前向きに行こう!名大社社長ブログ

カテゴリ「本を読む 映画を観る」の記事一覧:

映画「時計じかけのオレンジ」

なんだか無性に本作を観たくなった。
初めて見たのはいつだったか。
多分、15年ほど前。
かなり衝撃を受けた記憶がある。
めちゃドギツい作品。

本作が公開されたのは1971年なので、約50年前の映画。
今観ても全く古さを感じさせない。
むしろ新しさを感じさせる。

時代背景が違うのでその差はやむを得ないが、
この時代に作られたとしても違和感は感じない。
テーマは普遍的。
あらためて本作の凄さに朦朧としてしまった。

オープニングからラストシーンまでの斬新な映像は観る者を驚かせる。
一つ一つのオブジェや色彩も強烈。
公開禁止になるのも納得できるし、
もしかしたら今作られていたらお蔵入りなのかもしれない。

なぜ、急にこの作品を観たくなったかは分からないが、
スタンリー・キューブリックなら答えを導いてくれそう。
きっと僕の中の感情がそうさせているんだろうね。

キューブリック監督といえば、生涯でそれほど作品を撮っていない。
一番評価されているのは「2001年宇宙の旅」だが、どの作品も話題作ばかり。
僕が最初に観たのは「フルメタル・ジャケット」だが、
公開当時はかなり話題になり強烈な印象を残していた。
従来の戦争映画とは一線を画した感があった。
一般的な映画監督に比べ、こだわりが100倍くらい違うのだろう。

今でも映画史上最高の作品ベストテンを行うと必ず「2001年宇宙の旅」はランク入りする。
僕はこの「時計じかけのオレンジ」がランク入りしてもいいとは思うが、
映画史上最高の~と言われると愚か者扱いされそうだ。

ちなみに僕は監督作品をすべて見ているわけではない。
恥ずかしながら「2001年宇宙の旅」もまだ観ていない。
あらま・・・。それでは100%説得力がないね。
語る資格すらないじゃないか(笑)。

まあ、それはともかく本作を観たことがない人は、是非!。
人間性を疑われるかもしれないが、人の強さや弱さ、狡さやしたたかさ、
リーダーシップやヒエラルキー、理性と本性を学ぶことができる。
とても恐ろしい作品だけど。

比較的、時間の余裕のあるこのGW期間がいいのかも・・・。

7つの習慣

「えっ、今更?」と思われるかもしれない。
立派なビジネスマンであれば、間違いなく通過していく一冊。
いわずと知れた世界的な名著で、全世界の発行部数は3000万部。
日本でも200万部売れているビジネス本の代表選手。

そんな本を実は読んでいなかった。
雑誌の特集を読んだり、自己啓発のセミナーを拝聴したことはあるが、
本書に触れたのは今回が初めて。
親しい経営者仲間にも「信じられない~」という顔をされた(笑)。

ごまかすことができない。
読んでいないものは読んでいない。

近しい書籍はたくさんあるものの、ここまで評価の高い書籍はなく、
その押さえておくべきポイントは万国共通。

僕は今年1月に発売された新書サイズを購入。
それでも1980円するし、ページ数は670ページを超える。
皮のブックカバーがのびのびになってしまった。
鞄に入れても重い。
一般の新書とは全然違う。

そんな話はどうでもいいだろう。
本書の中身についてはどうか。
このブログであえて語る必要もない。
ウィキペディアを見れば要約して解説しているし、
YouTubeではオリエンタルラジオ中田敦彦が熱く語っている。

それだけでも勉強にはなる。
にわか知識も得られるし、必要な7つの習慣を記録することもできる。
ただそれではコヴィーさんの伝えたいこと、実践してほしいことは叶うことはできない。

それだけではない。
1回しか読んでいない僕もやり遂げることは無理。
たかだか1度読んだくらいでは、
(僕のような頭脳では・・・)
頭の中に入りきらないし、忘れてもしまう。
繰り返し読むことが必要だし、今、どんな状態であるか確認することも必要。

常に手元に置いておくべきだろう。
従って会社の本棚には置かない。
読みたいメンバーは自分で買ってください。
貸さないからね(笑)。

ここに到達するのは限りなく難しい。
頭で理解できても、それを行うのは相当なこと。
本書には近づくための付録やワークシートも載っている。

今はいい時期なのかもしれない。
幸いなことにGW期間は外出もできないので、時間はたっぷりとある。
学び直すにはちょうどいい。
改めて自分と向き合い考え抜いていきたい。

