前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「体を動かす」の記事一覧:

広島にて その1

先週は広島に出張。
広島駅周辺は整然として街自体が整備されている印象を受けた。
広島1
広2
駅前に川が流れているのも広島市の特徴だろう。大都市でもない地方都市でもない程よい街の大きさを感じさせてくれた。
空いた時間を利用して日本三景の一つ「安芸の宮島」へ。
お勧めされたあなごめしと厳島神社まで足を延ばした。あなごめしで有名な「うえの」。
広島3
ピーク時間をずらしてお邪魔したが、それでも30分以上の待ち時間。全国からこのあなごめしを食べに訪れているようだ。
広島4
やわらかくしっとりとした味。名古屋では味わえないな・・・。
そして船で渡り厳島神社へ。
広島5
観光気分も手伝ってか瀬戸内海も美しく見える。
広島14
厳島神社へは高校の修学旅行以来。悲しい話だが、その当時の事はほとんど覚えていない。
広島8
広島7
こんな商店街があることも、大きなしゃもじが飾ってあることも初めて知ったという感覚。
ちょうど干潮時であったため、多くの観光客は鳥居まで歩いていく。
広島9
我々は革靴だったため、昂る気持ちを抑え我慢。
それにしてもこの景観。満潮時も絶景なんだろうけど、秋晴れによく栄える。
広島13
広島10
広島11
宮島は厳島神社があるだけではないようだ。
時期になれば、海水浴もできるし、グランドでソフトボール大会だってできてしまう。
こんな場所もあるんだね。
広1
すっかり写真ばかりになってしまったが、素晴らしい思い出に。
それほど時間的な余裕はなく厳島神社を後にしした。
続く・・・。

「名古屋の名物」で駆け抜ける

昨日はアクトスリレーマラソン。今回は会社の若手を中心に9名が参加し、リレー形式で42.195キロを走りきる。
会場となるナゴヤドームは早い時間から多くの人でごった返しており、入場するまでにもかなりの時間を要した。
アクトス1
アクトス2
アクトス3
先日のブログでも紹介したように、会社でお揃いのTシャツを作っての参戦。
アクトス5
こう並んでみると結構迫力がある。いい宣伝になったかな・・・。
この大会はチーム制での登録となるため、思いを込めたオリジナルTシャツでの参加が多い。かなり目立つのではないかと思われた名大社Tシャツも会場内では馴染んでいた。
せっかくなので、全員で記念撮影・・・。
アクトス6
走る順番はジャンケンで決定したのだが、ワガママ社長は特権を利用しトップランナーとしてスタートした。
アクトス4
1周2キロのコースをまずは2周走り、次のランナーにタスキを回す。
アクトス
走っている姿を全て見られるわけではないが、タスキを繋ぐことで一体感は自ずと芽生える。汗だくで疲れた表情で戻ってくるメンバーに全員で声掛けをしながら、時間は過ぎていく。
正式なタイムは後日送られてくるが、3時間30分くらいのタイムで終了。時間の長さを感じることはなかった。全員が楽しく走れたのは何より。
実は今回の大会に僕は別のチームでも参加していた。
会社で6キロ走り、別のチームで6キロ走り、計12キロ。1時間を切るタイムで走ることができたのでまずまずの成績。フルマラソンに向けての練習にも役立った。
終了後は、メンバーとの打ち上げを行うために場所を移すが、ナゴヤドーム周辺にはそれらしいお店がない。あっても満席。散々探した結果、たどり着いたのはファミレス。
ガ~ンという状態だったが(初めて撮ってもらった漫画カメラ)、そこで飲んだビールは最高に美味しかった。
アクトス9
このようなリレーマラソンであれば、それほどハードでもないので、会社のベテラン社員を巻き込み、人数を増やして参加するのもいい。来年はもう少し大々的に企画を組むのもいいだろう。
昨日はお疲れさまでした!

〆のカレーの翌日は、皇居ラン!

