前向きに行こう!名大社社長ブログ

2020年01月の記事一覧:

食べ物のはなし 伏見シリーズ その114

伏見に戻ってきました。
先週は美味しい魚を食べさせてもらいました。
となれば、ガツーンとお肉と思われるでしょうが、そうではありません。

美味しい魚をさらに追及したい気持ちになります。
会社から北に向かい、映画館のミリオン座(最近、お気に入りの映画館ですね)の
向かいにある「伏見あおい」さんに行ってきました。

この界隈では珍しい鯖の専門店です。
と言いつつも、他の魚料理も注文できます。

しかし、ランチは鯖オンリー。
刺身とか味噌煮とか竜田揚げのメニューが並びます.
店内の雰囲気を見ると夜もお邪魔したい気分になります。

遅かれ早かれ伺うことになるでしょう。

「すいません、鯖めしをください」
井之頭さんのように手を上げて注文します。
しかし、井之頭さんみたいに贅沢な注文はしません。

一点勝負です。
特にこの鯖めしは限定10食の希少価値のメニューです。
「おまちどうさまでした」と料理が運ばれてきます。
威勢のいいお兄ちゃんが食べ方を詳しく説明してくれます。
そして、おもむろにガスバーナーを引っ張り出し、丼の中をあぶります。

さて、どんな状態になるのでしょうか。
いい感じに炙り刺身が完成しました。

はい、こちらが鯖めし(1900円)です。

究極の釜めしと呼ばれています。
こちらには煮つけもセットされます。

思わず飲みたくなりますが、ここは我慢。
平日の昼間です。
窯の鯖めしをグワグワと力強くかき混ぜます。

そして普通によそって頂きます。
「お~、なかなかやるじゃんね」
あっという間に平らげます。

2杯目はごま、のり、塩、ネギをパラパラとかけます。
「こっちもいいじゃんね~」
あっという間に平らげます。

そして3杯目はお茶漬けです。

まるで鰻のひつまぶしを食べているようです。
間違いなく意識しているでしょう。

釜にはまだ少しご飯が残っています。
軽~い4杯目もお茶漬けで頂きます。
「なかなか、やるじゃんね~」
あと2、3杯はいけるとは思いますが、見事に釜は空になりました。

青魚好きとしては、もってこいのお店です。
とっても満足してお店を出ました。
ごちそうさまでした。

いよいよ開催、ジモト就職応援フェア

何度となくこのブログでもスタッフブログでも
告知してきたジモト就職応援フェアがいよいよ明後日、1月30日に開催される。

ジモト就職応援フェアの詳細はこちら
<日時>
2020年1月30日(水)
11:00~17:00
<会場>
吹上ホール(名古屋市千種区吹上)
●全学年対象(大学・大学院・短大・専門・高専など)
●入退場自由
●たくさんの特典あり

参加企業数は約220社で2019年度の名大社のイベントでは最大規模。
コラボ感も半端ない。
岐阜県から受託した「オール岐阜・企業フェスin名古屋」、
名古屋証券取引所の協賛を中心に、愛知県、名古屋市の自治体も加わり、てんこ盛り状態。
各地域の魅力が全てこの会場に集結した状態。
これから始まる就職活動においては十分参考になるイベントだろう。

このイベントではインターンシップ情報を中心に業界研究、
女性活躍推進企業のパネルディスカッション、
中日新聞社による時事問題模擬テスト、
理系学生に向けた講座など魅力的なコンテンツを多数用意した。
朝一番に来場しても一日じゃ終わらないんじゃないかな・・・。

まだ予約をされていない学生さんは、ぜひ、申し込んでもらいたい。
また、知り合いに就活を始める学生さんがいたら、ぜひ、勧めてもらいたい。
天気もなんとか大丈夫そうなので、満足のいく一日になるだろう。

と宣伝はここまで。

ここに至るには名大社スタッフ全員の力があってこそ。
先日のトミタのブログにも書かれているし、今朝のニムラのブログでも紹介されている。
ニムラのブログはちょっと暑苦しいが(笑)、ここまで力を合わせてきた結晶。
それは営業に限らず企画、制作を含め全メンバー。

