前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「体を動かす」の記事一覧:

カメラマンとして活躍した日

週末の金土日は転職フェア。
名古屋と岡崎で3日連続開催。
参加頂いた企業の皆さん、来場者の皆さん、ありがとうございました。

僕は昨日の岡崎会場に顔を出したものの、名古屋会場は顔を出せなかった。
どうしても外せない予定があった。
金曜日は午前中は社内で仕事をして、そのまま外出。
向かったのは神戸。
新神戸駅で集合し、淡路島を渡り鳴門へ。

遊びと思われるかもしれないが、そうではない。
その要素がないわけではないが、重要なミッションがあったのだ。

所属するロータリークラブの60周年記念旅行。
僕はこの60周年記念事業の記念誌委員会委員長。
記念誌制作の責任者であり、その記念誌を制作するのは名大社。
重要な役割を担っている。

これまでロータリーのツアーにはあまり参加していなかったが、今回はそんなわけにもいかない。
この旅行では記念誌で紹介する写真が必要。
カメラマンを手配する程ではないので、僕がその担当。

各行事に参加しながら、あちこちで写真を撮った。
基本はデジカメで押さえていたが、スマホでも撮影。
実際、スマホの方が綺麗な気がする(笑)。

淡路サービスエリアから明石大橋をパチリ。

その後、渦の道見学。
大鳴門橋架橋記念館エディというらしい。
帰ってきて初めて知った(笑)。

橋の下を歩いて渡るわけだが、風も強い。
ここから見る渦潮。

初めて見た。
かなりの迫力。

渦潮クルーズも体験させてもらった。
水中観潮船に乗り込み、渦潮に向かい間近で眺める。
水中観潮船というだけに座席から見えるのは水中。

何も分からない。
かなりの揺れ。

船酔いしそうになったころ、船上に上がる。
ここからの眺めもいい。

船上で全体写真も撮ったが、揺れも激しく大変だった。
初めて目の当たりにした渦潮だったが、感動したかといえばそうでもない。
渦潮の出来具合もあると思うが、
(そんな言い方はしないな・・・笑)
こんなもんかという感想。

それでも一生に一度はこんな体験をしておきたい。
デジカメ、スマホには膨大な写真が保存されているが、
ここは支障をきたさないほんの一部を紹介。

宿泊先はアオアヲナルトリゾート。

少し前までルネッサンスリゾートナルトと名乗っていた。
EBOに近いのかな(笑)。
夜は全体での懇親会。
僕は一人での参加だったが夫人同伴のメンバーも多かった。
仲いいっすね~。

全員で阿波踊りを踊ったり・・・。

翌日は朝RUN。

そして大塚国際美術館。
食事や美術館のことは改めてブログで書きたい。
写真を撮らなかったのは二次会くらいで、
(さすがにここはね・・・笑)
あとはバシャバシャと写真を撮りまくっていた。

何とか役割を全うした2日間。
遊んでいるようにみえてカメラマンとして活躍した日だった。

ぎふ清流も走ったぞ、ランニング日記1904

令和に入り2日目。
昨日一昨日の天気はイマイチだったが、先月はランニング日和が続いた。
4月はランナーにとって一番いい季節ではないだろうか。

僕はぎふ清流マラソンに向け積極的なトレーニングをしているかと思いきや、
いつも通りのグダグダな練習。
それでも空いた時間を見つけてはそれなりに頑張っていた。

まずは4月のランニング距離を報告しておこう。
81.5km。
結局、今シーズンは一度も目標を達成することなく終えることになった。

それは素直にタイムに反映される。
3月の名古屋シティマラソンも穂の国豊橋ハーフマラソンも前年より悪かった。
その流れからすれば、先月のぎふ清流マラソンも同様の結果となるのが当たり前。

実際どうだったのか。
いつもならマラソンの翌日にそのブログを書くのだが、
今回はサボってしまったのでその報告もしておこう。

過去3回、ぎふ清流マラソンには出場しているが、いずれもメチャ暑い日。
30度近い気温だった。
そのため記録はすべて2時間オーバー。
一度も2時間の壁を破るをことのできない大会だった。
今回もあまり期待せずに参加。
2時間1~2分でゴールできればと臨んだ。