映画「さびしんぼう」

先週、大林信彦監督の追悼ブログを書いた。
大林監督、逝く

その際、映画「さびしんぼう」のことにも触れた。
このブログをきっかけに本作を観てくれた奇特の方がいるのだが、
感想を聞くうちに僕も急に観たくなった。
そこでAmazonプライムでポチ。
本作は400円の有料版だったが、ためらうことはない。
やはり観ておくべきなのだ。

この「さびしんぼう」に夢中になったのは大学生の頃。
働くようになっても何度かはビデオで観た。
せいぜい20代半ばまでのこと。

その当時の感性が今の僕に持ち合わせているかは甚だ疑問。
若い頃は感動した作品でも年齢を重ねることでその感動が薄らいでいくことは多い。
正直なところ、今の僕には当時の感性を持ち合わせる自信はなかった。

いい意味でも悪い意味でも擦れた大人になってしまった。
特にこのジャンルの好きとか嫌いとかの青春映画はそう。
50歳を過ぎて青春映画を観ないのは、とても小さな世界だと感じてしまうからだ。

そんな気持ちでこの作品に臨んだ。
観終わって実際どうだったか。
僕の感性はまだまだ衰えていない。
やはり「さびしんぼう」は僕にとっての名作だった。

10代の頃の感動は何ら薄れていない。
一瞬にして僕はあの頃に戻ってしまった。
百合子さんの富田靖子もさびしんぼうの富田靖子も、どう表現すればいいのか・・・。
胸が苦しくなった。

プレゼントのリボンを落としながら駆け足で立ち去る百合子も、
目を擦りメイクが剥がれるさびしんぼうも最高だった。
改めて僕にとってかけがえのない作品だと感じた。

当時と違うのは母親役の藤田弓子さんを可愛らしく感じたこと。
それは今の年齢になったからで、10代の頃は微塵もなかったと思う(笑)。
その点では僕も確実に年を取っている。

そして懐かしい面々も。
大林組と言われる峰岸徹、根岸季衣、入江若葉、岸部一徳、小林聡美などなど。
大林作品に欠かせない役者陣。
みんな、若かったな・・・。

セピア色の尾道の風景も美しい。
今もあんな感じなのかな。
仕事が落ち着いたらカミさんとゆっくり行ってみるのもいい。

お~い、さびしんぼう~。

大林監督、改めてありがとうございました。

大林監督、逝く

映画界は悲しいニュースが続く。
昨日のブログは映画館のことだったが、今日は映画監督のこと。

昨日、亡くなられた大林宣彦監督は好きな監督だった。
僕ら世代で影響を受けた人は多い。
ちょうど高校、大学時代に「尾道三部作」が製作されたため、当時の映画ファンは引き込まれていった。
僕もその一人で、「時をかける少女」の原田知世や「さびしんぼう」の富田靖子には惚れた。
尾美としのりは今や土岐頼芸だしね(笑)。

「さびしんぼう」は僕の中では生涯作品ベスト5に入る映画。
何度観たか分からないくらい。
もう20数年は観てないけど・・・。

大学時代には彼女と尾道にも旅行に行き、オタクっぽくロケ地も回った。
きっと彼女は迷惑だっただろう(笑)。

当時は映画研究会に属しており、県内大学の映画研究会を集めて映画祭を開催。
僕は事務局の一人で映画祭の運営も担当していた。
その時にゲストとして招いたのも大林監督。

名古屋駅の新幹線の乗り場まで迎えに行き、一緒にタクシーに乗り会場まで向かった。
いつも奥さんが一緒でこの時も仲睦まじい姿を見せていた。
自主映画出身である大林監督は僕らの取り組みにも賛同してくれ、
格安な謝礼でこの映画祭にも協力してくれた。
一度しかお会いしていないが、TVで観るのと同じで優しい語り口で、とても温厚な方。
翌年招いた大島渚監督とは随分と印象が違った。
すいません・・・。

その時にいただいたサインは今でも大事に持っている。
今となっては大切な思い出。
未だに何が書いてるのかわからないけど・・・笑。

その後も「新・尾道三部作」など話題作を作り、学生時代ほどの熱はなかったが楽しませてもらった。
一昨年公開された「花筐/HANAGATAMI」は観よう観ようと思いながら、
168分という時間に恐れをなし観ていない。
最近はすっかりご無沙汰だし、これを機会に観なきゃいけない。

ある意味、僕の青春時代に大きな影響を与えてくれた一人。
大林監督のおかげで日本映画の魅力にはまっていったのも事実だし、
昔は作品をネタに飲みながら熱く語らせてもらった。

