんなに忙しかったか振り返ってみるとこれまで経験したことのない仕事を頂いたり、出張があったり、泊りがけの業務もあったり、イベントも3回あったり、半分以上飲み会だったりと目まぐるしく動く毎日であった。
(何だか言い訳がましいイヤラシイ性格ですね・・・)
2月なんて、ついこの間スタートしたばかりと思っていたら、あっという間に終わってしまった。メチャクチャ早い一ヶ月。忙しいのはとてもいい事なんだけど・・・。
先月は伊良湖で走ったこともいい思い出になったが、海沿いでは水しぶきが掛かったり、風に吹き飛ばされそうになったり・・・。これも神のお叱りだろう。
irako10
3月はウホホッと言えるよう、目標に向かって気持ちと行動を切り替えて行こう。
何だか一昨日の釘さん日記みたいだな・・・(笑)

デットヒート!犬山国際友好シティマラソン

昨日は犬山国際友好シティマラソンの10kmの部に参加。ハーフに比べ気持ちは全然ラクで前日もつい飲み過ぎてしまった。
この大会は大学時代のサークルの先輩、同期6名で参加。映画研究会という固い文化系サークルのはずだが、最近は走ってばかりいる変な集団である。
犬山駅から会場となる犬山城麓の針綱神社までの道のりは風情があり城下町らしさが漂ってくる。
ご当地キャラのわん丸君が出迎えてくれ、犬山城を眺めながら街を散策する。ほどよい緩さが心地いい。
犬山131
犬山132
犬山133
この犬山国際友好シティマラソンへの参加は今年で3回目。のどかな雰囲気もいい。
犬山134
気持ちいい走りをした後に犬山駅前の焼肉屋さんでビールを飲むのが定番。10kmのマラソンだとそれほど疲労度もないためちょうどいいかもしれない。
今回は実力差があまりない僕と先輩2人との競い合いがメイン。スタートと共にお互いの走りを見ながら、ペースをコントロールすることになった。僕と一番ベテランの先輩は同じペースで4キロ近くまで一緒に走る。気づくのが遅かったが、その少し前にもう一人の先輩が走っていた。
経験値としては一番少ないため、どうしても負けるわけにはいかない。5キロ地点で追いつき、追い抜こうとするとその先輩がスピードを上げ、僕らを置き去りにしようとする。
しばらくするとまた追いつきデットヒートを繰り返す展開。こうなるとペースは次第に上がってくる。お互いを意識しだし、追いつ追われつという先日の大分別府マラソンのような展開に(もちろんそんなに速くないけど・・・)。
瞬間的に僕がトップになるものの、しばらくすると追い抜かれ3番手になったりと・・・。
8キロ時点くらいから一番実績のある先輩がスピードを上げ、距離を離していく。その時僕は3番手で、2番手の先輩の背中を見ながら、付いていく状態。
そして、9キロ時点でスパートを上げ、2番手の先輩を追い抜く。しかし、その先輩が後ろから最後追い抜くことを狙っているようでヒヤヒヤの状態。懸命にペースを維持し、必死に走る時間が続く。何とか猛撃をかわし2番手でゴール。
タイムはグロスで49分26秒。
最初にゴールした先輩と3番手の先輩と僕の3人の差はわずか30秒ちょっと。昨年とほとんどタイムは変わらないが、そのライバル意識むき出しの走りは、いい緊張感と共に気持ちのいい汗を流させてくれた。
もし、お互い意識しなければ間違いなく50分は超えていただろう。ライバルの存在はやはり大切なようである。
後からゴールした3人と一緒に駅前の焼肉屋へ。しかし、その焼肉屋は予約で入れないという。昨年までは余裕だったのに、その存在は知れ渡ってしまったか・・・。残念!
仕方なく名古屋駅まで戻り、そこで乾杯をすることになった。
犬山135
最近は専らハーフの大会ばかりだが、このような走るができる10kmの大会も面白い。ちょっと無理をしても体は堪えないし・・・。
おかげさまで美味しいビールを飲むことができた。イエス!