当日は爽やかな晴天。

気温もそれほど高くはない。
Qちゃんがいつものように挨拶。

本当に彼女は素晴らしい。
小出監督が亡くなったばかりだが、
辛い表情を見せることなく18キロ時点で全ランナーとハイタッチ。
彼女がずっと愛される理由でもあるだろう。

僕もレース前は余裕の表情。

いつもなら使用前、使用後と明らかに異なるが、この日は違った。
一定のペースが終盤になっても落ちない。
思ったほど疲れや体の痛みが出ない。
走りやすい天候だったこともあるが、ラスト2キロくらいはむしろペースを上げることができた。
もしかしたらこれは2時間切れるかも、と期待しながら走った。
最後の最後にわざわざ川内選手とハイタッチに向かったのがロスだったが、
結果的にはネットで1時間59分58秒という記録。

わずか2秒だが2時間を切った。
エセランナーとしてこの2時間を切るか切らないかは天国と地獄のような差。
今回は特に期待していなかっただけ喜びも大きかった。

こうして今シーズンの、平成のマラソンは終了。
今後、大会に出場するのは秋以降になるだろう。
今月以降、走り続けるモチベーションを維持するのは難しいが、
いくら達成できなくても月間目標は下げることなく、そこに向かってランニングを継続したい。

筋肉痛も収まったし天気もいいし、今日は走ってきます!

10連休をどう過ごすか

名大社は今日から10連休。
世間と同様、大型連休となる。
この連休を利用して海外旅行に行く方も多いだろう。

海外とは行かないまでも、ど~んと国内を旅行する方も多いだろう。
経営者仲間には家族で楽しむ方もいて・・・。
デキる経営者はしっかりと家族サービスにあてるんですね。
そう考えると・・・。うむ。

会社が10連休ということは僕も10連休ということになる。
もしかしたら会社が恋しくなり顔を出すことがあるかもしれないが、基本的には休み。

では、僕はどう過ごすか。
海外旅行にも国内旅行にも行かない。
混雑するし割高だし・・・。

そういえば昨日の勉強会でこんな事を言われていた。
今年のGWは海外旅行の需要が高い。
消費意欲も強い。
その反動が夏にくるのではないか。

このGWにお金を使いすぎ、夏は財布の紐が堅くなるのではないかと・・・。
特にヨーロッパの人気が高いとお金も相当に使うだろう。
そうか、となると夏がお値打ちか?。
それも睨んでおこう(笑)。

それはさておき、一体、この10日間をどう過ごそうか・・・。
ボチボチと予定は入っている。
ぎふ清流マラソン、ゴルフ2回、飲み会、親孝行、もしかして登山。
全てが単発、そしてほとんどが体を駆使するもの。

ゴルフなんてこの半年以上一度もラウンドしたことがないのに、
GWはなんと2回も予定が入ってしまった。
ただ、これだけではGWの予定は埋まらない。
あとはひたすらインプットするのみ。

読書と映画。
映画コラムニストとしての腕も磨かなきゃいけないが、それよりも大事なのは脳を鍛えること。
体を鍛えることも大切だが、脳も鍛えないといけない。
特に最近は自分の思考能力が落ちているようにも感じる。
少しでもカバーしなきゃいけない。

傍から見ればつまらない長期休暇の使い方だろう。
百も承知だが、誰にも邪魔されない時間は意外と少ない。
ある意味、贅沢なこと。
そんな時間を使っていきたい。

肝心なことを忘れていた。
庭の草むしり。
これをやらないとそもそも家にいさせてもらえない。

求められるのはやっぱり体力のようだ。
身体6割、脳4割の配分で鍛える10連休としたい。

みなさん、いい休暇にしていきましょう。

あともう少し、ランニング日記1903

振り返ると昨年は結構走っていた。
2月も3月もノルマである100kmをクリア。
しっかりと頑張っていたのだ。

僕のようなポテンシャルのない者にはそれが単純に成績に反映する。
単純にそう思う。
昨年2月は熊本でフルマラソンを走ったため、距離を稼ぐことはできた。

昨年3月は名古屋シティマラソンと穂の国・豊橋ハーフマラソン。
今年3月も全く同じ。
昨年同様同じ大会に出場した。

雨と風。
コンディションの違いはあるにせよ、どちらの大会も昨年より大幅にタイムは落ちた。
年齢や体力など言い訳できる理由はいくらでも見つかる。
しかし、走った距離はごまかせない。

