前向きに行こう!名大社社長ブログ

2017年02月の記事一覧:

「AERA」に掲載されたのだ。

今月のブログも何とかノルマを達成。
途中に5日間も休むとその後が大変なのを改めて痛感。
一年365日毎日書いている人をしみじみ尊敬した。

aera17028 (1)

2月最終日を飾るネタは昨日発売の「AERA」の記事のこと。
特集が「大名古屋経済圏の低力。名古屋イズムの秘密を探る」。

aera17028 (2)

これまで週刊誌が取り上げる名古屋ネタは名古屋人にとってマイナスな記事が多い。
昨年、ブログにも書いた「週刊ポスト」の記事もそう。
結構、名古屋人をバカにしている。

今回は硬派な週刊誌なだけにそんははずはないだろうと読んでみた。
そう、名古屋の力を認識させる内容だった。
その特集になんと僕のコメントが掲載されている。

aera17028 (3)

1月に行った親子セミナーの場で取材頂き、今回このような形で掲載されたのだ。
名古屋に関係ある方も、全く関係ない方も是非、購入して読んでもらいたい。
自分勝手に”名古屋の名物 名大社”と言い続けてきた効果がこんな形で表れたわけだ。

僕はエコノミストでもないので、難しいことを語っているわけではない。
人気食べ物ブロガーではあるが名古屋めしのことを聞かれたわけでもない。
あくまでも就職における地域性についてのコメント。
意外とマジメに語っている(笑)。

僕も学生向けの講演では東海地区の強みを語っているが、
改めてそんなデータを見比べてみるとその強さが際立ってくる。
単にトヨタ効果で経済が強いだけではなく、住みやすい街としても名古屋の特徴が描かれている。

地元出身者の郷土愛は当たり前かもしれないが、
僕の周りでは名古屋を第二の故郷、第三の故郷として愛する人も多い。
長年住むことで愛着が増してくる土地柄でもあるのだ。
ほどよい都会、ほどよい田舎というバランスがいいのだろう。

この特集では喫茶店文化や名古屋弁、名古屋めしについても書かれている。
これを読むと名古屋に引越ししたくなるんじゃないのかな(笑)。
それはそれで歓迎しようじゃないか。

そして言おうじゃないか。
「住むにはあんきだで。」

今週発売の「AERA」を是非、買ってくださいね。

たまにはサウナで考えてみる

この2週間ほど、ずっと忙しく何もできない生活だった。
ようやく昨日の日曜日は少しだが余裕ができた。
嫁さんは仕事、娘はバイト、息子は塾のため、日中はひとりきり。
たまにはそんな時間があってもいい。

映画を観ようか、じっくり本でも読もうかと思ったが、
体がかなりなまっていることに気づいた。
ここ最近のバタバタ生活で全く体を動かしていない。
一昨日に12kmを走ったが、それまでは通勤ウォーキングさえ休んでいた。
そんなわけで、日曜日には珍しくスポーツジムに行くことにした。

J2になるとTVでは試合は放映されないし・・・。
新生グランパスの勝利をリアルで観たかったな(笑)。
風間監督はやってくれるか!!

僕は行ける時は週1回のペースでスポーツジムに通う。
行ける時が週1回なので、行けない週の方も結構ある。
もっと頻繁に通っていれば美しいボディになるのにね(笑)。

仕事帰りに寄り、30分筋トレをして、30分近く走って、
シャワーを浴びて、サクッと帰る。そのパターンが多い。
帰らなければ飲みに行くか、映画館に行く。
サウナが併設されているが、入ることはほとんどない。

しかし、昨日は時間的な余裕があったため、サウナでじっと耐えることにした。
今、仕事もプライベートも課題満載。
サウナに入り汗をボタボタ落としながら、今後のことを考える。
当然、考えがまとまるわけではない。
それでもじっと耐えながら考える。

一度出て、冷水シャワーを浴び、もう1回。
意外と気持ちがいい。
少しだけモヤモヤ感が消えた気になった。
運動不足も解消され、気持ちもすっきりしたら、急に腹が減ってきた。