それも懐かしい。
また、作品を振り返りながら飲み会をやるのもいい。
今ならオンライン飲み会かな・・・。

これまで素晴らしい作品を残して頂き、ありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。

映画「復活の日」

Amazonプライムをチェックしていたら、いきなりドーンと表示された。

この作品を観たのは、確か中学生?高校生?の頃。
映画館ではなくTVで。
当時の土曜ロードショーあたりじゃないかな・・・。

ほとんど記憶はない。
最後は感動的に終わったというくらい。

公開は今から40年前。
映像や題字からは歴史を感じるが、その壮大さは当時の角川映画の勢いを感じさせる。
莫大な費用がかかったことも。
無駄に全世界ロケをしている気もするが、昨今の恐ろしさを思うと納得感は強い。

本作は盗まれた新種のウイルスが事故により拡散することから始まる。
当初はイタリア風邪として対処していたが、
(ウイルス発祥と関係ないイタリアは災難だな・・・)
全世界に広がり猛威を振るう。
まるで連日放送される新型コロナウイルスの感染拡大のニュースのように。

死者は増え続け病院も機能せず、瞬く間に国が滅んでいく。
映画では数か月単位で進んでいったが、
それは現実問題として今年の3月を断片的に描いていると思うのは大袈裟か。
映画を観ながら現実とオーバーラップさせてしまう。
それがAmazonプライムの狙い?

当時はただのSF映画ぐらいに捉えていたが、
いや、本作を半年前に観ても同じ感想を持っただろう。
緒形拳扮する医者が激務の中、
自らも倒れていくシーンは今まさに世界のどこかで起きている。

人間の無力さを感じるところ。
情報技術も医療技術も現代とは違いはあれど、
根本的なことは変わらないのかもしれない。

映画では経済が破綻するとか、政府の支援がどうという余裕なく、
南極を除く全人類が滅亡。
それはあくまでも映画の世界。
あくまでも映画の世界だが、映画目線で生活することが求められるのかもしれない。

いかん、何だか暗い話ばかりになってしまった。
そうはいっても本作はSF娯楽作品。
かなり無理な設定であり得ない描き方もあるが、そこも楽しむことができる。

監督は今は亡き深作欣二氏。
そして、主役は草刈正雄氏。
若くてカッコいい。
昔はただの二枚目俳優。
今は味のある役者さんだけど・・・。
こんな変化はいい。

たまには昔の映画を観るのもいい。
案外、今の社会を予測して描いている作品が多かったり。
身につまされる作品だった。

両利きの組織をつくる

いいタイミングで良書に巡り合うことができた。
その機会を与えてくれたマッピーには感謝ですね(笑)。

常に組織と向き合っているわけだが、最適な回答ができることは少ない。
むしろ自分の思うようにならないことが多い。
構成するメンバーのせいにしたくる時もなくはないが、それは全て自分のせい。
本書を読んで自分の至らなさを改めて痛感した。

これまでもいい組織を作るために努力をしてきたつもり。
上手くいった時もあれば、そうでない時もある。
それは環境の変化であったり、価値観のズレであったり,
いろんな要素はあるが、一番は僕の想いの足りなさ。
共感度のなさである。

勝手に理想を描くだけでは伝わらない。
組織開発は組織感情のマネジメントと書いてあるように、
相手側の反発や不安に向き合わなきゃならない。

怠っていたわけではないが、そもそもそこに気づかなかった自分に大きな落ち度があった。
それが昨年、僕が手掛けてきたこと。
大いに反省・・・。
理解が足りなかったのだ。

今週で個人面談を終え、昨日は社員総会。
今日は半年に一度の幹部研修会。
まだまだ足りない点は多いとは思うが、継続して語り合うことにしていこう。

そして、本書で書かれているもっとも重要なことは両利きの組織つくり。
タイトルのままじゃないか(笑)。

小さな企業とはいえ名大社も50年の歴史を持つ会社。
知らず知らずのうちに変化に対応できない成熟企業になっている恐れはある。
それも誰も気づかないうちに・・・。
それでは気づいた時には手遅れ。

気づいていても何もしなければ意味もない。
大胆な変化も必要だがリスクも伴う。
だからこそ「両利きの経営」。

既存の事業を深堀する組織能力と新しい事業機会を探索する組織能力、
相矛盾する二つの能力を併存させる組織能力、
この三つの組織能力を形成することが求められる。

それを引き受け引っ張っていくのが経営者の務め。
簡単ではないができないことではないはず。
事例にあるAGCのような大企業ではないから意思統一も早いはずだし。
全社一丸でずっとやってきたわけだから、よりそう思う。
環境が大きく変わりつつある今だからこそ、やっていくべきだろうね。

