前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「会社をお知らせする」の記事一覧:

今日からスタート!

今日から4月。
新しい年度の始まりである。
新鮮な気持ちでチャレンジすることも多いだろう。

そう、名大社としても新しい試みをしていかねばならない。
まずはトップである僕が率先垂範でそれを証明しなければならない。

はい、やりますよ。
責任を果たすために動き始めますよ。
責任の重さをひしひしと感じながら始めたのがこれ。

今日からスタートするラジオ番組「名大社Presents JOB SMILE」。
毎週日曜17:55~@FM(FM愛知)で番組を提供することになった。
初回今日のオンエアは僕から。
これがトップの役割なのだ。
1年振りのラジオ番組で、以前は朝のドライバーズゾーンで流していたが、
この4月からは毎週日曜日。

みなさん、ぜひ、聞いてください。
笑顔で仕事をするための情報を提供していく。
パーソナリティーは写真の佐井祐里奈さんと山口千景さん。

局関係者はこんな打ち合わせをしていたようだ。
「山田さんは忙しい、忙しいといいながら、この2人をぶつければ、
よだれ垂らしてホイホイ現れますよ~。」

う~ん、悔しいが正解!

熱烈な読者や名大社ファンはきっと大きく頷くはず。
昨年の3月までオンエアしていた「明日へのグッジョブ!」と全く同じだから・・・。

そして、同時にこんな感想を抱くだろう。
「やっぱり山田さんは美人に弱いんだ・・・。」
それは否定しない。

昨年までご一緒した2人と再びラジオをやることになった。
僕が鼻の下を伸ばして、ウキウキしながらスタジオに入る姿は既に見られている。
それは社内だけではなくラジオ局も当然の認識。
どうやら関係者の術中にはまってしまった。

いや、そうじゃない。
あくまでも名大社のブランディングと求職者のへのよりよい情報提供を行っていくのだ。
だから、僕も広告塔となり、無理矢理笑顔を作り、
普段、やったことのないポーズまで披露しているのだ。

そうはいってもこの番組は常に僕が出演するのではなく、
様々なゲストを呼んで展開していく予定。
少しでも役に立つ情報を提供していければいい。

この番組の詳細はこちら
あまり情報は載ってないけど・・・(笑)

これから1年どうぞよろしくお願いします。

ようやく会社説明会へ登場

名大社では2019年卒学生に向け会社説明会を実施中。
毎年採用担当者をコロコロと変更し、
まるで嫌がらせのように採用活動を行っている。
それは言い過ぎだが(笑)、毎年変えているのは事実。

いい面もありそうでない面もある。
僕自身は楽しんでいても当事者は余計な仕事が増え、
一から組み立てなければならないのは辛いこと。
業務上、役立つ点もあるが本人の苦労を思うと
自分勝手なことばかり言ってられない。

そんな状況ではあるが、今年は3名に採用担当者をお願いした。
すでにスタッフブログでカミヤコノシマがネタとして取り上げているので、
ご存知の方も多いと思うが、今回は改めて採用活動をネタにする。

今年の採用担当はカミヤ、コノシマ、そしてニムラの3名。
ここ数年は若手に担当を任せていたが、今年は中堅と新人をまぜこぜにして実施。
それもバラバラのチームから集めてみた。
唯一の接点と言えば、カミヤとコノシマが郡上出身ということくらい(笑)。

たまにはそんな年でもいい。
この3名を中心に綿密な計画を立て、3月より会社説明会をスタート。
昨日が4回目。
これまで1回あたり10~15名の学生さんが参加し、
毎回テーマを変え説明会を行ってきた。

そして、昨日、ようやく僕の出番が回ってきた。
題して「名大社の社長に質問攻めしちゃおう!~社長と直接話せる説明会~」。
数年前まではこれが説明会のメインだったが、今年はオマケのような扱い。