新卒ナビも完全リニューアルし、アプリもスタートさせ大変な面も多かったが、
ようやくこの日を迎えられるのはありがたいこと。
何も機能していないのは僕くらいなので、ほんとみなさんに感謝ですね。

準備もギリギリまでかかるだろうし、イベント当日も朝早くから集合しスタートに備える。
会場内設営の抜け漏れの確認からクライアントのお出迎え、
来場学生への対応や相談まで終日、各自の役割は多岐に亘る。
一日が終了すれば、どっと疲れも出るだろう。
しかし、それは疲労困憊ではなく、心地いい疲労感。

そうなるのが理想。
そんな想いで緊張感を維持しながら、当日を迎えたい。

関係者のみなさま、どうぞよろしくお願いします。

映画「リチャード・ジュエル」

この90歳のジジイは今更、世の中に何を問いたいのか。
その飽くなき活力や精力はどこから生まれているのか。
最近の作品を観るとそんなことを感じてしまう。

特にここ数年はメッセージ性が強い。
実話を基に描く作品が多いのも最近の傾向。
意外と気づかないと思うけど。

昨年、僕がベストワンに選んだ「運び屋」もそうだし、
「15時17分、パリ行き」「ハドソン川の奇跡」もそう。
真実以上に真実を描くことのできるレアな監督だ。

現在は俳優が監督業も行い、成功した例だが、
30年後にはチャールズ・チャップリンと肩を並べる存在になっているだろう。
伝説的人物になっているのではないか。
違いは笑いに変えるか、真実を伝えるか。

その違い。
いずれアメリカ映画を代表する監督になるのか、その真逆。
反体制の作品も見受けられるしね(笑)。

以上、映評ブログでした。

といいたいが、そんなわけにはいかない。
ここまでのブログでは一切本作には触れていない。
どれだけ余計な文字数を稼ぐというのか・・・。

映画の背景は1996年に開催されたアトランタオリンピック。
僕は当たり前のように名大社で働いていて、
本作に登場するマイケル・ジョンソンは記憶にあるが、この事件は記憶にない。
日本ではそれほど話題にならなかったのだろうか。

そこをえぐり出すクリントイーストウッド監督の力はさすが。
大きな事件ではないが、見過ごしてはならない。
事件を救い上げるのも監督の特徴かも・・・。

そこに人間の真の姿が描かれている。
それは主役のリチャードジュエルであり、母親のボビであり、
弁護士のワトソンであり、FBIのトムである。
その真の姿が泣かせるし、人として忘れてはならない姿。

いや、違う、そう、
忘れるべき人の姿も描かれている。
それが大概は最も権力を持つ人間なので、始末にを得ない。

それはそれとして、とにかく響く。
監督はこれまで観る者を泣かせる行為はもたらさなかったが、
本作はところどころそれを見せる。
かなりズルいといえよう。

ただ僕らはそのズルさを受け入れるべきだし、自分の姿を考えるべき。
それは主役のリチャード・ジュエルのように・・・。

またもや素晴らしい映画を見せてもらった。

起きてから会社に行くまで・・・

先日、株式会社パフの釘崎社長がこんなブログを書いていた。
通勤時のお楽しみ 

要はブログネタがないので、平日の朝の過ごし方を紹介しただけのたわいもないブログ。
「ふ~ん」としか思わない人も多いとは思うが、僕は「なるほど!」と大いに感心した。
これはネタ切れの時に使える手だと・・・。

そんなわけで今日は平均的な平日の朝(起きてから出社するまで)を紹介しよう。
僕の目覚ましはほぼ5時。
前夜が遅かった時は5時半くらいの時もあるが、大体の設定は5時。
この時期は寒く眠いので、すぐに布団からは出れない。
10分ぐらいは寝坊してしまう。

たまに4時くらいに目が覚めて、全然寝れない時もあるので、そんな時は諦めて書斎に向かう。
そうでなくてもまずは書斎へ。
安岡正篤氏の「活学一日一言」を読み、飲みすぎてサボっていれば前日の日記を書く。
(基本は当日です・・・)
そしてブログを書く。

