前向きに行こう!名大社社長ブログ

2012年11月の記事一覧:

争うは本意ならねど

争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール 争うは本意ならねど ドーピング冤罪を晴らした我那覇和樹と彼を支えた人々の美らゴール
(2011/12/15)
木村 元彦

商品詳細を見る

全くおろかである。何が?って。自分が・・・。と自虐的になってしまった。
一つは本書の存在。
同級生丙午経営者の櫻山さんのブログで、本書の存在を初めて知った。既に初版からは一年近く経過している。スポーツノンフィクションの分野は比較的詳しいつもりでいたが、こんな素晴らしい作品を知らないなんておろかだ。
そして、もう一つ。
迂闊にも通勤電車の中で涙をこぼしそうになってしまった。木村氏の名著である「オシムの言葉」も、読みながら電車の中で泣きそうになってしまったが、同じ行為を繰り返しそうになった。
いいオジサンが満員電車の中で泣いてしまうなんて、おろかとしか思われないだろう。何とか踏み止まったのだけど・・・。
ジャンルで言えば、スポーツノンフィクションにあたるのだが、法廷ドラマであり、医学書であり、ビジネス書でもある。そこには正義があり、勇気があり、覚悟がある。
しかし、正義や勇気や覚悟も本書の前では軽い言葉にしか聞こえない。言うだけでは何の価値もないのだ。行動を起こさない限り。
我那覇選手のドーピング事件は新聞報道で知ってはいた。冤罪であったことも。ただそれはうわべの事実を読んだに過ぎず、本書に書かれている凄まじい真実は知る由もない。
表面的な報道に関心を示していただけの情けない存在に過ぎないのだ。物事の本質を見抜く力は持ち合わせていないな・・・。と自分自身にがっかりしてしまう。
本書を紹介した櫻山さんがお勧めしていたように、サッカーファンやリーダーは読むべき一冊。大きな組織や権力に対して向き合っていきたい人も・・・。

運がいい!ということらしいが・・・

今週は忙しい。日中も夜もスケジュールがてんこ盛り。かなりハードな一週間。そんな中、昨日は時間の合間を縫って、講演会にお邪魔した。
オムロン株式会社の取締役会長である作田久男氏による「企業価値の持続的向上」というタイトルの経営者向けの講演。オムロンの現状からグローバルリーダーに期待される人物像まで、多岐に亘って話を頂いた。
しかし、この講演、2時間の予定のはずが1時間ちょっとで終了。あらら・・・。
通常の講演会なら最後の10分程度で質疑応答が行われるのだが、この日は50分程度のその質疑応答にあてられた。
それが面白かった。
いくつかあった一つに、創業家以外から初めて社長に就任した作田氏に、「なぜ社長になれたのか?」というダイレクトな質問があった。
答えは簡単明瞭。「運が良かった」とひとこと。場内は唖然とした雰囲気だったが、納得できないわけではない。
実際、僕も多くの方から「どうやって社長になったのか?」と聞かれることが多い。僕は「たまたまです。」と答えるが、聞いた方はほとんど納得しない。しかし、それは嘘ではない紛れもない事実。もちろんそれだけではないが、大きな割合で言えば、そんなところ。
社長のなることがゴールではないので「運が良かった。」とは言う事ができない。まだ先は長いし、結果は残していないし、最悪の事態もあり得るから・・・。(そんな風には絶対しちゃならないが。)
スケールや能力は比較にならないが、同じようなことだと僕はうなずいてしまった。
その後、納得しない聴衆者に対し、フォローというべき言葉もあった。
「99%は運だが、残りの1%は違うだろう。残りの1%はきっとこう考えてきたからだろう。今日は昨日の続きじゃないし、明日は今日の続きじゃないと思ってやってきたから。」
そんな内容が加えられた。
???と思った方も多いだろうが、とても深い言葉に感じた。要はいい事ばかりは続かないし、悪いことばかりも続かない。今の状況が最悪だとしても、踏ん張ってやれば必ず道は開けてくる。そのためには毎日を真剣に過ごす。その繰り返しだと。
なるほど・・・。妙に説得力があった。1%はかなり謙遜が入っているだろうと思うけど。やはり僕とは違うな・・・(笑)。
その他にも、後継者(次の社長)になぜ若手を登用したのか等、興味深い話は多かった。
いくら忙しいとはいえ、学ぶ場は持ち続けなければならない。日常に忙殺されて過ごすだけでは成長しない。まだまだ未熟でできないことも多いが、これも今日と明日は違うということだな・・・。