まあ、それでいい(笑)。
前半は新人コノシマが会社について自身が作ったパワポを基に説明。

かなりの上達。
上手く学生を巻き込んでいく。

そして、ニムラとの営業シーンを見せる寸劇。
スベっているという噂もあったが、学生には分かりやすい。
これもありかな。
これが第1部。

第1部が終了すると学生は質問事項をポストイットに書き出し、ペタペタ。

グルーピングし、近い内容をまとめ、その質問に対し答えていく。
そして、僕が登場し、まずは自己紹介。

今回はこの4月に入社するイサジも入っての質問タイム。
ニムラがファシリ役となり進行。
サッカー小僧のイサジは自らの学生生活や就活を語り、僕も真面目に熱く語る。

ときどきウケを狙うことも忘れず、物わかりのいいトップ像をアピール(笑)。
ついつい余計に話をしてしまうので、時間が長引いてしまった。

終了後、参加学生のアンケートを読むと概ね良好。
すべての学生が次のステップに進んでくれる。
足を引っ張らなくてよかった(笑)。

僕は常々、中小企業はトップがメッセージを発するべきといろんな場所で話をしている。
自分自身もそんな場を持たなきゃならない。
それを会社のメンバーと一緒に行うことに価値がある。
今年のキーワードは「キミらしくあれ、ジブンらしくあれ、名大社であれ。」らしい。
なかなか、やるじゃないか。

これからが採用の本格シーズン。
お互い頑張っていきましょう。
まずはお疲れ様でした。

就活本番直前のハードな一日

昨日は「ジモト就職応援フェア」。
3月1日の解禁前の最後のイベント。
吹上ホールで200社の企業に参画頂き開催をした。
準備は当日の深夜から。
また、運営スタッフも朝一番に集合し、準備を行う。

開始前のパーンと張り詰めた緊張感が心地いい。
予約者が前年を大きく上回り期待感は持てたものの、開場になるまで不安は続く。
11時の開始時間にはかなりの行列ができていた。

待ち時間があった学生には申し訳なかったが、
瞬く間に場内が学生で埋め尽くされたことで一安心。
真剣な眼差しで多くの企業を回っていた。
企業側も真剣そのもの。
少しでも自社の魅力を伝えようと自社のブースで説明を行っていた。
講演会場も賑わっていた。

この場で僕の役割はそれほどない。
一番時間的な余裕があるので、マスコミ対応。
新聞社、TV局の取材の受け答えが主な仕事。
TV局も民放全局に来ていただいた。

http://hicbc.com/news/detail.asp?id=000461A3

こちらは昨日夕方のCBCのニュース。
僕も少し喋っている。
もっと気の利いたことを言ったはずだけど・・・(笑)。

午後は愛知県東三河の事業である「働き方トークセッション」のファシリテーター役。
東三河を代表する4社の担当者と一緒に地域の魅力を伝えさせてもらった。
変なツッコミをしてすみません(笑)。

豊橋市のマスコット”トヨッキー”も応援に駆け付けてくれた。

こちらは午後3時くらいの会場風景。
ピーク時間は過ぎているものの学生の賑わいは続いていた。

いつもであれば終了まで会場にいるのだが、
この日は別の予定も入っていたので、途中で移動。

夕方から某国立大学で面接対策講座を実施したのだ。
僕の役割は3社の人事担当者と一緒に模擬面接を行うことと全体のファシリテーター。
なんだかファシリばっかり(笑)。

さすが東海地区トップの大学なだけに優秀な学生が多い。
面接対策なんていらないんじゃないかと思うほど。
それでも参加学生は緊張感たっぷりでその場に臨んでいた。
終了は18時半。
大した働きでなくても、結構くたびれるもの。
解禁前日はとてもハードな一日だった。

そして、今日は「ミライ発見就職フェア」
ここでは「就活本番!本当にいまの状態で就活はじめられますか。」
というタイトルの講演を行うことになっている。

慌ただしい日は続く。
昨日はいい一日だった。
今日もいい一日になることを期待したい。

間もなく「ジモト就職応援フェア」開催!