経営者に求められること。
改めて認識することができた。

ありがとうございました。

映画「Fukushima 50」

本作はいろんな捉え方ができる映画。
作品に対して賛否両論もある。
お涙頂戴とかプロパガンダだとか。
確かにそんな感想もあるだろう。

しかし、いま語るべきはそんことではない。
そんな感想はどうでもいいと思ってしまう。

僕にとっては正しいリーダーシップを描く映画だ。
そんな表現もチープに映るかもしれない。

だが、その表現は間違っていないはず。
佐藤浩市にしても渡辺謙にしても、僕らが示すべきリーダーシップ。
何を優先すべきか明確だった。

では、佐野史郎はどうか。
確かにリーダーシップを発揮していた。
残念だが、そのリーダーシップは自分に向いていた。

ここではあえて役者名。
役名や立場は伏せておこう。
実際誰かかは分かっちゃうしね(笑)。

だから、僕は本作に痺れた。
今、発揮すべきリーダーシップ。
大袈裟にいえば、今まさに起こっていること。
新型コロナウイルスの猛威をふるう世界は別の意味で映画に近い。

僕は映画に自分をダブらせる。
本当に命を懸けて向き合っているか、
全てを犠牲にできるか、
守るべきを守っているか、
自分は自分の立場を全うしているか、
愛する者を理解しているか、

僕は涙を流しながら、自分に問うていた。
それは作られた世界ではない。
実在する世界。
実際の人物を描いている。
この真っすぐさを僕自身は反映させることができるか。

そんな気持ちになったのも今の環境があるからこそ。
大震災も感染症の拡大もないほうがいいに決まっている。
そんなことは当たり前だ。

しかし、予期しない出来事が起きた時に人の真価は問われるのかもしれない。
どこまで僕は覚悟ができているか。

震災当時、どんな人も辛い状況だったはず。
僕も同様。
当時のことはまだ鮮明に記憶に残っている。

だが、この現場の人たちに比べれば・・・。
覚悟のレベルが違う。
もっと試練を乗り越えなばならないのだろう。
いいタイミングでいい映画を観ることができたと感謝しなければならない。

そして思う。
この映画を素直に受け止められる人間で常にありたいと。
その気持ちは持ち続けたい。

映画の内容を語ることはなかったが、観るべき一本。
理解してもらえるのかな(笑)。

映画「1917 命をかけた伝令」

新型コロナウイルスは映画館にも大きな影響を与えている。
しっかりとマスクをして劇場内に入ると他に観客はいない。
これまでは少なくても1~2人の観客はいたのだが、今回は本当に僕だけ。
完全に貸し切りだった。
マスクの必要がないじゃないか・・・。

誰も知らないマイナー作品ならともかく、アカデミー賞にもノミネートされた話題作。
その作品をたった一人で観るとは・・・。
普段なら仕事終わりのサラリーマンやOLが多いと思うのだが。

理解はできるが、う~む、ここまでくるとさすがにね。
前向きに捉えていえば、誰にも邪魔されず、前後左右を気にすることもなく
優雅な気持ちで観れたということにしておこう。

話題の本作、見どころはてんこ盛り。
あれもこれも語りたくなる。
その中で注目すべきは全編ワンカット。

ここばかり注意して観ると肝心なストーリーが疎かになってしまう。
でもカメラが前にいき、後ろに回り、
いつの間にか遠巻きに捉える映像を見逃すわけにはいかない。
実際は先端の映像技術を駆使しているんだろうが、それだけでも感動ものであるのは間違いない。
そのチャレンジだけでも評価すべきなんだろう。

途中、主人公が気絶するので、何時間かはカットされているが、
あとは時間の経過とともに流れていく。
そこをよく考えてみるといい。

ワンカットということは時間とストーリーは同時進行。
本作の上映時間は119分。
ほぼ2時間。
であれば、ストーリーも2時間で完結するはず。

しかし、そうはならない。
少なくとも数日間を描いているのだ。
あきらか矛盾しているが、映画の迫力からすれば些細なこと。
戦争の悲惨さやむなしさを主人公の視線から感じ取る方が重要。
時に驚かされるシーンがあり、体が反応し声も上げてしまった。