記念祭で「就職」を語る

昨日は母校の同窓会創立60周年記念祭。
僕は「キャリア講演会」として保護者及び大学3年生向けの講演依頼を頂き、就職をテーマに講演とパネルディスカッションのコーディネーターを担当させて頂いた。
大学祭も同時に行われているので、お邪魔した9時前でもバンドがリハーサルを繰り返し、既に華やかな雰囲気が学内を覆っていた。
愛大1
600名収容する大学内で一番大きな教室が今回の会場。それだけでは収容しきれず、別会場で中継も行われたようだ。
パート1は「就職環境の実態」と何とも意味深なタイトル(笑)の講演。
愛大2
就職環境の現状を説明しながら、企業の本音や学生の実態を伝えていった。僕が伝えたかったのは、現実問題として必ずしも就職難ではないということ。就職氷河期という言葉だけが先行しているが、そうではない現状を保護者の方には理解していただきたかった。
親としての関わり方については、「背中」をキーワードに、背中を押すこと、背中で教えることを強調。引っ張るのではなく、そっと押すことが大切。
当初の持ち時間より短くなってしまったことで、伝えきれなかった面はあるが、できるだけ分かりやすく話をしたつもり。まだまだ改善点は多いが、貴重な経験をさせて頂いた。
パート2のパネルディスカッションは「意義ある就職活動を行うために」というタイトルで人事担当2名、内定学生3名、大学キャリア担当の計6名で実施。
愛大3
僕はコーディネーター役として、パネラーに適当に(表現がよくない)質問を振り、突っ込んで聞いていくだけの楽な役割。
学生さんはともかく人事担当の方にはムチャ振りをして、困らせてしまったが(笑)、見事な発言で会場内を唸らせ、盛り上がったのではないだろうか。学生さんも流石パネラーとして選ばれる存在で、模範的な話だけではなく、ちょっと恥ずかしいような内容まで惜しげもなく披露してくれた。
とても60分という時間では伝えきれないくらい中味の濃い内容。(僕の仕切りが悪いだけかもしれないが・・・)。せっかくなので話の詳細は改めて書きたいと思う。
2時間の「キャリア講演会」はあっという間に終了。お役御免となった。昨日話した内容が少しでも役に立てば幸い。今後の参考になれば、ありがたい話だ。
出席者で昼食を共にした後、解散。1階フロアに降りると人、人、人。
愛大4
あいにくの雨で土曜日よりは少なかったようだが、そこら中で学生が声を掛け、模擬店からいい香りが流れ、学園祭らしい賑やかさが伝わってきた。
お土産に頂いた日本酒。
愛大5
大学が誇る画家 平松礼二氏の絵画をまとった記念の大吟醸。大切に飲まないと・・・。
どれだけ母校に貢献できたかは何ともいえないが、このような機会を頂いただけでも光栄なこと。
これからもよろしくお願いします。

フルマラソンに向けて その12

昨日、一昨日は転職フェア。天候に恵まれたこともプラスに働いたかもしれないが、多くの方に来場いただいた。有難うございました。これをキッカケにお互いにとっていい出会いになれば何より。
11月に入り、仕事はかなり忙しくなってきた。そのためランニングも思うようにできない。
先週はかろうじて4日走ったものの、距離としては30キロちょっと。今週に至っては、今朝の5キロのランニングを含め3日のみ。距離も15キロ。ありゃりゃ。
フルマラソンがあと2週間に迫ってきた事もあり、少々不安だ。
当日を迎えるまで長距離を走るチャンスは来週末しかない。来週は夜の予定も一杯だし・・・。目標タイムのクリアも微妙だと思うが、やれることをやるだけだな。
この2週間の実績は・・・。
31日(水) 27分56秒
1日(木) 28分10秒
3日(土) 56分34秒
4日(日) 57分35秒
7日(水) 26分56秒
8日(木) 26分47秒
11日(日) 26分35秒
距離は全然走れていないが、スピードは確実にアップ。真夏に比べると2分程度速くなっている。体力が向上したよりも季節要因が強いと思うが、こうしてタイムが縮むのは気持ちがいいものだ。それくらいかな、救いなのは・・・。
例年であれば、第二日曜日の本日は「いびがわマラソン」。今回も多くの仲間がチャレンジする。僕は母校のイベントの講演のため、残念だけど今年は不参加。
天候がちょっと心配だが、揖斐川を走る仲間の健闘を祈りたい。
自分自身の健闘も祈りながら・・・。