こちらの写真は2月17日に中日新聞に掲載された全面広告。

今週水曜日28日に「ジモト就職応援フェア」という大学生向けのイベントを開催する。
昨年からスタートした中日新聞さんとのコラボ企画。

このイベントも昨年は140社の参画だったが、今年は200社に増加。
売り手市場であるのは事実だが、我々の取り組みが注目を浴びているのも事実。
この時期は大手同業他社が全国区で知名度の高い企業を中心としたイベントを実施。
それはそれで魅力的だと思うが、それとは一線を画し、
より地域に根差したイベントを展開するのが名大社の使命。

この28日はそれが実現した理想のカタチといっていい。
自分の存在を持ち上げるのはいかがかとも思うが、誇らしくもある。
あとは当日を迎えるのみ。

そんな大きなイベントを開催するのだが、僕はたいした働きはしていない。
イベント当日も講演会場で行われるトークセッションのファシリテーターをするだけ。
実務部隊としてはほとんど機能していない。

これまでの準備段階も同様。
このイベントを実施するため、営業は各々の目標に向け動き続け、
企画はタイトなスケジュールの中、準備を進めてきた。
一人ひとりの力を結集した名大社らしいイベント。

改めて創り上げてきたメンバーに感謝。
そして、参加頂けるクライアント、協力頂いたブレーンに感謝。

そんな集大成的なイベントなので、
地元で働くことを考える学生さんは参加してね(笑)。

ジモト就職応援フェアの詳細はこちら
<日時>
2018年2月28日(水)
11:00~17:00
<会場>
吹上ホール(名古屋市千種区吹上)
●全学年対象(大学・大学院・短大・専門・高専など)
●服装自由
●沢山の特典もあり(笑)

これから頑張る学生にとって価値ある一日になるといい。

Fネットは生まれ変わった?

名大社も加盟する「ふるさと就職応援ネットワーク(呼称:Fネット)」。
先週金曜に2ヶ月に1回の例会が行われた。
9月から事務局がパフさんに代わり、体制も一新された。
これを機にFネットのHPもリニューアルされた。

新しいHPはこちら
ぜひ、ご確認いただきたい。
加盟会社の代表の爽やかな笑顔を拝むことができる(笑)。

いくつかの委員会も発足し、その一つに会員拡大委員会なるものがある。
その委員長に僕が任命された。
役割は新たな加盟会社を開拓し加盟させること。

ただ加盟会社を増やすことを目的としているわけではない。
Fネットの理念を理解し、それに賛同する行動が求められる。
審査基準は優しくない。
といって厳しすぎるわけでもない。

この9月に委員長を拝命したのだが、この2か月間は全く何もしてこなかった。
今回の例会では事務局パフ代表の釘崎さんに嫌がらせのように進捗報告を求められたが、
「何もしてません・・・」と素直に詫びるのがやっとのこと(苦笑)。
これからの活動に期待感を持たせた発言に留まった。

現在、加盟会社は北は北海道、南は福岡まで21社。
47都道府県全てに本社を構える人材関連の企業に参画してもらうのが理想。
そのネットワークは各々の活動においても強靭になる。
興味のある方は是非、お問い合わせ頂きたい。
全国どこでも飛んでいきますよ!

体制が新しくなったことでやるべきことも目白押し。
金曜日の例会も午前中はFCM(ふるさとキャリアミーティング)の打合せ。
12月に開催する合同説明会のミーティングを事細かに行った。
昼は幹事会。
そして、午後の例会へ移り、夜は懇親会。
まるっと一日Fネットで時間を費やすことになった。

これまでは懇親会だけを楽しみに参加していたが、
(いや、そんなことはない・・・笑)
これからはそんなわけにはいかない。
12月の東京、大阪で開催するイベントも成功させなければならないし・・・。

僕自身、このFネットで学ぶことは多い。
ここをきっかけにコラボがスタートしたケースも数知れず。
今後、それが更に加速していくだろう。

そんな期待感を持ちつつ、Fネットは新たにスタート。
会員拡大委員会を中心に(笑)、どうぞよろしくお願いします。

子どものシュウカツ「その時、親は・・・?」

ありがたいことにちょくちょく講演依頼を頂く。
来月は岐阜や豊橋と名古屋以外の会場。
だが、それが東海地区であるのは変わりない。
東海地区限定の会社なので、
僕としての違和感はなく地元の就職環境を話す機会が多い。