1月は目標達成したけれど・・・

今年いくつか立てた目標の一つにマラソンの項目がある。
それは月間100km走るという目標。社員の前でも発表したし、ブログにも書いて宣言してしまった。過去の自分を振り返れば、それは相当ハードルの高い目標で達成するのは至難の業。百も承知である。
最初の1ヶ月が昨日で終了した。結果、1月の走った距離は108km。そう、やすやすと目標達成したのだ。目標の100kmを何と8kmも余分に走って(そんな偉くもないが・・・)。
これは正月休みにかなりの距離を走り、ハーフマラソンの大会に出場した前半戦の貯金が効いたためだ。月の前半でほぼ7割走ったのだから、目標達成は難しいわけではない。ハーフの大会もそこそこ満足するレースができたし。
逆を言えば、通常稼動の後半では週15km程度しか走っておらず、そこだけ換算すると目標達成は難しい。朝は暗いし、寒いし・・・。
結局、何を言いたいかというと、1月は休みが多かったので走れたが、朝が寒くて暗く通常稼動の2月は難易度が高いということ。
平日の夜の予定もテンコ盛り。更に週末の予定、それも泊り込みの予定(もちろん仕事中心です!)も多く、走れる環境にない。
ただの言い訳坊主状態だが、2月は目標達成できません。走る前から敗北宣言。白旗を上げる。
それでは周りに示しがつかないのも十分理解はしている。足りない分は他の月でカバーして、年間では確実に達成する方向に持っていくが、当初から懸念された2月は始まる前から脱落・・・。情けないですね。
それでも、できるだけ目標に近づける努力はしていく。していきます。
見捨てることなく、温かく見守ってもらいたい(笑)。

FunRun みのかも日本昭和村ハーフマラソン

昨日は今年最初の出場となる「第7回みのかも日本昭和村ハーフマラソン」に参加。本日が雨なので、天候に恵まれたのは本当にありがたい。日頃の心掛けがいいと前向きに捉えたい。
会場となる美濃加茂市の昭和村には大学の先輩と共に車で参戦。途中、事故渋滞に巻き込まれ、最悪の日の記憶がよみがえってきた。
minokamo1
ヤバい、ヤバいと思いながらも、何とか時間までに会場まで到着することができた。
昨日は雲一つない晴天。気温も意外と暖かい。最高のマラソン日和といっていいだろう。
minokamo2
12月に参加した「鈴鹿シティマラソン」の反省を踏まえ、今回は全体での準備運動にも参加し、余念なくストレッチ。
minokamo3
この「みのかも日本昭和村ハーフマラソン」は、僕が参加しているハーフマラソンの中では一番しんどいハードなコース。
ちなみに過去のブログはこちら。
2012年「力尽きた・・・。みのかも日本昭和村ハーフマラソン」
2011年「みのかも日本昭和村ハーフマラソンRUN」
かなりきつい坂が4か所あり、最後の18キロからゴールまではずっと上り坂が続く難コースなのだ。毎年、その18キロ時点でヘロヘロになり、歩いているか走っているかわからない状態になる。そして、足も攣る。
昨日は、一定のペースを守ることを心掛け走ることに。下り坂はどうしてもスピードが速くなってしまい、それが後々、体に負担を与えることもあるため・・・。
気を付けながら、1km5分10~20秒を目安に走る。10キロ時点では52分とまずまずのペース。10~15kmあたりもすごく楽に走れた。さすがに最後の上り坂は辛かったが、昨年までと比べるとかなり軽減された。瞬間的に足が悲鳴を上げそうにもなったが、ペースを落とせば落ち着き、ゴール手前ではスパートをかけることもできた。
タイムは大したことはないが、縁起よく1時間55分55秒。ゴーゴーゴーゴー。
minokamo5
レース終了後は、参加者に振る舞われる豚汁を頂く。これが疲れた体を癒してくれ、たまらなく美味い。
minokamo4
欲を言えば、途中のペースを上げることで、もう少しタイムを縮めることができたと思うが、それも結果論に過ぎない。力のない者は練習を重ねタフになっていくしかないのだ。
楽しく走れた本大会。終了後も街に繰り出し、かなり遅い帰宅になってしまった。それは反省(笑)。
お疲れさまでした。

