前向きに行こう!名大社社長ブログ

2014年10月の記事一覧:

食べ物のはなし 牛すじカレー

会社から100メートルほど北にある「A.Bloom」に行ってきました。

gyusuji1412

ここはカフェです。
40代後半のオジサンが一人に行くにはどうかと思ってしまいますが、
意外と同じようなオジサン客は多いので、あまり気にしません。

こちらは雑誌が充実しており、どんなジャンルの雑誌も一通り揃っているような気がします。
気がするというのは、僕はマンガ喫茶にも行きませんし、
喫茶店も頻繁に行くわけではないので、比較対象がなく、そんな曖昧な表現しかできません。

僕はこのお店ではファッション誌を読んじゃったりします。
「Gainer」や「MEN’S NON-NO」など、普段購入することのない雑誌を読んで、
その気になったりします。
「ふん、ふん、この秋はこう攻めるか。グレースーツだな。」と独り言を呟きながら、
勝手にイメージしています。

他にはグルメ本が置いてあったりするので、名古屋のお店を研究したりもします。
どこに行っても仕事熱心なのです(笑)。そんなことが許されるお店なのです。

guisuji1413

普段は日替わりランチを注文することがほとんどです。
ご飯の大盛りが無料ですし、ドリンクもサービスで付きます。
しかし、この日は何といってもカレーです。

牛すじカレーランチ(¥800)

gyusuji1411

シンプルでありながら、コクのあるカレーです。
さらりと食べてしまうことができるので、時間がない時には最適です。
「うん、うん、そうだ、そうだ。」と頷いているうちに完食してしまいました。

今度はガッツリとしたカレーを食べたいなと思い、雑誌を読みながら、
アイスコーヒーを飲み、まったりとした時間を過ごします。
混んでいる時は、あまりまったりするのも迷惑なので、雑誌もパラパラめくり、失礼します。

ごちそうさまでした。

映画「るろうに剣心 伝説の最期編」

rurou14101

上手く戦略に乗せられてシリーズ最終作を観てしまった。
2作目にあんな終わり方をされたら観るしかないだろう(笑)。
連ドラの次回にとっておきのシーンを期待させるやり方と一緒だ。

ちょっとズルい。
それでも150分もの長時間を飽きさせず観させる演出は
アクションオンパレードとはいえ、簡単ではない。
そんな意味では大友監督にあっぱれだ。

僕は原作は一切読んでいない。多分、これからも読むことはないだろう。
人気作の原作を映画化するのは、小説であろうがマンガであろうが難しいし、
映画が原作を超える評価を得ることはほとんどない。
この作品もレビューを読む限り、同じことがいえる。
がっかりしている原作のファンも多いようだ。

しかし、原作を知らない僕は単純に楽しむことができた。
ところどころ「おやっ?」と思うシーンがないわけではないが、
それを上回る迫力と殺陣は素直に面白い。

そして、ちょっと憎らしいのは師匠役の福山雅治。
「天は二物を与えず」というが、あのことわざはウソだな。
どう見てもカッコいい。役者のそれだけなら許せるが、ミュージシャンとしての才能も高い。
世の中は絶対に公平ではない。

どうでもいいことだが、映画を観てそんなことを考えてしまった。

最新のCG技術を駆使すれば、アクションシーンも容易に撮れるのだろうが、
それらしい剣術を習得する力は凄い。
40代にして、あんな動きはできないだろう。江口洋介も同じだけど・・・。

と直接映画とは関係ないところばかり感心している。
その方がネタバレすることもなく、ブログを読む方にとっては良心的だとは思うが、
何の参考にもならないのもちょっと問題(苦笑)。

これからも時代劇が映画化されることは多いだろうが、
これ以上の殺陣のシーンを演出するのはどうすればいいのだろうか。
既に人間の限界を超えたスピード。刀がどんな動きをしているかもよく分からない。
自分が武士でも一瞬で斬られるな。当たり前か・・・。

台風が目前の昨日、息子と観た映画。思ったよりも空いていた。
連休の最後、中学生と観るには最適かもしれない。

台風直前!あざいお市マラソン

昨日は滋賀県長浜市で開催されたあざいお市マラソン。
あざいお市というのは市の名称ではなく、浅井長政の奥方お市のこと。
NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の時代。娘である茶々は只今、出演中。
あまり好きになれないけど、ドラマでは憎まれ役なんでしょうね(笑)。

