前向きに行こう!名大社社長ブログ

2013年10月の記事一覧:

沖縄旅行日記3

最終日3日目もグループに分かれて行動。ヒーリングコースとアクティビティコース。アクティビティコースはシュノーケリングとゴルフの2種類。団長、副団長の若手中心に3日目の行動を考えてもらった。
個人的にはホテルでのんびりとボーっとしたい気持ちがあったが、元気な連中はそれを許してはくれない。せっかくだから動き回れという。せっかくだからボーっとさせてくれと言うのだが、少数意見は却下された(笑)。
従って何となくのんびりできそうな響きでヒーリングコースを選択。こちらは遺跡巡りをしながら、スイーツを食べる企画。「なぜ、スイーツか?」の疑問は旅行が終わった今でも解消できないままだが、みんなが望むのであればそれでいい。
3日目でようやくホテルで朝食。凄い人。
okinawa1331
いろんな国の言葉が飛び交う。沖縄そばもゴーヤチャンプルも沖縄に来て初めて食べた。朝食のバイキングで・・・(苦笑)。
まず最初に出掛けたのは世界遺産でもある座喜味城跡。
okinawa1332
10回目の沖縄だが初めて訪れた。なぜ行かなかったのかと考えてみたが、子供が小さく興味を示さないからという単純な理由。
okinawa1333
同じような遺跡は中城城跡や勝連城跡、今帰仁城跡と多い。以前、訪れたのはどこだったかな?と思い出せない自分が情けない。もっと歴史を知らないと恥ずかしい。
ここは第二次大戦の沖縄戦で利用されたことも多いとのこと。世界遺産とはいえ地味な存在なのか、観光客はめっきり少なかった。
(ほぼ真ん中あたりに僕が写ってますよ。)
その後は国道58号線沿いを気持ちよく走っていく。工事現場に並べられているロードコーン(?)も洒落ている。
okinawa1334
そして、なぜかのパンケーキ。沖縄の行列店へ出掛けた。パンケーキとホットケーキの区別もつかないし、別に名古屋で食べてもいいのだろうと思うのだが、だからオジさんはダメなようだ(笑)。
僕が食べたのはベーコンステーキパンケーキというスイーツとは程遠いもの。だから一緒にオリオンビールを飲むのである。
okinawa1335
僕以外のメンバーは全うなメニューをオーダー。花火付きだそうだ。行列ができる噂の店だが、12時を回っても行列は見ることはなかった。
okinawa1336
国道58号線といえばリゾートホテルが並ぶ恩納村。もっと早い時期の旅行であれば、このエリアのホテルでもよかったな・・・。
そのエリアのシンボルでもある万座毛へ。今回、旅行の団長を務め全員を引っ張ってきたオクダくんも絶壁の海岸に感動していた。今回はお疲れさま!
okinawa1337
北谷町のアメリカンビレッジに寄り、国際通りへ。忘れかけていた家族へのお土産を購入。ついでに自分用の泡盛仁風も購入。空いた時間はゴルフ組と合流して牧志公設市場でオリオンビールを飲む。結局、そうなるか・・・。
一旦、ホテルに戻り全員で那覇空港に移動。搭乗時間までのわずかな時間は最後の晩餐。
okinawa1338
そんなこんなで3日目も過ぎていった。3日間ブログを読んでいただいた方は飲んでばっかりと思われるだろうが、周りにはそれなりに気を遣ったつもり。ウソつき!っていう声があちこちから飛んできそうだが・・(笑)。
小さな会社なので距離感もへったくれもないが、更にお互いの距離感が縮まり一体感も強くなった。お互いを認め合い、ぶつかるところは正面からぶつかり、ウラもオモテもなくストレートな関係を築いていく。
その繰り返しが継続するならば組織は勝手に強くなっていく。社員旅行の目的が高みを目指す組織作りにはならないが、そんな要素もあるのではないかと3日間を通して感じることでもあった。
最後は空港で全体写真。やむを得ず参加できなかったメンバーがいたのは残念だけど。
okinawa1339
既に平常通り働く毎日ではあるが、これまでとは勢いが違うかな・・・(笑)
できれば2年に1回はこのような旅行に行きたい。継続できるよう頑張らねば・・・。

