前向きに行こう!名大社社長ブログ

映画「ディアドクター」を観る

ディア・ドクター [DVD] ディア・ドクター [DVD]
(2010/01/08)
笑福亭鶴瓶、瑛太 他

商品詳細を見る

昨年のキネマ旬報1位の作品をDVDでようやく観る。
西川美和監督の前作「ゆれる」を観て、かなり揺れる思いになり人間の恐ろしさを感じたが、本作品でもその時程の冷ややかさはないものの、人間の揺れ動く様を感じた事は同様である。
可愛い顔して人の心を何ともえぐる監督である(スイマセン)。
作品の本筋とは異なるが、まず感動したのが香川照之である。TVの「龍馬伝」にしろ「坂の上の雲」にしても、今度の映画「あしたのジョー」にしても何でも出演する。どんな役でも演じられる。今回も医薬品メーカーの営業マンを微妙な立場で見事に演じていた。
僕とほとんど変わらない年齢でありながら、既に日本映画界の名バイプレイヤー。普通は60歳くらいになるとそんな存在になるとは思うのだが・・・。
本作品は笑福亭鶴瓶が演じるニセ医者の過疎の村の住民との生活を通して、人の善意や悪意(そうではなくずるさ?)を描いている。
僻地の医者不足や過疎化、高齢化など現実の社会問題をクローズアップさせながら、それを嫌味ではなく温かい視線で作られている。そのためか、おおよそ予測できるラストシーンも愛らしく感じたのかもしれない。
結局はどんな存在であれ、人と人は繋がっており、その背景には言葉にできない信頼がある。それは100%になる場合もあれば、50%を下回ることもある。同じ対象だとしても状況により変化するものでもあろう。
このような映画を見るとつくづく日本映画は素晴らしい。そして、好きなんだと改めて実感する。
家庭内で2時間のTV画面使用枠を確保するのが難しい昨今ではあるが、眠い目をこすってでもコンスタントに確保していきたいとDVD鑑賞後、感じたのであった。

オフィスをちょっと模様替え。

今週、オフィスの応接室の模様替えを行った。
以前はこのように重厚なソファーを置く、いかにも応接らしいお客さまを出迎えるつくりである。
模様替え1
中日ビル時代の社長室からそのまま持ち込んだ応接セットなので、当たり前といえば当たり前だ。
お客様を迎え、お茶を飲みながら話をする事を目的としていたためだ。しかし、今この応接室ではお客様を迎え挨拶することから、ちょっとした会議や打ち合わせ、求職者との面談など使用方法は多岐に亘っている。
そうなると、この重厚なソファーは案外使い勝手が悪かったりする。
今回、思い切ってこれまでのソファーを放出し、新しいデスクとイスを入れ替えた。それがこれ。
模様替え2
以前より部屋が広くなったような感じだし、何より雰囲気が明るくなった。予算の厳しさをもあり、懇意の業者にガチガチに交渉して購入したが、その値段の対してのクオリティは高いと満足をしている。
これで用途は更に広がった。静かに仕事を進めたい時は、こちらにノートパソコンを持ち込んで仕事をする事も可能。社長室に早変わりというわけだ。
いい事づくしの様だが、残念な点が1点。
ちょっと休みたい時に休めないということだ。これまで疲れた時には、ソファーにもたれながら目を閉じていた(つまり昼寝?)わけだが、それをするにはかなりしんどい。
ソファーの方がゆったりとできるのだ。
そんな個人的な思いは捨てるべき(当然だ!)。会社は仕事をする事を目的としている。
よりいい仕事をこの新しくなった応接で生み出していこうと思う。