無性にビールを飲みながら餃子を食べたくなった。
餃子と言えば王将。
近くの王将に立ち寄ると何人ものお客が待っている。
13時過ぎというのに凄い混みよう。

諦めて近くの担々麺が有名な中華料理屋さんへ。
水曜日ではないので、詳しくは書かない。
点心は時間が掛かるということなので注文せず、
ビールに相性がよさそうなセットメニューをオーダー。

sau17021

日曜日の午後、一人で飲むビール。
他のお客さんから見れば哀れな中年オヤジと思われるかもしれないが、
そんな空間も心地いい。たまにはいい。

スマホでfacebookを見るとあちこちのマラソン大会で走る仲間が・・・。
東京マラソンも犬山ハーフマラソンもいい天候に恵まれてよかった。
完走、おめでとうございます。

今週もハードな一週間。
僕はそうでもないのか?(笑)。
それでも充実した一週間を迎えるための貴重な休みを頂いた。
いい気分転換にもなったし・・・。

映画「サバイバルファミリー」

saba17021

結構な割合で映画のことをブログに書いている。
ネタ不足とも余程ヒマとも思われなくはないが、
これも映画コラムニストとして大事な仕事。
いつでも職業が変えられるような地道な活動が必要なのだ(笑)。
それにしてはレベルが低くて通用しないと言われるだろうけど・・・。

さて、本作品、映画館で何度も予告編を観るうちに惹き込まれていった。
なんとなく予想がつく家族コメディだが、
どんなラストを迎えるのか、それも気になり観ることにした。
安心したラストで映画が終わるのはすっきりした気持ちで映画館を後にできる。
体の中にモヤモヤが残らないのがいい。

そして、一見バラバラな家族が過酷な旅?ツアー?経験を通して、
ひとつのまとまりになっていくのもいい。
詳細を話すとネタバレになるので抑えておくが、
一つのシーン、一つの会話でまとまり感が成立していく。

この家族は父、母、息子、娘の4人。
順番は違えど、うちと同じ。
普段あまり会話がない、父親が軽視されている、そのくせ威張っている、それも同じ(涙)。
父親は仕事人間でどんな状況であろうと会社に行こうとする。
観ていると滑稽だが、それも同じ。
なってこった(笑)。

そして、いざというときに役に立たない。
ここは正直分からないが、電気、ガス、ネット、
交通機関などすべてのインフラが停止したら、何もできないかもしれない。
農家の倅のくせに何の知識もないし、自分で火を起こしたこともない。
無責任に映画を楽しむのはいいが、同じ状況になった場合、
自分は家族が守れるだろうかと心配になってしまった。

そんな見方もできるが単純に楽しめる映画。
ノンストップで進んでいく展開はアクション性は低いもののハラハラさせられる。
あんなロケもよくやれたもんだと感心してしまう。
あっという間の2時間だった。

本作の母親役は深津絵里さん。
息子は大学生なので、いいおばさんの設定。
こんな役柄は初めてじゃないだろうか。
しかし、それを見事に演じているし、可愛らしさも保っている。
何よりすっぴんで泥まみれになる姿を違和感なく当たり前に演じれるのもステキだ。
いい女優さんだなあ~。

こんな映画は家族揃って笑いながら観るのがいいだろう。
僕は一人で観たんだけど・・・。
家族をお持ちな方、
それも大学生とか高校生あたりのお子さんはいる家庭は是非、ご一緒に・・・。

「プレミアムフライデー」は浸透するのか

経営者として失格なのだろう。
昨日から実施された「プレミアムフライデー」のことを全く意識していなかった。
これからの取り組みくらいしか思っておらず、
昨日から実施されているとは気づかなかった。
こういったことに関心がない証。
知らない方から見れば社員の働き方を軽視している愚かな経営者としか認識されない。
反省・・・。

昨日のニュースでは首都圏中心のようだがそうでもない。
全国的な取り組みで、昨晩のローカルニュースでも名古屋の企業が取り上げられていた。

toke17021 (2)

