これからも前向きに 名大社会長ブログ

映画「メタモルフォーゼの縁側」

いやあ~、なんかいい。
うんうん、こんな映画はなんかいい。

そんな表現で映画コラムニストのブログを終えてしまいたい。
そんな映画だった。

単純にいってしまえば、75歳の老人と女子高生が仲良くなって、
同じ目標に向かい励んでいくというだけのストーリー。
奇想天外な展開があるわけもなく、どこかで観たような感覚が体を覆う。
だが、一度も味わったことのない不思議な幸福感。

何気ないシーンに何度もグッときてしまった。
それは感動を呼ぶシーンではない、日常的な会話や行動。
そんなシーンに何度もグッときた。

一年を通して何度かそんな作品に出会う。
とても小さな映画だが、とても愛おしく感じる。
昨年だと「浜の朝日の嘘つきども」
一昨年だと「アルプススタンドのはしの方」
きっと分かる人には分かるんだろうなあ~、僕の感性が(笑)。

そんなふうに僕を揺り動かしてくれた存在はやはり主演の2人。
宮本信子さんと芦田愛菜ちゃん。
この2人の表情が抜群。

僕の宮本信子さんの印象といえば伊丹十三監督の作品。
「お葬式」から始まって「マンボーの女」「あげまん」「ミンボーの女」など。
僕が学生から社会人になった頃に一番活躍をされていた。
当時は40代半ば。
結構、強い女性のイメージが強かった。

芦田愛菜ちゃんといえば、子供と一緒に観ていた「マルモのおきて」が印象的。
当時6歳。
まだ子供らしさは残っているが、立派な女優。
彼女が一喜一憂する姿はセリフがなくても十分伝わってきた。

この2人の絡みが可愛らしく、こちらまでつい微笑んでしまう。
そして一緒に悲しんでしまう。
寄り添う映画といえばいいのだろうか。
そんな作品だった。

映画の鍵となるんはBL漫画という存在。
そんなジャンルの存在を知らなかった。
実際に流行っているんだよね?
本屋さんにはそんなコーナーもあるんだよね?

その世界に恋焦がれるのではなく応援する姿が微笑ましい。
漫画はそんな読み方をするんだね・・・。
いい勉強になりました。

本作はアンテナを張り巡らせないと気づかない可能性もある。
上映される映画館も限定的だし。
先日観た「トップガン マーヴェリック」のような超大作もいいが、
こんなほっこりとする小さな作品もいい。

もっと映画を観ないとね。

映画「寝ても覚めても」

今、世界で最も有名の日本人じゃないかな。
それは映画監督の濱口竜介氏。
本作はその濱口監督の2018年公開のデビュー作。

公開時は名古屋で上映されていたのかも知らなかった。
知らないついででいえば、
本作が東出昌大と唐田えりかの不倫問題の原因みたいだが、
そんな話はどうでもいい。

あくまでも映画コラムニストとしては映画を語るのみ。
周辺情報に惑わされてはいけない。

4年近く前の作品なので、ネタバレも許されるだろう。
運命的な恋に落ちた2人(東出演じる麦と唐田演じる朝子)が、
麦が突然消えたことで自然消滅に・・・。
その後、麦に瓜二つの亮平(これも東出ね)と出会い愛を育むも、
また問題が起きてというような恋愛映画としてはありがちな展開。

原作は芥川賞作家・柴崎友香氏らしいが、その存在も知らず。
この類の小説はもう何十年と読んでいないが、感性を豊かにするには読んだ方がいいかもね。
劇場公開時もこのストーリーだけならきっと観なかったと思う。
それが誰が監督するかで映画自体のクオリティは変わり興味深いものになる。

単なるミーハーかもしれないが、濱口監督の手にかかると何とも不思議な感覚に陥る。
静かにドライブするシーンは「ドライブ・マイ・カー」を思い出させる。
何も喋らず静かな表情が映画を物語る。
ぎこちなさも不安も愛情もお互いの表情が語ってくれているのだ。

以前もブログに東出昌大の演技がかなり上手くなったと書いたが、
きっとこの作品がキッカケじゃないかな。
と勝手に思ったり。
さりげない喜怒哀楽がとてもよかった。

ハッピーエンドに終わったと思う人は多い。
しかし、その先に待っているのは地獄かもしれない。
映画の先行きは観る者に任せられるが、概ね期待した展開。
誰もが胸を撫で下ろすだろう。

