前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「体を動かす」の記事一覧:

さあ、ブラジルへ!

久しぶりのサッカーネタである。
以前はサッカーに関してのブログをもう少し書いていたように思うが、ここ最近はさっぱり・・・。
一番の原因は我がグランパスがふがいない試合を続けるからだ。
頼むぞ、ピクシー。全然、盛り上がれないじゃないか。日本代表も誰も呼ばれてないし・・・。
今回は日本代表。昨日のオマーン戦は久々に気持ちのいい試合だった。欲をいえば、もう1~2点欲しかったくらい。得点のチャンスも多かったし・・・。戦術面の評論は玄人の方に任せるとして、僕は素人らしく単純明快に感想を書くだけ。
20代前半の選手が引っ張る日本代表だが、チームはあくまでも組織的で日本人らしさ溢れる一体感がある。個々のパフォーマンスは発揮されるものの独善的なプレーはない。若者特有の自分勝手な動きが全く見られないのは、逆にこの世代の特徴なのだろうか。
一昨日のイベントといい、そんな風に思ってしまう。その中でも自己主張はしていないわけではないので、バランス感覚が相当優れているのだろう。
昨日の試合は前半がNHKBS、後半の途中からメ~テレ(テレビ朝日)で観戦した。
同じ試合でも解説が違うだけで随分と試合の雰囲気が変わってしまう。NHKは長谷川健太、宮本恒靖と理論派の解説。一方でメ~テレ(テレビ朝日)はセルジオ越後、松木安太郎と直感的というか感情面が先に立つ。特に松木氏はそう思わせる。
どちらが正しいわけではないので、好みで選べばいいのだろうが、こんなにも盛り上がり方が変わってしまうのは、両方見ることによって感じるところ。これもきっとサッカーの楽しみ方の一つ。
僕は試合を集中して観たい時はNHKだし、はじけたい時はメ~テレかな・・・。
と、どうでもいいことを感じながらの観戦であった。
それにしても最終予選の初戦を快勝で終えるのは、今後の戦い方についてもプラスの面が大きい。勢いが更にチームを強くするし。
それでもキャプテンの長谷部誠は冷静だ。彼の試合後のインタビューは、他の選手より一歩、視点が高いように思える。常に客観的に判断する姿勢で臨み、受け答えしている。キャプテンらしいキャプテンだ。日本代表が頼もしく思えるのも彼の存在があるからだろう。
いやあ~、良かった。
これからも昨日のような試合を見続けたい。最速でブラジル行きを決めてもらいたい。
頼んだぞ!日本代表!

倒れそうだった「ぎふ清流マラソン」

昨日はぎふ清流マラソン。
僕の地元岐阜市での開催である。朝一番から岐阜駅ではランナーたちが思い思いの服装で会場へ向かっていた。キンキラキンの織田信長像もランナーに声援を送っている様子。
ぎふ清流1
今回は東京からわざわざ来られたパフの釘崎社長と現地で落ち合った大学の先輩と3人でRUN。
ぎふ清流2
出走前は僕も釘崎社長も余裕の表情を見せていたが、実際、レースが始まるとその余裕はあっという間に長良川に流されてしまった。
ぎふ清流3
しかし、このぎふ清流マラソン。岐阜市が全精力を費やしているのか、参加しているゲストランナーがすごい。Qちゃん(高橋尚子さん)が会長を務めている関係もあるかもしれないが、五輪代表の藤原選手、市民ランナーで一躍有名になった川内選手、その他オリンピックのメダリストが多数参加しているのだ。
レース序盤には藤原選手とも川内選手ともすれ違うことができた。これだけ間近で拝見できたのも初めてであり、それだけでもこの大会に参加した甲斐があった。
肝心なレースは気温が高くなることを想定して、前半はゆっくり走りスタミナを温存し、後半のしんどさを回避しようと臨んだが、そんな甘いものではなかった。前半はゆっくりでも、スタミナ温存もできず、13キロ過ぎあたりからはバテバテの状態。最後の2キロくらいはフラフラになりながら、そして足を攣りながらのゴール。
途中、心が折れかけて、何度も歩こうかと考えてしまった。タイムはネットで2時間3分。これまでハーフマラソンでは2時間を超えたことがなかったため、一番遅いタイムとなった。実力不足・・・。
原因はいくつか考えられるが、最も大きいのはその大会へ臨む姿勢にあったように思う。オフシーズンに入ったとか、気温が高いことを理由に完走できればいいくらいに考えていたのだ。
実際に走り始めると欲も出るので、少しでも早くゴールしようと気持ちも変わるのだが、事前の姿勢に大きな問題があったのだろう。反省である。
この大会は岐阜市のPRには最適だ。参加したランナーは風景や町並や人の温かさなど岐阜の良さを感じたのではないだろうか。僕も生まれ育った風景を眺めながら、いい環境だと改めて感じたし・・・。
大会終了後、イベント会場ではサンプラザ中野くんが「ランナー」を熱唱。せっかくならスタート前に歌ってほしかった。あり得ないけど・・・。
ぎふ清流4
今回のぎふ清流マラソンは本当にしんどかった。
リベンジが必要だな・・・。