一見、働く側にとって有効的な手段のように思える。
間違いなくそう感じる人も多いだろう。
一方で余計なものができたと思う働く人も多いだろう。
(ケチな経営者のことを言っているのではない・・・笑)
これに取り組まない企業は「働き方改革」を疎かにしているとか、
従業員に優しくないとか、批判の的にもなるだろう。

僕はそう思わない。
ただでさえ忙しい月末の週末にそれを前提にしてしまう必要はない。
企業ごとに策を練ればいいだけのこと。

僕の単純な思考で別のアイデアも出してみた。
「スーパープレミアムフライデー」としてイベントの翌週の金曜は昼12時に終了するとか、
「スーパーのんびりマンデー」としてイベント明けの月曜は午後から出勤にするとか、
企業に合う形を設けてはどうだろうか。
あまりいい加減なことをいうと期待を持たせるだけの嘘つきになってしまうが、
そんな手もある。

みんながみんな同じことをやろうと思うと無理も出るし、バランスも崩れる。
大手企業とか中小企業とか関係なしに、
企業風土にマッチする方法を見つければいい。

一律に何かを実施するよりも、この方が「働き方改革」に繋がるのではないだろうか。
と思う。
昨日のニュースでは誰もが飲みに行っている印象もあるし・・・。

真っすぐ帰って家庭サービスすればいいが、家族に内緒でテキトーに飲みに行き、
普段通りに帰宅し晩飯を食べる。
肥満者が増えるだけじゃないか。
僕がその対象ならそんな行動に出ないとも限らないので、
ついついマイナス面も考えてしまう(笑)。

どちらにしても世の中がそちらの方向に向かっているとすれば、
それを肯定的に捉えねばならない。

名大社は名大社らしい方法を考えていきたい。
やっぱり「スーパーのんびりマンデー」かな・・・(笑)。

怒涛のイベントラッシュ

昨日は「みん就フォーラムin名古屋」。
楽天さんとのコラボイベントを開催。
3月からスタートする就職活動に向けて準備となるイベント。

min17021 (4)

min17021 (2)

min17021 (3)

min17021 (1)

開場前から多くの学生さんに並んでもらいイベントを実施。
どうしても知名度の高い企業に学生さんが集まりやすいのはやむを得ないが、
今の時期はできるだけ幅広くより多くの業種を回ってもらいたい。
それでも無事に一日を終えることができた。
ご出展頂いた企業様はじめ多くの方に感謝ですね。

そして、来週はいよいよ本番。
3月スタートに向け名大社もイベントラッシュ。
名大社に限らず同業他社も盛んにイベントを開催していく。
名古屋駅前含め市内のあちこちは就職関連の広告だらけだ(笑)。
18卒学生向けの企画はどこも鼻息が荒い。

来週名大社は
2月28日ジモト就職応援フェア、
3月1日上場企業就職フェア、
3月2日アスリート就職セミナー2018
と毛色の違うイベントを3日連続で開催。

そろそろ会社のメンバーが倒れないか心配。
終了したら肩でも揉んであげようかな。
それはセクハラか…(笑)。

先週のイベントはことごとくお休みしたが、来週はそういうわけにはいかない。
影武者でも通用しない。
代替が利かないようだ。

28日は10:20から「経営者によるトークセッション」にパネラーとして参加。
多分、偉そうに新卒採用について語る(笑)。
1日15:00からは「人事担当者によるパネルディスカッション」のモデレーターを務める。
これも僕の引き出しの上手さが際立つ企画なので、誰も代わりはできない(笑)。

話を聞いてやってもいいぞという学生諸君は会場に来たまえ。
感動的な話を披露しようじゃないか。
本当かな・・・。

3月1日には新卒ナビもOPENするので、今、企画チームはその最終チェックに追われている。
みんな、倒れなきゃいいけど。
肩でも揉んでやるかな。
やっぱりセクハラだな・・・。