しかしだ。
冷静に考えれば、ヒロイン朝子はとんでもない女。
純粋で真っすぐな一途な女性だが、いやいや、かわいい顔をしたわがまま女。
そう書くとバッシングを受けそうだが、冷静に考えればそう。

でも、僕が亮平だったら同じ結末かもね。
セリフの言い回しできっとやられちゃう。
見方を変えればピュアな恋愛映画だが、大体、そんな映画は残酷に仕上がっている。

だからこちらにぐっと迫ってくる。
「偶然と想像」「ドライブ・マイ・カー」にハマった人は観るべきだね。
あ~、とっくに観てるか・・・。

不倫と正義

タイトルに惹かれ手に取ったのも理由のひとつだが、
大きな理由は三浦瑠璃さんが著者だということ。
11月に開催される母校同窓会の70周年記念事業でご登壇頂くことになったのだ。
著書は読んでおかなくちゃと思い、最新作の本書を選んだ。
専門分野の書籍を選べよ!とお叱りの声も聞こえそうなので、それはまた・・・。

僕は中野信子さんも三浦瑠璃さんも著書は一度も読んだことがない。
TV番組もほとんど見たことがない。
ちらっと拝見した程度。

そのためどんな類のコメントを発し、
何を得意としているのか、
どんなタイプなのかも何も知らない。
勝手に強い女性の象徴と思い込んでいただけのこと。

男性の行為に対してかなり手厳しい方でないかと・・・。
「不倫」に対して「正義」を振りかざし、
断罪するパワーが溢れているんじゃないかと・・・。

人を勝手にイメージしちゃいけないね。
想像とはまるで違う内容。
そうでもないな。
多分、本書に書いてある内容を密かに期待していたのだろう。

ある意味、寛容であり、ある意味、自然な行為として受け止めている。
むしろ、不倫は絶対悪とそのターゲットを叩きまくるマスコミやSNSを非難。
それを学者らしく専門分野にも照らしながら発言されている。
あくまでも対談集なので、サ~ッと流れていく感じなので、
奥深いところまでは分からないけど。

それは女性同士に井戸端トークのようにも思える。
その軽さがタイトルとのギャップで読者を取り込んでいるのだろう。
次回はちゃんとした著書を読みます!

対談物で最近、読んだのはこちら。

隈研吾氏は67歳だが、養老孟司氏は84歳。
そろそろ死への向き合い方を語り合っているかと思ったら、そうではなかった。
これまた専門分野の知識を活かしながら、
これからも元気に生きましょうというような話。

今の時代は参勤交代型の働き方がいいという考え方は面白かった。
直近でいえば、NTTの新たな制度もそれにあたるのかな。
超高層ビルという箱に閉じ込められているのがエリートだ
という言葉には妙に納得してしまった。

最近は意図的に興味のない分野を読むようにしている。
これからの自分に必要なことだと思うし・・・。
多くの考えを吸収する事は続けていきたいね。

とあまり中身のない書評ブログになってしまった。

食べ物のはなし 番外編 美酒鍋

食べ物ブログは遠征が続きます。
酒蔵巡りで動きまわりました。
水の代わりに日本酒を飲みいい気持ちにもなってきました。

そうなると、腹が減った・・・。
井之頭五郎さんように棒立ちになり、カメラが段々と引いていきます。
あれっ、逆だったかな?

急がねばなりません。
近くのお店を探すのです。

いやいや、そんな必要はありません。
遠征先の事前調査は完璧にしておくのです。
人気食べ物ブロガーは何もしていませんが、気の利く先輩がお店を予約していました。

賀茂鶴酒造さんの経営する「佛蘭西屋(フランス屋)」さんに行ってきました。
店内に入るとずらりと並ぶお猪口。

体が勝手に吸い込まれていきます。
2階の個室に案内されました。
どうやら予約のコースは決まっているようです。

佛蘭西屋ランチ 3300円

珍しく日本酒カクテルを食前酒として注文します。

こちらは賀茂鶴トニック。
日本酒+瀬戸内レモン+トニックウォーター。
これなら日本酒が苦手な女子もスイスイ飲めます。

前菜

サラダ

これは日本酒ではなくお水。
これで酔っぱらう人がいたりして・・・。

そしてこちらが美酒鍋。

お酒の入った美酒鍋の発祥は賀茂鶴酒造さん。
元祖だそうです。
真上から眺めるとこんな感じ。

この鍋を食べても酔うわけではありません。
ほんのりと香りを楽しめばいいのです。
美酒鍋はもっと全国に広がってもよさそうですが、名前を聞くことはありません。
コスパが合わないのか、面倒なことがあるのか、知らない方がよさそうです。