2014-10-12 09.27.08

この大会は2年ぶりに出場。今シーズン初めてのハーフマラソンだ。
台風19号が目の前に迫っており、当日の天候も危ぶまれたが杞憂に終わり、曇天の天候。

2014-10-12 09.52.41

マラソンにはこの方が都合がいい。この時期の晴天はまだ暑い。
ハーフマラソンでは相当の体力を消耗し、ゴールの手前でフラフラになってしまう。
それでなくとも今回は明らかに練習不足。正直なところ、全く自信のない大会であった。

大学時代の友人と車で乗りこみ、駐車場からはバスで移動。

2014-10-12 08.53.02

 

2014-10-12 09.15.17

手作り感いっぱいの運営は最近の商業的な運営に比べ、ほんわかしていて温かい。
地域の方の懸命さがこちらにも伝わってくる。

今年はプールも控室として解放された。

2014-10-12 10.03.11

ランナーも普段よりは緊張感がないようにも思われる(笑)。
まずは子供たちの2kmレースからスタート。

2014-10-12 10.00.06

このレースでは僕はあくまでも調整。
そんな言い方をすると偉そうに聞こえるかもしれないが、
まずは一定のペースでハーフマラソンを走り終えるようにしたい。

ここ最近の練習もせいぜい10kmちょっとしか走っていないため、
ハーフを走りきる体力があるかどうかも不安な状態。
キロ6分を自分の中の決めとして走ることにした。

序盤はどうしてもスピードが出てしまう。
そうするとあえて遅らせ、キロ5分50秒程度に落とす。
そのせいか15km過ぎでも順調に走ることができた。
しかし、疲れは次第に体を襲ってくる。

18kmあたりから、体が重くなってきた。
キロ6分を超え徐々にスピードは落ちていく。
それでも何とか持ちこたえゴール。

記録はネットで2時間1分。(写真はタイムが切れている・・・笑)

2014-10-12 16.20.59

あわよくば2時間切りを目論んでいたが、今の自分の実力では十分なタイムといえるだろう。
キロ6分よりも速く走れたわけだし・・・。

記念に頂いたTシャツと新米。

2014-10-12 16.00.37

新米は中学生の息子がほとんど消費をするだろうが、長袖Tシャツはこれからの練習着としては嬉しい。

無事に終えたあざいお市マラソン。次回はいびがわマラソン。
もう少し走りこんで、大会に備えたいと思う。

お疲れ様でした。

シブヤな夜

今日から3連休。
久々にまとまった休みが取れるような気もするが、実際はそうでもないかな。
というのも、今週は会社に顔を出したのは2日半のみ。
会社内でほとんど仕事をせずに終わってしまった一週間であった。

7日(火)は取引先とのゴルフ。
台風一過のすこぶるいい天候の中で、気持ちよくラウンドすることができた。
スコアはともかく天候はすこぶる良かった(笑)。

そして、昨日、一昨日は東京出張。
9月に体調不良のためドタキャンした打ち合わせがようやく実現した。
パートナーとの打合せは順調に終了し、来年以降も面白そうな企画になりそうだ。
乞う、ご期待!

sibuya14103

学生になりすまし、パフさんのインターンシップイベントに潜入した後は
(もちろん、ウソです)、渋谷へ移動。

sibuya14101

夕方18時過ぎでもの凄い人。
名古屋では考えられない人の波。これだけで酔ってしまいそうだ。
新宿とどっちが人が多いのだろうか?と田舎者はつい考えてしまう。

渋谷を訪れたのは若者と遊ぶためではない(笑)。
ファミリービジネスアドバイザーの資格取得でお世話になった方にお礼と報告をするために来たのだ。
こんなところにオフィスを構えるなんてオシャレ。
渋谷の高層ビルのベランダから眺めた夜景はまさにマンハッタン。
マンハッタンには行ったことはないけれど(汗)。