しかし、朝、ブログを書くケースは最近少ない。
前日までに書いてしまうことが多い。
今日のブログも今朝書いたわけではない。
その点、釘崎さんはさすがですね・・・。

余裕がある日は朝、ランニングもする。
冬場は平日1日くらいかな・・・。

シャワーを浴びスッキリした状態でPCを開く。
諸々をチェック。
そして、名大社スタッフブログをチェック。
必ず6時前後に読み、校閲した後、アップする。
そして、自分のブログと共にコメントを入れfacebookにもアップ。
朝一番の仕事はこれで終了。

TVをつけ「モーニングサテライト」を聞きながら、まずは中日新聞を読む。
しばらくすると朝食が出てくるので、ありがたく頂く。
毎日ありがとうございます。

佐々木明子アナを見ながら、「いいなあ~」と心の中で呟く。
その頃、息子がモソモソと起きて、TVのチャンネルを「ZIP」に変える。
徳島えりかアナを見ながら「こっちもいいなあ~」と心の中で呟く。

食事が終わり、その頃には新聞は日経新聞へと移る。
ゆっくり読む時間はなく、大体は中途半端。
歯を磨き、髪を整え、トイレで一発かまし、家を出る。
息子とは同じ電車だが、僕より5分出るのは遅い。
それで間に合うから不思議だ。

電車を待つ間、スマホを開き、facebookをチェックするとコメントがあったり、
ようやく釘崎さんのブログやパフのスタッフブログがアップされている。
この時は読むだけ。

電車が到着し、いつもと同じ場所に立つ。
それほど混んでいないので座れる場合もあるが、座ることはない。
そして読んでいる本を開く。
基本的に電車の中でスマホは開かない。

ここは貴重な読書タイム。
立っている方が集中して読める。
そんな感じで名古屋駅に到着。
雨でなければ会社までは徒歩。
ほぼ20分。

混んでる地下鉄には乗らない。
僕のような善人でも、陥れようとする連中は多数存在する。
冤罪で捕まる可能性があるので混んでる地下鉄にはできるだけ乗らない。
歩いた方が健康にいいし、難しいことを考えながら歩けばあっという間だし。
昼メシは何にしようかとかね・・・。

会社に到着は8時10分。
こうして一日がスタートし、そこから会社でのルーティンが始まる。
ブログへのツッコミとかツッコみ返しとか・・・。

そんなわけで今日は朝の時間の紹介でした。
明日はようやく休み。
今日も一日頑張ります。

社長って何だ!

丹羽さんの著書はなぜか手に取ってしまう。
これまでの作品に感銘を受けることも多かった。

本書には”部・課長必読!”と書かれている。
一応、これでも社長を10年任されてきたので、本書のターゲットではないはず。

だが、改めて社長として求められることを痛感した。
この類の書籍は定期的に頭の中に叩きこまないといけない。
忙殺される日々を過ごすうちに頭の中からすり抜けてしまうことも多いだろうから・・・。

著者である丹羽氏は社長、会長の経験は12年。
社長業としては僕の方が既に期間は長い。
しかし、期間の長さでその価値が決まるものでなければ、実績がある者が長いとも限らない。
あまりに実績がなければ短命に終わるだろうけど・・・。

本書で表現される社長業はどちらかといえば大手向き。
オーナー企業や中小企業の経営者をイメージして書かれた内容ではない。
その点では読んでいて若干の違和感を感じるが、それは当然のこと。

僕が中小企業のことしか語れないのと同様に大企業の社長経験者は大企業のことしか語れない。
丹羽氏の目線はやはりそこにある。

だが、企業規模問わず求められる資質は大きくは変わらない。
このあたりの表現はどの社長も共感するところだろう。

「社長が孤独でなければ、その会社はうまく回っていかない。」というのが私の信念です。
私自身の体験として12年もの間、社長と会長を務め、
そこに共通して求められた資質は「孤独に負けない」ことだったと思います。

大切なのは情熱と気力とともに明るさと精神力の強さ。
そして、リーダーとして高い志を持続できるだけの倫理観を持っているかどうかです。

丹羽氏に限らず名経営者と呼ばれる方の言われることはほとんど変わらない。
そこは改めて肝に銘じないといけない。
特に最近、社長という役割について僕自身が考えることが多かったので、復習的な学びにもなった。
社長の持つ権力についても・・・。