沖縄旅行日記2

初日から猛スピードの社員旅行は2日目もギチギチのスケジュール。
この日は2グループに分かれ、沖縄を満喫することに。一つは観光組。
okinawa1328
美ら海水族館をメインに古宇利大橋など沖縄北部へレンタカーで出向く。かなり綿密なスケジュールで昼食場所もしっかりと押さえ、時間通りに進んでいたようだ。
そして、もう一つは僕も参加したゴルフ組。
最近、会社では密かにゴルフブーム。沖縄でゴルフをやろう!と決めた半年前から若手を中心に急にゴルフ熱が高まってきた。単純な連中が多い(笑)。
僕も偉そうなことを言える口ではないが、ボールがどこへ飛んでいくかわからないレベルだ。50個のボールを持参した男子もいるほど。その用意周到さは評価するが、50個も失くすかもしれないというレベルはいかがなものか・・・。
目的地はオーシャンキャッスルCC。朝6時半にホテルのロビーに集合し、出発。
okinawa1321
もっとスカッとした天気であれば最高であったが、暑くも寒くもない気候はゴルフ日和といえるだろう。ベテランと若手をシンクロさせた3パーティがうちのレベルではちょうどいい。当日初めて知ったのだが、沖縄ではスループレーが基本。ハーフを終えて休憩も食事もない。ぶっ続けなのだ。
ゴルフというよりもトレイルランといった方が相応しいメンバーもいたので、ラウンド後は疲労感いっぱい。しかし、太平洋を眺めながら、思いっ切りスイングするのは気持ちいい。やっぱりどこへ飛んでいくかはわからないが・・・(笑)。
okinawa1322
終了後、ホテルに戻り、ビールを飲みながら当日を振り返る。優勝、準優勝、3位、ブービー賞、ドラゴン、ニアピンの発表。ちなみに僕はドラゴン2つ、ニアピン1つを獲得。
夜の食事会は全員集まり、ホテル内の中国料理のレストラン。高級感漂う品のあるお店で、我々のような存在は相応しくない。静かに静かに食事を楽しまなければならないが、どうしてもワイワイガヤガヤやってるうちに声が大きくなってしまう(失礼しました)。
そこでもゴルフコンペの発表。優勝者とブービー賞。
okinawa1323
ちなみに僕は2位。グロスではトップ。その時点で会社の次元の低さが明らかになってしまう。スコアを披露すると救いようがなくなるので(笑)、ここまで・・・。
2日目の食事会も大いに盛り上がった。普段、静かな若手女子もオリオンビールを飲み、泡盛を飲み、段々調子に乗ってきた。いいぞ、いいぞ。
okinawa1324
二次会は男子会と女子会に分かれて実施。一度くらいはこんなのもいい。女子会はホテルのBarでコイバナで盛り上がったとか・・・。男子会はどうだったのか。もう忘れてしまった・・・(笑)。
こうして2日目もあっという間におしまい。いい運動だったね。
続く・・・。