目指せ!月間100キロRUN

今年、いくつか立てた目標の中にマラソンの事がある。
昨年走れなかったフルマラソンへの参加。そのフルは4時間30分というタイム。そして、月間100キロ走ること。
自分で言うのもなんだが、かなりハードルの高い目標である。しかし、目指すからには目標は高くないといけない。昨年だってフル参加を決めた時は5か月間で500キロを走ってきたわけだから実現不可能ではない。
問題は日が短くこの寒い季節。朝型の僕としては、この寒さで気持ちが折れそうになることは何度もある。走らない理由を作るために、雪が降らないかなあ~と思ってみたり・・・。
ただ会社のメンバーの前でも、このブログでも宣言してしまったので、やらないわけにはいかない。
やります!
何事も最初が肝心。この正月も結構走った。元旦からスタートして、昨日までで4日間、のべ37キロの距離を走った。まずまずのスタート。
今週末はみのかも昭和村ハーフマラソンに参加するため、少なくとも半月で58キロは走ることにはなる。出足としては順調といっていいだろう。
多分、2月が相当難関(あと7月あたりかな)になってくるだろうが、体調管理を整えて臨むようにしたい。
cwx
新しくCW-Xも購入し、長距離のランニングに耐えられるようにもした。あとは走ることで体重が落とせればいいのだが、これまでは不思議なことに全くといっていいほど効果に表れない。食べて飲んでいるのが、度が過ぎているのか・・・。
どのタイミングで、どのフルマラソンに参加するかは決まっていないが、決めた段階でライバルに少しでも差もつけていたい(笑)。
まずは今週末のハーフマラソンを乗り切ろう。かなりキツイ大会だけど・・・。

あ~、目標達成できず・・・。

随分とレベルの低い話なので、バカにされることも覚悟して、ブログに書くことにしたい(苦笑)。
中日1
今年、果たすべきいくつかの目標の中に、とてもとても小さくどうでもいいような事だが(えらく言い訳がましい)ゴルフのスコアの目標があった。年内には100を切るという目標が・・・。
これまでそれほどラウンドすることもなく、練習をすることもなかったが、いろんなお付き合いの中でゴルフの重要性と面白さがわかってきたので、そんな目標を立てたのだ。
決して高くない目標であるし、周りは80台、90台で回る方ばかりなので、せめてそれくらいの数字を出さないと情けないと思っていた。
自ら率先してラウンドするのは少なく、お誘いいただいて回るケースがほとんど。せいぜい月1回あるかないかのペースだった。それでも暇を見つけては練習場に行き、ドライバーやアイアンも買い換えた。
6月にクライアントのコンペに参加した時は、前半は57だったが、後半は48のトータル105。ハーフで初の40台をたたき出したこともあり、自分でも100切りは時間の問題と思っていた。
ところがである。
その後が全く伸びない。100台ならまだしも110台がほとんど。酷い時は120を叩くこともあった。全然上手くならない。成長しない。
ブログに書くこと自体、恥さらしで、社員も白い目で見ているかもしれない・・・。それよりも「あそこの社長大丈夫か!」なんてお客さんにも思われてしまうだろう。隠しても仕方ないので暴露してますが・・・。
そして、昨日が今年最後のゴルフ。すなわち最後のチャンス。
会社のメンバーと経営者仲間と一緒にラウンド。1ホール目のロングホール。なんといきなりパー。あり得ない幸先いいスタート。その後もボギー、ダブルボギーとそれほど悪くない。ショートホールでもパー。これはもしかしたらと期待した途端、7ホール目でOB連発の11。その後もダブルパーが続く悲しい状態。
ハーフを終わってみれば58と100切りは遥か彼方へと消えていった。後半も結果的には同じような出来でスコアはいつもと同じ110台。トホホ・・・。
何ら成長することなく、目標達成には遠く及ばず、一年を終了することとなった。センスがないのか、努力不足なのか、道具が悪いのか、原因はいろいろと考えられるが、結果は結果。目標未達成のまま、今年を終了することになった。う~ん、お粗末。
でも、何とかなるような気がしてならないし、来年、もう一度チャレンジしたいと思う。もし来年ダメだったら、ブログには書かないけど・・・(笑)。