丹羽氏は59歳で社長に就任。
当時では最年少での就任だったという。
その年で最年少か・・・。

僕はそれくらいには引退しようと思っているというのに。
見方を変えれば、今の僕の年齢はまだまだ若手。
そこをもっと意識して毎日を過ごさねばならない。

勉強になりました。

食べ物のはなし 特別編 豊橋

今年初の遠征です。
愚か者副本部長がこの世で一番好きな居酒屋さんがあるというので、
豊橋まではるばる行ってきました。

豊橋駅から西に向かいアーケード街を抜けた場所にある「居酒屋 大納言」さんです。

1階はカウンターのみ。靴を脱いで入ります。
2階が宴会場になっているようです。
お店に入った瞬間、副本部長の推す理由が分かった気がしました。

なんとも落ち着きのある空間。
居心地のよさを感じます。
3代目の大将と奥さんで切り盛りし、すでに60年以上の歴史があります。

お酒のメニューを眺めながら、まずは正統派サッポロラガー。

このお通しもいいですね。
黒板にはその日のおススメが書かれています。

ここは副本部長にお任せをします。

刺身盛り合わせ。
ぶり、平目、さより、北海蛸。

そうなると日本酒が飲みたくなります。
北陸シリーズで攻めます。

最初は白壽。

少し濁った感じが舌に響きます。
そして銀杏。

続くお酒は竹葉。

こちらも始めて頂くお酒。
新酒ならではの香りとまろやかさです。

そして、おススメの三河鶏せせり焼。

かなり大ぶりで食べごたえがあります。

かき塩焼。

いやあ、こちらも美味しいです。
いつの間にかお酒は羽根屋です。

この日はいいさよりが入ったらしく天ぷらも頂きます。

いい感じで酔ってきました。
このあたりからぬる燗に変わります。
すいすいと飲んでいきます。
そうなると食べたくなるのがおでん。

上品な味わいがぬる燗のお酒に合います。

この日は男同士のサシ飲みでしたが、知らない間に美しい女性が間に座っていました。
酔いが回ったのでしょうか・・・。
美しい女性とも会話は弾み、そこからもぬる燗をクイクイと頂き、
本部長に相応しい姿となってしまいました。

気がつけば帰る時間。
楽しい時間は瞬く間に過ぎていきますね。
ごちそうさまでした。

豊橋駅でポツンと一人新幹線を待っていましたが、冬の心地よい風が体を包み、
ほんの少しだけ酔いが醒めていく体が気持ちよく感じました。

ステキなお店をありがとうございました。
また伺いたいですね。

若者よ、熱くキミを語れ!

先週の金曜、土曜はFネット主催の「脱!若手社員研修」。
昨年は社歴の浅い社員を対象としたが、
今年は少し幅を広げ新人からリーダーを目指す社員が対象。
全国から18名の若手社員が集まり2日間にわたり研修を行った。

僕は前日から東京入りしていたので、皇居RUNからスタート。
走り始めた時はまだ暗かった街並みも皇居周辺では明るくなってきた。

この日、僕はFネット例会が中心なので、初日はスタート時と休憩時に顔を出したくらい。
講師の曽山さんはアイスブレイクも上手い。

夕方にはリーダーズ・インタビューとして第一線で活躍する先輩が登場。
パフからはキムラさん。

名大社からはニムラ。

仕組まれたようなこの2社(笑)。
さすがのキムラさんとパワーで押し切ったニムラだったようだ。

一方、Fネット例会も熱い話が展開された。
UZUZさんが再入会し、人材研究所の曽和さんも初参加。
有益な情報が飛び交い、価値のある場を作ることができた。
新価値創造委員会も走り始めたしね・・・。

夜は研修メンバーと加盟会社のトップとの合同懇親会。
あえて席をテレコにしてトップと若手が交わるようにした。

途中、トップが研修参加の若手を紹介するコーナーが突如設けられた。
僕は4名を紹介したが、ほぼ完璧だったな(笑)。

そして、最後はいつもの名古屋ナモ締め。
いい加減飽きたという声は聞こえてこない。

翌日、僕は朝から研修にオブザーバーとして参加。
全体の様子を眺めていた。
前日の振り返りからチーム・リフレクティング、経験学習、
自身の成長を阻むメカニズムなど多岐に亘って学ぶ場となった。