ところがである。
今回頂いたオファーはなんと愛媛県松山市。
一度もお邪魔したことのない街から講演依頼を頂いた。
それも保護者向け。
それがこれ。

来週末に開催される保護者のための就活セミナー
『子どものシュウカツ「その時、親は・・・?」』

パートナーであるスイッチカンパニーさんが運営委託なので知らない仲ではないが、
東海地区限定の僕がここに出て行ってお役に立てるのだろうか?
完全アウェーにならないだろうか?

東海地区で講演をさせてもらう際に
「名大社をご存知な方は?」という質問をさせてもらう。
そうすると「何くだらん質問をするんだ・・・」
というような雰囲気で多くの方が手を挙げてくれる。

自分で自社のことを言うのもおこがましいが、
会社名を知っている方がほとんどで、その場を眺めながら安心したりする。
講演がやりやすくなるのも事実。
ちょっとしたエピソードを加えることでアイスブレイクにもなる。

それが今回は愛媛県松山市。
「名大社をご存知な方は?」と聞いても、シーンと静まり返るのは容易に想像できる。
それがR社とかM社なら、どっと手が挙がるのだろうが、
どこの怪しいヤツだぐらいしか思われないだろう。
どうアウェ―感を払しょくさせればいいのか、どうでもいいことばかり気になってしまう(笑)。
それでもせっかくの機会だし、前泊で道後温泉にも泊まらせてもらうわけだから、
保護者の方に少しでもお役に立つ話をしなければ・・・。

そんなセミナーの詳しい情報はこちら
<日時>2017年9月23日(土)
    14:00~16:30 (受付:13:30~)
<会場>リジェール松山(南堀端)
    松山市南堀端町2-3 JA愛媛8階
<定員・費用>先着100名、無料

このセミナーの締め切りは今日9月15日。
興味のある方はぜひ、申し込んでください。
さあ、急いで!

って、このブログの読者に愛媛県の親御さんっているのかな?
限りなくゼロに近いとは思うけど、今日まで受付しているので、どうぞよろしく(笑)。

もっと体が欲しい・・・

昨日は岐阜で「ジモト就職フェア&転職フェア」

昨年から年1回開催している岐阜でのイベント。
雨にもかかわらず、多くの方に参加頂いた。

ご来場の方、参画企業のご担当者様、ありがとうございました。
お互いにとっていいキッカケになれば幸いです・・・。
最近は岐阜県の仕事も増え、少しでも役に立てるなら嬉しいこと。

そして、今日、明日は名古屋国際会議場で転職フェア。
今回は述べ120社の企業に参加頂く大きなイベント。
しかし、今日、僕は会場には行かない。
いや、行けない。

それは中部学就連主催の「大学と企業の就職研究会」があるから。
この中部地区の大学と企業の情報交換会は毎年この時期に開催される。
僕は毎回会社の代表として出席し、エラそうに意見を述べたりしている(笑)。
昨年の模様はこちら

これに参加する。
いや、参加しない。
参加できない。

何ワケの分からないことを言ってるんだ・・・。

では、今日はどこへ向かうのか。
それは東京。
ふるさと就職応援ネットワークの幹事会&例会に出席。
呼称Fネット。
このFネットは設立され、そろそろ10年。
名大社は途中からの加盟だが、いつの間にか幹事の1社になり、
あれこれと決めごとに絡まなければならない。

設立当初から業界も変化しているので、Fネットも柔軟に対応する必要もある。
今が変革期なのかもしれない。
午後からは喧々諤々、そんな議論をしていくようだ。

今回はそれだけでは済まない。
午前中からメンバーは集合する。
3年目を迎える共同事業「FCM(ふるさとキャリアミーティング)」の会議もあるのだ。
Uターン希望学生を対象とした合同説明会を東京と大阪で開催するのだが、
そのための打ち合わせを午前中から行う。