それにしても主人公のスコフィールド上等兵は強いし運がいい。
そして、足が速い。疲れない。
あんな状況だったら、絶対死んでいるはずだ。

だが、死なない。
死ねない理由は明確。
任務以外のことにある。
支えてくれる存在はいつも変わらない。
その大切さを教えてもくれる。
守らなきゃいけないんだ・・。

それにしても過酷で報われない仕事。
ハゲタカの芝野健夫だったら必ず言うだろう。
「これがオレの仕事か?」
と・・・。
僕にもできないけどね。

それも教えてくれるのも映画。
早く安心して観れる環境が戻ってくれるといいけどね。

映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」

日曜日を映画コラムニストの日にするために観たような映画。
それは言い過ぎだな(笑)。
昨日はほぼ一日家にいたので、久しぶりにAmazonプライムで鑑賞。

Amazonプライムに入会した時はなんてお得なサービスかと思ったが、
使っていたのは最初のうちでここ最近はほとんど使っていない。
サブスクリプションのいい餌食になってしまった。
子供たちが密かに使っているので、損はしていないと思うが・・・。

それはさておき本作品。
2年前に上映された映画でキネマ旬報洋画ベストテンの1位にも輝いている。
ようやく観る機会を得た。

昨年末に観た「家族を想うとき」と同じイギリスの巨匠ケン・ローチ監督。
舞台も同じイギリスのニューカッスルだ。
監督はこの街に恨みでもあるのかな(笑)。

「家族を想うとき」も切なく苦しい先品だったが本作も同様。
むしろこちらの方が深刻な問題を抱えているのかもしれない。
日本国内でも生き辛さを感じている人が多いだろうが、
(僕はそうは感じてないけど・・・)
この2本の作品を観るとイギリスの方がより生き辛いのかもしれない。

その複雑な社会制度、貧困、失業率など普段ニュースとして入らない様々な問題がここには描かれる。
それは社会を痛烈に批判しているのではない。
主人公ダニエル・ブレイクの生き様を通して、時に感情的に、時に淡々と、
そしてどんよりとした天候と共に日常を描いているのだ。

観る者のほとんどはダニエル・ブレイクの行動にやきもきしながらも共感するだろう。
それは彼が軽度な犯罪を犯した時の拍手喝采のように・・・。

観終わった後も清々しい気分になるわけではない。
むしろ気持ちは重くなる。
しかし、それを感じることも僕ら大人の責任。
日々の在り方方を含め言い聞かせなければならない。
そんなことを感じた作品だった。

本作はカンヌ映画祭パルムドール受賞作。
つい先日観た「パラサイト半地下の家族」も昨年観た「万引き家族」もそう。
パルムドール受賞作って共通点があるな…と思ったのは僕だけではないはず。

この類の作品が評価されるのかな。
とどうでもいい感想を・・・。
ぜひ、Amazonプライムで観てもらいたい。
(宣伝になってしまったか・・・笑)

映画「グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇」

達者という表現が正しいかは分からない。
しかし、僕の中では上手いのではなく達者。
それは本作の主役を演じる小池栄子さん。
相方の大泉洋さんも同じ。

以前から大泉洋さんのいかにもアドリブが効いてそうな演技は流石だと思っていたが、
この作品でいえば小池栄子がより上回っていたといえるだろう。
今どきの女優であんなハチャメチャな演技をできる人は少ないはず。

汚れ役もあんな馬鹿力を発揮できるのも、
一方で品のある奥様を魅せつけるのも彼女ならではの役どころ。
あんな役を他に誰が演じられるのかは思いつかない。
バカさ加減でいえばお笑い系をもってこれなくはないが、到底無理だろう。
そんな意味では本作は彼女のためにあるといえる。

なんとなくシアワセを感じて終わる映画だし、全編飽きることなく楽しめる映画。
そこについては何の文句もない。
終戦後、そんな時代があったんだとも思わせてくれる。

しかし、冷静に振り返ってみれば、大した内容ではない。
太宰治の未完の遺作「グッド・バイ」を戯曲化し出来上がったようだが、
よくよく見てみれば、女性にだらしのない編集長が
自分の都合で女性たちとスムーズに別れていくという随分と自分勝手な話。

まあ、この程度ではネタバレにはならないだろう。
しかし、残念ながらそのだらしのない話に観る者は吸い込まれてしまうからやっかいだ。
この映画で何か学ぼうとか自分を奮い立たせようとか思うのであれば観ない方がいい。
単純に楽しむことしかできない。

逆に気分が晴れない時とか、もっと明るくなりたい時にはうってつけだろう。
大体、この映画に登場する人物はロクな人間がいない。
役名はともかく松重豊にしても濱田岳しても木村多江にしてもロクなもんじゃない。
長渕剛が歌いそうなものだ。

でも、なんだろう。
誰一人として憎むことができない。
まあまあ、いいよ、いいよと許してしまう。
世の中、それで済んでいけば、みんなハッピーなのかもしれない。
おおらかにならなきゃダメなわけね。

そんなことを感じた映画だった。
そして、持ち込むべきはウイスキーとピーナッツ。
僕もいいウイスキーを買って持っていくかな(笑)。