曽山さんは一方的に話すのではなく、
同じテーブルでの情報共有やディスカッションの時間も多く、
互いの考えを学ぶことができただろう。

オノもオギウエもイシグロもヤマグチも積極的に発言をしていた。

新人には少しハードルが高い内容だったが、オノやオギウエに聞く限り、
考えされられることが多く刺激にもなったようだ。
デスクが聞いたら嬉しくなるような、もしくは反省を促すような場も。
それが書かれたポストイット。

いやいや、面白い。
これは早速、デスクに教えてやろう。

この2日間は名大社メンバーに限らず、各社の若手にはかなり濃密で充実した時間だったと思う。
今までとは違う筋肉を使い疲労困憊だろうが、その方が成長に繋がるのは間違いない。
まだまだ若手ではあるが、いい意味でそれを武器にし、
思考と行動は脱してより主体的な人材として活躍してもらいたい。

最後は若手代表としてスパンのノザワくんが締めた。

僕や釘崎事務局長も最後にいいこと言ったはず。
多分・・・。

これからを期待している。
早速、今日から活かしてね。

2日間、お疲れ様でした。

映画「パラサイト 半地下の家族」

今、最も話題の映画。
昨年のカンヌ国際映画祭「パルムドール」受賞作だから当然ともいえるが、
同様の受賞作「万引き家族」よりもヒットしているんじゃないだろうか。

休日にちょっとした空き時間があったので、
ミッドランドスクエアシネマでネット予約をしようとしたらほぼ満席。
別日に会社近くのミリオン座で鑑賞。

ミリオン座にあれだけ多くの人を見たのは初めて。
平日のあんな時間に・・・。

テーマとしては「万引き家族」と近しいが描き方は全く異なる。
むしろこちらの方がショックが大きい。
来年はどんな家族がこのカンヌ映画祭で暴れるのだろうか(笑)。

まずいえること。
これは絶対余計な知識を入れずに観た方がいい。
ストーリーを全く知らない状態で観た方が断然いい。

僕もあえて余分な予備知識は入れなかった。
4人家族が全員失業中で寄生することと半地下の住まいに住んでいる程度のこと。
タイトルのままじゃないか・・・。

「万引き家族」と違い映画はテンポよく明るい。
コメディーのようだ。
むしろジャンルとしてはコメディーかも・・・。

それが一気にホラー映画のような展開になるから恐ろしい。
そんな点でいえば韓国は意外と柔軟な国なのかもしれない。
あのピリピリとした緊張感は堪らない。
中には逃げ出したくなるような観客もいるんじゃないか・・・。

僕の隣には老夫婦が座っていたが、驚いたことに旦那さんはイビキをかいていた。
こんな凄い映画でイビキをかくなんて日本のお年寄りは根性が座っている。
そのあたりに両国の大きな違いがあるのかな。
変な意味はありません(笑)。

僕がこれまで観た韓国映画ってそれほどない。
もっと観たいのだが機会が少ない。

記憶になる作品といえば「シュリ」「JSA」「息もできない」くらい。
どれも素晴らしい作品だが、やたら重い。
「シュリ」はちょっと違うが、韓国の暗部を描いている。
本作も闇を感じるが、そこには今までにはない青い空、美しい緑が存在する。

大富豪のお母さん役のチョ・ヨジョンさんも美しく明るい。
ちょっと母親としては若すぎないかと思ったのは僕だけではないだろう。
日本の女優さんの誰かに似ている。
若い頃の黒木瞳さんに深津絵里さんを掛け合わせた感じかな・・・。
そんな印象。
個人的には韓国の女優さんは好きです。

それはともかく今年に入っていきなりガツーンと殴られたような映画。
観ておくべき1本。
恐るべしポン・ジュノ監督。

今週はもういませんが・・・

昨日の夕方は名古屋ファミリービジネス研究会の反省会&企画会議。
事務局のメンバーが西やんのオフィスに集合し、
反省を踏まえた上で今年の取り組みを話し合った。
第4回となる名古屋ファミリービジネス研究会も期待できるんじゃないかな。

