前向きに行こう!名大社社長ブログ

2013年11月の記事一覧:

赤坂の午後、四谷の夜、そして黄昏の御茶ノ水

昨日、一昨日は東京への出張。
情報収集やネットワークを広げるためにもっと頻繁に外に出たいのだが、ちょこまかちょこまかと予定が入り余裕のあるスケジュールが組めない。(ただ段取りが悪いという話もありますが・・・)
今回はようやく泊りでの出張となった。一昨日の午後は全国私立大学就職指導研究会の「就職フォーラム」に出席。全国から大学や企業が500名以上集まるわけだが、意外とすぐお客さんや知り合いに遭遇する。東京赤坂の大きなホテルでもホッとしてしまう(笑)。
いくつかのプログラムが行われる中、印象に残ったのは北野大氏の講演。
live1332
大学教授の立場から「働くこと」を語って頂いたのだ。基本的には真面目な話だが、要所、要所で笑いをとる。弟(北野武氏)の七光りで仕事をしているという自虐的なギャグから始まって、自分を落としながらも豊富なネタで参加者を惹きつけていく。
そこには学生への愛情があふれ、大学関係者、企業関係者への厳しいメッセージも込められていた。若者を育てる重要性を求めながら・・・。
そして、大学選びは将来の職業を意識して選ぶべきだと大学の教授の発言とは思えないことも言われていた(笑)。賛成!
この会合を終えて、静岡の同業者就職情報センターの秋山社長と一緒に四谷へ。珍しくライブハウスに行ったのだ。伝説のバンドと一部では噂されているUSBいや違う、MSPのライブ。
伝説といってもマングローブ今野社長、パフ釘崎社長、キーカンパニー下薗社長の同業者が組むオジサンバンドなのだが、2年ぶりにライブを行うというので、義理も含め(笑)お付き合いせねばならない。
live131
内容は期待以上。僕が中学、高校の頃、よく聞いた懐かしいフォークソングを中心に演奏が行われた。ハーモニカぐらいは習おうかなと思ってしまった・・・。
昨日は御茶ノ水にあるキャリぷら東京でふるさと就職応援ネットワークの幹事会。
live133
この写真が黄昏ているわけではないが、午後の時間みっちりと議論が繰り返された。今後の事業戦略や加盟各社との情報共有など密度の濃い時間を過ごしたのだ。
仙台のエムジョイ菅原社長のお土産は東北楽天イーグルスのクッキー。楽天関係のグッズは全て完売らしい。
live134
その後行われた懇親会ののち、最終ののぞみで名古屋へ。できればもう一泊ぐらいという気持ちもあるが、今日は学生向けのイベントがあるため戻らねばならなかった。
昨日、話し合われた内容を今日のイベントで少しは生かしてみようか・・・。ドタバタする日々だが、今日も気合を入れて臨まねばならない。
と日報のような報告ブログでした・・・。

「メッセナゴヤ2013」に行ってきました。

昨日はポートメッセなごやで開催されている「メッセナゴヤ2013」に参加。一昨年も初日に参加したのだが、人出の多さへ桁違い。平日にも関わらずあおなみ線の金城ふ頭駅もかなり多くの人で賑わっていた。
messe131
みんなダークスーツを着たビジネスマンばかりだったので、華やかさは全く感じなかったけど・・・(笑)。
このイベントは年々規模が拡大し、今年は800社の企業が出展しているという。ポートメッセなごやの広い会場もこれが限界でこれ以上に企業を受付けるのは難しいらしい。
messe132
名大社としても一度くらいは参加してみたいとずっと思ってはいるが、11月中旬はイベントが重なることも多く、縁はないまま今に至っている。
あまり人材系の企業は出展していないので、仕掛け次第では面白い展開ができると思うのだが、物理的な問題として難しいのが現状。
messe133
テーマごとに分けられた展示場内は、派手な装飾なブースもあれば、技術一本勝負という硬派ブースもあり、企業の取り組み姿勢がビシビシと伝わってきた。カタチは違えども我々が提供する転職フェアや企業展と同じだ。
学生の就職活動に役立つようにも作られているので、大学3年生らしい学生もちょくちょく見られた。ほとんどが女子学生だったのはいかがなものなのか・・・(苦笑)。
ただこういった場は普段の生活では全く知る由もない製品や技術、サービスが見られ、学生にとってもためになる。学生だけでなく、僕自身も相当ためになる。いかに自分が世の中の上辺しか知らないかが手に取るようにわかる。
企業名は知っていても、その技術がどのように活かされているかは意外と知らない。目の当たりにしても、話を聞かなきゃわからないくらい。あまり時間がなかったため、そこまで突っ込んだ体験ができなかったのは残念だった。
ブースを回っていると結構知り合いの方に遭遇する。うちの大切なクライアントも数多く出展されているので、その企業の社長や担当者と普段とは異なる会話をしたり・・・。
1時間程度、会場を回るだけではあまり理解できない。場内の写真は遠慮させてもらったので、どんな雰囲気かも伝わらないだろう。
messe134
それでもこのようなイベントが毎年開催され、この東海地区、いや全国の企業が紹介されるのは単純に素晴らしいこと。
来年くらい出展できないかな・・・。