今年もやるか!ドラゴンズ!

GW休暇の初日の昨日はナゴヤドームへ。
ドラ122
夏を思わせる暑さの中、息子と一緒に応援に出向く。少年野球ではキャッチャーを務める息子も、昨年バージョンの岩瀬投手のTシャツを身にまとい、気合入りまくり状態。
ドラ121
昨年までの落合体制から、守道体制に移ったわけだが、今のところ、順調と言っていいだろう。
ドラ123
昨日の先発は山内。ここ最近の活躍は先発ローテーションの一角を担い、ドラゴンズ投手陣の層の厚さを感じさせる。素人の僕にはどんなキレがあるのかは分からないが、本日も7回までは4安打無失点の好投を見せていた。
ドラ125
8回に1点を失ったものの、浅尾、岩瀬の必勝リレーで、このゲームをものにした。
6番バッターを任せられる井端の打順には相変わらずの声援があり、メガホンはみなこんな感じだ。
ドラ124
年明けに高木監督の講演を伺う機会があり、今年はファンサービスに力を入れるとの話をされた。その一環とも解釈するが、入場の際にプレゼントされたキャップとフラッグ。
ドラ127
いいファンサービスではないか。チアドラもこのフラッグを振りながら、ドーム内を沸かせていた。
ドラ126
そうは言っても気になるのが観客動員数。GWというのにドームは満員に程遠い。少しさみしい。
一方で、負けてしまったが名古屋グランパスの瑞穂競技場は満杯のようだった。
そして、もう一つ。
ビールを売りに来るお兄ちゃんに威勢がない。以前は体育会系むき出しで、もっと元気が良かったような気がするが、最近はどうも大人しい。こちらも草食系になってしまったのか・・・。
開幕して約一ヶ月。先の長いシーズンであるが、美味いビールを今年も飲ませてもらいたい。
今年もやってくれ!ドラゴンズ!

少年と婆さんの旅

昨日は5年生になる息子と義母の二人だけの日帰り旅行。
一昨日の強風の影響もなく、奈良から京都へ出掛けたのだ。息子は珍しく自分で起床し、娘のデジカメを借り、朝一番に出て行った。
向かったのは春日大社、奈良公園、東大寺の定番中の定番。
あと1年すれば修学旅行で嫌でも行くのにと思いながらも、かなりの張り切りようだ。あらゆる所で写真をバシャバシャ。
ここにアップしているのは、その中でも優秀作と思われる写真。親の僕が言うとただの親バカになってしまうが、要所は押さえている。
ご覧のとおり。
奈良1
奈良2
春日大社は世界遺産なんだね。
奈良4
奈良5
奈良7
奈良8
奈良の大仏様は写真で押さえるのは難しそう。二人して人力車に乗り、観光したそうだ。
当初は奈良だけの予定だが、時間が空いてしまい、そのまま京都へ。
京都タワーに上り、また写真を撮りまくったようだ。調子に乗りすぎ、途中でデジカメのバッテリーが切れたのは残念・・・。
奈良8
奈良10
そして、自分へのお土産はワンピースのキーホルダー。地域限定だ。最近はワンピースばかりだな・・・。
奈良9
一昨日が義母の誕生日ということもあり、息子としてはそれなりに気を遣いながらの旅だったようだ。
春休みのいい思い出になったことだろう。