打合せ終了後の懇親会もとっても盛り上り楽しい時間だった。

そして、今日から僕は会社を不在にする。
休みを頂くわけではなく、この3日間は東京への遠征。

まず今日は東京のパートナー会社への挨拶及び情報交換。
午後もパートナーと打ち合わせ。
夕方からは社外取締役を務める株式会社パフの役員会。
どうやら難しい話がありそう。
どんな展開になるのかな。

翌金曜日は一日中、Fネット(ふるさと就職応援ネットワーク)で拘束される。
午前中の幹事会からスタートし、共通カード委員会、そして例会へと続く。
この日は同時にFネット加盟会社の若手メンバーが集まり2日間に亘って研修も実施。
名大社からはヤマグチ、イシグロ、オギウエ、オノの4名が参加。
しっかりと存在感を出してもらいたい。

この研修ではリーダーズ・インタビューというコーナーがあり、
うちのニムラが輝くリーダーとして学びの場を与えることになっている。
さてさて、どんな展開になるのやら・・・。

僕は例会を進めなければならないので、初日は休憩時間に顔を出すだけ。
2日目はずっとその研修に立ち会うことになりそうだけど。

例会もこれからのFネットの果たすべき役割を考えるべきテーマがあり、
議論する時間が増えるだろう。
これが2020年の最大のミッションかな。

終了後は例会メンバーのオッサンたち(加盟会社代表のみなさん)と研修メンバーとの合同懇親会。
一体、これは誰が仕切るのかな?
新事務局のイクティー?。
ナモ締めはやらないよ(笑)。
どうぞよろしくお願いします。

研修講師は昨年、一昨年に引き続き研修工房の曽山さん。
安心してお任せできる素晴らしい講師。
ちなみに昨年の模様はこちら

今週はずっと夜の会も続くので、土曜日は静かに名古屋へ帰ろうと思う(笑)。
日曜日はデアイバカンパニーさんとのコラボイベントもあるしね・・・。

そんなわけで今週はもう会社には行きませんが、よろしくお願いします。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その114

12月はたくさんの忘年会がありました。
1月はたくさんの新年会、会食、懇親会があります。
おかげさまで今週も予定がイッパイ。
今日も初めてのお店に連れてってもらえるようです。
お付き合いも大変ではありますが、ここは楽しんでいきたいですね。

そんな夜を過ごしているとお昼は軽めに済ませたいところです。
あっさりとそれでも満足感のある食事が理想です。

会社から北に向かい錦通り沿いにある「豚そば ぎんや 伏見店」さんに行ってきました。

この建物に見覚えある方もあるでしょうか?
以前は「井出ちゃんぽん」さんがありました。
オープン当初は行列もでき話題になったお店ですが、今は池下に移転したようです。
伏見はやはり激戦区なんでしょうか。
理由は分かりませんが、フードビジネスは簡単じゃないですね。

そこでオープンしたのは名古屋の人気ラーメン店「ぎんや」さん。
名古屋を中心に系列店を含め10店舗を展開しています。

こちらを運営する会社の落合社長は僕と同い年。
なんと誕生日も一緒です。
これまで同じ誕生日、同じ名前の方に会ったことはありますが、生年月日が同じ方は初めてです。
それだけでも応援したくなります。
こんなプライベートな話をオープンにしていいんでしょうか。
ご迷惑をお掛けしているようであれば、ごめんなさい。

「すいません、豚そばをください。」と井之頭さんのように手を挙げて注文します。
そうしたいところでしたが、こちらは自販機です。
「よろしくお願いします。」と言いながら、ボタンを押します。

豚そば 800円

ありそうでなさそうな味です。
魚介の風味がふわりと香り、豚骨スープとうまく絡み濃厚な味を生み出します。
ズルズルとモーレツに音楽に乗って食べ続けます。
井之頭さんのラストスパートのようです。

気づいた時にはスープも全部飲み干していました。
こんなラーメンが嬉しいです。
ラーメン丼の底には感謝の文字。

これは飲み干す前提で書かれているのでしょうか。
その姿勢も嬉しいですね。

並んだ調味料もなんだか誇らしげです。
とても美味しく頂きました。

ごちそうさまでした。
ちょくちょく利用させて頂きます。

1 / 3123