前向きに行こう!名大社社長ブログ

2016年08月の記事一覧:

食べ物のはなし 番外編 リベンジもんじゃ

7月に東京・月島のもんじゃのお店にお邪魔しました。
人気食べ物ブロガーの習慣として、その時のことをブログに書きましたが、
自称もんじゃ名人は怒りを覚えたようです。
「キミたちはもんじゃを分かっていない!本物のもんじゃはこんなもんじゃない!」
と机を叩き怒ります。

リベンジを果たすべき、もんじゃ名人に月島に連れて行ってもらいました。

mon1682 (10)

「まぐろ家」さんという、もんじゃ焼きには似つかわしくない店名。
行列のできる人気店です。

mon1682 (9)

こんなふうに誰だか分かりませんが、サイン色紙もいっぱい飾られています。

mon1682 (11)

「まぐろ屋」さんというだけに「本まぐろカマトロ」も名物です。

本まぐろカマトロ 2500円

mon1682 (1)

「お~、いいぞ、いいぞ!なかなか、やるじゃないか・・・」
いつものセリフが出てきます。とても美味しかったです。

ごちそうさまでした。

 

とブログを終了したいところですが、そういうわけにはいきません。
ここからがもんじゃ名人の出番です。

mon1682 (7)

本当のもんじゃっていうのは、こうして、ああして、と作られていきます。

mon1682 (4)

mon1682 (12)

mon1682 (3)

その過程はあまり美味しそうに思えません。
某P社O執行役員は「※※にしかみえない・・・」とちょっと困った発言も飛び出ます。
それでもどんどん作られていきます。

あまりにも叩きすぎて、具材の原型は消え、なんのもんじゃかさっぱりわかりません。

mon1682 (2)

「これが本物のもんじゃじゃ!」
と駄洒落かどうかはわかりませんが、最高の一品が出来上がりました。

「確かに美味い。これまでのもんじゃとは微妙に違う。
どこかどうかはわからないが、これまででは一番かもしれない・・・」
と心の中で呟きます。

もんじゃ名人の前ではそんなことは言いません。
それでいいんです。
もんじゃ名人はもんじゃをみんなに提供することが楽しいのです。
それが喜びなのです。

一枚(?)のもんじゃを食べ終えると次のもんじゃが出てきます。
それが終わるとまた次が出てきます。

mon1682 (6)

mon1682 (5)

海鮮であったり、豚カレーであったり、いろんな食材が使われています。
なぜか明太子は必ずセットされています。
どれもこれもとても美味しいもんじゃでした。

ごちそうさまでした。

あっ、もんじゃ名人を紹介するのを忘れていました。
もんじゃ焼き歴38年のパフ釘崎社長。

mon1682 (8)

この日は食べ物ブロガーの仕事ではなく、別の仕事で講演をさせてもらいました。
そのお礼で連れてきてもらったのでした。

そして、〆は伝説のお店”のろ”。

mon1682 (13)

東京のゴールデンコースです。

ありがとうございました。
また、次回もよろしくお願いします。

映画「ニュースの真相」

news1681

今年はアメリカの暗部を描いた作品が多いと思うのは僕だけだろうか。

僕が年明けから観た作品だけでも、
「スポットライト 世紀のスクープ」
「マネーショート 華麗なる大逆転」
「ブラック・スキャンダル」
は事実を基にした映画。

できればあまり世に晒したくない。
そんな過去は隠したままがいいと思うのはその当事者だろう。
本作品もそれにあたる。

政治的要素が強い分、何かと気にしなきゃいかないと思うのは考えすぎか。
自由の国アメリカだからどんなことでも許されるのか、
共和党の現状を理解すれば許されるのか。
それにしてもブッシュ元大統領は評判が悪いな・・・(笑)。

基本的にこの映画に登場するジャーナリストは正義である。
どこまでも自分の意思を貫こうとする。
世に問う意味では好感が持てる行動である。
しかし、時に自分たちの行動は傲慢になり、人を傷つける。
真実を追求するあまり、その弱者の叫びに気づかないこともある。

その両面が描かれることがこの作品の大きな価値。
どちら側に偏ることなく、中立に描くことで映画の正当性が保たれているようにも思える。
これはアメリカの問題だけでなく、日本でも同様。
アイドルグループの解散騒動一つとっても同じことは言えるのだろう。
この手の映画が日本でも制作されることを期待したい。
ヒットはしないかもしれないが・・・。

久々にロバートレッドフォードを観た。
調べてみると最近でも多くの映画に出演しているが、僕にとっては久々。
当たり前だが随分歳を取った。
もう80歳なんだ・・・。
それでも華麗さは今でも維持しているから、流石だね。
監督としてもいい作品を残しているし・・・。
結構、硬派な作品ばかりなんだよね。
もう撮らないのかなと、ふと思ってしまう。

アメリカ映画は超娯楽作品も面白いが、硬派な作品もいい。
今年はあと何本観れるだろうか。
邦画ファンではあるが、そんなアメリカ映画を楽しみにしたい。

東京で学びを与える?学ばせてもらう?