雨の東京スカイツリー

出張した昨日の土曜日、比較的に時間があったので、田舎者らしく話題の東京スカイツリーを見学に出掛けた。
本オープンは僕の誕生日である5月22日であるが、外観は概ね完成しているようなので、どれくらい迫力があるのか、実際、自分の目で確かめに行ったのだ。
昨日の東京は小雨。
大いに不安はあったのだが、見事に的中。塔の先端どころか地上350メートルの展望デッキも全く見えない状態。
スカイツリー1
スカイツリー2
スカイツリー3
誰を責めるわけでもないが、かなり寂しい状況であった。僕はついでだからいいものの、わざわざ観光で見に来ていた方はガックリと肩を落としていたことだろう。
思った以上に周辺施設は大きい。スタバもマックも看板が既にあげられていた。
この東京スカイツリーの展望デッキには、僕の先輩が役員を務めるレストランも入店することが決まっている。魅力的なお店になることだろう。誕生日祝いにご招待してくれないかなあ~。100%無理だろうけど・・・。
せっかくなので歩きながら浅草に向かうことにした。
スカイツリー4
吾妻橋を渡り浅草駅を抜け、雷門へ。吾妻橋では水上バスも眺めることができた。雨というのに雷門周辺はすごい人。
スカイツリー5
高校生の卒業旅行からお年寄り団体ツアー、中国、韓国、東南アジアからの観光客まで多く方が雷門の前でパチリ。
スカイツリー6
浅草寺に続く仲見世も人をかき分けないと通れないほど、賑わっていた。僕もその中に混じり通りを抜け、浅草寺でお参りを・・・。
もっと時間の余裕があれば、お土産屋を回り、神谷バーでデンキブランと生ビールを飲みたかった。
スカイツリー7
残念でならない・・・。
浅草に訪れたのも多分20年振りくらいだと思う。その当時とどれだけ町並みは変わったのだろうか。そのままのような気もするし・・・。
東京を一人でぶらりとする。たまにはいいもんだ。

残念!皆勤賞

山田家は体が丈夫だけが取り柄の家族である。
僕は小学生の時は皆勤賞だったし、嫁さんも至って体は丈夫だ。僕自身の体の頑丈さにおいて自慢したいことがあるのだけれど、そのネタはもうしばらく先のブログに公表したい。(いやらしい性格なのだ。)
今回は子供の話である。
今の生活の中で、小学校6年間を皆勤で過ごすのはかなり難しい。
実際、娘も息子も数年前はインフルエンザで休んだこともあった。昔は少しくらい体がしんどくても、無理矢理に学校に行くことを許されたが、昨今は親が許しても、周りは許してはくれない。逆に迷惑を掛けてしまうからだ。
そんな環境下でも、中学2年生の娘は、中学校生活において今のところ皆勤賞。3学期も残すところ、あと2日なので、まず達成することは間違いないだろう。
小学4年生の息子も何の病気を患うこともなく、3年4年は皆勤であった。つい一昨日までは・・・。
あと数日というところで、残念な結果に終わってしまった。
「春分の日」の一昨日、公園の遊具で遊んでいたところ、足を踏み外し、頭から落下し、額がパッカリ割れ、救急車で運ばれてしまったのだ。
この知らせを聞いた時には、正直、血の気が引いた。病院に駆けつけ、大事に至らない知らせに安どしたわけだが、本人に接するまでは要らぬ心配もしてしまった。
万が一の事があれば、呑気にブログを書くなんて許される状態ではないし・・・。
それでも七針を縫うケガを負ったため、安心できるわけではないが、普通通りの生活が送れることは有り難いと思わないといけない。本人も自分が痛い目に合って、周辺に対してより注意する必要性を身を持って感じただろう。
当然だが、昨日は再検査のため病院に行かねばならず、学校は欠席。
息子としても、皆勤賞を逃したことは悔やまれるだろうが、これも自業自得。ここは無事で良かったと感謝せねばならない。
何事も最後の最後まで気を抜いてはいけないということ。ロスタイムに得点を許すサッカーの試合のようなものなのだ。
息子には今回の事故をいい教訓として、来年度以降に臨んでもらいたい。
皆勤賞の存在が遠くなり、残念でした。
(でも、ホッとしました。)