「就活応援フェスタ2015」を開催するのだ!

fesuta1311
今週土曜の16日に「就活応援フェスタ2015」を開催する。
これはは大学3年生をはじめとした大学生に就職活動で何を大切にしていくのかを啓蒙していくイベント。
就活であれ、勉強であれ、仕事であれ、何が重要かといえば事前準備。事前準備が整っていれば、どんな事でも慌てることはないし、誤った判断も少なくなる。今、僕が通っているビジネススクールと同じ(笑)。
それはさておき、12月からスタートする就活において、今から対策を練っていけば、本番で迷うことも少ない。迷う事自体は重要だけれども、どうでもいい迷い方はしないほうがいい。そのためのイベントを行うのだ。
就職活動の目的は内定を獲得することではなく、自分にとって一番可能性のある会社で仕事をスタートさせること。そのためには自分を知り、相手を知り、環境を知らなければならない。これまでの学生生活は基本的に自分中心で良かったと思う。
当然、第三者との関係性が発生するので、気を遣ったり、相手の立場で物事を考えたりすることもあるが、就活はそれ以上のことをしなければならない。しかし、それは難しいことでも何でもなく、社会人なら当たり前に進めていく作業。
だが、社会人と学生とでこのギャップが大きいのも事実。そこを僕たちは少しでも解消したいと思うし、その行為が素敵なことだと伝えたいとも思う。単に就職活動のノウハウだけでなく、就活を通して成長すること、そして働くことが素晴らしいということを感じて欲しいと思うのだ。
自社の学生向けのイベントで僕が登場することは少ないが、約1年ぶりに登場。出し惜しみをしているわけではなく、お払い箱状態にあるわけだが(笑)、今回は大リーグの上原投手のように復活劇を果たし活躍したい。
今回のイベントでは講演を中心に就職活動を有益にするいくつかのブースも出していく。こちらも楽しみにしてもらいたい。
講演を紹介すると
<第1講演> 
鮮やかな就活スタートを切るために必要な七つのポイントとは
<第2講演> 
就活生のための「優良企業」の見方・探し方
<第3講演> 
東海地区の人気業界担当によるパネルディスカッション「企業が求める人物像とは・・・」
<第4講演> 
業界研究に時間をかけたくない人のための業界研究セミナー
<第5講演> 
ナゴヤを面白くする企業のトップが語る「チャレンジするキミたちに期待すること、そして、一緒に成すべきこと」

僕は第3講演と第5講演に登場。最近はモデレーターと表現するらしいが、パネルディスカッションを盛り上げる役割だ。前日まで飲み会が続き、頭の中がはっきりしているかが不安だが、パネラーの魅力を引き出せるよう務めていきたい(笑)。
そんなイベントの詳細はこちら。
<日時>2013年11月16日(土)
     11:00~17:00(就活応援コーナーは12:00~)
<会場>ウインクあいち 7階
    名古屋駅より徒歩5分
※入場無料、入退場自由、服装自由

講演は事前予約が基本だが、「ブログを見ました!」という学生さんは特別サービスをしてしまおう(笑)。
肩ひじ張らず、気軽な気持ちで来てもらいたい!