昨日、一昨日は東京。
23日(水)はパフさんの採用担当者向けセミナー「採用コロンブスの卵」に参加した。
一つは聴衆者として、もう一つは講演者として。

パフさんが支援するクライアントの取組みとパフさんが考える新卒採用の在り方を伺った。
このセミナーはA面として採用担当者の取組成功事例、
B面として採用のプロによるお悩み解決講演が同時に行われた。

koro1682 (3)

僕は2社の採用担当者の話を伺った。
明らかにインターンシップをどう活かし方がポイント。
その手法で成否が変わってくる。
パフさんの提案は今後のうちの事業において参考になる点が多い。
こういう場は僕自身が勉強になる。

第4コマは僕の講演。

koro1681

先日、ブログにも書いた「地方採用の現在(イマ)」という内容。
どうもイマイチ伝わりにくかったかもしれない。
前日にパフ釘崎社長は
「A面の鈴与さんの講演は満員御礼だけど、山田さんのは5名ですね・・・」
と嬉しそうに語っていた。

かなり不安視して臨んだ講演だったが、結果的に40名以上の担当の方に聞いていただけた。
終了後に「とても勉強になった。」
「今後の採用手法の参考になった。」
とお褒めの言葉も直接いただいた。
オベンチャラもあるとは思うが少しでも役になったのであればやった甲斐がある。

セミナー終了後は釘崎社長に講演のお礼として接待をしてもらった。
すこぶる豪勢な食事をご馳走になったのだ。
このことは来週水曜の「食べ物のはなし」で紹介したい。

25日(木)は朝一でパフさんへ訪問。
朝礼の場に出席させてもらった。
いきなり1分間スピーチが回っていたが、いとも簡単にクリアした(笑)。
そのあたりのことは難なくこなせるのである。
(ホントか・・・笑)

お邪魔した本来の目的はオフィスの改装を視察させてもらうこと。
名大社が10月末に移転するため、先に改装しフリーアドレスを導入した事例を学ぼうと思ったのだ。

koro1682 (2)

感想としては、う~ん、簡単じゃないですね・・・という感じ。
思い通りにいかない面も多いようだ(苦笑)。

昨日は緊急な仕事もなかったこともあり、午後は休みをもらった。
せっかく上京したので、田舎者らしく東京見物へ。

koro1683

上野で昼からビールを飲み、ミーハー全開だが世界文化遺産となった国立西洋美術館にお邪魔した。

koro1682 (4)

企画展はドイツの銅版画家メッケネム。
存在自体初めて知った。それくらいこの分野は疎い。
あまりにも小さい版画が並んでいたので、
じっくり眺めているうちに目がショボショボになってしまった。
初めて訪れた常設展も見応えがあり楽しめた。

koro1684

この年齢になって初めて伺うのはいかがかとも思うが、充実した時間であった。
芸術はまだまだ分からないが、分からないながらの繰り返しが学びになっていくのだろう。
こうして二日間、東京で過ごさせてもらった。

きっとこれが今日からの仕事に役立つはず。
そう信じて、今日も張り切って一日を送っていこう(笑)。

大人はもっと遊びなさい

syumi1681

成毛氏の著書は初めて読んだ。
若くしてマイクロソフト日本法人の社長を任され、業績をグ~ンと伸ばした。
40代半ばには社長を退任している。
僕が社長に就任した年齢でもう卒業されたわけだ。
分かりやすくいうと僕の倍以上のスピードで生きている。

卒業されてからは会社を興し、
言い方は失礼だが好き勝手なことをやられ、今に至っている。
本書も同様。
ご自身の生き方、考え方をそのまま反映させている。

こんな生き方ができれば、どれだけ人生が充実しているだろうか。
興味も趣味も尽きない。
それがグルグル回り、結果として仕事にも活きてくる。
ただその興味や趣味が仕事の目的となってはいない。
子供のようにやりたいことをやり、飽きたらサッと止めてしまう。
そこには何のこだわりもない。
勿体ないと思う時点で楽しめてないのだ。

