前向きに行こう!名大社社長ブログ

新しい年になったけど。ランニング日記1701

2017年も早や1ヶ月が終了。
みなさん、年明けに立てた目標通り過ごしていますか?
三日坊主で終わっていませんか?

目標を達成し続けるのは難しいものですね。
そんな僕もいくつかの目標を立て日々過ごしている。
年初の全体朝礼で発表しているので、有言実行で進めなければならない。

さて、マラソンはどうか?
この件に関しては何も言わなかった。
言ったかもしれないが、気づかれないようにサラッと流した。
しかし、この場であえて言っておこう。
今年の目標も月間100kmのRUNと設定。
これまでと変えることはない。
常にその距離を意識してやっていくのだ。

1月は元旦から走りはじめ、最初の一週間で25kmと順調な滑り出し。

run17021 (2)

初日の出も気持ちよかった。
単純に1週25km×4周=100kmと分かりやすい計算となる。
幸先のいい一ヶ月になる予定だったが、結果的には甘い幻想で終わった。

1月の走行距離70km。
昨年の平均距離とほとんど変わらない。
言い訳すれば、名古屋では珍しい大雪が降った。

run17021 (1)

イベント会場でつまずいて、足首を痛めた。
10日間ほど、走れなかった。
そう考えると整合性は成り立つ。
うん、やむを得ないと思う・・・。

と、今年も自分に甘いわけだが、世間のランナーは僕みたいに甘ったれたことは言わない。
先日も懇意にさせて頂く大学キャリアセンターの担当者と飲みながら話をすると、
月間200kmは走っているという。
同じ東海圏である。大雪の状況は同じである。

むむむ・・・。
なぜ、違う?
目標に対しての本気度が違うのだ。
それに気づいたのが先月末。
だからか、反省して最終週の日曜日は久々に15kmを走った。
最初からやれ!って感じですな(笑)。
すいません。

では、今月はどうなるか。
う~ん、そうは言ってもあまり自信がない。
でも、限りなく目標のは近づけていくつもり。

この2月は10kmの大会に出場する。
19日に「第4回@FMマラソンIN庄内緑地」へ参加。
名大社が協賛するラジオ番組「明日へのグッジョブ」の
パーソナリティである山口千景さんと一緒に走ることになったのだ。
なんと名大社のTシャツも着てくれるという。
(本当かなあ~)

東京のライバル、パフ釘崎社長も名大社のPRだけのために駆け付けてくれる。
タイムはともかく、少しでも認知を高める宣伝活動を行う。
これもきっちり距離に加えたい。
今ならまだ間に合うようなので、名大社の宣伝をしたい方は一緒に走りませんか?。
Tシャツはお貸ししますよ(笑)。

いつの間にか宣伝ブログになってしまったランニング日記だが、
3月には名古屋シティマラソンもあるので練習も積み上げていきたい。
目標にはほど遠い日々だが、少しでも近づけられるよう頑張っていきますよ。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その11

2月に入りました。
「今日も元気だ、さぶい、さぶい。今日も元気だ、さぶい、さぶい。」
呪文のように唱えながら会社を出ます。
いくら寒くても天気が良ければ、外でランチを頂くのが人気食べ物ブロガーとしての使命です。

出来立てホヤホヤが感じられる温かい食べ物がいいなとジワジワと気持ちが沸いてきます。
会社から伏見駅に向かい雑居ビルの地下にあるお店に辿り着きました。
「天ぷらと日本酒 明日源」さんです。

asu17011 (2)

昼間から日本酒をチビチビやりながら天ぷらを食らう。
そんなシーンが頭に浮かびます。
「いいぞ、いいぞ、こんなシアワセないじゃないか。」
もう気持ちを抑えることができなくなっています。

この日は平日の昼間。
みんな真面目に働いています。
僕も午後にいくつか大切な約束も入っています。
大物経営者、いや、ここでは大物食べ物ブロガーであれば、
そんな午後の約束を反故して自分の意志を貫くでしょう。
しかし、ここは庶民派を通す経営者、いや、食べ物ブロガーです。
あっさりと自分の意志を捨て、午後の約束も守るのです。