昨日のイベントが無事終了したのもほんの一息。
来週からはまた怒涛のイベントラッシュ。
この週末は体をしっかり休ませ本番に臨んでもらいたい。

やっぱり外に出ないと・・・。

昨日も慌ただしい一日。多くの会社を訪問した一日だった。
社長に就任してからクライアントに訪問する機会は減った。
たまに営業同行や挨拶など、お邪魔することはあるが1日2~3社がせいぜい。
バリバリの営業の頃は、1日10件くらい訪問するのが当たり前だったのに・・・。
怠けているわけではないし、驕っているわけでもない。
機会自体が減ってしまったのだ。

それが昨日は10社も訪問。
朝は来期予算の打合せ。
昼はおかっぱニシダとランチ。いわゆる「社長にランチをたかる日」。

soto17021 (2)

ランチの写真は撮り忘れたので、食事後のスタバのショット。
夕方はパートナーと打ち合わせをし、そのまま会食。

その間に10社も訪問した。
週末の父親の葬儀で世話になった方へ挨拶に出向いたのだ。
(先日のブログで数日休んだことを書いたが理由を書かなかったため、却って不安を与えたみたい。
懇意にしているクライアントの社長に心配され、父親のことを簡単に報告・・・苦笑)

soto17021 (1)

営業時代を思い出した。
余裕なくせわしく動き回る。時にはそんな日も必要。
それ程の話ができたわけではないが、とにかく動き回る。
できればもう少し回りたかったが、最後の1社で長居をしてしまい、10社に留まった。
元部下の会社の1時間は長かった。
喋りすぎだぞ(笑)。たまにはいいけど・・・。

パートナーとの会食も気づけば4軒のハシゴ。
〆のカレーうどんは余分だったかも・・・。

soto17213

今日は「みん就フォーラムin名古屋」
雨の不安はあるが、多くの学生さんが来てくれそう。
合間を縫って、挨拶に再度出掛けるかな。

やっぱり外に出て動き回るのも必要と感じた1日だった。

食べ物のはなし 番外編 酸辣湯

嬉しいことに「食べ物のはなし 伏見シリーズ」も浸透してきました。
人気食べ物ブロガーとして読者の期待に応えるのが最大のミッション。
仕事を放り投げ伏見界隈を歩き、お店を開拓せねばなりません。

この日は西に向かい歩いていました。
「いや、今日はこんな気分じゃない・・・。」
「たまにはガッツリと昼メシを食いたいぞ・・・。」
井之頭さんのように一人ブツブツ言いながらあちこちを回ります。

15分ほど歩いてくると一軒の中華料理屋さんの前に立ちました。
最近、有名なお店です。
担々麺が美味しいと評判です。

業界内で僕は担々麵好きとして認められた存在。
ここはしっかりと食しレポートせねばなりません。
担々麺を食べる気持ち満々で、「FARO 花楼 」さんに入りました。

san17021 (1)

午後1時を大きく回っていたため、店内は意外と空いていました。
やはり食事はゆっくりと味わいたいものです。
誰にも邪魔されず自分だけの世界を作りたいのです。
いよいよ井之頭さんの世界に入ってきました。

体は徐々に舞い上がってきます。
高ぶる気持ちを抑えつつ注文します。
「すいません、酸辣湯をお願いします。」
あれっ?
気持ちが高ぶっていたせいか、予期しない注文を自らしてしまいました。

酸辣湯って、その文字も読めないくせに、何故かその時ばかりは
「サンラ~タン、く~ださ~い。」と言ってしまったようです。
人気食べ物ブロガーはほとんど酸辣湯を食べた経験がありません。

美味しい基準を設けることができていません。
そこは一発勝負なのです。
ランチタイムはご飯が食べ放題です。

san17021 (3)

ついでにザーサイも食べ放題です。
まずはご飯をザーサイで一杯食べて体を整えます。

酸辣湯 900円

san17021 (2)