新卒採用の在り方について考える。

一昨日から東京に入り、夜は大切な方との食事会。すっかりいい気持に酔っ払って宿泊。
翌日も前日同様、HRプロのセミナーに参加した。この日のテーマは「採用」で、それも新卒採用にフォーカスしての3つの講演が行われた。
1回目の基調講演は、リクルートワークス研究所所長 大久保幸夫氏によるテーマ「これからの日本を創る新卒採用の視点」。
まずは新卒採用の現状を大学生の増加、一般入試の減少、求人倍率の推移、学生の志向等、データを活用し、なぜ就職できない学生が増えているのかを報告された。そして、主題となる大卒新卒採用の変化を予言するとして、これからの就職活動の方向性と課題、企業と学生のあるべき姿を説明された。
外部環境は好景気・不景気だけでなく、企業のグローバル化、若者の思考性を含め、従来とは大きく変化しているのが実態だ。となると、これまで当たり前としてきた面接重視の採用手法も変わり、外国人も含めた求める人材像も異なってくるようだ。
今、巷を賑わしている卒業後3年も新卒扱いとする考え方も、今後の就職戦線に与える影響は大きい。
採用基準も、リーダーシップ、学習能力・思考力、モチベーション、ストレス耐性と変化対応力が重要になってくるようだ。それを見極めるには面接では限界があり、長期のインターンシップの活用など別の方法も企業側では実施する必要とのこと。
今すぐではなかろうが、そんな時代が目の前に来てるのかもしれない。
セミナー終了後に行われた講演者との交流会で、大久保氏に挨拶。名大社の存在を知ってもらっていたことは喜ばしかった。以前、名古屋で求人誌の編集長を担われていたのが理由。その当時、僕自身もリクルートの雑誌を営業として販売していたので、間接的ながら接点があったのかもしれない。
う~ん、世間は狭い。
第2講演は、パフの代表 釘崎清秀氏によるテーマ「採用担当者への提言『今こそ“顔の見える採用”を」である。
自己紹介の段階で、歌を唄い出したことには驚いたが、普段から懇意にさせて頂いている関係から、釘崎氏の伝えたいことは十分理解でき、熱いものを感じた。若者の現状に対しては、やはり大人である我々に責任があり、伝え育てなければならない。
その取組みに共鳴した人事担当者は多いのではないだろうか。少しでも共感者が増え、協賛企業が増えることを期待したい。
そして第3講演は、HRプロ代表の寺澤康介氏の「ここでしか聞けない 2012年度新卒採用 前半戦総括」であった。
どこの就職情報サービス会社にも属さない中立的な立場での報告は、その客観的な視点からとても説得力のある内容であった。東海地区と異なるのは、2012年卒採用は、前年と比較すると既に上向いているようだ。
東海地区ではまだその実感はないため、景気の回復具合も首都圏に比べるとまだまだなのであろう。その報告内容から、学生に対しての寺澤氏の持論を解釈すると、僕が普段から学生に抱く考えと近いことが良く理解できた。
それは最近、大学で講演をさせてもらい場合、よく学生に伝える内容でもある。そして、選考時期を遅らせる行為は、内定率を低下させると危惧されていた。学生の活動状況から、確かにそう思うことも多い。
三者三様、講演内容は異なり、学ばせてもらった点は多いが、三者とも共通した面も多かったように思う。
それは、これから未来を担う学生を育て支援しなければならないということ。その中で採用する企業も従前の方法ではなく、新たな考えでチェンジしなければならないということ。
採用の現場からそれを発信していくことが大切なのだ。
その中で、我々は何で持って貢献できるのだろうか。取り組むべきことはどれだけでもありそうだ。