FunRun 名古屋シティマラソン2012

爽やかな朝でスタートした名古屋シティマラソン。
名古屋シティ12
今回は会社のメンバー6名と参加。男子はハーフを走り、女子は10キロを走る。会場となるナゴヤドームは物凄い人。
名古屋シティ122
名古屋シティ128
何しろ全体で3万名の参加だから、この地区ではかつてない規模。オペレーションの難しさもあったのだろうが、荷物の移動を含め、大体は順調に進行していた。荷物を預けるコンテナもずらりと並んでいた。
名古屋シティ123
唯一残念だったのが、荷物を預けた薄着のランナーの居場所がないこと。3月の屋外にシャツ一枚では寒すぎると感じた。
忘れてならないのは本日は東日本大震災から1年。
名古屋シティ126
僕もこのワッペンを胸に走ることとなった。
まずは9:10にオリンピック選考の対象でもある女子フルマラソンがスタート。色とりどりのウェアに包まれたジョガーは美しかった。
名古屋シティ124
ニュースでしか知る由はないが、日本人トップは2位の尾崎選手。
おめでとうございます!
女子のフルマラソンに続き、我々のハーフもスタート。
名古屋シティ125
スタート地点まで10分くらいかかるものと思っていたが、混雑は予想より小さく4~5分程度。思った以上に気持ち良くスタートできた。結果としては前半10キロを51分で走り順調だったが、後半15キロあたりから失速し、結果ネットで1時間55分と今季を象徴するようなタイムで終了。
名古屋シティ127
平坦で走りやすいコースであったが、最後はバテバテの状態でゴール。激しく疲れた大会であったが、華やかさ、人の盛り上がり、沿道の声援含め楽しく走ることができた。
一緒に走ったメンバーもタイムはともかく全員完走。特にハーフは僕以外は初めての経験であったが、何とか走りきることができた。良かった!
終了後は、伏見にあるキッチンマツヤで乾杯!思い思いを語り合うことになった。
明日の仕事に支障がないか不安要素が付きまとうものの、気持ちのいい一日を過ごすことができた。
感謝!

名古屋市街を駆け抜けろ!

今週末3月11日は、いよいよ名古屋シティマラソンである。
今回は会社のメンバーと一緒に参加。名大社男子はハーフを走り、名大社女子は10キロにチャレンジする。初めて走るメンバーもいるため、不安要素がなくはないが、楽しみな一日である。
ナゴヤドームをスタートし、瑞穂競技場付近を抜け、白川公園のゴールまで、名古屋の市街地を駆け抜けるのだ。
コースとなる通りは当日の交通規制の看板が立ち並ぶ。
名古屋シティ
前回までと比べ遥かに規模が拡大したので、その事前準備も尋常ではなさそうだ。
ハーフマラソンの出場者も1万名と信じられない人数なので、かなりの渋滞が予測される。スタート地点に辿り着くまでにも10分近くかかってしまうのではないか。記録を期待するのは難しいだろう。東京マラソン同様、タイムを競うのではなく、走ることを楽しむ大会となりそうだ。
そして、今回は何と言ってもメインとなるのが名古屋ウィメンズマラソン
昨年までの名古屋女子国際マラソンであり、ロンドンオリンピック出場を懸けた大きな大会が同時開催だ。
アテネ五輪金メダリストの野口みずき選手を始め、渋井陽子、尾崎好美など出場選手は豪華な顔ぶれ。
僕らが走るハーフマラソンとコースが近いため、もしかするとすれ違う場面があるかもしれない。沿道の声援をいい意味で勘違いできるかもしれない。タイムラグがどうコースに反映されるかさっぱりわからないが、これも楽しみの一つ。
練習不足は否めず、不甲斐ないタイムに終わる可能性は高いが、今までにない賑やかな大会になりそうだ。
マラソン当日まであと4日。
万全な体調で当日も迎えたい。
レースの結果もこのブログで報告します。いざ!

