前向きに行こう!名大社社長ブログ

OS☆Uと出会った柳橋ビアガーデン

昨晩は3度目の柳橋ビアガーデン。
今夏、名古屋の話題を集めたビアガーデンもあと10日ほどで今シーズンを終える。お邪魔するのはおそらく最後となるだろう。
今回は大学の同窓会若手メンバーの懇親会。
一昨日、事務局の方からお誘いを受けて、たまたま予定が空いていたので、急遽参加した。(こういうといつも予定が詰まっているかのようだが、決してそんな事はないです・・・。)
初めて会う方が多かったのだが、世間は狭いもので、名大社のクライアント(それも担当者)も参加されており、距離感が一気に縮まると同時にほどよい緊張感も走ったりした。
この日は舞台でアイドルらしきグループが歌いながら踊っていた。
OSU1
もちろん知らない。全く分からない状態で歌を聞きながら、参加者と飲んでいた。
そんな時、目の前に知った顔が通った。かつて名大社に勤めていた中村くん。今は自分で広告会社を立ち上げ会社を切り盛りしている。思わず声を掛けてみると相手もビックリ。
しばらく昔を懐かしみながら会話。そして、舞台のアイドルグループは彼がプロデュースしている事が分かった。
そのグループはOS☆U。大須を中心に活躍しているアイドルユニットだった。どれほどの知名度でどれほどの人気があるかは分からないが、一部には熱狂的なファンもあるという。
この日も熱烈ファンが舞台の真ん前で叫んでいた。
そのグループを仕切っているのが中村くんであった。僕の一つ後輩で、名大社を退職したのは10年以上の話。その後、いくつかの経験をし、今は広告会社を経営しながら、この事業の責任者としてこのユニットを牽引している。いやあ~、ビックリした。
元リクが多方面で活躍しているのは世間では知られた事実だが、意外や意外、元メイダイ(そんな言い方をするかどうかはわからない)が、第一線で活躍しているケースは結構多い。彼もその一人。今後の活躍も期待したい。
そんな彼が気を使ってか、OS☆Uが退場する際、僕の前に来て挨拶してくれた。そして、メンバーとハイタッチ。こっ恥かしかったが、うれしくもあった。誰が誰だか分からないのは申し訳ないが、熱烈ファンにとってはうらやましい限りだろう。
そんなこんなで楽しんだ柳橋ビアガーデン。一緒に飲んでいた同窓会メンバーは、いつの間にかOS☆Uのサイン入り缶バッチを買い見せびらかしていた。
これは記念の団扇。
OSU2
この団扇をこれから使うのは時期的に限られてくるが、OS☆Uは中村くんを筆頭に継続的に活躍して欲しい!

相田みつを美術館へ行く

予約した新幹線の時刻まで余裕があったので、東京駅近く東京国際フォーラムにある相田みつを美術館に出向いた。
野田首相のどじょう発言で更に注目度が高まった作家だ。以前から一度はお邪魔したいと思いながら、中々機会がなかったが、昨日はタイミングよくお邪魔する事ができた。
相田1
特に相田氏に詳しいわけでも熱狂的なファンでもない。
ただ時々、その文字と言葉に惹かれ、落ち着いた気持ちになることがあった。シンプルでありながら、人の気持ちを素直に表現した詩に勇気を与えられた人は多いだろう。
人は弱いものだし、すぐ挫けるし、他人と比べたがるものだ。それを否定することなく、いいよ、いいよと言ってくれる相田氏の詩が今の時代にも受け入れられるのは、そんなギスギスした時代だからこそ、影響があるのだと思う。
美術館は移転をして10年を満たない事もあり、洗練された空間。美術館らしい緊張感もありながら、温かさが残るように創られていた。
人の生き方に対しての詩が多いかと思うが、仕事への取組みを表現する詩も印象に残った。一生懸命やる事が大切なんだ、ヘタクソでも真っ直ぐ生きる事が大切なんだと改めて教えられた。一通り見終わった後の落ち着き健やかな気持ちは、自分も間違っていないという気があったからだろう。
普段、美術館に行ってもミュージアムショップで何かを購入する事は皆無だが、今回は衝動的に買ってしまった。
といっても、300円のガチャガチャ。全6種類ある中で、出てきたのがこれ。
相田2
相田3
いいじゃないか、勉強と青春。今日も明日も愚直に精一杯、生きていこう!
あっ、そうそう、残念ながら「どじょう~」の詩は展示されていなかった。