沖縄旅行日記1

名大社では先週土曜から3日間は沖縄への社員旅行。台風の影響はあったものの、仲間の想いと普段の行動の良さ(?)で、無事に那覇空港に到着。
okinawa131
予定通りのスケジュールでスタートすることができた。初日は清く正しく全員での団体行動。時間厳守はもちろん自分勝手な行動は許されない(笑)。
初日の観光は定番のコース。ひめゆりの塔~おきなわワールド(玉泉洞)~首里城と比較的那覇から近いエリアを周遊。
okinawa13
okinawa134
okinawa132
ざわわ、ざわわ、ざわわとサトウキビ畑に風が吹いていた。
okinawa133
それぞれの場所での感想もあるのだが、旅行疲れもあり、今回は省く(苦笑)。印象的だったのはどこの観光地も中国人旅行者がやたらと目立つこと。時期的な問題か、それとも・・・。
この日は終日貸切バスで移動したのだが、お付き合い頂いたガイドさんがバスガイドのお手本のような方。
okinawa135
バスでの移動時間中、全く途切れることなく観光案内をされた。現在の沖縄の気候・文化から、それぞれの観光スポットに関連するうんちく、琉球王国にまつわる悲劇まで、何かの資料を見ることなく詳細に話して頂いた。いやあ~、随分、勉強になりました。バスで寝ていたキミたち、少しは反省しなさい(笑)。
夕方にホテルにチェックイン。宿泊先はロワジール那覇。
okinawa136
ここも中国人旅行者がかなり目立った。
夕食は全員で国際通りへ。
okinawa137
ようやく飲むことができたオリオン生ビール(実は機内でも昼食でも飲んではいたけど・・)、メインは定番中の定番、パフォーマンス付きのステーキを楽しみながら頂く。
okinawa138
いかにもという感じもするが、みんなで楽しめればそれもいいだろう。
そして、二次会はその近くにある小桜さんへお邪魔した。
okinawa1311
okinawa139
ここでは泡盛と沖縄名物を頂く。といっても、ステーキと伊勢海老のボリュームがありすぎて、二次会ではほとんど食が進まず・・・。せっかくの機会だったのにちょっぴり残念。初日は気持ちよく酔いながら、あっという間に過ぎていった。
みんなの笑顔も素晴らしかった。
続く・・・。

何とか行けそうですね!沖縄!

なんと2時前に目が覚めた。そして眠れない。年寄りなのか、今日の事が心配なのか、すっかり目は冴えている。今の時刻(3:55)は雨が降っているものの、風は全くない。昨日の名古屋もとても静かだった。台風が間近に迫ったいるとは思えなかった。
何ととか無事に沖縄へ行けそうな気配である。
しかし、この数日はこの台風27号の存在で悩まされた。万が一、飛行機が飛ばなかったらどうするか、飛行機が飛んでも空港までの交通機関が不通になったらどうするか、いくつかの代案を考えメンバーと共有しながら対策を練った。朝7時の集合は対策にも限界があったけど。
そんな余計な心配や仕事もしたが、杞憂に終わりそうでホッとしている。
これだけ連続で台風が来るなんて誰が予測しただろうか。10月でも30度を超える日が多かったり、大雨強風だったりと先行きを予測するのは本当に難しい。こんなことで一喜一憂する僕らはまだ平和なんだろうけど・・・。
普段、出張や小旅行の場合、パソコンは持参するのだが、今回はしない。予定通り飛び立っていくのならば、この2日間はブログを書くことはない。もし、明日、ブログがアップされるようなことがあるとそれは・・・(涙)
さあ、まもなく出発。
オリオンビールを飲んで、泡盛を飲んで、ガハハと笑って3日間を過ごす。そんな楽しい時間を仲間と味わえるといいね!
無事に到着することが前提だけど・・・。

大事なことは夜に決まる

厳密に言えば、大事なことは飲みながら決まるというのが正解・・・。
今週は月曜にパフ釘崎社長、火曜にエイムソウル池田取締役、働きごこち研究所藤野社長と夜の時間をご一緒した。いずれも楽しく熱い有意義な時間を過ごさせてもらった。
写真を見ると飲んだくれのバカ丸出し状態だが(笑)、それは誤解である。我々の事業にとって、とても大切な話をしながら議論していたのだ。
mondo3
mondo1
釘崎氏との飲みの場では、名大社の哲学者と切れ者女子と一緒にこれからの採用のあるべき姿を語り、池田氏、藤野氏とはこれからの名古屋の盛り上げ方について語り合った。
「やまちゃん、そんなのは勝手な解釈で、その話した内容はほとんど覚えてないでしょ?」と身近な人に言われると、ウッと言葉に詰まってしまうが(笑)、全て忘れたわけではない。
肝心な部分は鮮明に記憶しているのだ。
そして、その部分が今後の事業に活かされていくのだ。酔っ払った時しかアイデアが出ない自分の能力はいかがなものかと疑問を抱くが(本当は酔った時もほとんど出ません。出まかせです)、そこで出たアイデアが結びついていくことは意外と多い。
特に誰かと組んで何かを仕掛けようとした場合、会議室に籠って唸りながら話し合うよりも、飲みながら自由に語った方が上手くいくケースが多い。
「是非、一緒にやりましょう~!」と調子よく終えることがほとんどだが、その後の打ち合わせで詳細は詰めていけばいい。仕事の話もそうだが、ハゲタカ鑑賞会のような高尚な趣味の話も飲みながら決まっていく。
「それって、やっぱり飲むための言い訳じゃん!」とツッコミが入りそうだが、この時間が重要なのは間違いない。
大事なことは夜に決まるのだ。
もし、僕に何かを売りつけたいとか、企画をぶつけたいという方は夜がチャンスですぞ。いとも簡単にコロッといっちゃいますぞ(笑)。