そんなことを言われてしまうと僕はどうだろうか。
「大人はもっと遊びなさい」
と言われ、遊んでいるのだろうか。
他人から見れば十分、その類に入っているのかもしれない。

毎晩のように飲みに行き、走ったり、映画を観たり、本を読んだりしている。
このブログも著者に言わせれば趣味の範疇だろう。
否定すべきことではない。

本当に嫌だったら、ブログだって書かなきゃいい。
誰からも強制されるものではない。
書きたいときにだけ書き、ネタがない時は放っておけばいい。
しかし、それができない。
決めた以上、やらないと気が済まない。

マラソンも同様。
ノルマの達成はほとんどしていないので偉そうなことは一切言えないが、
楽しくて走っているわけではない。
大半は面倒くさいと思っている。
しかし、ある程度は走らないと気が済まないのだ。
果たしてこんなことは趣味と言えるのか。
楽しんでいると言えるのか。

成毛氏に問えば、肯定されるかもしれないし、否定されるかもしれない。
どっちでもいいじゃないの?と飽きられるかもしれない。
なんかとてもくだらないことで自問自答しているような気がする(笑)。

まあ、自分では悪くないと思っているので、良しとしようか。
そして、もっと何も気にせずできる遊びも見つけるとしようか。
きっとこの答えは、仕事をリタイアした時で出てくるような気がする。

あと10年、真面目に働いて、来る日に備えるとしようか・・・。

わけのわからんブログになってしまった(笑)。

食べ物のはなし ウルトラスペシャル編

食べ物ブログをスタートして2年。
「人気食べ物ブロガー」呼ばれ1年が過ぎてきました。
地道な歩みではありますが、みなさんの支援のおかげでここまでやってこれました。

もしかしら今回が頂点かもしれません。
食べ物ブログは今後も続いていきますが、今回のお店は最初で最後かもしれません。

食べログ愛知で断然トップ4.46。
東別院から西に向かったところにある「トゥ・ラ・ジョア」さんへ行ってきました。

こちらは完全予約制。
一度、お邪魔したお客さんでないと予約できません。
昼2組、夜2組の1日4組のみの受付。
毎年12月1日から翌年の予約を開始しますが、1~2日で全て埋まるそうです。
普通に考えれば、予約することは不可能に近いといっていいでしょう。
電話番号も非公開です。
(僕は教えてもらいましたよ。ヤッター!)

名古屋の老舗企業の経営者仲間からお誘い頂き、素晴らしい機会を作っていただきました。
感謝、感謝でございます。

お店は個室が2つあるのみ。

tuu1681 (2)

tuu1681 (5)

迎賓館にでもお邪魔してるかのようです。
料理はコースのみ。

tuu1681 (1)

こちらのメニューは毎日変わるそうで、同じ品は一度も出さないのがシェフのこだわり。
一品一品を食材の産地から調理法まで丁寧に説明してくれます。
食に合うワインも提供していただけます。

tuu1681 (6)

全ての料理を紹介したいところですが、
高慢ちきイヤミ食べ物ブロガーと思われてしまうので、止めておきます(笑)。
この2品だけアップします。

tuu1681 (4)

tuu1681 (3)

分かりにくいって?
わざと写真はイマイチに撮りました(笑)。

いやいや、最高級の食材に最高の料理とおもてなし。美味しいワイン。
満足しないはずはありません。
これだけでも自慢しているようで、先輩から叱られそうです。

先輩「お前の仕事はなんだ?」
僕「人気食べ物ブロガーです。」
先輩「はっ?それが仕事っていうのか?それで飯が食えるのか?」
僕「これでは飯は食えません。」
先輩「お前はバカか!ちゃんと仕事しろ!」
僕「すいません・・・。仕事も頑張ります・・・。」

各方面からお叱りとか、「山田さんは毎日遊んでていいね」とか、
本質と異なるお言葉を頂きますが、めげずにこれからも続けていきます。

今回は貴重な場を提供いただき、ありがとうございました。
そして、ごちそうさまでした。

なぜか東京で喋るのだ!