そうなると樽酒が飲みたくなります。
当たり前のように飲みます。

しばらく鍋をつついたところでご飯と一緒に頂きます。

ここでお替りをすれば一流の愚か者でしょう。
まだ一流の道は険しいようです。
〆はデザートとコーヒーですが写真は必要ないでしょう。

お腹も満たされ、心地よく酔い、これ以上幸せなことはありません。

ごちそうさまでした。
たまの贅沢は許されますね。

青もみじと京都

6月初旬。
家人と一緒に京都に出向いた。
目的は息子の下宿先へ顔を出すことたが、
せっかくなので一泊し、京都の初夏を楽しむことにした。

この季節といえば紫陽花。
有名な場所をググってみると柳谷観音楊谷寺。

もちろん初めてだし、その存在すら知らなかった。
1200年の歴史があり心を癒す聖地。
最近はインスタ映えのスポットでも話題になっているようだ。

確かにそんな演出があちらこちらになされている。
お邪魔した時は紫陽花の見ごろとしては早く、わずかしか見ることができなかった。

しかし、青もみじは美しく映えていた。
別料金を払い上書院から眺める景色は感動もの。

紅葉シーズンは人出といいとんでもない事になっているんだろうな・・・。
これはハートなんだって。

違う角度から撮るともっとハートらしい形に見えるんだろうね。

夕方は京都国立博物館。
館内は休館なので、庭園のみ。
もっと下調べをしてから行かなきゃいけない。

外観だけでも見る価値はあると思うが・・・。
「考える人」って、こんなにデカい?(笑)

2日目は貴船神社に出向いた。
当初、車で行く予定だったが、京都通の副本部長が叡山電車で行くべきと教えてくれた。
仰る通り。
車で行っていたらかなり冷や汗ものだったろう。
感謝!

叡山電車には窓側に向いた席の車両があり、景色を楽しみながら移動。

途中のもみじのトンネルも圧巻。
貴船口からバスに乗り神社近くまで。

貴船には川床で食事を頂けるお店も多い。

出世したら、行ってみたい場所。
ああ、もう出世しないか・・・。

厳かな雰囲気漂う貴船神社だが、さすがの休日、多くの観光客が参拝。

こちらも美しい青もみじを見ることができた。
紅葉シーズンはとんでもない事になるんだろうね。
鞍馬寺も流れでいこうと思ったが、それは次の機会に。

娘、息子にいいご縁があるように祈っておく。

2日目最後は正伝寺。

こちらは京都在住の経営塾仲間に教えてもらった。
こちらも初めて行くお寺。

とても静か。
なぜか落ち着く。
まったりとした空間。
しばらく何も考えずぼんやりと過ごす。
ここをデビットボウイは気に入っていたという。

こうして初夏の京都旅行は終了。
息子をネタに京都に遊びに行けるのはあと何回か。
今年は五山送り火もあるというので息子の部屋から眺めてみたい。
一応、予定は空けておこう。

京都の青もみじ、楽しませて頂きました。

会長は忙しいのか?

会長になって、約3週間。
「肩の荷が下りましたね」とか
「仕事が楽になったでしょ」
とよく言われるが、まだ実感はない。

心境の変化があると思っていたが、今はまだ感じない。
以前とあまり変わらない気がしてならない。
多分、徐々に湧いてくるものなのだろう。

仕事も少しは減ると思っていたが、そうでもない。
メチャクチャ忙しい。

しかし、周りはそんなことはお構いなし。
勝手に仕事が減ったと判断し、次から次へと襲い掛かる。
会社以外のことがやたら忙しいのだ。
それは仕事じゃない?(笑)