人材育成について考える

昨日、HRプロ主催のセミナーに参加した。
以前にも拝聴した高橋俊介氏の講演である。著書をブログでも紹介したこともあるが、僕はこの高橋氏のキャリアの考え方に共感している。
今回のセミナーも非常に興味深い内容であった。
従来、日本の教育システムはOJTが中心で、欧米はOffJTが中心と言う。これまではその手法で、どちらもまずまずの成果を上げてきたわけだが、今後のビジネスのあり方を考えると従来の教育方法は限界があるようだ。
日本はOJTに頼りすぎた分、現実の環境では上司が人の面倒を十分に見られないし、欧米型のOffJでは長期的な観点で劣化してしまうという。
今後は、日本でも欧米でもなく、どうやって人が育つ環境を作っていくかが重要であるようだ。人が無理やり教育して育てるのではなく、仕事や人の付き合いを通して育つ環境にするかが今後の人材育成のテーマのようだ。
特にITが進んだ現状では、回りの社員(上司や先輩)の仕事の方法が分かりにくくなり、背中を見て感じることがなくなっている。
そりゃ一日中パソコンの前で座って仕事をしていれば、どんな仕事をしているかはイメージできないし、そこで何かを学ぶことは難しい。そもそも本当に仕事をしているかも怪しい。
人材育成の観点に立てば、ITの進歩は人と人の繋がりを少なくし、緊張感を無くしてしまわせてる点も多い。全てがメールで片づけられたり、会話がなくなり、ハードな交渉事も必然と少なくなる。本当はそんなことはないのだろうが・・・。
世の中が便利になることで失くしてしまうのも多い。この日も東京の大手町の会場に足を運んだのだが、携帯で交通アクセスを調べれば一発だ。どんな方法で行けばいいのかなんて、思考を巡らすことはないといっていい。それでは地図を読む行為がないため、全体像をイメージすることが欠けてしまう。
そんなことが人との結びつきでも言えるのだろう。
人の成長に資するコミュニケーションは業務的支援、内省的支援、精神的支援の3タイプがあるという。
業務的支援は同僚が関わり、仕事の具体的な中味について支援すること。内省的支援は先輩が仕事を府に落とす支援をすること、精神的支援は上司が失敗しても大丈夫だと励まし支えになることになる。
こんな表現では分かりずらいかもしれないが、その縦と横のコミュニケーションで仕事での成長を見出していくのだ。
これまでも自分のリーダーシップを含め、どう若手人材を育てけばいいのかを頭を悩ませてきた。それは今も変わらず続いており、人が成長する職場をどう構築していこうとずっと考えている。
きっと正解なんてないと思う。
しかし、今回のセミナーを拝聴し、沢山のヒントを頂けたと同時に腹落ちした面も多かった。頭に描いていることをより具体的な行動に起こす。まずはそこからなのかもしれない。

電通とリクルート

電通とリクルート (新潮新書) 電通とリクルート (新潮新書)
(2010/12)
山本 直人

商品詳細を見る

巷で話題になっており、気になって手に取った一冊。
大げさに言えば、名大社は広告代理店として電通的な要素を持っており、また、メディアとしてリクルート的な要素を持っている会社である。そんな意味でも大いに刺激を受けた。
高度成長期において広告の「拡声と伝達」機能が消費の拡大に寄与し、それを牽引してきたのが電通であるという。マスメディアを駆使し、その商品の価値を変換させる発散志向広告として広告全体をリードしてきた。
一方で、リクルートは就職や旅行など多くの選択肢から選ぶことを目的とし、その編集スキルで巧みな検索を行い業界をリードする「収束志向広告」で成長してきた。
著書の中にも、電通に代表される発散志向広告が、「買う人の納得」を追及する一方で、リクルートの手がけた収束志向広告は「稼ぐ人の納得」を掘り下げようとしたと書かれている。
なるほどと納得させられる。
しかし、広告という手段を各々違う手法で展開し、ユーザーの関心を引き付けてきた両社だが、インターネットの出現と消費行動の変化でこれまでのビジネスモデルも変換してきたようだ。
広告が意味を書き換えていた時代は、その作り手が意味を教えていた時代ともいえるが、今は、モノの意味は人々が決めていく。本来、広告の持っていた創造された感性やストーリーは失われてしまったようである。
著者の山本氏は博報堂の出身で制作面では電通と競合し、人事の仕事ではリクルートと一緒に業務を行った方である。
両社の特徴を明確に分析し比較しながら、最終的には広告論として繰り広げられているといってもいいのではないか。
そして、今後、この両社が、また業界の末端である我々が広告という情報とどのように向き合っていくかが書かれている。
もしかしたら、この先に広告という名称は全く別のものとして取って代わるのかもしれない。広告と情報との垣根がなくなり、全てが広告であり、全てが情報という時代が来るのかもしれない。
「情報は未来を約束しない」
この言葉に多くの意味が隠されているようでならない。