「すいません、天ぷら定食をください。日本酒は要りません。」
ここは強い意志をお店側にも伝えます。
「本当によろしいですか?我慢してませんか?」
「いや、大丈夫です。」
そんな会話はありませんでしたが、
わずかなやり取りの間にそんな雰囲気が芽生えていました。

目の前で職人さんが天ぷらを揚げています。
「おまちどうさまです。天ぷらは2回に分けて出しますからね。」

asu17011 (1)

天ぷら定食 880円

asu17011 (5)

「そうそう、今日は出来立てホヤホヤがいいんだ。なかなか、やるじゃないか。」
いつものようなセリフが出てきます。

asu17011 (4)

最初に出されたのが、かしわ、たまねぎ、ピーマン。
ご飯、赤だしはお替りOKです。
前回、お替りを我慢したところ、食べ物ブログの師匠に
「お前はお店の気持ちが分かっていない!」とお叱りを受けました。

体重は全く落ちていませんが、お店の期待を裏切るわけにはいきません。
それに計算もしやすいです。
一皿目の天ぷらでご飯1杯。二皿目の天ぷらでご飯2杯目。

asu17011 (3)

2度目に出されたのはエビ×2、きす、かぼちゃ。
これでばっちりご飯は食べ切ることができます。

やはり出来立てホヤホヤは美味しいですね。
お腹も気持ちもすっかりいっぱいになりました。

次回は夜に思う存分チビチビやりたいですね。
ごちそうさまでした。

青山学院大 原監督のはなし

hara17011

先週金曜日は中日文化センターの50周年記念テーマ講演会に参加。
講師は青山学院大学の陸上競技部監督の原晋氏。
箱根駅伝の3連覇を達成した大学の監督だ。
自己紹介を聞いて分かったが、僕とは同級生。

原監督は中京大学に通っていたので、当時、同じ名古屋を歩いていたわけだ。
どこかの安い居酒屋ですれ違ったこともあるかもしれない(笑)。
第二の故郷と自己紹介で言われていたのは、そんな大学時代があるからだろう。

最近、メディアへの露出が多いせいもあるだろうが、原監督の話は面白い。
そして、サービス精神に溢れている。
一般的にアスリート絡みの講演は意外とぶっきらぼうな感じが多いが、まるでタレントのよう。
むしろその辺のタレントさんよりも話の構成も素晴らしく、笑いを取る箇所も心得ている。
それを快く思わない方もいるかとは思うが、僕は好意的に伺った。

そもそもの才能もあるだろうが、背景には原監督の今の環境がそうさせている面も強い。
陸上という競技をサッカーや野球と同等の人気にしていきたい。
そのためにはその暗いイメージを払拭させ、少しでも競技人口を増やしていきたい考え。
それが話を面白おかしくし、興味度を上げる意味合いも多分にある。

今回は中日文化センターが主催ということもあり、僕が普段顔を出す講演とは景色が違った。
普段参加する講演は社会人や経営者向けが多く、そのほとんどが男性でスーツ姿。
それが今回は私服の方がほとんど。
それも年配の方や中年の女性が数多く見られた。
若いアスリート経験者と感じさせる方も多かった。

講演タイトルは「フツーの会社員だった僕が、青山学院大学を箱根駅伝優勝に導いた魔法の言葉」。
これだけみれば明らかにビジネス層向け。
しかし、来られている参加者に合わせ、箱根駅伝の裏話など平易な内容を伝えられていた。
僕はむしろタイトル通りの話を聞きたかったけど・・・(笑)。

とはいえ、そこには原監督の哲学が随所にちりばめられており、勉強になる面は多かった。
どう一人ひとりに向き合い、ある時はおだてるように話しかけ、
またある時はあえて一切の声を掛けず、その状態を見極めながら接する。
個々人の力を伸ばしながらも、チーム、組織として動くことを優先し、その重要性を語り続ける。
人としてアスリートとしての当たり前を定着させる。