今月から大学の授業がスタートしたのも忙しい要因。
3年ぶりの対面授業で週2回、テツ&チカのコンビで出向いている。

振り返りレポートだけでも150名分あるので、結構大変。
この授業のことは改めてブログで書きたい。

昨年から関わっている大学同窓会の役割も重くなってきた。
今年は創立70周年のため全国総会・記念祝賀会を開催。
三浦瑠璃さんを招くし・・・。
その広報責任者に任命され、思い切り振り回されている。
毎週のように母校にお邪魔し打ち合わせ。

どうやらヒマ人と思われ、実行委員長からあれこれと依頼がくる。
忙しさを訴えても、
「またまた、山田さん、そんなこと言って・・・」と冗談と思っているようだ。

他にも所属する経営塾の25周年イベントの担当の委員長だったり。
自分で手を挙げたという話もありますが(汗)。

先週は名大社も加盟するFネット(ふるさと就職応援ネットワーク)の幹事会のキックオフ。
Fネットは7月から期が始まり15期目を迎える。
幹事は2年に一度、投票により決まる。

なんと来期は僕以外の幹事が総入れ替えとなった。
今期まで会長を務めていた僕はお役御免とはいかない。
事務局長であった釘崎さん(パフ会長&ハナリー島大統領)も入れ替わり、
新たに吉川さん(パフ社長)が幹事に選ばれた。

あらあら、テッパンといわれた事務局長、会長コンビもここで解消されるわけね。

いずれにせよ事務局担当の生田さん以外はすべて変わった。
必然的に僕がFネット会長を継続することに・・・。
他の幹事もブログで徐々に紹介していくが、かなり若返った印象。
新しい風を吹き込めそうで期待大。
キックオフも暑く議論が交わされた。
新事務局長、新幹事のみなさん、よろしくね!

Fネットといえば、これを報告しておかないと。
先週16日(木)にマネージャー研修が行われたのだ。

全国13社から総勢32名が集まり、ラーニングエージェンシーの研修を受講。
名大社からも3名が参加し、半日間かけてみっちりと学んだ。
僕は会長として冒頭に挨拶。
あとは仕事をしながらシステム担当2と覆面を被りこっそりと内容を聞いていた。

最後にバラしたが、嫌な存在でしたね。
地域も年齢も経験もバラバラだが、こうして全国から仲間が集まれるのも素晴らしいこと。
やはり他社の話を伺えるのは参加者にとっては刺激になるし有益のようだ。

ここ1ヶ月、週末は遠征に出掛けていたので、しわ寄せが他の日に。
そして、夜のお誘いも多くなってきた。
こんなに忙しくなるとは・・・。

これも会長の仕事なんだろうか?。
まだ慣れないポジションだし目の前に振り回されているが、大切な役割だと認識したい。

会長職、頑張っていきますよ。

映画「トップガン マーヴェリック」

映画が始まり、いきなり鳥肌が立つ。
流れる曲はケニーロギンスの「デンジャー・ゾーン」。
飛行シーンと共に瞬間的に映画の中に吸い込まれていく。

多分、前作を観た世のオジサン、オバサンはほぼ同じ現象のはず。
先日たまたまワイン会でご一緒した同世代の女性は号泣しっぱなしだったという。
その伏線にいとも簡単にやられてしまったようだ。

前作の公開は1986年。
もう36年もの時間が経過している。僕もそのほとんどを忘れている。
ただバックに流れる名曲と大迫力の飛行シーンは体に染み込んでいる。
そこが映画が始まりわずか数分で覚醒された。

あとは映画にズルズルと引き込まれるだけ。
これだけ見事な続編は滅多にない。
それもしっかりと前作の流れを引き継ぐ構成。
続編までの時間は映画の中で消化されている。
その年数はさすがに36年ではないと思うが・・・。

トムクルーズ扮するマーヴェリックは一体いくつなんだろう。
少なくとも50代半ばのはず。
いやいや、これが現実ならあり得ない世界。
きっと老眼も始まっているし、あんな完璧なオヤジはいない。
あのハイレベルな技術を駆使するなんてできない。
トムクルーズさん、ちょっとカッコ良すぎない?