根性なし?勇気ある決断?いびがわマラソン

昨日はいびがわマラソン。前日に一緒に走る東京のライバル株式会社パフ釘崎社長と名古屋の名店イチビキでひつまぶしを食し、万全な態勢で当日を迎えた。
ibi34
しかし、当日は雨。名古屋を出た時は怪しかった天候が一宮を過ぎたころから降り出し、会場となる揖斐川町に辿りついた時にはかなりの雨が降っていた。
ibi333
会場もこころなしか寂しい感じが・・・。
ibi32
ibi35
それなりの想定はしていたが、予想以上の雨。どうするか迷った結果マラソンは取り止めにすることにした。
エントリーが一時間で締め切られた人気のある大会で、わざわざ会場まで時間を掛けて来て、とても勿体ない話である。参加したくてもできなかった方の事を考えればA級戦犯だろう。
この判断はただの根性なしなのか、勇気ある決断なのか、どうだろうか。間違いなく賛否両論。いや、根性なしと思う方が大勢を占めるかもしれない。
しかし、僕は走らないという決断をした。その決断が後悔しないものかと問われると正直、微妙。実際には多くのランナーがカッパを羽織りながらも走っていたし、僕の友人もフルマラソンにチャレンジしていた。
ibi31
名古屋に戻った時、瞬間的ではあるが雨は上がっていた。何とも切ない気分。情けないと言われても反論しようがない。
昨年の富士山マラソンのような走れないという選択ではなく、自ら走らないという選択をした。自分自身、心が晴れるわけではないが、これも一つの経験として自分の中に収めておく必要があるだろう。
揖斐川も泣いていたのだ・・・。
ibi136
昼に名古屋に戻り、ビールはそこそこに熱燗でご一緒した釘崎さんと大学の先輩と語り合う。次回、リベンジは袋井クラウンメロンマラソン。共にフルマラソンを走ることになっている。
今シーズン、ハーフも走らずにフルに挑戦する怖さがつきまとう。かなりの不安はあるが、前だけは向いていこう。勇気ある決断もしたくはないし・・・(笑)。
完走されたみなさん、お疲れさまでした。

企業再建弁護士の存在

7日(木)はトーマツイノベーションさんの主催する講演会に参加。全国でも活躍する方が少ないと言われる企業再建弁護士の村松謙一氏の講演に・・・。
僕は全く存じ上げなかったのだが、村松氏の活躍は新聞はじめ多くのメディアでも紹介されている。2007年年明けに放映されたNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」でもかなり話題になったようだ。
saiken13
今回の講演では村松氏の簡単な紹介の後、この番組を会場で見せてもらった。感動した。涙が出そうになった。
村松弁護士の下には瀕死の重傷、もやは倒産寸前の企業(主に中小企業)が駆け込む。大体のケースが銀行への返済が滞り、倒産も時間の問題という企業のトップがほとんど。
そのトップの苦悩を聞き入れ一緒に再建案を作り、銀行に交渉し倒産を回避したあと、再建の道に導く。
弁護士でありながら裁判所に出向くことはほとんどなく、もっぱら出向くのは銀行。そこで綿密な再建案を提示し何度も交渉しながら、銀行への返済を減らしていく。
簡単に書いてしまうとチープだが(苦笑)、そこに至るまでの過程とその仕事に賭ける情熱は見ていて感動的だ。村松弁護士自身のトラウマとなる体験もあるのだが、一人でも多くの経営者を救いたいという強い気持ちと行動力には驚くと共に敬服するばかり。
思い悩んだ経営者は村松弁護士との相談の後、そのほとんどは笑顔になっていくという。何日も食事が全く喉に通らなかった経営者が帰りにはどんぶり飯をお替りできるような安心感を与える。
村松弁護士は「倒産なんてない。借金は消しゴムで消せる。」と仰られていた。それも法的手続きに則って行う合法的な業務なので間違いはない。話を伺いながら目から鱗状態だった。
2時間の講演の後、なんとありがたいことにその村松弁護士と食事をご一緒することとなった。倒産の相談をするわけではないですぞ(笑)。
たまたま偶然が重なってトーマツさんと一緒にお酒を酌み交わしながら、更に深い話をして頂いたのだ。
これは貴重な体験。サラリーマン時代は弁護士の知り合いなんていなかったが、今の立場になるとそんな方との接点もでき、仲良くお付き合い頂く弁護士も増えてきた。
しかし、企業再建弁護士の方とお話しするのは初めてであり、全国的にも注目を浴びる村松弁護士の隣で飲めるのは光栄なこと。
この席では講演では話されなかったもっと奥深い話を伺うことができた。少なくとも僕は村松弁護士に相談に乗ってもらう存在になってはいけないし、そんな方向に進むわけにはいかない。だが、話を伺いながら、先々が少し明るくなったのも事実。
多くの経営者、特に中小企業の経営者は必要以上に責任の重さ、会社経営の重さを感じているようだ。毎日をどう過ごすか、何を考えて起き、何を考えて寝るか、それを繰り返さなければならない。
村松弁護士も強調されていた。
「会社は何のためにあるのか、自問自答しろ」と・・・。どこかで聞いたことのあるフレーズだが(笑)、それは常に意識せねばならないこと。
NHKでのエピソードで個人的に面白い事を伺った。本来、村松弁護士の番組放映予定は2007年の年明けではなく、もっと遅い時期たっだようだ。それが繰り上がり年初早々で「プロフェッショナル仕事の流儀」が放映された。内容は人が人を救う企業再建のドキュメンタリーとして・・・。
その後、NHKがドラマで放映を予定していたのが伝説のドラマ「ハゲタカ」。ここに繋がっているという。絶妙のタイミング。
この話を聞いて、オ~、スゲエ~と思うのはごく少数だと思うが、僕はその一人(笑)。
捉えどころのないブログになってしまったが、素晴らしい機会を頂きました。
ありがとうございました。