昨日から東京出張。
午前中は研修会社との打ち合わせ。間もなくリリースするが、この研修会社と一緒に名古屋で無料セミナーの開催を予定。初めて訪れた神田の商店街は東京駅に近くても下町感のある趣きのある街だった。
午後からはふるさと就職応援ネットワーク(Fネット)の会合。
新たな加盟会社も加わって、各社の取組みについて共有すると共にネットワーク自体の活動について話し合った。各地域での活動報告は本当に勉強になる。取組みは異なるにしても自分たちのエリアに貢献していこう、盛り上げていこうという想いは同じなのだ。
みっちり5時間行った会合の後は懇親会。この場でも情報共有をしながら、酒を酌み交わす。趣味の話題にも広がるのだが、今回はマラソンの話も・・・。
一緒にフルマラソンを走るパフ釘崎社長キーカンパニー下薗社長も参加されているのだ。釘崎社長とは翌日、すなわち本日、皇居を一緒に走る約束をしていた。
当初は懇親会はほどほどにして早めに帰ろうと、お互い強い決意で臨んだのだが、酒の力であっさりと崩れ、二次会にも行ってしまった。それも釘崎社長馴染みのスナックへ・・・。
カラオケで力強く歌ったため、酔いが回る事はなかったが、それでも結構な量を飲んだと思う。最後はそのスナックの名物カレーライス。
東京1291
ラーメンでもなくカレーうどんでもなく、カレーライス。
不思議なことにペロッと食べれてしまうものだ。
そして、翌日。
早めに帰ろうという決意は崩れたが、走る決意は崩れなかった。
(さすが!)
5時45分に僕の宿泊するホテルで待ち合わせ。明け方の東京はとても静かだ。
茅場
それでもせわしく駆け抜けるビジネスマンは見かけるけど・・・・。
わざわざホテルまで迎えにきてもらった釘崎社長にはとても申し訳ないことをした。余分に3キロほど走らせてしまったのだ。すいません・・・。
茅場町から大手町を抜け皇居へ。
皇居ラン
東京1294
記念撮影をした後、日比谷~銀座~築地(ここで釘崎社長とはお別れ)を通りホテルに戻ってきた。ゆっくりとしたペースで45分ほどのランニング。気持ち良い時間を過ごすことができた。
東京出張の目的はあくまでも仕事で、皇居ランはついでである。しかし、このブログだけ見れば、誤解されるかもしれない。仕方ない・・・。
今回も多くの収穫のあった出張。この皇居ランも含めて・・・。

さらば!セイコーSUPER RUNNERS

マラソンを始めて少し経った頃、この時計を購入した。
セイコー
確か今から4年ほど前。アテネ五輪金メダリストの野口みずき選手が愛用していたという理由だけで購入したセイコーのSUPER RUNNERS。
きっと本日のオリンピック男子マラソンでも、腕にはめている選手はいるだろう。とても軽く走っていても気にならないというふれこみがあったかどうかは定かでないが、確かに軽い。
その時計の調子が2か月ほど前から悪くなり、ストップウォッチやラップが機能しないことが度々。この4年間一度も電池交換をしたことがなかったので、それが理由かと時計屋さんに持ち込むが、どうやら接触がよくないとのこと。
「世界のSEIKO製ですよね?」と店主に伺うが、「中国で作られてますから・・・」とあさっり。
その後もだましだまし使用していたが、全く反応しない時もあり、遂に買い替えのタイミングと判断した。
僕のランナー仲間でもスマホでアプリをダウンロードし、それを時計代わりに使う者もいるが、今のところ、そのつもりはない。走る時は何も持たないのだ。
現在、連載されている日経「私の履歴書」の君原健二氏ではないが、走る時はできるだけ軽いほうがいい。携帯も小銭も持たない。
時々、途中で倒れたらどうなるのかなと心配になることもあるが、きっと親切な人がいるだろうと前向きに思うくらいで何かを持つつもりがない。だから、スマホのアプリも予定がないのだ。
次にどんな時計にするかまだ決めていないが、多機能であっても、結局、使うのはストップウォッチとラップくらい。カロリーの消費量や心拍数計測だとかは最初は興味本位で試したとしても、すぐ飽きてしまうと思うし・・・。
使い慣れたSUPER RUNNERSにするかもしれないし、外観重視でオシャレな時計にするかもしれない。
新しい時計が手元に届くまで、しばらくは付き合ってもらうが、この4年間、大変お世話になりました。
タイムを計りながら、一喜一憂していた。練習には欠かせない存在だった。
セイコーSUPER RUNNERS、お疲れさまでした。

夏季休暇に入るのです!