約束の重み

ここ数日、田中真紀子大臣による大学開設の不認可問題がニュースでクローズアップされていた。
その件に関して論じたいわけではないが、今回のブログは遠からず繋がっているのかもしれない。
名大社の事業の一つに人材紹介があり、現在は新卒学生の紹介もさせて頂いている。いくつかの大学との提携や自社でセミナーを行って、学生をカウンセリングを行った後、企業と学生のマッチングを行う。希望条件に合う企業の選考に臨んでもらい、内定までフォローするサービスだ。
つい先日もこのサービスを利用した学生から名大社に感謝のメールが送られてきた。
名大社のおかげで無事に就職が決まった。これから頑張っていきたいという内容のメールを・・・。こういったメールを頂くとこちらもうれしくなるし、我々が果たすべき役割が大切だと実感できる。仕事の喜びにもなる。
しかし、一方でこんなケースも少ないとはいえない。
選考に臨むはずの学生が当日の約束の時間に現れない。将来が決まるかもしれない企業の選考の場に・・・。
当然のように企業からはクレームの電話が営業にかかってくる。学生担当が本人に連絡を取ると「交通費が無くて行けなかった」と悪びれることもなく答える。本人から連絡があるわけではなく、こちらが理由を確かめた時に初めてその事実を知る。
別のケースでいうと既に選考が始まった段階で会社にメールが入る。
「○○会社の選考には行けません。すみません」と。本人の署名もなければ、理由も一切書かれていない。そのメールアドレスから本人と特定するだけだ。
相変わらずスッポカシも多い。その対応とお詫びとフォローを営業や学生担当が行う。繋ぐ場やキッカケの場を提供するのが我々の仕事であるため、それも業務であることは間違いない。しかし、それを見ているとやるせない気持ちになるのも事実。
僕はブログをスタートさせる時に誹謗中傷は書かないと宣言した。人によってはそう捉えられるかもしれないが、仕方ない。確かに感情的な面はあるが、今は事実を述べている。
今週の日経新聞では「働けない若者の危機」というタイトルで記事が連載されている。今の外部環境や企業の実態を見れば否定する要素はない。これも事実だ。しかし、伝えられていない情報も多い。
約束に重いも軽いもない。約束は約束で全て守るもの。守れないのであれば、しっかりと連絡するのが常識。
それが友達との買物の約束だろうが、企業の選考だろうが関係ない。中学生でも十分行える行為のはず。その事ができないのが非常に残念であり、寂しい。
大学入試に「約束は守るべきか?」という問題は出ない。出たとしても正解率は100%のはず。しかし、実際の行動となると大きく履き違える。それも4年生の後半に及んでも・・・。
就職氷河期を嘆く前に、人として重要なことは何かを理解し正さなければならない。そうすれば、就職氷河期も少しは改善されるはずだと思う。

映画「J・エドガー」

エドガー
2000年以降のクリントイーストウッド監督作品はメッセージ性の強い映画が多いように思う。
そんな作品と比較すると、この映画はちょっと異質なのか、伝わりにくいのか。それは日本人には理解し難いアメリカの抱える題材をテーマにしているからかもしれない。これまでの他の作品のようにスーッと入り込めなかったのも事実。
映画全体が暗いシーンが大半で、セリフが多く字幕を読ませることが続くので、途中、眠気を誘われることもあった。淡々と進行していくストーリーのため、緊張感を維持するのも難しかった。
こんな感想だとこの作品を評価していないように思われるかもしれないが、決してそうではない。
僕なりに考えさせられる主人公 J・エドガー・フーバーが描かれていた。人は権力を持つとどう変化していくのか。大義と私利がごっちゃになっていく背景は何があるのか。立場を演じる苦しさや難しさをどう解決するのか。など、映画を見ながら人間の強さと弱さ、正義感と傲慢性を感じたりした。
僕は主役を演じるレオナルド・ディカプリオには何の興味も持っていないが(すいません)、こんな醜い姿を披露したのも初めてではないだろうか。普段はタグ・ホイヤーの広告くらいしか目にしないし・・・。
特殊メイクの効果もあるのだろうが、権力を握った人物が歳を取るとこうなるだろうという立振る舞いは見事な演技。ファンをがっかりさせるだろうあの肉体も・・・。
それにしてもニクソン大統領は物凄く似ていたと思う。役者は全然わからないけど。
全く役立ちそうにない批評だが、そんなことを感じた映画だった。