薄毛はモテるのか?

昨日、朝食時にたまたまテレビを見ていたら、薄毛についての特集をやっていた。最近は薄毛を恥ずかしがるのではなく、堂々と見せることが男らしくモテる要素があるという。
スポーツ選手でも丸坊主にしているケースも多いし、街を歩いている人でも短く刈り上げている人もよく見かける。
番組内の女性へのインタビューでも好印象で捉えられている場面がほとんどだった。もちろん番組の演出はあるだろうが、薄毛=ハゲ=カッコ悪いというイメージは遠い過去のこと。僕の周りにいる割り切った仲間は、逆にカッコよく見えたりするものだ。
半分冗談だと思うが、お笑いグループ「我が家」の坪倉さんも薄毛を堂々と話し始めたらモテだしたという話を番組でしていた。
確かに薄毛をごまかすために、無理矢理に髪の毛をあっちからこっちに引っ張ってくるのは悲しいものがあるし、隠そう隠そうという姿勢は相手側がどうも戸惑ってしまうような気もする。
そうなんだ。開き直ればいいんだ。
以前から何となく意識はしていたが、自分も少しずつきている(苦笑)。シャンプーしていてもどっと髪は抜けるし、ドライヤーで髪を乾かしても地肌が透けて見える。う~ん・・・。
嫁さんに聞いても「歳だから仕方ないんじゃない。」と全く関心がない。
たまに「山田さん、薄くなったんじゃないの?」と言われたりもする。以前は気になっていたが、最近は当たり前と思ってきたり・・・。
そんな時に昨日の番組。これまで冬場は比較的、髪の毛を伸ばしてきたが、思い切ってこれからの時期もサッパリと短くしよう。変に髪型を気にするのは止めにしよう。
堂々と短くした方がモテるのだ。この歳になってモテようする行為が卑しいが(笑)、その方が好感度が上がるなら、そっちがいい。
よし、短くしするぞ。いつ、床屋に行けるかわからないけど・・・。
どうにもくだらないブログになってしまった(笑)。