名大社では明日11日(土)~15日(水)まで夏季休暇に入り全ての業務がお休み。
「えっ、少な!」と思う方もみえるかもしれないが、決してそんなことはない。会社としての休みはこの5日間なのだが、社員はそれとは別に7月~9月までに2日間の休暇が与えられている。このお盆の期間に16・17日も休みにしてしまえば、最大9連休と大手メーカー並みの連続休暇にもなるのだ。
本来、会社のルールは4日間の夏季休暇。土日を合わせても最大6連休になるのがこれまでだったが、今年は1日プラスとなった。
休暇を増やすという社員にとって嬉しく優しいサービスではなく、やむを得ずそうしたのが正直なところ。
ここ最近の主催イベントが土曜に行われることが圧倒的に多いため、振替日の設定に苦労した結果だ。だから、社員にとっては嬉しくも優しくもなく、当然の権利でしかない。誰も喜んでくれないのが現実・・・。
さて、個人的にどんな休みにするか。
例年であれば、数少ない家族サービスをこの夏季休暇で補い償うのだが、今年はそれもなし。
受験生の娘がなんと二泊三日で塾の合宿に出掛ける。避暑地 志賀高原で猛勉強をするらしいのだ。今どきの受験生は大変だ。揃いのTシャツまで購入したようだ。お揃いのTシャツが成績アップの効果になるかは疑問だが、モチベーションは上がるのだろう。きっと・・・。
そんな理由で今年は家族で旅行もなし。実家に顔を出し、野球バカの息子とナゴヤドームに行くくらいの予定しかない。あとはゴルフとランニングで体を動かし、溜まった本を読むのみ。
う~ん、休みらしくない・・・。来年こそは何年か振りに沖縄に行きたいと強く願う。来年は行くぞ!
夏休み
それでもリフレッシュはできるだろう。社員も真っ黒になって、出社してくるだろう。有意義な休みを過ごしてもらい、元気な姿で会いたいものだ。

三重県を満喫した一日

ロンドンオリンピックが開幕した昨日は、三重県を満喫した一日。
大学時代の先輩と鈴鹿でゴルフ。鈴鹿8耐による渋滞が予測されたため、6時に待ち合わせし出発。
桑名1
8時のスタートだったが、既に汗ばむ天候。暑い。耐えられないくらい暑い。
飲んだスポーツドリンクのペットボトル3本、生ビールジョッキ2杯、缶ビール、缶チューハイは全て汗に変わってしまった。熱中症で途中リタイアした方もいたようだ。ゴルフの技術は相変わらずだが、体の丈夫さは証明された。
ゴルフ終了後は、桑名へ移動。
桑名に住む先輩が地元名物の蛤を用意してくれるというのだ。そして、この日は「桑名水郷花火大会」。堤防沿いの絶好の見物場所までセッティングしてくれた。
まずは、蛤。6年物、3年物を次々と・・・。
桑名2
料亭あたりで食べたら、ビックリする値段になるのだろう。結局、こんな感じ。
桑名3
プリッとした食感がたまらなかった。
日も暮れ、続々と人が集まり、身動きが取れない状況になってしまった。
桑名4
子供たちや女性は浴衣姿。
桑名5
この「桑名水郷花火大会」を見くびっていた。岐阜育ちの僕は、花火と言えば長良川で開催される有名な花火大会が定番。そちらの規模には敵わないだろうと勝手に想像していた。
それは僕の偏った見方でしかなく、目の前で、いや目の上で繰り広げられる花火は迫力満点。
桑名6
桑名7
桑名8
目の前で星が降り注いでいた。いやあ~、感動!(スマホのカメラではこれが限界)。来年は家族を連れて行くかな・・・。
最後は桑名駅前で火照った体に冷たい生ビール。昨日は一日、三重県で楽しませてもらった。
先輩、有難うございました。