ザックジャパンを喜ぶ。

オーストラリア代表を延長戦で制し、日本代表がアジアカップで優勝した。
本当に喜ばしい。昨晩のtwitterのツイートの数を見るだけで、あの時間帯に声援を送っていた人の多さを物語っている。
本日のニュースも日本代表一色で、ザッケローニ監督の采配やチームの一体感、長友、川島の活躍を絶賛する報道が繰り返されていた。
全く異論はなく、ワールドカップからアジアカップに至る選手とチームの成長はまさにニュースで報じられている通りだと思う。
また、監督の試合終了後のコメントを読むと、何故、ザッケローニが代表監督として選ばれたかが理解できる。
監督就任当初は思い出す限り、不安視する要素も多かったように思う。イタリアでは既に終わった人であるとか、欧州人が日本の文化に合うのかなど、否定的な見方もあった。
しかし、結果だけ見れば、ザッケローニ監督ほど日本人の特性や強みを理解し、生かしてきた監督は歴代監督を見てもいないのではないだろうか。
オシム監督よりも岡田監督よりも、選手の能力の引き出し方が上手いように思える。
(あくまでも素人の考えであることをお許しいただきたい。)
川島、長友、本田、香川あたりが目立ったとはいえ、個で戦うのではなく組織で戦うチームである事は変わりなく、そのチームの一体感の醸成こそが日本の強みである事をザッケローニ監督は短い経験の中で掴んできたのだろう。
マスコミへの対応方法の指導があったかどうかは知らないが、それぞれの選手のコメントもチームを想い、他の選手を想う内容ばかりであった。
そう思うと試合の素晴らしさだけでなく、選手の人間性の素晴らしさを感じることのできた大会であった。
おかげさまで寝不足で、今日はランニングもできなかったがどうでもいい。朝から何度も李のボレーシュートを見ながら、感動の余韻に浸っていた。
これから益々、日本代表への期待感も高まるだろう。その分、プレッシャーも増えるだろう。
仕事の進め方、人の使い方にも大いに参考になる。
それも含めて、これからが楽しみである

初ユースト終了

昨晩は「リアルタイムで知ろう。魅力的な企業の探し方」と称して、地元の大学3年生と対談。
それを今流行のユーストリームで生中継したのだ。
(興味のある方はこちら)
名大社として初めての試みで試験的な意味も含め、30分程度の時間で現状の就職戦線や学生に気をつけて欲しいことなどを語った。
あまり台本を固めてしまうとつまらなくなるため、おおよその質問事項の回答だけを予めまとめ、あとは本番の雰囲気に任せることとしてスタートさせた。
しかし、振り返ってみれば予め用意した回答は使わなかったことが多かった。単純にすっ飛んだ面もあるが、学生との流れの中で、話の方向が変化していったのだ。
それはそれでいいと思う。素朴に思う疑問をぶつけてもらった方が、結果的にはその中継を見てくれている方にも伝わるのだろうから。
ただ前の日にブログで書いた「早起き」の件は、使わずじまいだったが・・・。
リアルで見てくれた方は100名ちょっとのようだ。もう少し視聴者が増えるとうれしいが、まだまだ力不足として認識しておいた方がいいだろう。
当初30分予定のところ、10分以上オーバーしてしまい結局40分強流してしまった。僕がベラベラとしゃべりすぎたのだ。反省、反省。
映像と音声が若干ずれるなどいくつかの課題はあるが、初回としてはまずまずとみていいだろう。何より何のトラブルもなく無事終了できてよかった。
この対談が、少しでも就職活動の役に立てれば幸いである。
終了後は反省会として(全く反省してないが・・・)、協力してくれた方と共に近くのお店で乾杯。
みんなホッとした表情をしていた。
一緒に対談をしてくれた学生代表の阿知波さん、早くから事前準備をしてくれたスタッフ、名大社メンバー、お疲れ様でした。
そして、有難うございました。
これに懲りず、またやりましょう!