これからだ!ガンバレ!

小学校4年の息子が今の少年野球チームに入り、間もなく1年が経とうとする。
この1年は練習がほとんどで、たまに上の学年の試合にピンチヒッターなど途中に出場させてもらう程度だった。6年生が卒業を迎え学年が変わり、ようやく息子たちの学年が普通に試合をする番が回ってきた。
本日はその第一試合目。
息子は本来は内野手のようだが、正捕手がケガで不参加のため、記念となる初試合はキャッチャーとして出場することとなった。これまでキャッチャー練習なんてほとんどしたことがなかったが、チーム事情として息子がやらざるを得ない状況らしい。
息子曰く、試合前はトイレに駆け込みたいくらいの腹痛を患ったようだ。実際、トイレに行けるわけもなく、試合はスタートしたのだが、それだけ緊張を強いられたようだ。
パスボールもあれば、キャッチャーフライを取り損ねる場面もあり、結果としては1対9の惨敗で試合を終えた。相手チームはそれなりに試合を熟している格上だったそうだが、悔しい思いをしたのは間違いない。
本人としては3番打者で打順が回り、2打数1安打、1フォアボールの成績で終えた事と総監督に褒められた事で、決して不満足ではなかったようだ。
それでも負けは負け。今のチームのレベルではどこまで勝てるかは全く読めないが、少年野球とはいえ、勝負の世界である以上、常に勝利を目指さなければならない。負けたら悔しい思いをしなければならない。たとえ今は経験を積む場になるとしても・・・。
息子は初めてマスクを被り出場した事により、掛け声、声出しの難しさを学んだようだ。これもいい経験だ。
5年生ともなれば試合数も増え、監督、コーチに叱咤激励を受けながら日々を過ごすことになる。
これからだ、ガンバレ!
楽しくも辛い一年になることを期待したい。

犬山シティマラソンの後は焼肉なのだ!

本日は犬山シティマラソン10キロに参加。今シーズン10キロのマラソンは初めてである。3月の名古屋シティマラソンの前哨戦として勝手に捉え、大学時代の仲間と参加。
会場となる犬山城は現存する最古のお城。城下町にあたる商店街も高山の思わせる風情のある風景。この中を駆け抜けるマラソンなのだ。
犬山1
犬山5
写真の上に少しだけ見えるのが犬山城
犬山3
スタート後は木曽川沿いを延々と走っていく。ここ最近はいびがわであったり、美濃加茂であったりとアップダウンの激しいコースを走ってきたが、ここは比較的、平坦でなだらかなコース。
その分、必要以上にペースが上がるため調整が難しかったりする。おまけに途中のキロ表示が一切ないため、自分のペースがどんなものなのかは非常に分かりずらい。
結果はグロスで49分30秒とノルマにしていた50分切りを何とか達成したタイムで終了。このコースであれば、もう少しタイムが伸ばせそうな気もするが、そこは実力。甘くはないのだ。
マラソン終了後は国宝を眺めることもなく、一目散に焼肉店に・・・。
犬山駅の近くにある昔ながらの焼肉屋が目的地なのだ。ハーフマラソンの後のビールも確かに美味いが、体の疲れが先行し、それほどビールが進むわけではない。その点、10キロのマラソンは程よい疲れと運動がマッチし、ビールを飲むのに最高の状態になる。
犬山4
焼肉を食べながら、ビールを飲む。いくらでもいけてしまう。仕事の後のビールも最高だが、マラソンの後にビールも最高なのだ。
犬山5
消費したカロリー以上のカロリーを吸収してこの日のイベントは終了。練習量の課題は残すものの、充実した一日であった。
次は来月の名古屋シティマラソン。
会社のメンバーを引き連れての大会。頑張らねば・・・。