というわけで僕は朝一番で東京に向かわなければならない。
(朝一番といっても6時台の新幹線ではないけど)
みっちり1日、拘束されるわけだ。
全国から同業者が集まるので当然、懇親会もセット。
これを目的に参加される方もいるのではないか?(笑)。
果たして僕は帰れるだろうか・・・。

本来なら自社イベントに顔を出し、
大学にもお邪魔すべきなのだが、それができない。
体がいくつもあれいばいいのに。

結構、大事な予定って重なってしまう。
何もない時は何もないんだけど・・・。

そんなわけで今日はイベント会場にも大学にもいません。
すいません・・・。

それでも今日も元気に行ってきます!

「名古屋ファミリービジネス研究会」開催します

昨年の9月まで開催していた「次世代のファミリービジネスを作る会」
いわゆる同族企業経営者及び経営者候補向けの勉強会。
2015年10月からスタートし、多くの経営者に参加頂き、1年間行った。

僕自身の業務の多忙さから、その後は休息状態。
いろんな方からもうやらないの?というお声を掛けて頂いたりと存続を望む声も多かった。
ありがたい話だったが、バタバタするうちに時間は過ぎていった。
そして、1年が経過。
そろそろやらねばと重い腰を上げた。

はい!
10月から半年間、月1回計6回のセミナー及び研究会を開催します。
その名も「名古屋ファミリービジネス研究会」

ちょっと仰々しいネーミングだが、同族企業の経営者向けにスタートすることにした。
昨年まで実施した内容をベースにグレードアップさせ、また新たなテーマを設けての開催。

ざっとスケジュールを紹介しよう。
第1回(10/18)ファミリービジネスの理解、
        ファミリービジネスの人間関係を劇的に改善する方法①
第2回(11/15)ファミリービジネスの理解、
        ファミリービジネスの人間関係を劇的に改善する方法②
第3回(12/13)ファミリービジネス永続性に向けて 
        非同族幹部の育成と「家訓・家憲」
第4回(1/24)難しいB/Sは分からなくてもOK!
       これさえわかれば、財務の知識20%でお金の流れが見える!
第5回(2/14)中小企業が行うべき人材採用と育成
第6回(3/14)何から始める?中小同族企業…
       ブランディング~魅せる会社になるために~

前回はテーマが決まるのがギリギリだったが、今回は全体の流れが掴めるようにした。
講師はこちら。

あちこちの分野で活躍する人気の講師に登壇してもらうことになった。
そして、僕は全体のコーディネーター。
最初に挨拶してアイスブレイクするだけのライトな役割(笑)。

毎回15:00~18:00まで、名大社のセミナールームで開催する。
セミナーや勉強会自体重要だが、
ここで僕たちが大切にしたいのは参加者同士の関係作り。

前回も懇親会を含め、お互いの会社を話をすることで刺激になったり、
悩みを共有したりと学ぶ点が多かった。
その後もいいお付き合いが生まれたりした。
今回もそんな場にできればと思う。
僕は懇親会担当として盛り上げ役をやれれば十分(笑)。

現在、参加者を募集中。
興味ある方、詳細を知りたい方、申込みを希望される方は
ここからPDFをダウンロードしてもらいたい。
こちらをクリック!

お互いにいい会社を作るために学び合っていきましょう。

会社パンフを作り替えてみた

ホームページに反映させればいいだろ!と言われるかもしれない。
いずれこのコピーやデザインを活かすことがあるとは思うが、
5年ぶり(?)に会社案内パンフレットをリニューアルした。

前回のパンフレットは「名古屋の名物 名大社」を前面に押し出した
ベタな名大社らしいパンフレットだったが、
今回は会社の成長と共に一歩前進させた。
それがこれ。

少しだけ洗練さを打ち出してみたが、
名大社は東京あたりの先端な人材関連企業とは異なる。
あくまでもアナログを大切に、ローカルであることを誇りに打ち出すことが大切。