ちょうど1か月前、facebookのメッセンジャーからこんなメールが送られてきた。

tokyo1681

東京のパートナー会社パフの釘崎社長からのメール。
あえて要件は言わず、僕の都合だけ聞いてきた。
意地の悪い営業がよく使う常套手段。
「大丈夫です。」
と答えた途端に一気に丸め込む嫌らしいやり方だ。

そのやり方にまんまと乗せられた。
パフさんのセミナーで講演することになった。

年に一度開催している
「採用サロンパスの卵」
もとい
「採用コロンバスの卵料理」
いや、違う。
「採用コロンブスの卵」
という採用担当者向けセミナーの一コマを依頼されたのだ。

あまり深く考えることなく受諾したはいいが、
テーマは「地方採用の現状」について語るもの。

名古屋というローカルエリアで事業を行い、
その特性を理解はしているが、このような講演は初めて。
地元のクライアント向けに講演をすることはあっても、
首都圏のクライアントへの経験はない。

それも首都圏企業がどうすれば地方採用を成功させることができるかを語らねばならない。
「そんなこと知らんがな・・・」
と言いたいが、それは許されない(笑)。

しばらく時間が経過し、安易に引き受けたことを後悔。
”特製もんじゃ”を食べさせてくれるという誘惑にいとも簡単に引っかかる愚かさ。
トホホ・・・。

tokyo1682

それでもあちこちからサポート頂き、営業からも協力を仰ぎ、
自分なりの解釈も入れ、話すべきことはある程度、まとめた。
せっかくなので「ふるさと就職応援ネットワーク」の取り組みも話させてもらう予定。
果たして僕の話が響くかどうか。
全く見当がつかない。
僕を誘惑した釘崎社長が当日不在であるため、まあ、適当に場を繕う話ができればいいのかな(笑)。

この「採用コロンブスの卵」は明後日24日に東京・品川で開催される。
このセミナーも僕の講演もまだ予約を受け付けてるようだ。
興味のある方は、足を運んでいただきたい。
パフさんのクライアントの成功事例も話されるので、採用担当者の方にはいい学びになるであろう。

採用コロンブスの卵
<日時>2016年8月24日(水) 13:00~19:00
<会場>TKP品川カンファレンスセンター(東京都港区高輪3丁目26番33号 京急第10ビル6階)
※入退室自由、18:00より懇親会を予定(参加費 500円)
当日の詳細、予約はこちらから

一体どんなセミナーになるのだろう。
僕も初参加なのでイメージできない。
ただ少しだけでも参考になることを伝えられればいい。

輝く日本人

あまり見るつもりはなかったが、ついリオオリンピックを見てしまう。
それも何度も何度も同じシーンを見て、感動してしまう。
昨日も友人と食事をしながら、「今回のオリンピックって面白いよね。」という話をしていた。
いや、ほんとに面白い。

睡眠時間を確保したい僕としては、さすがに深夜帯の時間帯は見るのは難しいが、
朝帯、夜帯は時間が許す限り見ていた。
夏休みと重なったこともあり、ついつい長時間にも・・・。
それだけ魅力的で感動するシーンが多かったということ。
普段、冷静を装い、スポーツなんて関心ないよ、
なんていう人も引き込まれてしまった人は多いのでは。

僕が今回、印象に残っているのは男女卓球の団体であり個人。
団体女子の3位決定戦や団体男子の決勝戦はリアルで見ることはできなかったが、
男女とも準決勝は手に汗握りながらずっと見ていた。
4時間、TVの前に釘付けになったのなんていつ以来だろう。
ここ10年くらいはないと思う。

愛ちゃんがフルセットの末、エッジボールで敗れて呆然とする姿はせつないものがあった。
ドイツとの試合は中国と勝負しているのかと錯覚してしまった。
水谷選手のドイツの選手を圧倒する姿にはこれまでにない力強さを感じた。

卓球という地味なスポーツを6年間、やってきた者として、
これだけ面白さを伝えてくれたことは感謝せねばならない。
僕如きが言うことではないですね・・・(笑)。

個人の準決勝で馬龍選手との一戦はとんでもなく凄かった。
とても人間業とは思えないプレーを2人ともしていた。
きっと馬龍選手はサイボーグだ。
あんなスマッシュは絶対返せない。
そう思うのが普通だろう。

吉村選手のサーブは見ていてもさっぱり分からない。
多分というか間違いなく、僕は一本を返すことはできない。
タテ、ヨコ、どう回転しているんだ・・・。

と卓球は面白さと感動を与えてくれた。

水泳でも体操でも柔道でもレスリングでもバトミントンでも、
その他の競技でも多くの感動を与えてくれた。
逆転して勝利する試合も多かった。
僕らはその活躍を見ながら、ただ単純に勇気をもらっていた。