3月の結果は93.5km。
ノルマに届かず。
ハーフマラソンを2回も出ているというのに・・・。

まあ、これが当然、タイムにも影響してくる。
地道な努力が結果として証明される分かりやすいスポーツがマラソン。
同じ記録を出そうと思ったら、少なくとも昨年は上回らなければならない。
それができなきゃ、落ちるのは当然のこと。

3月の記録はコンディションのせいではなく、走った距離のせい。
すなわち努力不足ということ。
目標まであと6.5kmとはいえ、未達は未達。
この2~3月は経営者仲間の練習も一度も参加できなかった。
それも残念だった。

2つの大会を終えて共通するのは、後半バテバテだったこと。
体力面も大きいが、もう一つは体重もあるだろう。
少なくともあと3~4キロは落とさないと一定のペースで走ることはできない。
走り方から学ぶ必要もあるとは思うが、そんなことを体重計に乗るたびに思う。
体重を落とす努力をしていないんだけど・・・。

ライバルが全く走っていないのは何の影響も与えていない。
それも間違いなくいえる。

さて、この4月はGWにぎふ清流マラソンに出場する。
今シーズン最後の大会。
きっと暑い日になるだろう。
昨年もかなりキツかった。

それでも平成最後のマラソン大会。
ベストコンディションで臨みたい。
スケジュール的にノルマ達成は難しいけど…(笑)

それでも楽しい!穂の国・豊橋ハーフマラソン

タイトルにあるように昨日は「穂の国・豊橋ハーフマラソン」。
経営者仲間と一緒に参加する大会で僕は2回目の参加。
昨年はこんな感じだった。

今思えば、昨年はしっかり走ることができていた。
シーズンの過ごし方の違いか、歳をとったことの体力不足かは分からないが、
一年違うだけで随分と結果は異なる。
そんな表現をしてしまうといかに昨日の出来の悪さを証明しているようだが、
言いたいことはそうではない(笑)。

しかし、結果だけみれば否定できないので、そこも含め報告しておこう。
昨年同様、仲間と合流し会場となる豊橋市陸上競技場へ。

開会式はこじんまりした感じだったが、親近感溢れ和やかに進められた。

豊橋市長から始まり、メインスポンサーであるSalaグループ神野社長、
金哲彦さん、増田明美さんと挨拶が続く。
僕が所属するチームが凄いのは、この方たちと当たり前に友達のように話す(笑)。
なんてところにいるんだ・・・。

この日は晴天。
3月後半としては少々寒い。
マラソンのコンディションとしては最高のはずだった。

はずだったというのはこれさえなければ最高ということ。
何かといえば風。
強烈な風がこの大会全体を襲っていた。

スタートし市街地を抜け住宅地を通り、堤防沿いを走るのがこの大会。
路面電車と並走するのもこの大会の魅力。
だが、場所が変わると強烈な風で身体が飛ばされそうになる。
特に向かい風や横殴りの風はツラかった。
堤防沿いの走りではもがいていた。

沿道で声援してくれる方々が吹き飛ばされそうになるのをみると却って心配してしまったり・・・。
それが原因ではないが、思うような走りはできず。
あくまでも言い訳に過ぎないが、昨年より5分ほど遅くゴール。

ネットタイム2時間2分36秒。
2時間切りは当然と思っていたが、残念な結果に終わった。
まあ、これが実力ですね・・・。

終了後は集合場所に戻りシャワーを浴び、懇親会。
いつものように焼肉。

疲れをビール、ハイボールで癒すことになった。
なんとその場所に金哲彦さんが駆け付けてくれた。

マラソン界で知らない方がいない方と飲めるのは光栄。
大河ドラマ「いだてん」でも金さんがマラソン指導をされている。
ブログアップの許可も頂いた。
走り方から直々に教えてもらわねばなりませんね(笑)。

不甲斐ない成績であったが、仲間と一緒に走り、お酒を酌み交わすのは実に楽しい。
素晴らしい設営に感謝!。
来月は今シーズン最後となる「ぎふ清流マラソン」。
多分、変わり映えする走りはできないと思うが、この大会も楽しみたい。