CoCo壱番屋創業者の話

昨日は仕事の合間に名古屋商工会議所主催のセミナーに参加。
本セミナーの目的は「有期実習型訓練制度」の説明ではあるが、僕の目的はその説明の前に行われるカレーハウスCoCo壱番屋創業者宗次徳二氏の特別講演である。
テーマは「社員育成の秘法~人づくりはまず掃除から~」。
講演の内容から言えば、このタイトルとは全く関係のない(大きく解釈すれば繋がってはいるが・・・)内容であったが、僕にとっては満足のできる感謝すべき講演であった。
カレーハウスCoCo壱番屋は、営業時代、自分自身が担当し仕事も頂いていたし、またFCチェーンのトップとも懇意にさせてもらった事から、宗次氏の人間性については間接的に伺い、おおよそは掴んでいたつもり。
しかし、実際に目の前で話を伺うと、間接的な話やセミナーのCDだけでは味わう事のできない熱さや想いを感じることができる。
宗次氏の講演は、実に痛快。
時折、笑いを取りながら、その馴れた話術で、聴衆を巻き込んでいったように思う。タイトルどおりの話はせず、話す内容も行き当たりばったりだとも導入部分から話されていた。
ここでは、何度も経営者たる者は「率先垂範」「現場主義」「お客様第一主義」を言われ、自らは遂行してきた仕事を重ねられていた。有名な話だが毎朝3:55に起床し、誰よりも早く出社し、掃除も行う。それを継続する事が重要で、社員にもプラスの影響を与え、社員育成にも繋がっていくのだということ。
必ず2割の社員は、それを見るだけで変わっていくと・・・。
(朝5時に起きて、このブログを書いている僕はその時点でアウト!?)
経営も人生も行き当たりばったりというのも、それは一日を一生懸命過ごすからこそ言えるのであり、積み重ねれば必ず目標に結びついていく。とても納得させられる内容であった。
「率先垂範」というのは、僕自身が年初に掲げた目標の一つでもあることから、今回の講演は自分を改めて奮い立たす意味合いにおいても貴重な場であった。
席もたまたま2列目で、宗次氏は僕に視線を合わせながら話されていた。ずっと目が合っていたように感じた。(きっとそう思えるだけだろうが・・・)
そんな雰囲気も手伝って、経営者としての大切な事を間近で教えていただいた。
そして、最後に言われていた事。
「人生の成功は早起きに始まる」
やっぱり早起きなんだ。宗次氏は、「早寝早起き」ではなく「遅寝早起き」ではあるが。
どこに行っても「早起き」だな。
本日の学生との対談でも、使わせてもらおうと思う。
5時起きの身分だが・・・。(いや、いつもはもう少し遅いかな。)