原宿の夜

昨日から出張。横浜のクライアントで打ち合わせをした後、東京・原宿へと向かった。
目的はパートナー企業であるパフさんのリレー講座 「ニッポンの若者に会わせたい一流の社会人」を見学するため。既に4回開催されており、ライフネット生命の出口社長や三菱商事の人事部長など大物講演者が、学生に向け熱き想いを語っている。5回目となる今回は人材コンサルタントでもあり、作家でもある常見陽平氏。
先日のブログでもその書籍を紹介した方だ。
山手線の原宿駅を下車し、竹下通りを横断し、その目的地となる会場に向かった。
竹下通りを歩くのは20数年振り。大学時代に付き合っていた彼女と歩いた時以来だ(多分・・・)。通りは多くの若者を中心に賑わっていたが、40半ばのオッサンは完全に浮いていた。うらやましがるのは中二の娘くらいだろう。
常見氏の講演は本音トーク全開で聴いている学生が緊張してしまうくらいだ。
リレー講座
これまでの半生を語りながら、これからの学生に求める事を熱く語っていた。本人の経験を踏まえ感じ取ったことには説得力がある。学生に対しては厳しい発言も多かったが、そこには真の愛情が込められていた。学生以外に企業の人事担当者も参加されていたが、学んだ点は多いだろう。激しい発言も含めて。僕もその一人。
そして反省・・・。もっと本も読まないと・・・。
名古屋での熱い講演も期待したい。
講演終了後は、そのビルの地下にあるイタリアンで懇親会。
パフ釘崎社長、ジオコス伊藤社長、Gnet秋元理事長、途中からジョブウェブ佐藤社長も加わる豪華な顔ぶれ。このようなメンバーと原宿で飲めるのは実に幸せな事だ。僕以外は自ら事業を立ち上げ自分の想いをカタチにしてきた尊敬すべき方々。同席できただけでも光栄である。
そして、うれしい事がもう一つ。
なんとこのイタリアン、生ビール1杯が180円で飲める。ビール好きの僕としてはたまらない価格である。店の雰囲気は本格的なイタリアンで料理も美味い。全ての品がリーズナブルで、これで店が成り立つのかとこちらが心配してしまうくらいだ。
シアワセ、シアワセ・・・。
最後は盛り上がり男同士のチュー。さすがに写真アップはお粗末で恥ずかしいので、興味のある方は釘崎社長のブログからどうぞ。
原宿の夜、素晴らしい時間を過ごさせて頂きました。
ありがとうございました!

気持ちのいい朝

本日の朝は爽やかだ。朝日も眩しく、空も澄み切っている。
憎き台風12号が去ってから、すっかり涼しくなった。今朝なんてちょっと寒いくらい。日本代表がウズベキスタンに引き分けたのは残念だが、完全アウェーの中では善戦なのかもしれない。
そして、本日は久々の出張。出社後、早朝会議を終え、横浜のクライアントへお邪魔した後、東京へ・・・。
今週月曜・火曜は下期の予算を練ったり、営業の活動状況をチェックしたり、企画書を作成したり、来客対応と会社に篭りきりだった。その分、楽しみが多い。
名大社の代表を任されるようになってから、ちょくちょく予定を作って東京に出向く機会を作っている。まだ僅かな期間でしかないが、多くの人に出会い、多くの刺激を受けている。会社をどう変化させていくか考える時に参考になった点も多い。
情報と有能な人がうごめいている(表現正しくないな・・・)街なのだ。
きっと本日も新たな出会いがあり、新たな気づきがあるだろう。
それでは、元気に行ってきます!
(刺激を受けているお一人 パフ釘崎社長のブログの完全なパクリだ。)