一通りの報告と今後のビジョンについて共有した後は、二人でしっぽり飲むことに。
渋谷っぽいイマドキのお店はオジサンたちでは浮いてしまう。
渋谷といってもハデな店ばかりではない。
落ち着いたお店も多い。連れて行って頂いたのは常連客で賑わう小料理屋。

sibuya14102

頑固そうな大将が料理を作り、愛想のいい女将がお客の相手をし、
可愛らしい娘がお酒や料理を振る舞う。
これも立派なファミリービジネスだ。

その雰囲気が何とも心地いい。
自慢のおでんや造りを頂きながら、ビールから芋焼酎へ。
次第にピッチが上がっていく。
二人で飲むことも初めてだが、お互いのシゴト話で盛り上がる。

ブログアップの許可を取っていないので、個人のことに触れるわけにはいかないが、
その方は僕の業界でも大先輩にあたり、今はご自身の会社を経営されている。
過去の辛い経験があったからこそ、今の存在があることはお互い同じようだ。

僕の拙い経験と比較してはいけないが、お互いそんな話をするうちにより親交が深まっていく。
一つひとつの話が僕には勉強になる内容。

こんな風に初めてのお店で打ち解けられるのも有り難い話。
本来、こちらがお礼をするべきなのに、結局、お祝いといわれ、ご馳走になってしまった。
スミマセン・・・。次回は名古屋で飲みましょう~。

そんな感じで渋谷の夜を過ごし、瞬く間に一週間は過ぎていった。
やっぱり働いたのか、働いてないのかよく分からない(苦笑)。

明日はあざいお市マラソン。果たして走れるだろうか。

就活「後ろ倒し」の衝撃

syukatu14101

強烈なタイトルをそれを後押しする装丁である。
この表紙を眺めるだけでも何となく内容は想像できる(笑)。
著者の曽和氏とは一度、ご紹介頂く機会があったような気もするが、
やむを得ない事情で実現しなかった。
記憶違いかな・・・。
できれば一度、お話を伺う機会でもあると嬉しい。

本書では僕が漠然と思っていることをより具体的に、より過激に(苦笑)書かれている。
今回、政府の打ち出した16卒採用に関する指針は賛否両論(否定的な方が多いか)だが、
決まった以上はそれをベースに対策、戦略を練らなければどうにもならない。

嘆いたところで撤回されるわけでもないし、弱い立場が保護を受けるわけでもない。
極端に言えば、送り出された戦場で、有利であろうと不利であろうと戦うしかないのだ。

本書のターゲットは企業人事担当者であると同時にこれから就職活動を控える学生でもある。
これを読んで危機感を覚えるかどうかは置かれている立場に寄るだろうが、
大部分は「ちょっとヤバいかな・・・」と感じるところだろう。

世の中の論理と同様に就職市場においてもより資本力のある者が勝つ。
それに拍車が掛かりそうなのが、来年度。
その中で僕らはどんなポジショニングを描いていくか。
インターンシップさえやれば上手くいくという単純な話ではない。

2015年8月以降をどうするのかが、
特に中小企業をクライアントの中心とする自分たちが力を発揮しなければならない点。
大手同業他社がどうでもいいと思うスペースで力を出していかないと
地域におけるハッピーは訪れない。
と同時に我々の存在価値が問われる一年にもなりそうだ。
そのためには8月以前の戦略が重要だったりするわけだが・・・。

売り手市場の場合、一般的に我々のビジネスは潤うことが多い。
売上を上げるチャンスも広がる。
15年卒の新卒マーケットでもその恩恵を受けたのも事実。

かといって、それが続くとは言い切れない。
状況によっては、我々、就職情報サービス会社にも衝撃を与える一年になるのかもしれない。

あれっ、これは書評だろうか・・・(苦笑)。

食べ物のはなし ほうれん草とアサリのカレー

会社のすぐ近くにある「CARVREN(キャバーン」に行ってきました。

cavern14102

本来はビアホールです。
会社を丸の内に移転させてから、ちょくちょく利用させて頂き、
会社の忘年会もこちらのお店を利用しています。

オーナーの中村さんはビートルズの大ファンでこの店名をつけたようですが、
CARVRENの由来は何度聞いても忘れてしまいます。
話を聞く時は、いつも酔っぱらっているからでしょうか(笑)。