お疲れ様でした。

雨もあるさ、名古屋シティマラソン

昨日は名古屋シティマラソン。
前日に受付を済まし、本番に臨む。
記念品のTシャツを着るかなんて悩むことはない。

ダイキョーオータさんで作ってもらったTシャツとCAPで走るのがこの大会。
名古屋市街地を走るわけだから少しでも宣伝をしなければならない。

天気予報は雨。
この名古屋シティマラソンは、1度だけ入金忘れで出場を逃した以外は全て参加。
天気はずっと快晴。
それも暑いくらいなのがこの大会。
それが今回は初めて雨の予想。
多分大丈夫だろうと安易な気持ちでナゴヤドームへ。

地下鉄を降りた瞬間、すごい人。
参加者数は変わらないはずだが、交通渋滞していた。

フルマラソンを走る女性陣は色とりどりのユニフォーム。
ナゴヤドーム内も華やいだ雰囲気を醸し出していた。

今回は大学時代の先輩と一緒に参加。
スタート前は余裕の表情で記念撮影。

毎年恒例だが、少々飽きのある(すいません…)河村市長の挨拶。
もう少し違うことを言えばいいのに・・・。

本大会のMCは山口千景さん。

うちのラジオ番組でもパーソナリティーを務めるタレントさん。
名古屋ウイメンズマラソンもホノルルマラソンも走るビジョガー。
近くの場所で手を振ったが、全然気づいてくれなかった(笑)。

自分たちの指定された場所に並ぶ。

その頃からポツポツと雨が降ってきた。
早くスタートしたいがなかなか進まず。
僕が並んだSはスタートラインまで7分掛った。

途中の雨はほとんど気にならず。
まずまずのペースで走っていくが、やはり日頃の練習の成果が表れるのであろう。
それほど苦しくはなかったものの、ひざあたりがかなり痛くなっていた。
ここ最近では感じたことのない傾向。
単純に体が重い?。

ラスト2キロくらいはツラかったが、何とかゴール。
走っている時はあまり感じなかったが、走り終えて結構な雨が降っていることが分かった。
汗じゃなく雨でずぶ濡れだったわけね。

そのせいか、Appleウオッチも上手く反応しない。
ゴール時点でストップを押しても機能しなかった。
タイムは1時間58~59分あたり。
何とか2時間は切ったものの、もう少し早く走れたんじゃないかな・・・。
でも、これが実力ですね。
やはり酒量と体重かな(笑)。

いつもであれば食事という飲み会に移行するわけだが、この日はそういうわけにはいかない。
岐阜で「ジモト就職フェア」を開催しているので、
急いで自宅に戻りシャワーを浴び現場に向かった。
階段が辛い。

会場では何事もなく過ごし、疲れた体で自宅に帰った。

こんな時に限って大渋滞。
おいおい勘弁してくれ、と結構長い一日であった。

今シーズン初めてのハーフマラソンはいい練習と捉えておこう(笑)。
本番は月末の穂の国・豊橋ハーフマラソンだな・・・。

これもいい運動。
お疲れ様でした。
う~ん、足が痛い。

どうにかなるさ、ランニング日記1902

この3月は僕にとってマラソンのピーク。
週末10日には名古屋シティマラソン、
24日には穂の国・豊橋ハーフマラソに参加する。
今シーズンでは初めてのハーフマラソン。

昨年は1月にみのかも日本昭和村ハーフマラソンに参加したし、
2月には熊本でフルマラソンも走った。
3月のスケジュールは昨年と同じだが、あきらかに質と量が違う。

今の状態でハーフマラソンを走り切る体力があるかどうかも分からない。
その分、しっかり走り込めばいいものの、
やはり大会が決まっていないとモチベーションも上がらない。

2月も継続的に走ったものの、目標には遠く及ばず。
走行距離は78.5キロ。
それなりではあるものの、結局は目標未達。
先月もだらしなく終了してしまった。

それでも少しばかりは努力した姿を見せなければならない。
ライバルに証明するためにも見せる必要はあるのだ。

基本的にランニングの際はアップルウォッチを使用。
無機質な声だが1キロごとに走行距離、時間、平均ペースをアナウンスしてくれる。
そのため走っている時はほとんど時計を見ることがなくなった。
大体が分かればいいのだ。

スマホのNike Run Clubと同期しているので、後から細かい数字をチェックできる。
走っている最中にスマホを持参することはなく、あくまでもあとで確認するだけ。
時々、アップルウォッチの調子が悪くなる。