全く麺が見えない状態が美しいです。
箸でグルグルとかき混ぜます。
麺がスープに引っ張られもの凄い圧力が指にのしかかります。

「これが酸辣湯なのか・・・」
その力強さに驚かされつつも必死に麺に食らいつきます。
その酸味が体を刺激し、気持ちも高揚します。
「なかなか、やるじゃないか。」
いつものセリフもつい出てしまいます。
とても美味しく頂きました。

お店を出て周りを見渡すと、ここは明らかに伏見ではありません。
柳橋になります。
「ハハハッ、たまにはこんなこともあるさ~」
と頭を搔きながら、会社に戻ります。

ごちそうさまでした。

シゴトもブログも復活するけど・・・

先週、水曜日から昨日まで休みをもらった。
ブログも木曜日から昨日まで休ませてもらった。
シゴトもブログも5日間、休んだわけだ。
これは今までに経験がない。

この期間は僕にとって大きな出来事だったので、感じたことも含め改めて書きたいと思う。
それには一定の時間を頂きたい。
今日からブログも復活する。
月間ノルマを達成するために今月残された期間をモーレツに書いていきたい。

この2月はスタッフブログをご覧いただければ分かるように一年を通して最も忙しい時期。
休んだ5日間だけでもに開催されたイベントは、
16日業界研究&インターン
18日エンジニアフェア、理工系学生のための就活応援フェスタ
20日ふるさとキャリアミーティングin大阪
と4つのイベントが開催された。

それ以外の日程も珍しく激しく仕事の予定が入っていた。
僕はイベントには一切参加せず、仕事もすべてキャンセルし、
キャンセルできない仕事は他のスタッフに代わりをお願いした。

16日のイベントで僕は学生発表の企画の審査委員長も行う予定だった。

kuri17021

そこには影武者を立て緊急避難した。

こんなことでは当然、仕事は回らないはず。
大混乱が起きるはず。
多くの方に迷惑をかけるはず。

実際はどうだったのか・・・。

すべてが順調に終了した。
上手く機能した。
何の問題も起きなかった。

「お~、なかなか、やるじゃないか。」
と言いたいが、そんな簡単な問題ではなさそうだ。

僕が必要ないのが明らかになった。
存在価値がないのが証明された。
僕がいなくても、この忙しい時期に仕事をスムーズにこなすことができれば、
そうじゃない時期は完璧なはず。

社長不在で、一年通して会社はグッドサイクルで機能する。

ということは・・・。

僕は必要ない?
えっ、もう会社としてどうでもいい?

ちょっと心配になってきた。
今日、久々に会社に行ったら僕の机がなかったりして・・・。
まあ、それはないか。
元々、机はないわけだし・・・。

もしかしたらセキュリティに引っ掛かり、オフィススペースに入れなかったりして・・・。
入れたとしても、「あの~、どちら様ですか?」って言われたりして・・・。

今(5時37分)、かなり心配になってきた。
復活したシゴトもブログもこれっきりかもしれない。
うっ、どうしよう・・・。

そんな気持ちを抱えつつ、会社に恐る恐る行ってきます。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その13

伏見界隈は居酒屋が多いです。
以前、オフィスがあった丸の内に比べ断然多いです。
その居酒屋は大きな割合で昼間の時間にランチを提供しています。
ランチでお客さんを満足させ、夜の来店に繋げるという分かりやすい戦略です。
最近、気づきましたが、伏見のランチは圧倒的に「ご飯大盛無料」「ご飯お替り自由」が多いのです。
いかに腹ペコビジネスマンが多いということと、
他店に負けないサービスを提供するために必死の努力をされているようです。

会社から少し東方面に向かった「炙り場」さんに行ってきました。

kara17021 (2)

名古屋城を思わせるように金シャチが看板に並んでいます。
夜は名古屋めしが中心の居酒屋さんのようです。
ランチメニューを眺めます。
年度末の忙しいシーズンを迎え体力を作っておく必要があります。
そうなるとこんなコンビネーションに体が反応します。

kara17021 (4)