ビアホールだけにビールの種類も豊富で泡まで美味しいです。

cavern1496
オフシーズンはビール飲み放題1300円を企画してくれます。
この企画は優れもので、レーベンブロイ、サッポロ黒ラベル、エビス生(黒、ハーフ&ハーフ)、
ギネス生を飲ませてくれます。

ギネスは1pindで850円しますから、2杯を飲めば元は取れます。
そんなお値打ちな企画ですが、僕は遠慮せず、全種類のビールを飲み、必ずギネスも2杯は飲みます。

お店にとっては迷惑かと思いますが、
オーナーの中村さんは笑顔で「ありがとうございます!」と言ってくれます。
僕は申し訳ないなあ~と思いつつも遠慮せず、やっぱりガンガン飲んでしまいます。
お店は大丈夫でしょうか?(笑)

話が逸れてしまいましたが、今回はランチです。

cavern14103

ランチはオムライスとカレーライスとハンバーグになります。
オムカレーという合わせ技もあります。
僕はオムライスとカレーライスの半々で注文する場合がほとんど。
この日頼んだのはカレーです。

ほうれん草とアサリのカレー(730円)

cavern14101

カレーは週替わりのメニューなので、毎日行くことはありません。
辛いもの好きの僕はこの適度な辛さに好感が持てます。
「うん、これはいい!」と心の中で呟きます。

つい最近分かったことですが、オーナーの中村さんは大学の先輩でした。
世間は狭いですね。

ごちそうさまでした。
これからもよろしくお願いします(笑)。

飛騨にて経営を学ぶ

10月4(土)・5(日)日は西川塾の宿泊例会。
西川塾とはユニーの創業者である西川俊男氏が主宰する若手経営者の私塾。
通常は月1回の例会で学ぶ機会を頂き、今回は年に1回の宿泊例会。

僕のグループは幹事役を務めさせてもらい、
21名の塾生と一緒に研修先である下呂温泉・水明館に向かった。
道中のバスではビールを飲みながらナンパな話で盛り上がったのだが(笑)、
本来の目的は経営を学ぶこと。

会場となる水明館さんでは水明館の滝会長、西川塾主、
そして奥飛騨田中牧場・田中社長の講演を頂いた。
この2時間半の例会は密度の濃い時間。
ホロ酔い状態なんて吹っ飛んでしまう。

滝会長による下呂温泉の歴史と今後の戦略、

sykuhaku14113
西川塾主の先行投資の重要性やトップの先見性の大切さの講演を頂く。

そして、同じ塾生で同い年である田中社長のプレゼン。

syukuhaku1419

今回は翌日、田中牧場の視察もあることから田中社長には70枚に及ぶプレゼン資料を用意してもらった。
牧場経営に対する熱い想いと高い志が詰まったプレゼンには
グッとこみ上げるものを感じてしまった。

田中社長は正直、そんなに話が上手いわけではない。
(スイマセン・・・苦笑)
それは僕のように営業上がりで口から出まかせで話すのではなく
(これも適切な表現ではないですね・・・笑)
朴訥と語られるタイプ。言葉を選びながら真摯に話を進められる。

アメリカでの研修で学んだ牧場経営のプライド、飛騨牛を世界に送り込む壮大な夢、
逆境を乗り越え確実に牧場を成長させてていく過程など、全く異業種ながら学ぶべき点は多かった。

経営者としてもそうだが、ひとりの人として何を大切に生きていくべきかを改めて教えてもらった。
その姿勢と行動力に敬服すると同時に自分の未熟さと努力不足を痛感することとなった。
そのような刺激的な仲間が近くに存在することは僕にとっては有難い。

syukuhaku1418

ゆっくりと温泉に浸かった後は宴会。これも楽しい場。
今年で西川塾主は卒寿を迎える。

syukuhaku14110
そのお祝いも宴会会場で・・・。
いつもお元気な姿で自分たちに接してもらえるのは感謝という言葉しかない。

syukuhaku1417

この時間を共有できるのは貴重。

二次会も大いに盛り上がる。
ここは一枚の写真のみとさせてもらう(笑)。

syukuhaku1415

翌日は早朝から塾主の部屋で講話を頂く。
天皇陛下も宿泊された部屋は下呂温泉が一望できる。

syukuhaku1416

いつかは自腹で泊まってみたい(笑)。

そして、古川町にある奥飛騨田中牧場の視察。初めて聞く話も多い。
(下の写真は精子。人工授精に使用する。)