実際は13kmと18kmを走っているはずだが、少し足りない(笑)。

先日は久々に18kmを走った。
タイムにこだわらなければ距離は走ることはできる。

一応、これは走っているぞアピール。
先週末は午前中から予定もあり、LSDもできず。

日曜日は名古屋シティマラソン。
そんな週に限って、今日から金曜まで毎晩予定が入っている。
もう言い訳しようとしているのか?。
天気も心配だし・・・。

いやいや、そうじゃない。
どうにかなるさ、きっと。

この3月は2つの大会。
月末の穂の国・豊橋ハーフマラソンにはなんとかいいタイムを出したいな。
どうにかしないといけないね(笑)。

ずっとタカイと? あれやこれやの一週間

たまには今週を振り返ってみたいと思う。
月曜日はいつものようなスケジュールをこなした後、午後からは新規事業についての打ち合わせ。
そして、まずは最初の懇親会。
その場は1時間程度で失礼して会社に戻った。

セミナールームでは名大社とパフの若手が学生向けのワークショップを開催。
輪読会を行ったわけだが参加した学生はいい勉強になったようだ。
終了後はその若手を連れて懇親会。

会社近くの新京さんで精力をつけてもらった。
翌日のにおいは大丈夫だったかな?(笑)。

火曜日は直行。
岐阜県にある未来工業さんに訪問し取材。
3月1日に開催する「ミライ発見就職フェア」で担当者と僕とで対談を行うのだ。
未来工業さんといえば年間休日140日、残業禁止、育休制度3年など働き方改革先進企業。
数多くのマスコミにも取材され地元では有名。
その取り組みについて語ってもらう。
就活生は要チェック。
そうそう、このイベントで僕は開演時に講演も行う。
大活躍だな・・・。

夕方からはクライアントである株式会社イワタツールさんの90周年記念式典に出席。
パネルディスカッションとパーティー。

あと10年で100周年。
イノベーションを繰り返すことが会社を存続させる。
いい勉強になりました。
ありがとうございました。

水曜日は名古屋大学で行われた個人面接対策講座。

僕は学生向けの講演と就職相談を担当。
さすが優秀な学生さんが多い。
模擬面接の姿を後ろから眺めていたが、何の問題もない。
終了後は急いで戻り、新人歓迎会

木曜日は午後から東京へ。
まずはヒカリエ渋谷で開催された「UIJターン研究フェア」会場へ訪問。

名大社としてはノータッチだが、
ふるさと就職応援ネットワークは協力しているのでお邪魔させてもらった。
その場で事務局長の釘崎さんと打ち合わせ。

その後、神保町に移りデアイバカンパニーさんへ。
今期行ったコラボイベントの振り返りと来期の取り組みについて打ち合わせ。
今年の成功を来期にも繋げていきたい。
終了後は懇親会。
紹興酒で気持ちよく酔い名古屋へ帰った。

金曜日は終日、新人研修。
夜の予定がキャンセルになったため、懇親会、パーティー、歓迎会はなく帰宅。
あれやこれやの一週間を終えた。

今週の夜は月曜から木曜まで予定が入っていたのだが、すべてタカイと一緒だった。
2人で飲んでいたわけではないが、ずっと一緒に過ごしていた。
タカイとはかなり長い付き合いだが、4日連続で飲むのは初めてじゃないかな・・・。
さすがに話すこともなくなった。
たまにはそんな過ごし方もいい(笑)。

今日は久々にフリーな土曜日。
少しはのんびりとさせてもらうとしよう。

たまにはね・・・

年末年始も遠出はせず、年明けも結構休日出勤が続いた。
たまには夫婦二人で出掛けようと思い、昨日は休みをもらい遠出をした。

京都にしようか迷ったが、今回は伊勢神宮。
もう20年以上、お邪魔していないんじゃないか・・・。
記憶がないくらいである。
それでは日本人として失格。
皇室の祖神として特別な存在の神宮を参拝することにした。

伊勢神宮に行くのであれば、その周辺も伺っておきべき。
そんな時、ありがたいのが信頼できる友人の存在。
そのジャンルに造詣が深い愚か者本部副本部長の櫻山さんにいくつか場所を教えてもらった。
そんな時は全く愚か者ではない。
尊敬すべき存在なのだ。
親切にありがとうございました。