まさかの鈴鹿シティマラソン

まさかの富士山マラソンから3週間。昨日は鈴鹿シティマラソンのハーフマラソンの部に参加。走る前にこのブログのタイトルは既に決まっていた。「鈴鹿サーキットを駆け抜けろ!」という颯爽としてカッコいいタイトルに・・・。
しかし、結果を見れば、使われないまま終わってしまった。そんなタイトルに相応しくない走りだったのが理由として。
今回のマラソンも車で先輩と一緒に参加。大渋滞も予測されたが、そこは毎年F1レースを開催している鈴鹿サーキット。大渋滞を回避するノウハウが身についているのか、ストレスは全く感じることなく会場にたどり着くことができた。会場内の受付もスムーズ。さすがと思わせるオペレーションだった。
鈴鹿1
鈴鹿2
ホンダのお膝元でもあるので、名車が並び、車の宣伝も平然と行われていた。
鈴鹿3
鈴鹿4
スタートはまさにレースのスタートと同様。
鈴鹿5
1分前からカウントダウンが表示と共に始まり、10秒前からは「ファ・ファ・ファ・ファ~ン」とF1さながらのサイレンが鳴り、真っ赤なライトの表示が変わる。ランナーはレースの様なスタートダッシュ。そんな気分であった。
サーキット内をTVの中継で観る限り、とても平坦なコースに思える。しかし、実際に走ってみると大きく異なる。
平坦な箇所は少なく、そのほとんどがアップダウンなのだ。1周5.4キロを走るだけでもかなりの疲労が伴う。サーキット外の市街地もアップダウンが続く。こちらも平坦な道は少ない。
それでも安定したペースで走っていた。1キロ5分20~30秒のタイムで15キロまでは走り、感触も決して悪くはなかった。
ところがである。再びサーキット内に戻った17キロ時点で足の状態がおかしくなった。ふくらはぎがピリピリし始め、しばらくすると完全に攣ってしまった。それも両足。やばいと思いながら、ペースを落としながら走るも限界が来た。屈伸しストレッチをし、歩きながら体を整え、再び走り出す。
だが、足は復調せず、17キロ以降は徒歩とRUNを繰り返しながら、ゴールを目指すしかなかった。残り4キロほどで30分程度かかり、結果として2時間1分でゴール。
何とも情けないタイムでこのマラソンを終了した。まさかの鈴鹿シティマラソンだった。途中までは快調だっただけに残念であるが、これが実力。受け止めないといけない。
そんな結果だったが、その後が酷かった。かつてないくらいの足の攣りと痛みが体を襲った。キーンと襲う足の張りが体を覆い、身動きが取れない。着替えることもできない時間がしばらく続いた。ここ3週間の走り込みは足りなかったが、それまでは結構走ってきただけに理解し難い状態だったのだ。
スタート前のこの余裕の表情がかなり恥ずかしい(涙)。
鈴鹿6
次回は年明けの「みのかも昭和村ハーフマラソン」。
リベンジといかないまでも、最後まで走りきる体力を養いたい。いくらアップダウンが激しいとも・・・。