syukuhaku1412

syukuhaku1411

育て上げた牛を売るのはビジネスとはいえ、涙を流す牛の姿を見るのは相当、辛いらしい。
親の心境に近いのかもしれない。

これは田中社長が自分で作った牛舎。

syukuhaku1413

ブロックを積み上げロシアから木材を仕入れ、
厳しい牧場経営を拡大させるために自分で牛舎までも作ってしまう。感動だ。
そんなことを言っても昼食は飛騨牛を堪能させてもらった(笑)。

単なる時系列で並べたブログになってしまったが、この二日間は僕にとっては有意義な時間であった。
きっと他の塾生も同様に感じていることだろう。

日曜日のエンジニアフェアはメンバーに任せっきりで、
終了時にしか顔を出せなかったのは申し訳ないが、この経験を会社でも活かしていければいい。

2日間、お疲れさまでした。
そして、ありがとうございました。

私はファミリービジネスアドバイザーです。

この度、約半年間学んできたFBAAファミリービジネスアドバイザー資格認定プログラムを終了し、
無事、資格を取得することができた。パチパチ!!

これがその認証マーク。

AFBA_logo_v1.4_ol_22KB

これからは本業である就職情報サービスを放棄し、
ファミリービジネスアドバイザーとして生きていきます。
ウソです(笑)。

そんな力はないので、現在のサービスをサポートする形で、
今回の資格を活かしていきたい考えです。

ファミリービジネスアドバイザーといっても、
「FBAAからファミリービジネスアドバイザーの資格を授与された」だけのことで、
その力量は未知数。

まだまだ知識自体も足りないので、継続的に学んでいかないと単なる資格保持者に過ぎない。
これから実践を通し、力を身についていくしかない。

資格取得には実在の同族経営の企業から情報収集をし、診断、処方をレポートしなければならない。
普段から懇意にしている次期経営者Iさんに協力してもらい、
その企業の抱える課題をヒアリングしながら、提案書を作成してきた。

fbaa14101

これは僕の仕事としても初めてのケース。戸惑うこともあったが、
それよりも興味度が日を追うごとに増し、吸い込まれるように課題に取り組んでいった。

僕の提案がベストかどうかは現状では分からないが、
少しでも役に立つケースになればいい。
こちらの要請にネガティブであまり他人には知られたくない会社の状況まで
提出してくれたIさんには改めて感謝。

この協力がなければ、今回のレポートは完成できなかった。
今後もサポートできる存在になっていきたい。
また、先輩ファミリービジネスアドバイザーにもメンターとして、
相談に乗ってもらい支援を頂いた。

国内では歴史の浅い分野であるため、専門知識を有する方は数えるくらいしか存在しない。
自分が気づかないヒントも頂き、心強い味方であった。ありがとうございます。

僕が果たすべき役割は二つ。
実務でアドバイザーとしてファミリー経営者もしくはその関係者を支援をすることが一つ。
もう一つはファミリービジネスの素晴らしさを広報しながら、
それに関わる経営者や社員に自信を持ってもらうこと。
そして、これからそんな企業に就職したい方にその魅力を伝えサポートしていくこととなる。

愛知県は歴史の長い企業が多い。
必然的にファミリービジネスだ。
事業継承や後継者育成、文化や理念の浸透、非ファミリーの経営参画を含め、
抱える課題は多いだろう。少しでも役立てる存在になれれば嬉しいのだが・・・。

まだこのファミリービジネスアドバイザーは始まったばかり。
もしかして愛知県では僕が唯一の存在?
多分、そうじゃないかな・・・。

これからも勉強していきます。
どうぞよろしくお願いします。

10月最初の日曜日は「エンジニアフェア」

10月に入りすっかり秋らしくなってきた。
朝は結構寒かったり、日中が逆に暑かったりとこれが秋らしいのかと思ってしまうが(笑)、
季節としては気持ちのいいはずの秋。
そんな中、名大社では「第7回エンジニアフェア」を開催する。