まず向かったのは夫婦岩と二見興玉神社。

こちらは伊勢参りをする前に心と体を浄化すべきのようだ。
夫婦円満のお守りが売っていたがそれは買わず、商売繁盛のお守りを購入。
心配はあるんだけど(笑)。

その後は腹ごしらえ。
こちらも櫻山さんのおススメのお店。
伊勢神宮・外宮の近くにある「ちとせ」さん。

こちらで肉伊勢うどんを頂いた。
真っ黒のつゆが有名な伊勢うどんだが、全然くどさはない。
もっちりして美味しい。
こちらは地元の食堂のようなお店でカレーライスやかつ丼もメニューに並んでいた。
食べ物ブログではないのでこれくらいにしておこう。

そして、ようやく伊勢神宮へ。
時間の関係上、外宮には行かず内宮へ。
近くまで行っていたのに。
古いしきたりは外宮から参拝するらしいんだけど・・・。

2月にも入り、伊勢神宮の参拝も落ち着いているかと思ったが考えが甘かった。
駐車場は満車。20分ほど待って入ることができた。

宇治橋を渡り皇大神宮へ向かう。

アマテラスオオミカミが祀られている。
かなり忘れているが古事記を勉強しておいてよかった(笑)。
この空間に立っているだけで心が洗われるような気がする。

こんな木々に歴史の重みを感じたり・・・。
いくつかの宮社を参拝し、おはらい町通りへ。

とても平日とは思えない賑わい。
これが土日なら混み合い方も相当なもの。
休みをとって正解だった。
向かったのはおかげ横丁。

こちらも若いカップル、おばちゃんグループらで溢れていた。
最初はおかげ横丁でお寿司でも食べようと思っていたが、その考えも甘かった。
もしそうしていたらかなりの時間待つことになっただろう。

有名な豚捨でコロッケ、若松屋のチーズはんぺんと立ち食い。
そして、伊勢に来たなら寄らねばならない赤福と定番の行動。

奇をてらうことなくオーソドックスな行動が夫婦円満の秘訣かな・・・。
せっかくの平日休みを充実した時間で過ごすことができた。

お土産のビールも買ってきたことだし。
たまには平日の家族サービスも必要。

これでしばらくは安泰な日々を過ごせるだろう(笑)。

カズの秘訣。

昔、よくNumberを買っていた。
特に日本代表の特集は欠かさず、買っていた。
スポーツライターの書く硬派な記事が好きだった。

それがいつごろか全く買わなくなってしまった。
なぜだろう?。
やらねばならないことが増えてたからだろうか。

楽天マガジンを契約して随分と時間が経つ。
ここでは250誌以上の雑誌が読むことができる。
Numberも含まれている。

気になる特集も結構多いので読めばいいのに現実はほとんど読んでいない。
そもそも目的としていたビジネス誌もあまり読んでいない。
いつでも読めるとなると案外読まないもの(笑)。

そんな中でバーンと目に入ってきたのが、今回のNumber。

「カズの秘訣。」というタイトルでベテランのサッカー選手の特集が組まれていた。
そこには先日引退した我がグランパスの楢崎氏の記事もあった。
彼のストイックな生き方も共感するところ。

そうではあるが、ここではやはりカズ。
今シーズンも現役を続行することになったカズ。
カズは今51歳。
間もなく52歳となる。
早生まれで僕とは10カ月違うが同級生。

同級生がいまだにプロサッカー選手なのだ。
それだけで勇気づけられるが、カズはあと一年、一年と引退を引き延ばしているのではない。
一生、現役を続けるような気持ちで練習にもゲームにも臨んでいる。
よくベテラン選手が感じさせる悲哀なんて微塵もない。

体力の衰えをカバーするのではない。
真剣に体力を技術をアップさせようとしているのだ。
ある種、バカである。

しかし、その姿に感銘を受ける。
応援したくなる。
そして、何かと年齢のせいにする自分を責めたくなる。

カズにとって歳をとる事なんてどうでもいいのだろう。
50歳を過ぎて、気力が落ちたとか、目が見えないとか、すぐ疲れるとか、すべて言い訳。
やれる奴は関係ない。
いつまでもやれるのだ。

今回のNumberを読み、改めて自分を恥じた。
守りに入ろうとしていないか。

この特集に登場する松井大輔も中村憲剛も長谷部誠も他の一流選手もカズをリスペクトしている。
その存在だけで日本サッカーが強くなっていく。

同級生の山ちゃん、キミは一体、何をやっているのかな?。
カズが見たら、きっと鼻で笑うよ。