学生がやるべきこと、企業がやるべきこと

nikkei1310
一昨日の日経新聞の記事。「投資家視点で就活力」というタイトルで、学生の情報収集の方法について書かれていた。
就活は株式投資に似ている面があるため、投資情報を有効活用せよというもの。確かに仰る通り。
IR情報を有効活用すれば、就活に役に立つのは間違いない。そこには学生にとって耳触りのいい情報だけでなく、企業にとっての課題も露わになるわけで企業を選択する判断基準にもなる。やらないよりはやった方がいい。
しかし、IR情報を提供している企業は新卒採用を行う企業のうちどれだけあるだろうか。ごく少数派になるだろう。もちろんこのような情報を入手する必要性はあるのだが、問題はそれ以外の企業の情報をいかに入手するかということ。新卒採用を行う企業の中でもホームページすらままならない企業も実際には存在する。会社情報も美しい言葉だけ並べられているケースも多い。
そんな上辺だけの情報を真に受けて、結果的にミスマッチに繋がるケースもなくはない。それは学生にも問題があるように情報を提供する企業側も大きな問題だ。
一昨日行った弊社のセミナーでもそれに近いことが語られていた。採用担当者向けに元リクルートマネジメントソリューションズ社長の釘崎広光氏が講演されたのがそれ。ミスマッチを防ぐためには、企業側の情報開示が重要で、RJP(Realistic Job Preview)の実践がカギとなる。
RJPとは企業のありのままを見せることで、組織文化や仕事内容、勤務条件などについて現実を正しく誠実に伝えることが、やはり大切というのだ。結局はいい面も悪い面も出さなきゃいけない。つまりIR情報と同じというわけだ。
それによって母集団形成に影響を及ぼし、応募者が減少することも十分考えられる。しかし、応募者が減少すると本当に採用が困難になるのだろうか。因果関係は証明できそうで、実際はそうでなかったり・・・(笑)。逆を言えば、一人一人をじっくり見れるチャンスも増えるだろうし、強い気持ちを持った学生しか応募しないのかもしれないし。
(簡単じゃないのは十分分かっています・・・苦笑)
それは情報を提供する我々の責任でもあり、これからの課題でもある。これまで当たり前と思ってきた手法を疑ってみることも必要。学生がすべきこと、企業がすべきことを考えると同時に我々がすべきこともしっかりと考えなければならない。
最後は自虐的になってしまったが(笑)、ここ数日の記事やいろんな方の話でそう感じるのであった。

トミタよ、幸せになれ!