しかし、そんな話はどうでもいい。
ただ素直に映画を楽しめばいい。
架空の敵国がどこかなんて深く考える必要もない。
余計なことは全部吹っ飛ばしてしまえ。

超エンターテイメントと呼ぶに相応しい。
僕はエンターテイメント性の強い映画はもう卒業したと思っていた。
もっと大人の世界に向き合う映画コラムニストになったと・・・。

ただの思い上がりだった。
卒業どころか、映画のど真ん中にいる自分がいた。
まだまだ子供じゃないか・・・。

それにダメ押しするのがジェニファーコネリー。
こんな登場のさせ方なんてズルいとしかいいようがない。
そして、あのラストシーン。
う~ん、参りました。

最初から最後まで。
端から端まで超エンターテイメント。
見事にやられましたね。

できれば前作をもう一度観てから、現場に出向いてもらいたい。

食べ物のはなし 特別編 伯方島

今回は遠くへ遠くへ足を伸ばします。
気がついた時には伯方島に着いていました。
といっても、分からない方は多いでしょう。

MAPだとここになります。

ここに訪れる前は生口島にいました。
そこは広島県。
それが隣の大三島から愛媛県に入ります。

この伯方島も愛媛県。
今治市になります。
伯方の塩で有名ですよね。

瀬戸内海に浮かぶ島が広島県と愛媛県に分かれている。
この地域の方は当然の知識かもしれませんが、名古屋人はちょっとした感動を覚えます。
「隣島は別の県なんだ・・・」

この辺りの地域性は何かと違いを見せるのでしょう。
やはり街を訪問し、初めて理解することも多いようです。

向かったのは地元の有名店。
本当かどうかは分かりませんが、紹介してくれた先輩はそんな話をしてました。
それが「魚常 梅が花」さんです。

狭い坂道を上った先にあるお店で、その周辺には何もありません。
このエリアの唯一の飲食店かもしれません。
ちょっと失礼でしょうか・・・。

窓からの眺めも格別。
こんな雰囲気で食事ができるのは幸せの証になるでしょう。

お昼のコース 3300円

この景色。
運転手でない人気食べ物ブロガーは飲まないわけにはいきません。

付き出しと刺身の盛り合わせ。
ビールはスイスイ進みます。
昼から飲むビールはサイコーです。

次は鯛の煮つけ。

ここは四国と本州の違いでしょうか。
広島は薄味でしたが、愛媛はかなり濃い目。
これはこれでお酒が進みます。

そして揚げ物。

カキフライと蟹の爪です。
カキフライを食べれない友人から譲ってもらい、写真映えしています。

最後はお寿司盛合わせ。

初めてかなりのボリュームなのを知りました。
それも肉類は一切なし。
あくまでも魚勝負。
その向かう姿勢が気持ちがいいですね。

このまままったりと飲んでいたい気持ちに駆られましたが、
分刻みのスケジュールで動いています。
簡単にはいきませんね。

ごちそうさまでした。
とっても美味しく頂きました。

来年は愛媛県から攻めたいですね。

広島は酒蔵巡りなのだ

「広島で海を感じる」の続き・・・。

先輩のお祝いが目的といいつつ、本当の目的は広島の酒蔵巡り。
今回の参加メンバーは大の酒好き。
昼から正々堂々と飲めるのが旅行の醍醐味。

それさえあれば何も要らない。
そんな大袈裟でもないが、これを楽しみにしていたのは事実。
広島は日本酒も有名だしね。

2日目、午後に向かったのは竹原市。
こちらには3軒の酒蔵がある。

前日に飲んで評判の良かった幻の中尾酒造は既に閉まっていたが、
他の酒蔵は何とか間に合った。

竹原市の町並み保存地区は歴史を感じさせる通り。
なんとなく高山にも似ている。

ここはウイスキー竹鶴を生んだ竹鶴政孝氏の生家。
こんな銅像も・・・。

その竹鶴酒造。

ずらりと並んだお酒を試飲させてもらった。

竹鶴正孝氏との関係性等も詳しく教えてもらう。
結構、特徴的なお酒。

そして、東海地区に馴染みは薄いかもしれない藤井酒造。

酒蔵交流館としてお酒に絡む品が多く並んでいた。
ここでも試飲。

その特徴を伺いながら飲ませて頂いた。
竹鶴酒造も水野酒造も無料で試飲。
あれこれ飲んで何も買わずに帰るわけにはいかない。
気が弱いののか、優しいのか、つい購入してしまった。