7回忌

本日は台風の影響を受ける中、岐阜の実家で祖母の7回忌が行われた。
祖母は92歳で逝った。大往生といっていい。もし今も健在なら100歳近い年齢である。
大学を卒業するまで一緒に生活をしていたので、祖母とは多くの思い出が残っている。
祖母は旦那さん(祖父)を戦争で亡くし、女で一つで7人の子供を育ててきた。一番下の子供がお腹にいる時に旦那さんを亡くしたので、、一番下の叔母は父の顔を全く知らない。
僕の父親は、その7人兄弟の長男だったので、小学生を卒業する時は既に父親の役割を果たしていたという。
(その苦労した父親の姿はいずれブログに書きたいと思う。背中を見てきたし・・・)
そんな環境で、山田家を支えてきた人なので、人並みの苦労なんて苦労と言わない。その分、滅茶苦茶厳しい人だった。
幼少の頃は、僕は祖母に育てられたといっても過言ではない。
両親とも仕事で忙しかったため、食事を含め、かなり面倒を見てもらった。遠出した時の記念写真は祖母と写っている場面が多い。
5歳下の弟とケンカした時なんかは、家中を追いかけ回され叱られた。本当に怖かった。田舎の家なので、家の大きさだけは半端なじゃなかった分、全速力で走って逃げた。今となってはいい思い出である。60代で腰は曲がっていたが、体は頑強だった。
きっとそれは僕も譲り受けているのだろう。
僕が結婚した時は、かなり体が弱っていたので、式には出られなかったが、とても喜んでくれた。今でもその笑顔が頭に焼き付いている。
そんなに世話になっておきながら、僕は祖母に何もしてやれなかった。孝行らしいことは一つもなかった。ダメな孫だった。
祖母の葬儀の時に孫が15人集まった。久々に孫がほぼ全員集合したのだ。みんな30~40代。その中でも、僕が一番、祖母には関わっていたはず・・・。
長男の長男である僕は、その15人の孫を集め、祖母の遺影の前で記念写真を撮った。
結局、そんな事しかできなかった。
少しは喜んでくれたのかな、それとも、ただの不謹慎な行為だったのかな。喜んでくれたと思いたいが・・・。
お経を読み終える頃、降り続いた雨はやんでいた。特に何か特別な事がある7回忌ではなかった。昔を懐かしみながら、父親の兄弟は話をしていた。
もっと祖母の存在に感謝しなければならない。それはこのような法事だけでなく、普段の生活の中でも。
特に僕のようなダメな孫は・・・。

台風の中の転職フェア

昨日、本日は名大社のイベント転職フェアを開催。
じれったい台風12号が日本列島を横断する中でのイベントであった。今回ほどイベント開催前にハラハラするイベントはなかった。考えさせられることも多かった。正直なところ、イベント中止も考えた。
今、こうして終了して感じることは、中止にせず開催して良かったということ。
参加頂いたクライアントの担当者のみなさま、そして来場者の方々に感謝。台風の中、本当にありがとうございました。
2日間で900名以上の来場者があったにせよ、参加頂いたクライアントに満足を提供できたとは言えない。やはり台風の影響は大きく、通常回よりも動員数を下回ったのは事実。ご期待に沿えなかった面は多い。
実際に中止にした方がいいとの意見も頂いた。安全面を考慮すれば確かにその通りである。
しかし、大げさに言えば、このイベントで一生が決まる人もいる。そのチャンスを提供するのも私たちの仕事だ。
本日来場した方には、台風は承知の上で県外から足を運んでいただいた方も多い。このイベントに参加することで、今後の人生の方向性を見極める人もある。これまでの仕事における棚卸しの重要性に気づく人もいる。
僕が面談した中にも、自分の可能性や適性を改めて認識する人もあった。そんなことがあっただけでも、このイベントを行った価値があると勝手に解釈したい。
とはいえ、できるだけ参加頂くクライアント、来場者の方に満足を提供するのが仕事。反省もせねば・・・。
この台風の中、ご参加頂いたクライアントのみなさま、そして、来場者の方々、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

「キャリアアップ」のバカヤロー

「キャリアアップ」のバカヤロー 自己啓発と転職の“罠”にはまらないために (講談社プラスアルファ新書) 「キャリアアップ」のバカヤロー 自己啓発と転職の“罠”にはまらないために (講談社プラスアルファ新書)
(2011/04/21)
常見 陽平