他の世界でもよく聞くような話だが、それを原監督は原流で貫き、選手を育て上げる。
その熱さと温かさはビジネスの世界に通じるものと感じた。
情と理を結びつけながらも、最後は何とかなるさ、と楽観的な態度を示す。

最後の章で話された「無駄を学ぶ」も共感できる内容。
それは原監督の生き様そのもので、10年間のサラリーマン生活がいかに今の監督生活に役立っているか。
サラリーマン生活があったからこそ、このような偉業を達成できたということを自ら述べられていた。

今回は参加者も普段とは異なっていたため、最後の質疑応答も違っていた。
高校生をスカウトする際のポイントだったり、初心者ランナーが注意すべきことだったり、
普段の講演では聞くことのない質問だった。
1時間の講演では短く、もっと話を聞きたいと思わせる講演。

僕もそんなふうにならなければ・・・。
う~ん、難しい(笑)。

貴重なお話をありがとうございました。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード <ブラック&クローム>」

mad1701

タイトルが長くて1行に収まらなかった(笑)。
本作は2015年に公開された作品のモノクローム版。
ようは白黒映画だ。今どき、そんな言い方はしないか・・・。

公開当時、何度も予告編で観た。
そのド迫力さにおののいていたがタイミングが合わず観ることができなかった。
評判もすこぶる高く、この手の映画では珍しくキネマ旬報の洋画ベストテンの1位だった。
あまりDVDで観る気はしなかったが、今回、映画館で上映されることを知り、足を運んだ。
その時はモノクロであることを知らず、映画が始まって初めて知った。

いやあ~、凄い!
71歳ジョージミラー監督、凄い!
ホント、ド迫力。
何度も叫びそうになってしまった。

カラーはカラーで相当面白いと思うが、モノクロはモノクロで独特の迫力がある。
ぐっと力が押し込められた重さが余計な迫力を生んでいるような感じ。
監督自身が「ベスト・バージョン」と豪語しているみたい。

ストーリーは単純明快。
ブログで説明する必要もない。
独裁者から逃亡し追っかけまくられ、戦いまくる話。

細かいシーンは凄まじすぎて、早すぎて、ドバドバと出過ぎて付いていくのに一苦労。
今のCG技術を駆使すれば、それほど難しい撮影ではないかもしれないが、
何人死ねばいいのかと余計な心配をしてしまう。

この映画のジャンルがカーアクションなのか、バイオレンスなのか、
戦争映画なのかはわからないが、この手の作品では一番と言っていい。
スパイダーマン好きな息子が観たら倒れてしまうかもしれない(笑)。
やはり映画館で観るべきですね。

僕が「マッドマックス」を最初に観たのは、高校生か大学生の時。
主役メル・ギブソンの出世作で当時珍しいオーストラリアの映画。
第3作の「マッドマックス/サンダードーム」ではなぜかティナターナーが出演していた。
これはリアルで観たはず。

あれから30年以上経って、そのシリーズと観るとは。
そしてその作品が最高傑作になるとは・・・。
きっとこれが映画の魅力なんだろうなあ~。

あまり中身のない映評ブログになってしまった。
いやいや、ビックリ・・・。

東海商工会議所デーで喋ります。

今日はちょっとした宣伝ブログ。

来る2月5日(日)に東海商工会議所さんで講演をさせてもらいます。
タイトルは「イマドキの若者事情とジモト中小企業の採用戦略」。
意味もなくカタカナを織り交ぜた講演タイトル(笑)。
本当は少しだけ意味があったりして・・・。

中小企業の経営者及び採用担当者とこれから就職活動を始める学生さんを対象とした講演。
詳しくはこちらをご確認してください。
まだ、参加受付もしてるようなので、興味のある方は是非、ご参加を!