3日目も酒蔵巡り。
広島を代表する東広島市の西条酒蔵通り。

ここは日本酒好きには堪らないだろう。
酒蔵ごとに特徴がある。
全部回ったらベロベロになるな・・・。

こんな感じで記念撮影をして勢いをつける。

まず向かったのは賀茂泉酒造。

こちらが運営する酒泉館は有料の飲みくらべセットがある。
前日は無料だったので気持ちの優しさが前面に出てしまったが、
ここは有料なので堂々と飲むことができる。

僕は賀茂泉飲み比べセット5種。
ちなみに5種で550円。

先輩はプレミアム飲み比べセット4種。

少しずつ回しながらほとんどのお酒を頂く。
同時に飲み比べることで始めて味の違いが分かる。
別の日に飲んだら、僕のような素人は比較のしようがない。

次に向かったのは賀茂鶴酒造。

この地区では最大。
僕も毎年冬場には必ずお世話になっている。
さすが商売上手と唸らせる施設。
日本酒の製造工程を理解しながら、つい買いたくなる流れ。

それに踊らされる僕のような意志の弱い観光客。
こちらでは純米大吟醸とゴールド賀茂鶴を試飲。
それぞれ100円。

今や食品会社の専務となった先輩は一番高いお酒を試飲していた。
さすがですね・・・。

西条酒蔵通りには、亀齢酒造や福美人酒造など魅力的な酒蔵もあるが、
時間の関係で伺うことができなかった。
朝一番に入って終了ギリギリまでいるのが理想だろうね。

こうして気持ちよくなりながら広島旅行は終了。
久々に会う気の置けない仲間と楽しい時間。
そして美味しいお酒と食事を頂くことでできた。

これも広島の先輩のおかげ。
ありがとうございました。
来年も企画されるようなので、よろしくお願いします。

今年も名古屋ファミリービジネス研究会で盛り上げます

この7月から第6回名古屋ファミリービジネス研究会を開催する。
早いもので今年で6年目。
先月10日にはそれを記念したセミナーも行った。

その時のブログはこちら
株式会社オーダースーツSADAの佐田社長の講演は好評のうちに終了。

そして本番はこの7月から。
すでに新規、リピーターの方から申込みを頂いているが、
もう少し参加者を募りたいので、今日はちょっと宣伝。

昨年と全体的な流れは大きく変化はないが、
リピーターの方にも満足いただけるよう工夫を凝らしている。
もちろん初めて参加される方は新鮮な学びになるはず。
詳細はこちら

Day1 7月21日(木) 中小同族企業(ファミリービジネス)、何から始めるブランディング
株式会社サンコー 代表取締役 櫻山貴文氏
Day2 8月25日(木) ファミリーの関係性と対話の進め方
株式会社フェリタスジャパン 代表取締役 丸山祥子氏
Day3 9月15日(木) 効果的な事業承継、事業承継計画の作成
グロースリンク税理士法人 代表 鶴田幸久氏、ミドルマネージャー 川崎貴清氏

今年も事務局メンバーが講師を兼ねる。
その前座として僕がとっておきのネタを披露することになる。

そして、今年もバラエティに富むゲストを招く。
Da2では株式会社ネオライフプランニングの橘社長と息子の橘専務。
昨年、橘専務が受講され、Day2に父である橘社長がオブザーバーとして参加。

そこでファミリービジネスの大切さを知り、
そのままファミリービジネスアドバイザー養成講座を受講し資格を取得された。
キッカケは昨年のこの研究会。
タイムリーであり、かつ新鮮。普段目にすることのない親子関係の裏側を知れるかも・・・。

Day4はビッグゲスト。
「世界の山ちゃん」で有名な株式会社エスワイフードの山本代表をゲストに招く。

前会長が急逝され、急遽の事業承継、その中でのリーダーシップの発揮。
そして、大打撃を受けたコロナ禍での経営。
ここでしか聞けない話が伺える。
その経験は僕らにとって全て学びになる。

魅力的な内容は受講者だけに留めておくのは勿体ない。
Day2、Day4については受講者の近しい方の参加もOK。
配偶者でも息子・娘でも親族外の幹部社員でも構わない。

身近な存在が同じタイミングで時間を共有するだけで何かが変わる。
それは昨年実施して主催者側が感じたこと。
そんな時間をみなさんと過ごせたらいい。

詳しい内容や申し込みはこちらから

不明点は僕まで遠慮なく聞いてもらいたい。
7月からスタートする第6回名古屋ファミリービジネス研究会

みなさんで盛り上げていきましょう。