昨日は若手社員トミタの結婚式。なんと高校1年からお付き合いを始め、11年経過して結婚するという日本国内でも今どき珍しい純粋なカップル。その話を聞いただけで感動してしまった。(美しいいい奥さんをもらったね・・・。)
天気はあいにくの雨だが、それこそ愛があればそんなものはどうでもいい。トミタが挨拶をしていた様に心が晴れやかであれば全く問題はない。
結婚式場は金城埠頭にあるアンジェローブ。滅多に乗ることのないあおなみ線に乗って式場に向かった。
tomita9
教会で厳かな式を挙げ、披露宴へと向かう。
tomita8
若いカップルなので列席者も若々しく和やかな雰囲気で披露宴が進行していった。
tomita1
祝辞を終えた僕は会社のメンバーと幸せそうな二人のやり取りを見ながら、ひたすら飲むだけ。すっかりいい気分に浸り、酔っぱらってしまった。
恒例の新婦が新郎にケーキを食べさせるシーンがあり、
tomita7
偶然にも誕生日であった新郎のお父さんへのプレゼントがあったりと楽しい時間は過ぎていった。
tomita3
トミタは関西の大学を出ているので、関西から招かれ友人は吉本張りのお笑いを披露。
tomita6
少々すべった感はあったものの(笑)、体を張ったパフォーマンスは会場を盛り上げた。勢い余って外のプールにも飛び込んでしまったが・・・。
tomita4
全員で風船を空に放ちシアワセを祈る。
tomita5
そうだ、みんなでハッピーになろう。
tomita2
トミタはまだ3年目でようやく一人前になったばかり。ただこれからの名大社を背負っていく大切な人物のひとり。抜群のコミュニケーション能力と営業センスを持っている。この結婚をいい糧として、その能力をさらに伸ばしてもらいたい。
トミタよ、幸せになれ!そして、これからを期待している。

エンゲージメントを高めよう!

昨日はCDAプラザの勉強会。10月は毎年恒例の行事で、CDAの通学講座でも講師を務める守屋奈美枝先生を招いて講義を受ける。僕は2年ぶりに参加させてもらった。
テーマは「エンゲージメントを高める」。このエンゲージメントという言葉は最近になって耳にするようになったが、ほんの数年前までは見たことも聞いたこともなかった。(ただ知識がないだけか・・・)
エンゲージメントとは従業員の貢献度を図る指標のこと
・組織の成功のために貢献しようとするモチベーションの高さ
・組織の目標を達成するための重要な業務遂行への意志力

を表す。会社へのロイヤリティとも貢献意欲ともいえる様だ。
今回、僕はキャリアカウンセラーの立場より、組織を率いるリーダーの立場で耳を傾けてきたといってもいい。それだけ今後の社内で生かせそうな要素がいっぱい。
ある調査によれば、日本人従業員のエンゲージメントは、世界28か国中11位。もっと高いのかと予想していたのだが、思ったより低い。中国や韓国の方がエンゲージメントが高いのはかなりの驚き。
それだけ日本人の会社に対する想いは低下しているのだ。不況感や将来への不安、上層部への不信感がその理由でもあるという。少々寂しい話ではあるが、それが実態とするならば、自分たちの手でエンゲージメントを上げていくしかない。
エンゲージメントの高い企業は生産性もアップし、事故発生率は低下し、離職率も下がっているのは調査でも明らかなようだ。それは会社としても理想の姿。そんな会社つくりと個人のトレーニングをしなければならない。
昨日の勉強会では、その個人のトレーニングとして、ペアを組みポジティブな受け答えを継続的に行うワークや自身の強みを他者からポジティブフィードバックをもらうワークを行った。
僕はスケジュール管理が上手くいかず、別の予定と重なっていたため途中で退席したが、このワークもいい経験。自分が話す側でフィードバックをもらうと少々照れくさくなってしまうが、この繰り返しでお互いの強みに気づきを与える。年末の個人面談には生かしてみようと思う。
どんな仕事をする上においても、仮面を取った素の自分が一番パフォーマンスが高まるという。そんな環境を提供するのが僕の重要な役割。自分が素であればいいというわけではないのだ(苦笑)。
エンゲージメントを高めよう!
今日は若手社員の結婚式だし、エンゲージメントが高まる最高のスピーチでも披露するかな・・・(笑)
勉強会には途中までしか参加できなかったが、いい学びになりました。
ありがとうございました!