100社の企業が参加!今週末の転職フェア

今週11月8(金)・9(土)日に転職フェアが開催される。
fair1311
今回の会場は久々の名古屋国際会議場イベントホール。そして久々に参加企業も100社となった。述べ社数であるが今回はきっちり100社。99社でも101社でもないちょうど100社なのだ(笑)。
この社数を目標に掲げていたわけだが、何とかこちらの計画通りにイベントを開催することができる。単独の転職フェアとしては何年かぶりの3ケタの企業数(企業展&転職フェアでは120社くらいの開催はあったが・・・)。
より多くのキッカケの場を提供できることは主催者側としても嬉しい。愛知県の求人倍率は全国的に見てもトップに近く求人意欲が強いことも背景にはあるが、インターネットでの採用活動が中心の時代に、超アナログな手法も必要とされているのも実感できる。
どれだけ便利な時代になっても人と人のコミュニケーションは重要。僕らはこれにはこだわりを持って進めていきたいと常に考えている。
そんな転職フェアだが、僕の知り合いにもよく聞かれることがある。「どんな企業が参加しているの?」と・・・。
Webページをご覧いただければ一目瞭然だが、それはあまりにも失礼なので簡単に説明すると、「ありとあらゆる業種や規模の企業」と期待に応えていない答えしかできない(苦笑)。
地元の中小企業が中心であるのは間違いないが、バラエティに富んでいるのは事実。今回、初めて転職フェアをご利用いただく企業も多い。それがこんなごった煮イベントの良さでもあったりする(笑)。
当日、運営を任されるうちのメンバーも万全の態勢で臨む。この2週間は休暇も多く、十分な体力を養っているから、120%のサービスを提供できるはずだ(笑)。
そんなイベントの詳細はこちら
<日時>2013年11月8日(金)・9日(土)
     11:00~17:00
<会場>名古屋国際会議場
   地下鉄名港線「日比野駅」、名城線「西高蔵駅」より徒歩5分
※入退場自由、予約不要

転職セミナーやキャリアカウンセラーによる就職相談コーナーも充実しています!

良い叱り方の巻

この3連休はあえて予定を入れなかった。
先週までドタバタ状態で来週からも忙しくなるのとちゃんと真面目に勉強しないとヤバいという理由から・・・。勉強することはファイナンス。
これまでカネ系の勉強は避けて通ってきたが、さすがにこの立場になるとそうはいかない。少しでも知識を身に付けようと今回通い始めたビジネススクールでとうとうその科目がやってきたのだ。
テキストを読んで眠くなる。懸命に理解しようと思っても全く頭に入らない。DCF法も正味現在価値もIRRも何のこっちゃって感じ。現実でどうやって生かせばいいのかさっぱり見当もつかない。
それでも知識くらいはつけないとまずいと思い、この3連休はそれなりに勉強した。多分、その時間に対しての知識量は比例していないだろうが・・・(涙)。
shikaru1
空いた時間に読んだ「日経トップリーダー」。今月の特集は”良い叱り方、良い褒め方”。この類の特集はいろんなビジネス誌も取り上げられており目新しさはない。しかし、リーダーにとって永遠に続くテーマ。頭で分かっていてもできないことは多いのだ。
僕自身も以前は随分と叱られた。叱られぱっなしと言っても過言ではない。そして、前社長によく言われたものだ。「叱る」と「怒る」は違うと・・・。上に立つ者は「叱る」と「怒る」の違いを身に付けねければならないと・・・。
自分では意識してきたつもりだが、本当にできたかどうかはかなり疑問。今でもそれは怪しいものだ。
この特集にははっきりと書かれている。
自分が主体なのが「怒る」。相手が主体なのが「叱る」。どんなに感情的なっても叱る時は客観的でなければならない。時々は再認識しないといけないこと。
もっと上手に叱れるようにならないといけないな・・・。もっと上手に褒めることの方が大事かもしれないけど。
それにしても本特集のケースはいかがなものか。失礼にあたるかもしれないが、もっと参考になるケースがあるのではないか。と思ってしまった。僕が慣れ過ぎてしまったせいもあるが・・・(苦笑)。
shikaru2
20年前、10年前と今と比較して、叱り方も変化しているのではないかと思う。表現は悪いが、世代によって叱り方のポイントも変わってくる。
はっきり言って、その変化は本質ではない。しかし、叱ることの本来の目的を考えた場合、その叱り方の悩みは尽きないのかも。
2500年前の「論語」でも叱り方の在り方について言及しているのだから・・・。