まさかの富士山マラソン

まずは今回のフルマラソンに向けて、温かい声援やメッセージを送って頂いた方に感謝すると共にお詫びします。申し訳ありませんでした。一緒に走る予定だった仲間の方にも。
結論から言えば、完走どころかスタートラインに立つこともできないまま、僕のフルマラソン初挑戦は終了しました。最悪の想定よりも予想だにしない結果で終わったのです。情けなく空しく恥ずかしく悲しい気持ちが複雑に混じり合っています。
朝4時に起床し、4時半過ぎにホテルを出発。ある程度、渋滞はあるにせよ6時にはパフの釘崎社長が用意してくれた旅館の駐車場に到着の予定でした。
fujim12
それが河口湖IC出口4キロ手前付近から全く車が動かなくなり、結局、そこで3時間ほど時間を費やし、マラソンのスタートには間に合いませんでした。旅館の駐車場どころか指定の駐車場にすら行けない状況でした。
fujim13
渋滞の予測がなっていないと言われればそれまでですが、朝5時前後でインターを抜けるのに3時間もかかるとは中々予測できません。同じような環境のランナーも焦りからか高速道路に出て、様子を伺う状況でした。
駐車場に到着したのは既にスタートして1時間ほど経過した後。それでも会場までのシャトルバスはどんどん来るし、他のランナーもバス乗り場に並び乗り込むため、まだ走れるものと期待して会場近くまで向かいました。それまでも何人かのスタッフに出場の有無を聞くものの、全く分からないという回答ばかり。
fujim11
fujima14
バスで総合受付に到着し、走れるかどうか確認するとそれは出来ないという返事。あえなく初挑戦は泡に消えました。
詳細は分かりませんが、今回僕と同じように参加できなかったランナーは5000名を超えるということ。ランネットの評価を読むとその無念さが僕にも伝わってきます。
主催者側は参加できなかったランナーには全額払い戻しという案内がHPで公表されていましたが、どうでもいいと言えばどうでもいいですね。
唯一救いだったのは一緒に走る予定だった釘崎社長が名大社Tシャツを身にまとい、42.195キロを完走してくれたこと。できれば一緒に記念撮影をしたかったですね。
fujim20
と今回は何故かまじめ口調のブログになってしまいました。
渋滞中、あまりにも暇なので富士山の写真を撮りまくり。
fujim15
fujim16
fujim17
fujim19
天気が良かっただけに余計に残念でした。
今回のフルに向けて走った距離508キロ。
オリンピック金メダリスト野口みずきさんは「走った距離は裏切らない」というが、僕はどうだろうか・・・。
気持ちを切り替えてチャレンジするつもりはあるけどね。

広島にて その2

厳島神社を後にして向かった先は原爆ドーム。
路面電車を利用し目的地まで移動したのだが、名古屋でいえば基幹バスに乗っているイメージに近い。
広島=厳島神社、広島=原爆ドームなんて、いかにも安易な選択だが、やはり見ておかねばならない場所なのだ。
広島15
広島12
黄昏時の原爆ドームは僕らに何を訴えかかているのだろうか・・・。
川沿いで佇む若者たちがやけに平和そうに映っていた。瓦礫もそのままの状態で置かれている状態が、その悲劇の爪跡を象徴しているようにも思えた。
広島の繁華街の代表は本通り商店街。
広4
昔ながらの雰囲気を漂わせながらも、人気のブランド店が華やかな店構えを見せていた。そんな街を歩きながら感じたことがある。
広島の方は赤信号をしっかりと守る。どれだけ小さな横断歩道でさえも・・・。当然と言えば当然だが、名古屋だと安全が確認されれば、急いで渡ってしまうケースがあると思う。のんびりと構える人が多いのだろうか・・・。
広3
夜の繁華街は新天地や八丁堀ということか。
一度、お邪魔しただけではわからないが、名古屋でいう女子大小路にも似ている。広島名物のお好み焼きのお店も多い。賑やかな夜を過ごさせてもらった。
このお好み焼はその繁華街ではなく、広島駅前の麗ちゃん。
広5
名古屋に戻る前に寄らせてもらった。中途半端な時間にも関わらず、超満員。グイグイとビールやハイボールが進む。それにしてもお好み焼屋さんは人の名前が多い。それもいかにもオバちゃんぽい名前が・・・。
どこまで仕事だったかは皆目見当がつかない怪しいブログになってしまったが、楽しい時間を過ごさせてもらった2日間。
大変お世話になりました!