「すいません、唐あげ&ビーフカレーをください。」と男らしく注文します。
「大盛無料ですが、どうですか?」
悪魔の誘惑のようなささやきが耳元に届きます。
10秒くらい考えた末に
「少しだけ大盛にしてもらっていいですか?」
と何とも男らしくない返事をします。
「全然問題ありません。大丈夫です。」
お客さんの要望はすべて叶えてくれるようです。

唐あげ&ビーフカレー 880円

kara17021 (1)

僕はてっきりカレーの上に唐揚げがトッピングされるものと勝手に想像していました。
これではカレーと唐あげを別々に注文しているようなものです。
またまた10秒くらい考えます。
唐あげ&ビーフカレーだからこれで問題ないのか・・・。
と間違いがないことに気づきます。
このカレーはなんと牛タンも入っているようです。
ビーフ、牛タン、唐揚げ・・・。

「肉のオンパレードだぎゃ~。」
普段ではぜったい言わないようなセリフが出ます。
最初は唐揚げとカレーを別々に食べます。
スプーンと箸を使い分け食べていくのですが、次第に面倒臭くなります。
「え~い!これでどうだ!!」
と唐揚げカレーにしてしまいました。

kara17021 (3)

これでこそ男らしい食べ方ができるのです。
そして、再び食べ始めます。

「へえ、うまいねぇ」
普段では口にしないセリフがつい出てしまいました。
自分自身も新しい発見になったようです。
こうして伏見のランチ事情にまたひとつ詳しくなった人気食べ物ブロガーでした。

なんとなく出来がイマイチような気がします(苦笑)。
ごちそうさまでした。

キレイゴトぬきの就活論

kire17021

3年前に「就活のコノヤロー」の感想をブログに書いた。
そのブログを読んだ著者の石渡さんから
「一度、お会いして話がしたい。」という連絡を直接頂いた。
著書の内容は結構過激だったので、「ヤバい、これは殴られるかな・・・」と恐る恐るお会いした。
何てことはないとてもいい方で、当時の就職環境について情報交換をさせて頂いた。
本書からのネタ利用の許可も頂き、講演で何度か使わせてもらった。
当時の学生の行動特性を上手く描いていた。

そんな方の就活論。
帯には「就活生必見」と書かれているが、採用に関わる者にも参考になる点は多い。
中小企業の経営者も今の実態を把握しておくにはもってこいだとも思う。
僕もこの手の情報は詳しいつもりだが、
(当たり前か・・・笑)
新鮮な面も多かった。

導入部分は面白いし、あるあるである。
「就活で夢を持つべき」「就活は現実を見るべき」の激論。
どちらも一理あるが、使い方による。
一緒に話されたら、混乱するのは当然のこと。
売り手市場であろうが、買い手市場であろうが、ホンネとタテマエは両立する。
本書で書かれていることも当事者にとっては、ごく一般的な話。
学歴フィルターでもエントリーシートでも・・・。
ブラック企業の視点も同様だろう。
その言葉ばかりが先行しているが、表面的ばかり捉えてしまうと別の方向に向かってしまう。

就活生が本書を読んで、落胆する場面はあるかもしれないが、結果的には安心するんじゃないかな。
書かれている内容で気持ちがラクになるだろう。
僕も「普通でいい」とか「定番ネタ」でいいというのは共感するところ。
そろそろそんな時代になってもいいんじゃないかと思う。

巻末には著者の選ぶ優良企業リスト300社がごく簡単に紹介されている。
僕自身も知らない会社が多い。
地元の企業は100%知っているが、他のエリアは意外と知らない企業が多い。
業界28年のオジサンもその程度なので、就活生が知らないのは当然といえば当然。
興味の沸きそうな企業は更に調べてみるといい。

そこで感じたこと。
300社の紹介がされているが、東海地区の企業がもっと紹介されてもいいんじゃないかと。
これはエゴ?(笑)。
大変失礼しました。

「学生時代に力を入れたこと」を略して「ガクチカ」と呼ばれていることは知らなかった。
こんな立場になっても、まだまだですね。
反省・・・(苦笑)。

1 / 212