(昨日のド派手な臼井のスタッフブログでも大々的に告知してますが、
まあ、あれでは言葉足らずなので、そのフォローですね。)

enj1410

それも久々の日曜日。
世間一般には休日だが、下半期もスタートダッシュするには曜日なんて関係ない。
日曜だろうが祝日だろうが、やる時はやるのである。

そんな言い方をすると自分勝手にイベント開催を決めたように思われるが、そうではない。
技術者を対象とすることから平日開催よりも休日開催の方が、
参加者側も企業側も都合が良かったりする。

今回も予定通り55社の技術系採用企業に参加頂く。
いかにも愛知県らしい自動車関連製造業から成長著しい製薬メーカー、
新進気鋭のIT会社まで幅広い業種、規模の企業に出展してもらうわけだ。

最近、営業的行為がすっかりお任せ状態の僕は、
技術系採用企業の詳細について段々と疎くなっている現実にかなりの危機感を覚えるが、
そこは現場でしっかりと理解させてもらうしかない。

しかし、今回はとある事情で現場にもほとんど顔を出せないかもしれないけど。
(そのあたりの詳細は別のブログで紹介したい)

そして、今回は来場者に向けた新たな試みも・・・。
(昨日のブログの通りです・・・笑)

イベントの詳細はこちら
<日時>2014年10月5日(日)
     11:00~17:00(企業との面談は12:00~)
<会場>ウインクあいち 8階展示場

イベント開催前のメッセージタイムは以下の企業に参加頂く。
1.株式会社豊通シスコム
2.株式会社桜井グラフィックシステムズ
3.テバ製薬株式会社
4.株式会社ジャスウィル
5.松栄テクノサービス株式会社
6.株式会社アウトソーシングテクノロジー
7.東邦ガス株式会社

ノウハウ講座の講演もあります。
秋らしい気持ちのいい一日になることを願う。

あ~、残念な人・・・。9月の目標

3人のライバルが気にしているので、一応、報告しなければならない。
しかし、これだけ報告したくない月もない。
何のことかといえば、9月のランニングの距離。

先月が今年最低と報告しておきながら、更にそれを下回る史上最低の数字。
その距離41km。
もはや目標100kmなんて、空想に過ぎない。
「10年後にはオリンピックを目指します!」と言っているのと同じくらい説得力がない。
トホホ・・・。

ライバルたちはさぞ喜んでいるとは思うが、その顛末を・・・。
8月下旬に痛めた足が回復したのが9月上旬。
9月7日に2週間ぶりにかなり遅いペースで8kmを走る。
何となく手応えがつかめてきたので、翌週からはペースを戻し走ろうと思った矢先、
体調が急に悪くなった。

これも先日のブログで書いた通りだが、
入社以来、初めて体調不良で会社を休んでしまった。

zannen14104

 

zannenn14103

近所を散歩はしたものの(景色も新鮮でたまにはいいね・・・)、
ランニングは一週間以上我慢した。
なんとアルコールも一週間は一滴も飲まず。
これも社会人になって初めてのことじゃないのかな・・・。

そんな自慢はどうでもいい。すっかり体はなまってしまった。

zannnen14101

 

zannenn14108

会社で出場したアクトスリレーマラソンは刻み刻みで10kmを走ったが、
これが9月の一日における最長距離。
大した練習にはなっていない。

zannen14105

zannen14106

その後、体調は戻ったものの宮崎に遠征したりと走る機会を逸し、史上最低の目標未達成で終了。
う~ん、人生は思い通りいかない・・・。

今月からはいよいよマラソンシーズン。
僕も12日(日)に長浜市で開催される「あざいお市マラソン」のハーフに出場する。
全く自信がない。
ゆっくり走れば完走はできるだろうが、2時間切りは危うい。相当、危うい。
いや、はっきりいって無理だと思う(涙)。

すっかり残念な人になってしまった。
さてさて、これからどうしていこうか。思案のしどころの10月である。

そして、写真でごまかしたブログになってしまった(苦笑)。

2 / 3123