これが配られているフライヤー。

toukai1701

正直なところ、これが手元に届いた時、このデザインがダサいと感じた。
まだ表面はいいが、裏面は僕の写真がやたら大きく勘弁して欲しいと思った。
(制作者の方、スミマセン・・・)
これを東海市周辺を回る営業の若手女子に見せたところ、
「かわいいチラシですね。」と一言。
う~ん、世代によって感じ方は違う。
ということは、ダサいと思う僕の感性がイマイチということか・・・(笑)。

今回の講演は90分。
さて、どんなことを話すのか。
これから当日までしっかりと考えていきたい。頑張ります!
(主催者のみなさま、すみません・・・苦笑)

今回の講演はひょんなことから受けることになった。
最初はある方を通して、講演に相応しい方を紹介してほしいという依頼だった。
僕が知る相応しい方を何名か紹介したのだが、なぜかその役が僕に回ってきた。
誤解がないように説明するが、自らをプッシュしたわけでも、
断られるような変な人を紹介したわけではない。
僕が素晴らしいと思う方を紹介したわけだが、なぜか僕になってしまった。

予め言っておきますが、期待に応える自信はありませんよ(笑)。
まあ、それでも貴重な機会なので全力は尽くします。

ありがたいことに、最近、これまで接点がなかったところからこういったお話を頂くことが増えた。
どこか勘違いがあるのは間違いないが、スケジュールが合えば受けさせて頂く。
先日も僕の講演を聞いた方と偶然、挨拶する機会があり、
「山田さん、勉強になり、とても良かったですよ。」とお褒めの言葉を頂いた。
冗談やリップサービスとしても嬉しいものである。
少しは期待に応えるように、きっちり準備をしないとね。

少々不安なのは、前々日の3日にパフ釘崎社長のライブが行われ、それに参加すること。
当日は東京に宿泊するのだが、変な病気をもらってこないかが心配(笑)。
無事に帰還して、講演当日を迎えたい。

まあまあ、そんな感じですが、どうぞよろしくお願いします。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その10

「最近、ブログに定番の麺類が登場していないな・・・。」
ふと、そんな思いが頭をよぎりました。
最近の傾向を振り返り、どこに行こうか頭を巡らせます。
「よし!あそこに行ってみるかな。」とひとり頷き、目的地に向かいます。

ide17011 (1)

こんな看板が見えます。
「本州初上陸って、えらく大袈裟じゃないか。よ~し!」とまたまた頷きます。
こちらの建物は以前「世界の山ちゃん」でした。
「ほ~、世界の山ちゃんを押しのけてやってくるとは、これはお手並み拝見ですな。」
名古屋の山ちゃんは少し上から目線で新参者に向き合います。

少し前にオープンした「井手ちゃんぽん」さんに入りました。

ide17011 (4)

本店は佐賀にあり、60年以上の歴史があるようです。
長崎のちゃんぽんと佐賀のちゃんぽんがどう違うかは知りません。
名古屋の台湾ラーメンと岐阜の台湾ラーメンがさほど差がないのと同じかもしれません。

「さて、どれどれ。」
自販機を眺めながら、何を注文しようか考えます。
考えたところであまり選択肢はありません。
普通と特製、普通盛と大盛くらいの種類しかありません。
「お~、いいじゃないか。この一本勝負みたいな感じ。
さてさて、お手並み拝見といこうじゃないか。」
ここはまず基本路線にして、普通のちゃんぽん普通盛を注文します。

11時半過ぎというのに店内はほぼ満席。
カウンターに通され、しばらく待ちます。
店内をぐるっと見渡します。
スタッフさんもまだあまり慣れていないようです。

「大盛、おまちどうさまです。」
「いや、大盛なんて頼んでないよ。」
向かいのカウンターから声が聞こえてきます。
「名古屋は新参者には厳しいんだよ。」
と心の中で呟きながら、待ち続けます。

しばらくすると「おまちどうさまでした。」
とちゃんぽんが運ばれてきました。
てっきり隣のオジサンに運ばれたかと思いましたが、それは僕の席でした。
あきらかに隣のオジサンの方が先に入店しています。
隣のオジサンの動揺は隠せません。怪訝そうな顔でスタッフを見つめています。
何か言った方がいいのかなと思いながらも、食欲には勝てません。
知らないふりをして頂くことにしました。

