4月某日。
お世話になっている先生の還暦祝いで水戸に向かった。
お祝い会は夜。

せっかくなので千葉エリアの現地調査を日本史に精通するS氏と行うことに。
歴史に疎い僕は千葉でお邪魔したことあるのは
某レジャーランドと某大手流通チェーンの本社のみ。
55年の人生で伺う機会はなかった。

まずは佐原市。
有名なのは伊能忠敬。
駅前に銅像がそびえ立っている。
至って駅前は静かではあるが・・・。

最初に観光案内所でおススメスポットを教えてもらう。
懇切丁寧に案内してもらい、忠実に行動することに。
腹ごしらえをした後に向かったのは香取神宮。

満開の桜ではなかったが花見には十分な時期。
こちらは神武天皇の御代により創建されたといわれる由緒ある神宮。
境内をぐるっと回る。
本殿、拝殿でお参りし、要石のある場所へ。

これによって地域も護られている。
タクシーで駅前近くまで戻る。

小田川沿いは重要伝統的建造物群保存地域。
昔ながらの商家が並ぶ。
船に乗る予定だったが、時間的余裕はなく諦めることに。
その付近ではTVの収録でタレント陣が周りを盛り上げていた。
このGWに放送されていたと思うけど違うかな。
ちらっと鹿島神宮でのシーンを見たし・・・。

伊能忠敬記念館と旧宅は必見。
江戸時代にあんな精巧な地図を作るなんて、
それも50歳を過ぎてから全国を歩き測量するなんて感動。

高校時代にはその功績に気づけなかった。
もっと歴史を知らないと・・・。

佐原をおさらばし(シャレじゃないよ)、茨城へ。
次に向かったのは鹿島神宮。

鹿島といえば今やすっかりアントラーズだが、元々はこちらほうが有名。
こちらも神武天皇元年創建の由緒正しき神宮。
厳かな雰囲気に凛とした気持ちにもなる。

歴史のある神社だが、現代的な要素も取り入れている。
境内にはオシャレなカフェも併設。
スタバにいるようなお姉さんが切り盛りしていた。

鹿島神宮駅はサッカーが開催される日は賑やかだろうが、それ以外はとても静か。
選手も参拝に訪れるのならサポーターにも行ってもらいたい。

こうしてフィールドワーク、いやいや男旅の初日は終了。
1回でブログを終えようと思ったが、それは無理だった。

明日へ続く。