「Facebook集客講座」に学ぶ

Facebook
本日、「Facebook集客講座」に出席した。
文字通りFacebookでこの企画を知り、申し込んで参加したのだ。驚くべきことに参加者は100名以上を超えていた。きっと告知もFacebookだけのはずなのに、いとも簡単に集客できるのだ。
完全にこれまでの広告モデルを変えてしまった。
講師は今週の週間ダイヤモンドの特集でも掲載されている熊坂仁美氏。雑誌のイメージとは随分と異なるが、話題の人物であるのは間違いない。
そうそう、週間ダイヤモンドでもエコノミストでも、Facebookを取り上げている。
どうやら年末からFacebookの登録が伸びているようだし、映画でも注目されているので、その話題性でいえば、「旬」そのものだろう。
参加者は圧倒的な割合でiphoneもしくはipadでシュッシュッとやりながら講演を聞いている。本人たちには当たり前の事だと思うが、場所が代われば異様な風景だとも思う。
この参加者は世にいうアーリーアダプターの存在だ。偶然ではあるが僕の知り合いも何名か参加していた。こんな表現は失礼にあたるかもしれないが、いかにもアーリーアダプターというべき方が多いように感じた。
そんな意味では、僕はまだまだ中途半端なのだろう。だからこそ学ぶべき点が多いともいえると思うが・・・。
この講演は活用テクニックを披露してくれるものと当初考えていたが、その要素は少なく、本来ある考え方と他のメディアとの融合のさせ方が講座の趣旨だったようだ。
それはそれでいい勉強になった。
twitterからFacebookに移るのではなく、YouTubeとユーストリームが競い合うのではなく、このソーシャルメディアをどうやって絡ませて、目的である着地点に近づけていくかを考える事が重要であるということ。
これまではマス媒体を活用してAIDMAの法則であり、最近ではAISASが正しい製品購入のプロセスであった。しかし、今回の話を聞く限り、その購入プロセスは変わらないものの、明らかにマス媒体のプライオリティは変化している。
全てがネットの世界で完結してしまいそうなのである。twitterで広げて伝えて、Facebookで開拓し、ブログで専門家としてまとめ、メルマガで成約する。AIDMAでもAISASでもないが、購入までのプロセス自体が大きな変換期を迎えている。
そして、これは全てがソーシャルメディアであるのだ。
ただ、このソーシャルメディアは、使い手に責任が生じるとも言える。マスメディアであれば莫大な予算を投入する事で、自己の責任を回避できるが、ソーシャルメディアはそうはいかないようだ。
責任はこちら側にあるのだ。
メディアとしての価値を学べただけでも、今回は参加した甲斐があったのかもしれない。
講演終了後は、講師の熊坂氏を含めた懇親会があったようだが、アジアカップ日韓戦もあるため、後ろ髪をひかれながらも、まっすぐ帰宅する事とした。
記念に頂いた上にある写真 「いいねステッカー」と「いいね飴」。
ソーシャルメディアの可能性と恐ろしさを感じた講座であった。

ユーストリームにて、学生と対談。

来る1月28日(金)20時より、現役の就活生と対談し、それをユーストリームで生中継で配信することとなった。
12月にも重徳氏との対談でユーストリームは経験済みではある。しかし、その時はゲストとして招かれた要素が強く、言われるがまま対応すればよかったが、今回は違う。
名大社のオフィスにカメラを持ち込み、社員や気心知れたスタッフを目の前に対談を行うのだ。臨場感を出すために演出はせず、簡単な打ち合わせのみに進める予定。
そうなると、逆に緊張してしまうかもしれない。
普段、人前で話をしても緊張することはないが、このようなケースは初めてなので、恥ずかしさが先に立ち、視線の置き場に困ってしまうかも・・・。
そんな事はどうでもいいとして、この対談では学生の考える就職活動の不安に対し、真摯に応えていきたいと思う。場合によっては、感情的になり、名大社の代表として相応しくないシーンがあるかもしれない。
そこも含め、僕が常日頃から思う学生に対する期待感や希望、苦言や企業の魅力、働くことの喜びを語りたい。そして、今後、重要となる企業選びに、少しでも参考になれば幸いである。
最近はユーストリームやユーチューブで簡単に映像を流すことができるようになった。内容も千差万別、発見されないのがもったいない位の秀逸な内容から、全く中味のないものまで幅広いと思う。
見る方によっては、くだらない価値のない内容になってしまうかもしれないが、それも今の自分の姿と受け止め、責任を持って対応するつもりだ。
当日の配信はこちらから。
当日、インターネットを通してお会いしましょう!