日本一おめでとう!東北楽天イーグルス

rakuten13
レギュラーの半分も知らない。しっかり見た試合は昨日と一昨日だけ。特にアンチ巨人でもない。それでも喜んでしまった楽天の優勝。感動もした。
シーズン中もTVで野球なんてほとんど観たことがないにわかファンのくせに。でも、こんな人って多いじゃないのかな・・・(笑)。
これは完全な予測に過ぎないが、巨人ファン以外はすべて楽天の優勝を望んでいたのではないだろうか。巨人ファンには怒られるかもしれないが、勝って当然と思われているチームより、弱小チームから這い上がり多くの困難を乗り越えてきた東北のチームを応援してしまうのは日本人気質としてもありがちなこと。
対戦相手がロッテだったら、ここまでは盛り上がらなかっただろうし・・・。
(ロッテファンのみなさん、すみません。)
それにしても昨日の9回は驚いた。解説者の古田氏、工藤氏も絶句していたように前日160球を投げたマー君の登板は現代の野球ではあり得ない行為だろう。
無責任に言えば、ゲームを完全に呑み込んでしまったあの雰囲気は見ていて面白かったけど、選手の肉体面を気にする厳しいい人なんかは怪しからんと思っていたかもしれない。ほとんどマンガの世界かもしれない。
僕が小学校だった頃、とてつもないヒーローが活躍する野球マンガが流行っていたし、それが野球に引き込まれる一つの要因でもあった。そう思うと昨日の試合はやっぱりマンガの世界といってもいい(笑)。
昨日の試合を息子は同じ野球チームのメンバーと最後まで一緒に観ていた。なぜか全員が楽天を応援していたという。自分たちのチームとオーバーラップさせていたとは思えないが(笑)、この感動と勇気を自分たちのチームにも反映させてもらいたい。
やればできるんだ。勝とうとする気持ちが大切なんだ。次回の試合は大いに期待したい。頼んだぞ!
日本一おめでとう!東北楽天イーグルス
そして、感動をありがとうございました。

(株)貧困大国アメリカ

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書) (株)貧困大国アメリカ (岩波新書)
(2013/06/28)
堤 未果

商品詳細を見る

本書を初めて手に取った方は、まず間違いなく「なぜ、(株)?」と思うのではなかろうか。しかし、本書を読み進めていくうちに疑問は晴れ、これほど適切なタイトルはないのではと納得するだろう。
その納得は僕らに気持ちよさを与えてくれるかは別問題。むしろ納得してしまう事実が恐ろしかったりする。アメリカが辿った道を日本も進むのだろうか。人種や価値観の違いからそこまで極端なことはないと思うが、最近、世間一般に報道されるニュースを見ると危機感を覚えることもある。
僕個人として資本主義には賛成であり、生きていく世界において勝ち負けが存在し、その結果が正当な評価であるべきとずっと考えてきた。基本的には今もそれは変わらない。
自分がもしくは会社が淘汰されることがあれば、それは自分の実力不足であり、その責任を負うのは当たり前の話。誰かを非難することではない。
だが、本書の内容や最近の行き過ぎた競争を見る度に果たしてそれが正しいのかと迷ってしまうこともある。家電量販店が過激な値引きをすることで消費者は満足するだろうが、作り手であるメーカーは疲弊し、その挙句、その量販店も赤字に転落してしまう。
このサイクルによって僕も恩恵を受けているわけだが、でもそれって本当にシアワセかとも思ってしまう。マーケットインの発想は大切だが、ユーザーはどんな商品であろうと安ければいいと思うのが一般的な考え。でも、その値段の付け方に根拠はないはず。
話はそれたが、本書が取り上げている素晴らしきアメリカの自由がもたらした結果もそれに繋がるのだろう。寡占化が進み、規模の経済を発揮し市場を制覇する。強い者は更に強くなり、弱い者は居場所すらなくなる。それが資本主義が求める結果なのだろうか。
ここに書かれている内容を他人事として捉えて本を閉じてしまうのはあまりにもノーテンキ。近い将来、自分たちの現実にも襲い掛かることは想定しなければならない。
しかし、毎日、戦々恐々として暮らすのはあまりにも不健康。かといって、緊張感のない生活も身を滅ぼすとも思う。適度な緊張感を維持しながら、健康的な生活を心掛ける。
まあ、マラソンと一緒で一定の練習量を積まなければ、いいタイムで完走することはできないし、過度な練習は体力的にも精神的にも負担が多い。練習をしなければ完走すらできない。
マラソンくらいにしか例えることができない想像力やボキャブラリーのなさは勘弁してもらうとして、まずは最低でも自分自身を鍛えることが必要。
我々にとって、何がシアワセなのか、真剣に向き合う時なのかもしれない。

2 / 3123