商品詳細を見る

著者の常見氏と、来週、お会いすることになっている。最新作は読んでおかないと失礼にあたる。それが本書を手にした理由ではないが、急いで読んだ1冊。
これまでの常見氏の著書は、現状の就職環境や学生生活の現状分析を通して、どうすべきかを語る。マーケティングの要素を含め、意見を述べるケースが多かったように思える。(それほどの量を読んでないので、勝手な私見だが・・・)
それに比べると、この本書は圧倒的に自己開示をし、自らの経験を踏まえ、今の若者たちに意見を述べている。その点で、これまでとは違うリアルな説得力を感じる。
キャリアについてはいろんな解釈があり語られているが、僕自身は高橋俊介氏の「目の前の事を一生懸命やる。そして、一定の年数が経った段階で後ろを振り返る。振り返った時にあるのがキャリアだ。」(文章は違うかもしれないが、意味は同じはず)の言葉に納得し、常に心がけてきた。
もちろん何年後にはこうなりたい!という想いもあるが、その想いも目の前の努力をしない限りは届く事はない。今回の本書は、改めてそのことを思い出させてくれた。
自己啓発も自分磨きも自己実現も大切である。それをどこに活かすかを真剣に考えると仕事に辿り着く事が多い。その言葉ばかりが踊ってしまう現実に対する違和感は著者に共感するが、実際そうだろう。趣味の世界でも、自分のレベルをアップさせるための努力はあるが、それを自己啓発とは言いずらい。
人は仕事で評価されるし、仕事で鍛えられるし磨かれる。それには、ここに書かれているように愚直に取り組むしかないのだ。
僕の場合、常見氏の仕事上の経験と自分の仕事上の経験をオーバーラップさせながら読んでいたため、本来、著者が想定する読者設定とは異なると思うが、自分の考えが間違っていない事が再確認できただけでも良かった。
僕はブログで、読んだ書籍の感想をちょくちょく適当に綴る事は多いのだが、一般論の域を出ていない事はお許しをいただきたい。(本書を読んで痛感。大した事は書けません・・・)
常見氏と僕との共通点は少ないと思うが、その中で上げるとすれば、ビールはサッポロ黒ラベルが一番好きだということ。どうでもいいかもしれないが、大事なこと。
どうぞ来週、よろしくお願いします。

今週末は転職フェア!

2週続けてのイベント。9月2(金)・3(土)日は、転職フェアを開催する。
今回は60社以上の企業に参加頂く。リーマンショック以降では一番多い企業数である。
(もっと多くの情報を提供するのが理想だが・・・)
雇用環境が厳しい状況は続いているが、中途市場は若干数であるが、求人数が増えている。
先日の新聞でも日本の大手メーカーの研究開発費が増加傾向という記事が掲載されていたが、その影響が如実に表われるのが求人ともいえる。本当は景気上昇のバロメーターとしての求人数増加が喜ばしいのだが、それはまだまだ期待できない。現実は、自動車メーカーを中心にグローバル戦略の一環として反映されている面が強い。
結果として技術職の募集が大きな割合を占めるのだが、メーカー、商社の営業やサービス業全般の募集も多くなっている。
サービス業で言えば、家電、アパレル、ドラッグストア、食品スーパーなど多岐に亘っている。消費マインドがアップしている傾向もあるあろうが、今回参加頂いている企業は業界内での勝ち組が多い。
それは単に企業規模を表すのではなく、地域性での強みや取り扱い商品を特化させるなど、日経ビジネスあたりに取り上げられるようなユニークな企業のこと。
大げさな言い方をすれば、転職フェアの参加企業をじっくり眺めると今の外部環境がよく理解できる。(大げさな言い方だが・・・)
企業の人事担当者と話をさせて頂いても、不況を感じさせることはない。うらやましい限りだが、業績好調なのだ。
しかし、一般的に馴染みがない会社が多いのも事実。特定の分野で高い評価を受けても、世間に知られる機会は少ない。我々としてはそんな企業こそクローズアップし、いいキッカケづくりを提供したいと考えている。
ニッチな分野は直接話をしないと伝わらないことが多い。前回7月開催した転職フェアでも、これまで全く無縁であった業界の企業と巡り合い、採用に結び付いた方も多い。実際、求職者からもそんな声を頂いた。主催する側としては、何よりもうれしい言葉だ。
製造業を中心とするこの東海地区の雇用環境がプラスに転じるのか、その逆なのかは、予測しきれない。
そんな中でも、地域の活性化に貢献するのが我々の役割である。
台風が接近しており危惧する面もあるが、一人でも多くの方の出会いの場を提供していきたい。