ちゃんぽん 830円

ide17011 (3)

まずはスープを飲みます。
「なるほど。」と一言呟き、野菜を掻きませながら食べ始めます。
野菜はそこそこのボリュームです。
麺は一般的なちゃんぽんほど太くはありません。

少し食べたころ、「お待たせしました。」と隣のオジサンにちゃんぽんが運ばれました。
「玉子入りちゃんぽんです。」
覗き込むとどんぶりの中央に生卵がずど~んと乗っかっています。
「あっ、そうか。これに手間が掛かったんだな。」と都合よく解釈し食べ続けます。
胡椒をかけ、酢をかけ、ラー油をかけ、いろんな味わい方にチャレンジします。
これも人気食べ物ブロガーの鉄則です。

勢いよく食べ、「ふ~っ」と息を漏らし終了です。
お店は混雑しています。食べ終わればそそくさとお店を出なければなりません。
外には行列が出来ています。

ide17011 (2)

次回は玉子入りを頼んでみるかな。もっとスピードアップして欲しいな。
とちょっと嫌味な人間になってしまいました(笑)。

ごちそうさまでした。

映画「本能寺ホテル」

hon17011

これは綾瀬はるかのアイドル映画だな・・・と観終わった後、感じた。
すでに30歳を超えた女優さんなので、今さらアイドルじゃないだろうと思ってしまうが、
(スミマセン)
それくらい可愛らしく描かれている。
恋愛シーンがあるわけではないので、ありがちな路線とは全く異なるが、
ちょっと胸キュンした男性は少なくないんじゃないかな(笑)。
元々、好きな女優さんだから、単純に惹かれてしまったかもしれないけど。

ストーリーとしてはハチャメチャでユーモアのない人は観るべきでない。
おおらかな歴史好きは歓迎するだろうが、
やたらうるさい歴史好きやアンチ織田信長派も観るべきではない。
反対にこれまで織田信長に冷徹なイメージを持っていた方は相当印象が変わっただろう。

新春の娯楽映画としては楽しめる。
それは間違いない。
と同時に、就活生が観るべきではないかと意外なことを僕は思い浮かべた。

本作では「やりたいことは何?」という会話が何度となく行われる。
少しネタバレになるが大勢ではないので許してもらうが、
これがちょっとしたキーワードでもある。
それがあるからこそ、綾瀬はるか扮するマユコさんはもがき生きる。
見方を変えれば、このホテルでの旅は自分探しといっていい。
そして、あり得ない経験を通し、答えを見つける。
就活生に近いと思ってしまうのは、
僕が人材業界に長く席を置いているせいもあるだろう。
何だか変な方向に映評が向かってしまった(笑)。

現代のシーンは当然のように京都で撮影されている。
見たことある風景が並ぶ。
マユコさんがちょっとした休憩で祇園近くの鴨川沿いに座り込む。
ほんの2か月前、僕は川の向かい側をランニングしていた。
映画でも川沿いを走るランナーが映されていたが、
同じような行動を同じ場所で取っていたのだ。
ちょっと嬉しくなってしまった。

そんな楽しみ方もできる本作。
2017年、一本目の映画であった。

僕が「プロ経営者」になれた理由

pro17011

プロ経営者になりたいわけではない。
厳密にいえば、会社を経営する者として「プロ経営者」でなければならないと思う。
しかし、巷で言われているような業績悪化の企業を立て直し、企業を転々とする。
そんなことをやりたいわけではない。
いや、やりたくてもできない。
残念ながらそんな実力はない。