今週末も今月末も開催します!転職フェア

今週9(金)・10(土)日は転職フェアを開催。
今回は2日間を通して約70社の企業に参加頂く。インターホン国内シェア50%を誇る名古屋の上場企業から日本トップクラスのリサーチ会社、愛知県を代表するフィルム加工メーカーなど、今年初めて参加頂く企業を含め、多彩な顔ぶれとなる。
報道を見る限り景気の先行きが不安視されるが、現状だけ捉えれば、この東海地区の求人数は堅調と言える。同業他社も含め、中途採用向けの合同説明会の開催も多い。
名大社においても、今週末の後、11月30日(金)、12月1日(土)に合同説明会を開催する。これは2013卒向け企業展と転職フェアの同時開催であるが、同じ月に2回のイベントを行うことは珍しい。
求人ニーズを反映しての開催だが、参加企業を募る営業はかなりしんどい(苦笑)だろう。ここは踏ん張って力を出してもらいたい。
今回は特別に目新しい企画があるわけではないが、いくつかのセミナーの実施とU・Iターン希望者向けにブースを設ける。
セミナーは
■9日(金)
11:15~11:55 面接で伝えよう~意欲ある志望動機の伝え方
14:15~14:55 効果的な転職活動~転職サポートを活用しよう
■10日(土)
11:15~11:55 初めての転職活動~効果的なスタートの仕方とは
14:15~14:55 エンジニアの転職~効果的な転職活動の進め方

とテーマを変え、4回の実施。こちらは事前の予約となる。詳細はこちら
そして、もう一つ。U・Iターン希望者向けブースでは名大社も加盟する「ふるさと就職応援ネットワーク」が参加。全国各地(全てではありません)で展開する加盟会社に協力してもらい、地域情報を提供する。
地元志向の強い東海地区がメインとなる転職フェアであるが、帰省先の情報を得たい方は、足を運んでもらえるといいキッカケができるだろう。
当日もいろんなエリアから加盟会社の担当者に出席してもらう。
そんな転職フェアの詳細はこちら
<日時>2012年11月9日(金)・10日(土)
     11:00~17:00
<会場>ウインクあいち
    名古屋駅より徒歩2分

個人的にはこの後もイベントが続く。かなり忙しくなりそうだ・・・。

間もなく本番!ガンバレ!

昨日は14卒向け学生を対象にした「プレ★就活祭」を開催。
会場となるウインクあいちに100名近い学生に出席してもらいイベントを実施した。本年の就職活動の解禁も12月となるため、この時期は啓蒙的な要素の強いイベントとなる。僕らとしては学生がよりいいスタートが切れるように企画を吟味し、メッセージを発信していく。
この早い時期に参加する学生は就職意識が非常に高い。その分、今の自分自身の置かれている状況や将来へのキャリアに対しても不安や悩みを抱えているケースが多いと言っていい。
僕はむしろこの時期に自分と向き合うことは大切だし、向き合った結果、自分の存在が改めて浮き彫りにさせることもある。それがいい。
プレ本番1
昨日のイベントでも参加学生は真剣そのもの。講演に臨む態度もこちらが想像する以上に熱い眼差しを送っていた。「そんなメモまで取らなくてもいいよ」と思うくらい、一字一句を聞き逃さない態度なのだ。
僕はパネルディスカッションのコーディネーター役として参加し、学生とパネラーを繋ぐ役割。
プレ本番2
時折、自分の意見を交えながら進行(時折ではなく、頻繁かも・・・)。就職活動の本質から働く意味まで、とてつもなく壮大な内容で(?)話を進めていった。どこまで学生自身に腹落ちしたかはわからないが、後からの感想を聞く限り、やった甲斐があったと認めてもいいだろう。
イベント終了後は、希望者を募っての懇親会。
そこでも学生と本音で語り合うこととなった。このような場も久しぶり。現場で担当としていた頃は、学生と飲む機会も多かったが、今の立場となってからは遠ざかっていた。
直接会話する事で、こちらも価値のある情報を得ることはできる。そんな場を遠慮していた自分は一体何様だろうか・・・。
楽しい会となり記念撮影。
プレ本番3
個人情報丸出しだが、きっと許してくれるだろう(笑)。講演やパネルディスカッションを共にした堀内さんや田中さんにもお世話になった。感謝!
こういった場を通し、今後の有意義な就職活動に繋げてもらいたい。
間もなく本番、さあ、みんなガンバレ!