岡崎にて

今、僕はこのブログを岡崎のホテルで書いている。岡崎に泊まるのは初めて。部屋から眺める乙川も情緒があってなかなかいい。
okazakijc134
できればゆっくりと岡崎城あたりに行ければいいのだが、とんぼ返り。
昨日は岡崎青年会議所の10月公開例会に招いて頂き、講演をさせてもらった。先月のゲストが壱番屋の創業者の宗次氏で、来月が10万人規模のイベントを岡崎で行うというのだから、明らかに人選ミスで箸休めにしかならないが(苦笑)、それでも地元の学生や若手社会人を中心に200名近い方に集めって頂いた。
会場は岡崎市シビックセンターという地元ではコンサートも行われる立派な会場。
okazakijc132
okazakijc133
これまでいろんな講演は経験させてもらったが、シャワーが設備された控室なんて初めてのこと。自分にはもったいないな・・・。
タイトルは「夢への第一歩~未来の自分は自分は、今の自分がつくる~」と壮大なもの。
okazakijc1
ただ前を見て生きてきただけの僕がそのテーマで話をするのはいかがだと思うのだが(笑)、これまでの経験を自然体で話をさせてもらった。
講演終了後はパネルディスカッション。岡崎JCに所属する若手経営者と若者代表と一緒に事前に集計したアンケートを基に仕事の価値観について議論を行った。
僕の役割はコーディネーターで客観的な立場から現在の経営者の考える若者像とその実態のずれについてコメントさせてもらった。ここでは会場の学生からの質問もあったりとかなり熱い議論ができ、パネラーを含めた若者のストレートな意見も聞け参考になった。
いつの時代もギャップはある。どの時代がシアワセでどの時代がそうでないかはあるとは思うが、そこに結論を持って行ったところで何の意味もない。そこも含めて、まず一歩踏み出そうというわけだ。
客観的というよりも主観的に話した面も多いため、主催者も参加者もガッカリした面はあったかもしれないが、そんな意見もあっていいだろうと自分勝手に納得する(笑)。
公開例会終了後、打ち上げに参加。開始が21時を過ぎているわけだから、あっという間に帰れなくなったわけだ。結局、岡崎JCの方と1時ごろまで飲んでホテルへ。ここでもお互いの話をしながら有意義な時間を共有させてもらった。いいお酒が飲めました。
今回、お役に立てたかどうかはさっぱりわからないが、僕としてはいい経験をさせて頂いた。
岡崎青年会議所のみなさん、ありがとうございました。

沖縄に行く前に・・・。

来週26日(土)から28日(月)までの3日間は名大社の慰安旅行。何年ぶりになるのか既に忘れてしまったほど、久しぶり。全員で2泊3日で沖縄に行くことにした。
(会社都合で申し訳ありませんが、10月28日(月)は特別休暇とさせて頂きます。ご了承ください。)
より一体感を高め、懸命に仕事に励む集団となるため、この期間はみんなで大いに盛り上がり楽しむ日にしたい。そして、充実した日を送るためにも少しでも沖縄のことは知っておかないといけない。
そこで読んだ本がこの2冊。
okinawa1310
盟友で同級生経営者の櫻山さんに勧められた本書。「どっちがいい?」と聞くと「両方読まねばなりませんよ。まずは中国からね。」とあっさり返され、2冊とも読むことにした(笑)。読後、両方読む必要性は理解できた。
「中国が沖縄を奪う日」(幻冬舎ルネッサンス新書)
「沖縄を豊かにしたのはアメリカという真実」(宝島社新書)
いずれも著者は惠隆之介氏だが、書かれている内容は全く異なる。櫻山さんのブログでも書かれている通り、その内容は僕の知らないことばかり。僕たちはマスコミが伝えたい情報だけを耳にして、それで分かった気になっている現実がよく分かる。
中国の沖縄に対しての脅威とアメリカの沖縄への貢献度はこんな作品を読まないと知る由もない。
それは単に中国に対して否定的に、アメリカに対して肯定的にみるのではなく、今、現実に起きている問題を踊らされる情報だけで判断してはいけないということ。いかに自分の価値観が周辺から固められた愚かなものかは、悲しいかな理解せざるを得ない。
会社で回し読みしているこの雑誌に載っている情報も同様。
okinawa13104
沖縄の全ての魅力が掲載されているわけではいない。本当に知りたいことはどこにも載っていなかったりするものだ。
今回で沖縄に行くのは10回目になるが、知らないことは山ほどある。
そして、思う。無知は罪だな・・・。
みんなと楽しみに行く沖縄だが、知るだけでなく多くの事を感じてきたいとも思う。

1 / 3123