晴れの東京スカイツリー

7月某日、行ってきました東京スカイツリー。
オープン前に訪れた時は見事に雨でツリーの先端は全く見えない状態であったが、今回はバッチリ。澄み切った青空のもと天高くそびえる東京スカイツリーを眺めることができたのだ。
スカイツリー1
せっかくなので、展望デッキまで登ってみることに・・・。行列で並ぶ待ち時間には江戸時代のデジタル絵巻を眺めて時間を過ごす。
スカイツリー6
4基あるエレベーターは四季をテーマに構成されており、僕が乗ったエレベーターは夏。
スカイツリー2
江戸切子を散りばめたエレベーターは350メートルを1分もかからずに、駆け上がっていった。
天望デッキから臨むのは東京の街並み。霞がかった空のため富士山やお台場を拝むことはできなかったが、それでも爽快な景色を楽しむことができた。
スカイツリー4
スカイツリー7
天望デッキは人・人・人。
スカイツリー3
そりゃ僕のような田舎者も含めて全国から人が集まった来ているわけだから当然である。おのぼりさんなのだ。
そしてガラス床から真下に見える風景。
スカイツリー5
安全は確保されているが体は震える。わかっていても恐ろしい。体は敏感だ。周りの観光客も同じような行動をとっていた。
この日は次の約束まで時間もなかったため、天望デッキでの時間はほんのわずが。入場料2000円分を堪能することはできなかったが、オープンして間もない時期に楽しめたのは貴重な体験。
ありがたい時間を過ごさせてもらった。

もっと強くなれ!

本日は息子の少年野球の観戦に出掛けた。
現在のチームに所属して1年ちょっと。最初の1年は学年でチームが構成できず、上の学年のチームにサポートとして着いていくことが多かった。
5年生になるかならないかのタイミングでメンバーが揃い、ようやくチームとして試合が出来るようになった。
他のチームは同学年で既にメンバーを構成し、頻繁に試合を行っていたため、約一年出遅れたことになる。
篠原1
そのせいもあるだろうが息子のチームは、試合が出来るようになって、なんと13連敗。
打てない、守れないと全くチームが機能せず、勝てない試合が続いた。それも10対0とか12対1とか、ほとんどコールド負け状態が多く、勝てないまま一年過ぎてしまうのかと不安になってしまった。
ところがである。そんな試合を繰り返していても選手たちは何かを学び、成長しているのだ。
野村監督にそっくりの総監督(本当に似ているのです・・・)に罵声を浴び、監督にも叱られ、試合中に注意を受けながら、いろんなことを掴んでいったようだ。
14試合目に初勝利した後は3勝1敗と、かなりの割合で勝てるようになってきた。毎年優勝候補となる強豪チームともそれなりの試合ができるようになっったのだ。
篠原2
そして、本日の試合。
久しぶりに観戦したのだが、確かにチームは一つにまとまり、野球らしくなっていた。息子はキャッチャーを任され、当初はそのポジションにブツブツ言っていたのだが、今では全員に掛け声を掛け、ピッチャーをリードするようになっていた。
チームのメンバーも大声を出し、励まし合えるようになってきた。エースも1回2回は一人のランナーも出さなかったし、内野手の守備も安心して見えるようになってきた。小学生のレベルでは盗塁はほとんど成功するのだが、時に息子もランナーを刺せるようになってきたのだ。
細かいかミスも多く、課題が山積なのは間違いないが、それぞれが自信が付いてきたように感じた。(一歩間違えば、大敗しかねないが・・・)
結果、本日も14対4の快勝。相手のミスに乗じて、上手く得点を重ねたことは否めないが、それでも勝ち星を一つ積み上げたことは更なる自信にも繋がっただろう。
日曜日と祝日は朝8時から丸一日野球。雨以外は盆と正月を除き、毎週行われる。本人も面倒に思うことはあるだろうが、その経験が自分の成長の糧となる。団体競技は多くのことを学ばせてくれる。
もっと強くなれ!
これから先はまだまだ長いぞ!