もうすぐ夏は終わるんだ。

今週26・27日は名大社の本年最後の企業展だった。
2日間で800名程の学生の来場はあったが、昨年の同時期に比べれば、少ない来場者だった。
これが名大社のイベントだけであれば、当社の運営に問題があるわけだが、他社や大学の話を伺っても同様のようだ。当社のイベントと同日に開催された学内合同説明会では、昨年の半分も学生が来ていないという話を聞いた。
昨年よりも内定率が大幅に上回っているのであれば理解できる話だが、現状で言えば、どこの大学も昨年より、その進捗状況は悪い。
東海地区の大学で言えば、実感値ベースが中心だが8月時点の内定率は40%程度と推測する。同業他社が発表するデータより悪いのが実情。厳しい現実があると受け止めていいはずだ。
そんな状況にも関わらず、学生の参加率は落ちている。少なからず昨年よりは求人意欲は増しているというのに・・・。
原因は一体なんだろうか。
・東日本大震災の影響で選考スケジュールが後ろにずれ、選考結果自体が遅い。
・卒業後3年は新卒扱いという政策を都合よく解釈している。
・大手企業や知名度の高い企業へ応募が集中してしまった。
etc・・・
何れも正しい原因だとも思う。しかし、本当にそうだろうかと疑問に感じることも多い。
今回の企業展に来てくれた学生は、真面目で優秀な学生が多かったというのが参加頂いた企業の評価だ。通常の企業展なら、壁際で冊子を見ているだけの学生が多いが、今回は着席率も非常に高かった。
特別講演を担当し、直に学生と接触していたL&Dコミュニケーションズの堀内氏は「今日の学生が、まだ内定を持っていないのが不思議だ。いい学生が多かった。」と僕との会話でそんな話もした。
参加してくれた学生は危機感も強く、真剣に仕事探しをしている。安易な言い方をすれば、このイベントに参加してくれた学生は、就職できる可能性は高い。
問題に思うのは、この時期になっても行動を起こさない学生である。大学の担当者と話をしても、動いていない学生が多いという。大学も学生からのリアクションがなければ、手の打ちようがない。だからといって、全てを学生のせいにするのもおかしな話だ。
今、こうして現実問題として起きている事は、短期に解決できるものではない。昨今問われているキャリア教育に繋がっている面が多いと思う。もっと大局的に見渡さないといけない。
そんな状況の中で、今すぐ我々が出来ると言えば、まずはキッカケの機会を提供する事だ。
名大社オンリーの新卒イベントの企画としては、これで終了だが、今後もできるだけの場を提供していく。
来週開催される転職フェアでも30社以上の新卒募集の企業が参加するし、9月16日には日本商工会議所から委託したイベントも開催する。これは11月まで、あと2回継続する。10月には名古屋市が主催するイベントも運営を行う。
まだまだ出会いの場は多いのだ。
さあ、外に出よう。もっと街に出るんだ。もうすぐ夏は終わるんだぞ。
と言いたい。

キーワードは「極端」

昨日、久しぶりにカンブリア宮殿を見た。
ゲストは幻冬舎社長 見城徹氏とサイバーエージェント社長 藤田晋氏。先週からの2週連続だが、前回は飲んだくれていたので見ていない。録画もしていない。
共著「憂鬱でなければ、仕事じゃない」も気にはなっているが、読んでいない。そんな状況だが、昨日は見た。インパクトは強烈であった。
この二人の経営者が取っている戦略は「極端」。
極端な戦略でなければ、オリジナリティは生まれず、同業他社との差別化は難しい。サイバーエージェントのように生み出す全てが新しいという業界であれば、その極端は必然になるのかもしれないが、幻冬舎のように出版社という保守的で歴史の長い業界だとその戦略はバクチ的な要素もあり、賭けに近い。
しかし、見城氏の圧倒的な存在感と人脈、そして自ら編み出すアイデアでもって、出版界としては異端な存在として君臨している。素人の僕が見ても、幻冬舎は尖がった出版社だし、見城氏は型破りな存在だ。
これまで多くの経営者がこのカンブリア宮殿に出演し、僕自身もその経営者としての考え方や取り組みを学ばせてもらったが、今回は切り札となるカードを出したように感じた。それだけ強烈で刺激的だったのだ。
「最悪をイメージし、最高も同時にイメージする。」
「スムーズに進んだ仕事は疑え。」
「常識の逆を行けば、チャンスがある。」
こんな言葉を耳にできただけでも、この番組を見た甲斐があった。
そして、最終的には「日々の圧倒的な努力」という。
彼らがくぐり抜けてきた修羅場に比べれば、僕の修羅場はそれに値しない。本当の修羅場ではないのだ。
本当の修羅場を乗り越えない限り、成長はできないのかもしれない。
番組終了後、素直にそう感じた。