経営者としてのポジションも名大社のみで十分。
企業は名大社しか経験せずに死んでいく。
そんな人生でも悪くないと思っている。

じゃあ、なぜ、こんな書籍を読むのか。
単純に著者の樋口氏を尊敬しているからである。
生き方に共感しているからである。
それだけ。

加えて言うのなら、自分が「プロ経営者」という人を知っておく必要はある。
どんな考えで、どんな価値観で、どんな行動力で戦略を実行していくのかは学ばねばならない。
そこで、ガツンと頭を叩かれなければならない。

ガツンと叩かれたところで何かが変わるわけではないが、
少しずつ叩かれ続けた先にほんの少しの変化がみられる。
そんなもんだろう。
それに有益な経験をプラスしていく。
ようやくそれで準プロ経営者になれるのかもしれない。
有益な経験は修羅場を乗り越える経験であり、
三枝氏が言う身の丈に合ったジャンプを繰り返すことかと思うのだ。

本当の「プロ経営者」は何度も何度も修羅場を乗り越え、身の丈ジャンプを繰り返している。
響きはカッコいいが、しんどいことに耐え続けるのも「プロ経営者」。
まさに樋口氏は愚直に実践している。
これを日本HP(ヒューレット・パッカード)の時代から15年も続けられている。
その能力もさることながら、その精神力や情熱はとてつもない。
22時に眠くなる僕とは大違いなわけだ。

いつか本人のお話を伺いたいと思っていたが、直接お会いするのは不可能に近い。
と思っていたら、先日、一本のメールが送られてきた。
日経BP社から樋口氏の講演の案内が来たのだ。
お~、僕は運がいい。
これも実力。
経営者として持つべき能力。

本書を読んでも「プロ経営者」にはなれない。
なれなくても読んでおいた方がいい。
少しだけ運が良くなるかもしれない(笑)。

社長にランチをたかる日

今年、僕の個人的な目標のひとつに「コミュニケーションの活性」がある。
自分では距離感がないと思っていても、徐々にメンバーとの距離は遠くなっているのが実態。
少しずつ社員が増え、若いメンバーが加わる。
一方で、僕との年齢差はどんどん離れていく。

当たり前の話だが、年齢差はカバーできず少なからず溝も生まれる。
いくらフラットな関係性を作ろうとしても、やむを得ずそんな状態になっていく。
2~3ヶ月に一度行う席替えも社員間のコミュニケーションを活性化させる意味合いもあるが、
それだけでは足りない。
僕自身が近づいていくことが必要。
飲み会もコミュニケーションの場としては重要だが、
夜だけ忙しい僕のスケジュールでは社内での飲み会も限界がある。

そこで思いついたのが「社長にランチをたかる日」。
週に一度、僕と社員がサシで昼食を頂くという企画。
希望者のみではない。拒否権もない。
一人ずつ順番に僕と昼飯を食べ、適当な会話をする。
それだけのこと。

迷惑と思っている連中もいるかもしれないが、そんなことは関係ない。
自分の目標達成のために自分勝手にやらせてもらうことにした(笑)。
少しでも一緒に食べたいと思わせるために、工夫をしてルールも決めた。

そのルールがこれ。
1.お店は同行者が予約もしくは直接案内する。
2.曜日、時間はお互いのスケジュールを調整し前週金曜までに決定
3.お店は伏見周辺(状況により名駅周辺)、食事時間は1時間。
4.予算は一人1,800円まで(税込み)
5.アルコールは基本なし
6.部長以上は対象外

ちょっと豪華なランチだから、ちょっと行きたくなる感じでしょう?(笑)。
まずは3月までのスケジュールを決め、全員に周知をした。
最初は女子ばかり並べていたが、それでは不公平になるので、所々に男子も並べてみた。

スタートは昨日から。第1回目はコジカ。
よくよく考えたらコジカと2人で食事をしたことはない。
内勤で弁当持参がほとんどなので、セミナールームで一緒に食べることはあっても、
外に出たことはなかった。

彼女が連れて行ってくれたのは近所のとんかつ屋さん。
伏見シリーズにも登場したことはないし、僕もまだ行ったことのないお店。
この場ではあえて店の紹介しない。
2人でカウンターに座り、たわいもない会話をする。

takaru17011 (1)