プロのコーディネーターを目指せ!?

本日は「プレ★就活祭」。2014卒学生向けのちょっとしたイベントを行う。規模としてはこじんまりとしたセミナーになるが、これから就活を始める学生に向けた第一弾の企画。
ここでの僕の役割は討論会のコーディネーター。
就職関連のプロと学生代表とのディスカッションを上手くリードし、意見を引き出しまとめ上げ、参加学生に気づきを与えるのが僕の役割。パネラーは公私ともに付き合いのあるメンバーなので、さほど心配はしていない。自らの考えを述べながらも、盛り上がるよう心掛けるだけ。
課題はその後の予定だろう。
珍しいことにこの10日間で、3つのパネルディスカッションのコーディネーターを務めることになる。
1回目は本日のイベントだが、2回目が以前のブログにも紹介した母校でのパネルディスカッション。11日(日)に「意義ある就職活動を行うために」というタイトルで、人事担当OB2名、内定学生3名、キャリア担当の6名で1時間実施する。こちらは1000名ほどの参加者があるので、緊張感もたっぷりだ。どんな学生さんかもわからないので、どのような展開になるかも予測できない。
そして、その翌日に名大社主催のセミナーでパネルディスカッションのコーディネーターを務める。合宿型研修を行う株式会社エイムソウルとのコラボセミナーを、人事担当者向けに行うのだ。
エイムソウル
企業の社員教育の動向や新入社員の特徴などの講演を行った後、「これからの新入社員研修を考える」をテーマにセミナー講師とゲスト企業の人事担当者とで実施する。このようなテーマでのパネルディスカッションは初めての経験。楽しみあり、不安ありといったところだ。
当たり前の話だが、僕の本職はそんな仕事ではない。その道のプロではない。人前で話をするのは嫌いではないが、偉そうに語れるスキルは持ち合わせてはいない。一定レベルのシナリオを描いていくが、その通りになるかはわからないし、タイムマネジメントは相当難しいだろう。
しかし、これも良い機会と捉えるべき。普段の仕事の中で、短期間のうちに3回のコーディネーター役はあり得ない。感謝すべきなのだ。
まずは本日の役目をしっかりと果たし、自信を持って次に繋げたい。

営業車の香り

平日に車を運転することは滅多にない。外出する時は、徒歩か公共の交通機関がほとんど。
つい4年前までは前線で営業していたので、週2~3日は営業車を使っていた。その当時と比較をすると生活は随分と変化したことになる。
それでも1ヶ月に一度あるかどうかのタイミングで営業車に乗ることがある。懇意にさせて頂いている大学に僕が直接お邪魔するからだ。
珍しいことに先週、今週と連続で営業車に乗って出掛けることがあった。小さな営業車を運転していると営業当時の事を思い出す。
今や懐かしい思い出なのだが、現在の僕自身があるのもそんな営業活動があったからだ。
最近では営業車もカーナビ装備が当たり前たが、10年前くらいまではアルプス社のアトラスRDを持ち込んで調べながら走っていた。
アトラス
時代の流れか、あれだけお世話になっていたアルプス社は存在しない。ちょっと淋しい・・・。
尾張地区、岐阜地区に営業車で伺うことが多かったが、そのエリアにある美味しいランチスポットにもよく行った。
今でもあそこのラーメンを食べたいなと感傷的になる(随分安っぽい感傷的・・)。時間やお金がない時は、吉野家、どんどん庵あたりが定番でかなりお世話になった。松屋やすき家はまだ少なかった。
車内ではよくラジオを聴いていた。
午前中はFM愛知で午後からは東海ラジオと決めていた。今でもオンエアされている「聞いてみや~ち」が一番のお気に入りで、車を走らせながら一人で笑っている怪しい姿を見せていた。15時20分ごろの時間帯はできるだけ車内にいるようにした。(分かる人には分かるはず・・・笑)
肝心な仕事の話が一切ないのは立場的にもいかがと思うが(笑)、それもこれもいい思い出。
営業って、いいな。
営業車の香りを感じながら、そう感じたのだった。

2 / 3123