活躍している選手の大半は20代。
社会でいう若手であり、ゆとり世代であり、さとり世代である。

その世代は一般的にストレス耐性やメンタルに弱いと言われる。
果たして本当にそうだろうか。
とてつもないプレッシャーを跳ね除け、堂々と笑顔でプレーをしている。
もちろん育成プランの貢献度は大きいだろうが、それだけではないはず。

僕ら何も考えていないバブル世代や、
低迷期ばかり見ている団塊ジュニアとは明らかに違う能力を持っている。
ストレスにも負けやしない。

それって、日本にとって、とてもいいこと。
日本の未来にとってとても明るいこと。
オリンピック選手だけで判断するわけではないが、
これだけメダルを確保する若者たちは、他の世代よりポテンシャルを持っているのではないか。
その世代に対して頼もしく思えるのは僕だけかな・・・。

これだけ輝く日本人を全世界に披露できたのは久々なことではなかろうか。
いやあ~、ホント素晴らしい。

残すところオリンピックも3日。
今日行われる男子リレーも期待したい。

輝く日本人。
僕らにとって喜びであり、誇りである。

名古屋は飛翔するのか・・・。

夏休みに「名古屋」についてもう少し知ろうと思い、雑誌を2冊購入。
「週刊ポスト」と「東洋経済NAGOYA臨時増刊」。

nago1681

「週刊ポスト」を買ったのは生まれて初めてじゃないのかな。
決して他の特集が魅力的だったわけではない(笑)。

自ら「名古屋の名物」と言っているが、うちのことは2誌とも取り上げていない。
まだまだ名古屋のことを分かっていないな(笑)。
残念・・・。

「週刊ポスト」については扱い方が酷い。
名古屋を知らない人があれを読んだら、とんでもなくイメージが悪い。
面白可笑しく書いているとはいえ、名古屋人は納得できないことも多い。
せこくて厚かましくてがめつい連中と思われてしまう。
否定するつもりはないが(苦笑)、他人から言われるとちょっと気分が悪い。
外の人が名古屋を魅力的に思わないのは当たり前だ。
住めば都だというのに・・・。
一度住んだ人は名古屋を離れたくないというのに・・・。

「東洋経済NAGOYA臨時増刊」はさすがに経済誌だけあって、
多方面から名古屋の強さを取り上げている。
名古屋地区の大学を持ち上げすぎのような気もするが、いい意味で魅力的に伝えている。
このあたりは東京で行う来週の講演でもネタとして利用できそう。
(このことは改めて詳しく書きたい)

名大社の「ジモ採る」という採用担当者向けのサイトで、
僕が月1回書いているコラムもあながち間違いではない。
ご覧なられたことのない方はぜひご一読を!。
こちらがそのサイト

全国的に見ても「独自性」が強く、製造業に限らず特徴的な企業が取り上げられている。
コメ兵さんやCoCo壱番屋さんなんかも・・・。

「週刊ポスト」と「東洋経済NAGOYA臨時増刊」は切り口は違うが、共通点もあった。
「SSK」という英文字。
地元の方ならほとんどの人が知っていると思うが、
それ以外の方は野球用品のメーカーという認識かもしれない。

椙山女学園大学、愛知淑徳大学、金城学院大学の頭文字をとったもの。
今、愛知淑徳大学は共学になってしまったが、元々は地元を代表する女子大。
僕は大学時代、ここらの女子大生とどう出会うかばかり考えていた(笑)。
伝統的な歴史ある大学として今でも東海圏の企業には大きな力を発揮している。

どうしても地元で地元だけ見ていると見落としてしまう面がある。
こうして全国的な媒体に特集を組まれることはそれほど多くない。
そこで改めて知ることも多い。
この地域で事業を行う者として感謝すべき。
きっと名古屋は飛翔するぞ。

他に地域の方にも読んでもらいたい。

食べ物のはなし 番外編 冷やし担々麺

今回も円頓寺を離れます。
夏休みだから仕方ありません。
人気食べ物ブロガーも夏休みらしい動きをしなければなりません。

最近、名古屋駅周辺は活況です。
大名古屋ビルヂングもでき、KITTE名古屋もでき、
話題のレストランが結集しています。

浅はかなグルメブロガーは安易な行動をするでしょう。
すぐに流行を追ったレポートをするでしょう。
それでは人気食べ物ブロガーへの道は遠いのです。
流行に流されないのが、人気食べ物ブロガーとしてあるべき姿。
本当は混雑しているからという単純で浅はかな理由ですが、最新グルメは登場しません。