4号と5号の間に・・・。

会社ではこの6月に平日休みを1日設けている。
希望日を考慮しながら、順番に休みを取り、本日は自分の番。一緒に学生支援をしているL&Dコミュニケーションズの堀内氏と名大社女子とゴルフに出掛けた。
ゴルフ1
僕のいくつもある課題の一つにゴルフの上達がある。立場上、避けては通れない道で、今年は本腰を入れて取り組んでいるのだ(実は大したことないけど・・・)。
ご存じのように今週火曜は東海地区は台風4号が直撃し、交通麻痺を含め被害をもたらした。通過したのも束の間、今度は台風5号が訪れようとしている。
そんな中でのゴルフなのだ。さすがに本日のゴルフ場はガラガラ。昼食時のレストランも自分たちの組ともう一組がお客として静かに食事をする寂しい状態であった。昼食バイキングも良かったんだけど・・・。
ゴルフ3
今月初旬のクライアントのゴルフコンペで、ハーフを初めて40台で回り、気を良くして臨んだ本日だったが、現実はそんなに甘くない。久々に120を叩くという情けないスコアで終了してしまった。
ゴルフ2
名大社女子のスコアも・・・。
実力不足は当然なのだが、あえて言い訳すると(なんかイヤな性格・・・)、これほど激しい雨の中でのゴルフは初めてだった。
前半はまだ小降りだったが、後半は台風が間もなくやってくるぞ!と脅されているような雨。風がなかったのは救いだが、フェアウェイもラフも水浸し。いつもと同じように打っているつもりでも感覚が全然違う。
途中から悲しいくらい飛ばなくなってしまった。傘が意味がないと思いながらも、傘を持っていないとしんどい。
う~ん、ゴルフって難しいですね・・・。素人が言うまでもないな。単なる実力不足だし・・・。しかし、これも経験と前向きに捉えよう。冷えた体を癒すお風呂は気持ちよかったし・・・。
何だか負け惜しみブログになってしまった。
せっかくの平日休み。
十分楽しめたのも事実だが、やっぱり晴れてくれた方がうれしいのも事実である。

今シーズンを振り返る

マラソンのシーズンがいつがスタートでいつが終了かははっきりしないが、僕の中では、この6月がシーズンの終了となる。
今月3日は10キロの大会に参加する予定だったが、家庭の事情でキャンセルしたため、今シーズン最後の大会は不参加で終わってしまったが・・・。
いい機会なので、今シーズンを振り返ってみたいと思う。参加したのはハーフ4回、10キロ2回の計6回。
いきなり総括だが、悲しく残念な年、力不足を露呈した一年だった。スタートは10月の木曽三川公園で開催された10.5キロの大会。これは肩ひじ張ることのない練習のような大会。タイムも54分と少々遅めだが気にすることはなかった。
その後がいけなかった。11月のいびがわマラソン、1月のみのかも日本昭和村ハーフマラソンは毎年参加している大会。コースも全く同じなので、1年間で自分の実力がどこまで伸びたか、もしくは落ちたかが明確になる。過去2年はこの2つの大会でわずかであるが、タイムを縮めてきた。
しかし、今シーズンはいずれもタイムは前年を下回った。成長が止まっただけではなく衰退したのだ。3月の名古屋シティマラソンも平坦で走りやすいコースにも関わらず、1時間55分という平凡なタイム。挙句に先月のぎふ清流マラソンは、初めて2時間をオーバーしてしまったのだ。
最初にハーフマラソンに挑戦したのが4年前。その時でさえ2時間を何とか切ったのに、先月は2時間を切ることができず。デビュー時より衰えてしまった。この4年間が全く無駄だったのではと情けない気持ちになってしまう。全て前年割れと言っていい。
企業でいえば、景気がそれほど悪くないのにその状態だと、経営者としては失格とみなされているのと同じだ。
練習を続けなければ、タイムは更に悪くなっているはずだが、同じように繰り返してきた現状の練習が通用しなくなってきたのだ。タイムが証明しているので、何の言い訳もできない。練習方法を見直すか、練習量を増やさない限り、この限界から乗り越えることは無理。
やっぱりマラソンは分かりやすいスポーツだ。全てが自分次第で、ライバルは自分でしかないのだ。
う~ん、辛いスポーツだ。それでもきっと来シーズンもやり続けるのだろうなあ。
会社についても、代表に就任してこの6月から3年目となる。こちらもキツイからと言って途中で辞めるわけにはいかない。やはりマラソンと経営は似ているのだろうか・・・。
走り続けるしかないのだな・・・。