この写真ではコロッケ定食にしか見えないかもしれないので、
豪華なランチであることを証明する写真もアップ。

takaru17011 (2)

いろんな会話をしながら美味しいランチを頂いた。
ご飯のお替わりは余分だったけど・・・。

「社長にランチをたかる日」という表現は正しくないとは思うが、
その方が気軽に食事に出掛けることができるだろう。

これから毎週行われる「社長にランチをたかる日」。
食べすぎ注意、太り過ぎ注意(笑)。

あくまでも目的は「コミュニケーションの活性」だから・・・。

食べ物のはなし 伏見シリーズ その9

名古屋も一段と寒くなってきました。
先週末もかなりの雪でした。
こういった時は温かいものを体が欲します。
すぐ思い浮かぶのが味噌煮込みうどん。
名古屋らしい食べ物です。

しかし、この「食べ物のはなし」でも何度も登場しています。
人気食べ物ブロガーとしてはいくら寒くても安易に行動するわけにはいきません。

「あまり時間もないし、今日はどうしたものか・・・」
と迷っていると一つの看板が目に入ってきました。

saba17011 (4)

「お~、いいじゃないか。」
とひとり頷き、「奥志摩 伏見店」さんに入りました。

saba17011 (1)

伏見駅すぐの広小路通り沿いにあり、昨年11月にオープンしたばかりの炉端焼きのお店です。
「いりゃっしゃいませ~!!」やたら威勢のいい挨拶です。
「どうぞ、どうぞ、こちらへどうぞ!」と元気よく案内してくれます。

saba17011 (3)_Ink_LI

周りを見渡すと多くのお客さんが鶏の唐揚げ定食か豚のしょうが焼き定食を注文しています。

「え~っと、さばの味噌煮定食をください。」
ここは初志貫徹です。
味噌と決めたら味噌にするんです。
ここで初めて自分が味噌に拘っていることに気がつきました。

それにこれまで贅沢三昧の生活でした。
もう少し日本人らしい質素な食事(そうでもないな・・・笑)をしたくなったのです。
「おまちどうさまです~。ご飯と味噌汁はお替り自由です。ジャンジャンお替りしてください~!」
と元気よく声を掛けてくれます。
「そのサービス精神、なかなか、いいじゃないか!」

さばの味噌煮定食 750円

saba17011 (2)

「そうそう、今日はこんな気分。こんな昼メシにしたかったんだ・・・」
といつものようにスマホで写真を撮ります。
相席で向かいに座っていた若いサラリーマンが冷めた視線を送ってきます。
「いやいや、これがオレの仕事なんだよ。」
視線を送り返しますが、相変わらず冷たい視線です。
どうやら理解はしてもらえそうにありません。

それは仕方ないと判断して、ワシワシと食べ続けます。
身が引き締まりながらも柔らかい鯖が口の中で広がります。
なかなかの食べごたえです。
これはお替りコースだな体は勝手に反応し始めましたが、
この年末年始に3キロほど体重が増えたのを思い出しました。

脳がサインを出します。
「今日はやめとけ、今日はやめとけ。」
素直にその指示に従うことにしました。

フッと息をつくタイミングで目を上げます。
なんと向かいのお兄ちゃんは食べながらスマホゲームをやっています。
「それはダメだろ~」
と冷たい視線を送りましたが、気づく様子はありませんでした。

お互い様かもしれませんが、僕はあくまで仕事なのです・・・。
微妙な感情が沸々と沸いてきます。
「まあ、こんな日もあるわな・・・」
と少し暗い気持ちを抱えながらも割り切ってレジに向かいます。

「ごちそうさまでした。」
「ちょうど750円、ぴったしですね。ジャストミーーーートで~す。
ありがとうございます!!。いってらっしゃい!!」
とすこぶる元気な挨拶です。

こんな挨拶で暗い気分はすっかりと消えてなくなりました。
寒さにも耐えられそうです。

さて、次回はどこへ繰り出しましょうか。