前向きに行こう!名大社社長ブログ

2012年12月の記事一覧:

特集「今、入るべき会社」を読んで

親ダイヤ
今週の週刊ダイヤモンドは就職特集「今、入るべき会社」。来週の東洋経済は就職関連の別冊が発行される。昨日の新聞やTVも就職活動解禁のニュースを大々的に取り上げていた。まさに就職戦線一色である。
今回の特集でも分かるように今や就職活動は学生本人の問題ではなく、親にとっても切り離せない問題のようだ。それについて否定するつもりはないが、あまりにも過激な取り上げ方には違和感を感じることはある。
本特集も、共感する面と違和感を持つ面の両面で読み終えた。
各業界の動向や今後の予測はさすがビジネス専門誌という切り口で、就職に関わる者だけでなく、単純にビジネスマンとして参考になる点は多かった。
一方でこれはどうか?と首をかしげる記事があったのも事実。
年収が高い企業が勝ち組企業という錯覚を与えているような気もする(実際はそんな断定はしていないが・・・)し、地方企業に対して、ここに行けば一生安泰という表現も誤解を招きかねない。
入社3年以内の離職率のデータを示した「つらい業界ランキング」なんて、トップの業界はかなりイメージダウンだろう。ウソの数字ではないとはいえ、その数字だけが一人歩きしてしまうと、その業界内で社員満足度が高く懸命に努力している優良企業も同様に見られてしまう。そのダメージは大きいと想像する。
ただ親子で業界全体を把握するにはいい機会だとも思うし、お互いに気づきを与える場としてはこんな特集は効果的だ。
でも、親としてこれだけはやってほしくない。
「名古屋の一生安泰な会社は○○と○○と書いてあるから、ここに行きなさい!」というような安易なアドバイス。
それこそ「就活親子の大誤解」の大誤解になってしまうから・・・。

新卒ナビ2014OPEN!

新ナビ14
そういえば昨年の12月1日はかなり忙しかった。
就職活動の解禁の日であり、就職情報会社が一斉に就職サイトをオープンしたので、世間はその話題で持ちきり。
珍しいことに僕にもTV局や新聞社などマスコミ3社が取材にやってきた。同じ日に複数の取材を受けるなんて、後にも先にもこの1日だけだった。
大手就職サイトのサーバーがパンクするなどトラブルもあったが、騒ぎすぎじゃないかと正直思っていた。その後の就職戦線を見るとやはり騒ぎすぎだったな・・・。
そして本年もその日がやってきた。本年は土曜日ということもあり、僕の下へ取材はないとは思うが、この一日はどうなるだろうか。ひょっとしてイベント会場まで来られたりして・・・。
就職サイトがオープンし、全国のあらゆる場所で合同説明会が開催されている。名古屋でも今日、明日はいくつかのイベントが行われるので、あちこちにリクルートスーツ姿の学生が目立つだろう。深夜は大変だったみたいだし。
うちは昨日も今日も違うイベントを必死でやっているので、別の意味で大変だけど・・・。
そんな名大社もひっそりとではなく(笑)、堂々と本日、新卒ナビをオープン。
直接関わるメンバーは朝も昼も夜も関係ないですね。特に先週、今週は今開催されているイベントの準備もあり、沢山の業務が重なってしまった。いやあ~、ほんとにお疲れ様!
大手サイトのような派手さはないが、しっかりと地域の企業情報を発信していく。
「名古屋で働く!」とでっかくキャッチコピーを出しているが、実際は東海三県。より分かりやすくするために「名古屋」をクローズアップさせてもらった。名大社ならではの企業も掲載しているので、学生さんは是非、活用して頂きたい。そんなに慌てなくてもいいけど・・・(笑)。
これからどうぞよろしくお願いします!

3 / 3123