一人一人の個性も大切。
強みはそれぞれあればいい。
同じ方向さえ向けていれば、やり方も拘らない。

全員が登場はしていないが、自分の持ち味を出しているともいえる。
でも、シゲノはよくあの写真を出すことを認めたな(笑)。
フワもよくあんなポーズをしたな(笑)。
まあ、会社の雰囲気が伝わっていいんじゃないかな。

そして、僕も爽やかに登場し、それらしいことを述べている。

この写真ではわからないと思う。

これ以降のページに会社の詳細を載せていることもあり、
気になる方はうちのカワイイ営業から受け取って欲しい。
そんな奇特な方はいないかもしれないが・・・(笑)。

それでも表4、裏表紙にはさりげなく、
名古屋の名物、名大社。
やっぱり言いたかったみたいですね(笑)。

このパンフレットは手に取ってみると、ちょっとした仕掛けがしてある。
これは僕がわがままを言ってそうしてもらった。
この手触り感を感じて欲しい。

外部に対して、
ここしばらくはこのパンフレットで自社を紹介することになるだろう。

最終ページのオジサンは、もう少しパリッとしたスーツで登場してほしかったな(笑)。

高山市でもやります!「採用ノウハウ伝授セミナー」

今日は「ジモト就職フェア」
まだまだ就職活動を継続する学生さんのための合同企業説明会。
この東海地区の優良企業が55社集結する。

今朝のコジカのスタッフブログでもあるように、
終盤でも、まだ迷っている学生さんもいるだろう。
暑さの続く毎日だが、気持ちを切らさず頑張ってもらいたい。
頑張るのはご参画頂く企業も同様。
名大社も精一杯サポートしていきたい。

企業のサポートということでいえば、
今週金曜25日に岐阜県高山市で「採用ノウハウ伝授セミナー」を行う。
これは岐阜県からの委託事業で名大社もお手伝いさせてもらっている。

採用コーディネーターのニシダを中心に岐阜県内中心地区を回り、
企業の経営者、人事担当者を対象に”中小企業の採用手法ノウハウ”を語らせてもらう。
最初、僕は開所式の基調講演だけが役割だったが、
最近はニシダと一緒にセミナーにも登壇。
ほとんどはニシダ任せだが、僕はちょっと偉そうに上から目線で喋ったり(笑)、
いい面接、悪い面接の面接官役を演じたりしている。

前回7月は岐阜市内での開催だったが、今週は高山市。
当初は観光気分で無責任に同行するつもりだったが、
あまり遊ばせてはもらえないようだ(笑)。
しっかりと役割を果たしたい。

岐阜県は全国でも有数の求人倍率が高い県で、調査時によっては全国トップ。
6月時点で1.78倍と全国平均と比較すると相当高い。
今回、実施する高山市でも1.59倍。
人手不足感は強い。

飛騨地区での採用活動でこれをやれば間違いないという魔法はない。
しかし、現状を踏まえた上で、少しでも可能性の高い方法を提供するのは我々の仕事。
どう企業の魅力を伝え、選ばれる会社になるべきかをしっかりと伝授したい。
今日の時点ではどんな企業の方が参加されるかは分からないが、
お会いできるのも楽しみにしたい。

まだ参加も受け付けているようなので、
高山市もしくは周辺の企業担当者の方は是非、参加してもらいたい。
全国30万人のブログ読者の中でこのエリアの方は少ないとは思うが、
「ブログ見ました!」と言ってもらえるとかなり嬉しい(笑)。

「ジンサポ!ぎふ」のサイトから申込みは可能。
詳しくはこちら

「採用ノウハウ伝授セミナー」
日時/2017年8月25日 (金) 13:30~16:30
会場 /高山市民文化会館 3-3会議室 
  (高山市昭和町1-188-1)

せっかく高山までお邪魔するので、ぶらっと観光でもしたいが、そんな時間はあるだろうか。
おっと、翌日は休みじゃないか・・・。
飛騨牛でも食べるか、高山ラーメンでも食べるか、温泉でも入るか。
多分、そんな余裕はないだろうなあ~。

1 / 191234567...最後 »