KITTE名古屋の隣の地下道を通り、ルーセントタワーに行ってきました。

tann1681 (4)

この地下道はとても静かです。
たいした距離はありませんが、随分、長い道のりのような気がしてしまいます。
その方が食欲が増します。
美味しい食事を楽しむことができます。

ルーセントタワー2階にある「中国料理 吉珍樓」さんに行ってきました。

tann1681 (1)

担々麺が有名です。夜はフカヒレも食べさせてくれます。
ちょっと豪勢な雰囲気を持つお店です。

この日は家人と一緒でした。
たまには見栄を張りランチを食べなければなりません。

「すいません、ビールと麻婆豆腐をお願いします。」
食事に入る前に舌を慣れさせなければなりません。
麻婆豆腐は小辛、中辛、大辛から選べます。
あくまでも舌を調整するためです。
冒険をせず中辛をお願いしました。

tann1681 (5)

石鍋がグツグツと音を立てています。
「お~、なかなか、やるじゃないか・・・」
汗をかきながらビールを飲みながら本番を迎えます。
熱さが堪えたこともあり、冷やし担々麺を注文してしまいました。

冷やし担々麺ランチ 1300円

tann1681 (3)

横から見るとよく分かりませんので上から取り直します。
食べ物グルメの師匠もたまに行うテクニックです。

tann1681 (2)

ちょっとお洒落な担々麺に見えてきます。
女性が喜びそうな可憐な姿を見せています。
この後にドッと大量の汗をかくことは誰も分かりません。

麻婆豆腐で調整した舌は冴えまくります。
すいすいと冷やし担々麺が口に運ばれます。
爽やかな辛さが広がります。

「お~、いいぞ、いいぞ、この後、ドッと汗をかくぞ!」
と家人に気づかれないように呟きます。
しかし、一向に汗をかく気配はありません。
麻婆豆腐で力を使い切ってしまったのかもしれません。
結局、ほとんど汗をかくことなく食べ終えてしまいました。

「あれっ、これでいいのか・・・。たまにはこれもありだな」
自分を納得させます。
辛さは中途半端でしたがとても美味しかったです。

ブログも何とも中途半端な感じです。
「オレもいつも完璧じゃないのさ」
とここでも自分を納得させます。

ごちそうさまでした。
来週はどこへ行きましょうか・・・。

陸王

riku1681

いかにも池井戸作品といえるような展開。
ケチな銀行も嫌らしい大手企業も定番中の定番。
池井戸ファンは何となく予測できてしまう。
著者はあえてそれを狙っているのではとも思えてしまうほど。

多分、その定番路線をあえて選び本書を書き上げているのだろう。
だからと言って、すべて読み取れるわけではない。
ワンパターンで済ますストーリーではない。

どんどん吸い込まれ、588ページにも及ぶ大作を一気に読んでしまう。
その力強さと読者を共感させる力は同じ岐阜県人にとって誇り。
あんまし関係ないかな(笑)。

今回はマラソンシューズをテーマにしている。
少なからずランナーの一人として、ここに書かれているランナーとしての悩みは理解できる。
そのあたりのリサーチ力や共感度はさすが。
単に企業小説に強い作家ではない力も証明されている。
そんな点からも読むべき一冊だと思う。
それは池井戸ファンであっても、そうじゃなくても。

そして、思う。
これってドラマになりそうだと・・・。
来年4月からTBS系日曜21時からのドラマで放映されるんじゃないかな(笑)。
主役は誰が似合うかな。
う~ん、そうだな。
竹野内豊氏とか、浅野忠信氏とか。
固さをちょっと崩させて・・・。

僕としては一層のこと、映画を製作してもらいたい。
2時間半のドラマチックな映画を作ってもらいたい。
必ず観に行く。

池井戸作品の主人公は中小企業のオヤジ(社長)。
今回もそう。
それだけでも感情移入するが、その背景に自分をダブらせながら読む。
オーバーラップさせることも多い。

そこで本書で改めて感じたのはお金の重要性。
結局、お金がなればそのアイデアも情熱も生かすことができない。
会社自体の存続も危うくなる。銀行との交渉も命懸け。
そんなことを思うといかに僕がラクをしているか。
また、資金繰りという重要な仕事から解放されているか。
反対に未熟さを感じてしまったり・・・。
そんなことも教えてくれる。

経営者もビジネスマンもアスリートも読んだ方がいいと思えた一冊であった。

1 / 3123